芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

モデル

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/06/08(土) 07:48:29.92 ID:4jwDuRCf9
NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』。「日本のアニメーションの草創期」がメインテーマで、ヒロインの奥原なつ(広瀬すず)は北海道・十勝から東京に生活の場を移し、自らの夢であるアニメーターになるべく奮闘している。

『なつぞら』は脚本家・大森寿美男が執筆したオリジナル作品だが、アニメーションの勃興期を知る様々な関係者たちに入念に取材し、登場人物の造形やエピソード、設定などに活かしている。

ヒロインの「奥原なつ」は、実在のアニメーター「奥山玲子」をモデル、モチーフにしているし、実在の制作会社「東映動画」と長編漫画映画『白蛇伝』が、朝ドラでは「東洋動画」『白蛇姫』とそれぞれ名前を変えつつ、重要な要素となっている。そして、奥原なつが働く「東洋動画」の同僚たちも、実在の人物をヒントにして設計されているのだ。

そこで今回は、なつの厳し~い先輩である大沢麻子(貫地谷しほり)と、やさしい同僚・森田桃代(井原六花)を紹介する。ドラマ独自の展開や解釈を大いに楽しみつつ、実在の人物の業績にも思いをはせる一助にしていただきたい。※文中、敬称略

◆大沢麻子(おおさわ・あさこ):貫地谷しほり
美大卒業後、東洋動画に入社したスゴ腕アニメーター。通称「マコ」。作画監督の仲をサポートし、現場をまとめる。クールに見えるが内面は熱く、誰に対しても物おじしない性格から、社内で孤立することも。なつにとっては厳しい先輩。『なつぞら』公式サイト(NHK)より抜粋

⇒★中村和子(なかむらかずこ):モデル、ヒントと思われる人物◆
満州生まれ。女子美美術大学洋画科に在学中、フランスの長編漫画映画『やぶにらみの暴言』(1952年/ポール・グリモア監督)を観てアニメーターに関心を持ち、卒業後、東映動画にスタジオ開設とともに入社。『白蛇伝』(1958年)、『少年猿飛佐助』(1959年)、『西遊記』(1960年)に動画として参加した。

『西遊記』の制作スタッフとして関わった手塚治虫に気に入られ、1962年頃に株式会社虫プロダクションに移籍。『鉄腕アトム』や『リボンの騎士』などの作画を担当し、技術面で虫プロの黎明期を支えた。

東映動画時代から美人アニメーター「ワコさん」として知られ、東映の守衛に女優に間違えられたというエピソードや、「週刊漫画TIMES」(芳文社)による取材記事が残されている。手塚も虫プロイチの美人と認め、『三つ目がとおる』のヒロイン・和登千代子のモデルにした、ともいわれる。

「絵は生活の一部」と言うほどで、ヒマさえあれば展覧会を見に出かけ、アニメーターの仕事で多忙を極める日々でも油絵の創作をしていた。また、着ている服はすべて自分でデザインするというこだわり屋の面もあった。

広告代理店「萬年社」の穴見薫氏(後に虫プロダクションの常務に就任)と結婚し、穴見和子の名義を使用するようになった。

車好きのアニメーター大塚康生に、いすゞの新車・ベレットを見せに行った際、運転を誤った大塚が車をブロック塀に激突させて、廃車にしてしまった。虫プロに謝罪に訪れた大塚に、夫の薫は車のことは気にしなくても良いから、替わりに『W3』(ワンダースリー)のオープニング作画をやって欲しいと依頼したという。

>>2以降に続きます

6/8(土) 7:03配信 FRIDAY
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190608-00010000-friday-ent
001l

【「なつぞら」貫地谷しほり&井原六花が演じる東洋動画の「モデル」人物がスゴイ!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/05/24(金) 07:03:00.88 ID:cZxWk1u09
乃木坂46与田祐希(19)が、ファッション誌「MAQUIA」(集英社)と「bis」(光文社)のレギュラーモデルに就任したことが23日、分かった。
グループの未来を担う若手のホープ。
乃木坂46、欅坂46、日向坂46の「坂道シリーズ」で26人目のファッション誌モデルとなり、累計17誌目の進出となった。

「MAQUIA」には7月22日発売の9月号からレギュラーモデルとして登場する。
湯田桂子編集長は「無限の可能性を秘めたピュアな顔。モデルとしてのキャリアを重ね、どこまで大人の美しさを開花させていくのか楽しみです」と期待を寄せた。
「bis」には6月1日発売の7月号から登場。
青木宏行編集長は「“少女の心を忘れずに大人の女性になる”という『bis』のテーマにまさしくドンピシャの存在。“甘いだけじゃない個性のあるかわいい”を一緒に発信していければ」と話した。

与田は16年9月に加入した3期生。
身長152センチの愛らしいルックスでメンバーやファンからも愛され、グループ内でもトップクラスの人気を誇る。
2誌同時のモデル起用を受け、「身長が低いこともあり、憧れはあるものの遠い世界だと感じていたので、お話をいただいた時はすごく驚きました。素直にうれしい半面、不安も大きいです」とコメント。
「美容については自分の努力次第で大きく変わることができる分野だと思うので、まだまだ未熟ですが日々勉強していきたいです」と意気込んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-05230647-nksports-ent

「bis」のレギュラーモデルに就任した与田祐希
no title

「MAQUIA」のレギュラーモデルに就任した与田祐希
no title

「bis」のレギュラーモデルに就任した与田祐希
no title


乃木坂46 与田祐希
no title

no title

no title

【身長152センチの愛らしいルックス・乃木坂46与田祐希が「MAQUIA」と「bis」2誌のレギュラーモデルに決定!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/04/21(日) 05:44:23.10 ID:gGzKGLQS9
 モデルの森絵梨佳が20日、都内にて、メイクカタログBOOK「森絵梨佳 100の顔 カラフル/colorful」(講談社)の発売記念イベントを開催した。

 森は、女性向け媒体(ファッション・美容誌)をメインに活躍し、美容雑誌「VoCE」をはじめ、複数の女性誌で「なりたい顔No.1」モデルに選ばれている。

 完成した本を手に、森は「ビューティモデルとして10年弱やってきた中、集大成になったかなと思います」と声を弾ませた。「色別、季節別で、合わせて100パターンのヘアメイクを紹介しています。そのほかに私自身のスキンケア方法だったり、(私自身の)お話などもさせて頂いています」と同書の内容を紹介。

 「『なりたい顔No.1』に選ばれることについて、自分ではどう感じていますか?」と尋ねられると、「不思議です(笑) もちろん、凄く嬉しいのですけれど、不思議な感覚です、……ありがたいです」と、感謝の気持ちはあるものの、自身では不思議に思っていることを明かした。

 森は、昨年10月に30歳の誕生日を迎えた。30歳になった心境についてコメントを求められると、「すごく前向きな気持ちになりました。周りでも、年を重ねるほど楽しそうにしている女性をよく目にするのですが、『あっ、こういうことか!』と感じたくらい、気が楽になったといいますか、毎日とても楽しいです」とにっこり。

 プライベートでやってみたいことについては、「ジム通いを始めようかなと思っています。年齢を重ね、体形も気になってきたので、そこは、力を入れて行こうと思っています」とボディメンテナンスに意欲を燃やした。グラビアについては、「ここ何年もやっていないです。でも、スタートはそこでもあったので」と想いを明かした。「グラビアをやりたい気持ちは?」との質問が出ると「披露できるビジョンがまったく浮かばないのですが(笑)」と苦笑いを浮かべるも、「でも、グラビアを撮ってくださる方が、たまに写真を撮ってくれると、違う自分に出会えるので、そういうチームと組んで撮影はしてみたいです」と目を輝かせた。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


森絵梨佳【写真:竹内みちまろ】
no title

no title

no title

2019年4月20日 15時18分 RBB TODAY 
なりたい顔No.1モデルの森絵梨佳がメイクカタログBOOK!「10年の集大成」 

https://www.rbbtoday.com/article/2019/04/20/169322.html

【なりたい顔No.1モデルの森絵梨佳がメイクカタログBOOK!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/03/16(土) 01:04:57.99 ID:RyTPeqtO9
アイドルグループ・HKT48の指原莉乃(26)が、12日発売の女性ファッション誌『ar』4月号(主婦と生活社)に登場。ランジェリー特集のモデルとして、女性らしいセクシーさを発揮し、谷間くっきりの美ボディを披露した。

 指原は「今の私のパートナー」という“グラマラスリッチブラ”をまとい、うっとりするようなフェロモンを全開。シルクのようにきめ細やかで透明感たっぷりの美肌から、大人の女性の色気と新しい魅力を感じさせる。

 また、自身の連載「さっしーの部屋」では、親交のあるお笑い芸人・シソンヌの長谷川忍をゲストに迎え、仲良しトークを展開。普段のエピソードや「お互い直してほしいところは?」「お互いの好きなところ」など、リラックスした雰囲気で語り合っている。

 同号にはそのほか、女優の橋本環奈、伊原六花、モデルの泉里香、乃木坂46の堀未央奈(レギュラーモデル)と梅澤美波、GENERATIONSの関口メンディーと佐野玲於などが登場。表紙を飾ったのは、女優・モデルの新木優子。

オリコン
https://www.oricon.co.jp/news/2131272/amp/?__twitter_impression=true
no title

no title

【指原莉乃さんらしき人が、ランジェリーモデルwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/02/17(日) 18:58:14.01 ID:A0jtUyc39
ミス・ジャパン神奈川大会が17日、横浜市で行われ、モデル西谷地(にしやち)利穂さん(25)がグランプリに輝き、今夏に東京で行われる全国大会への出場権を手にした。

ファイナリスト9人(3人辞退)による最終選考で、西谷地は「コンプレックスが強く、自分が人と違うところを探しがちです」と弱みを告白した。他の参加者の水着姿を見て、
「正直、自信がなくなりました。皆さん、体のラインがきれいで、私は線が細いので…」。

それでも、ステージに立つと人が変わったように自信にみちあふれた姿で、「成功とは、自分が自分らしくあること」と自己PR。審査員の心をつかんだ。

度重なる人生の試練を乗り越えての栄冠だった。福島県出身で、勉強もスポーツも人並み以上にできたというが、逆にいじめの標的になってしまったという。
「小、中学校ではいじめを受けていました。(大学卒業後は)小学校の教員をしていたんですが、そこでもいじめを受け、退職せざるを得なくなってしまいました」。
それでも、25歳という節目に「人生1度きりなのに、挑戦しないのはもったいない」と覚悟を決めて応募したという。

2位は川上もも香さん(19)、3位は西瀧理紗さん(26)だった。

日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201902170000633_m.html?mode=all
ミス・ジャパン神奈川大会でグランプリを獲得した西谷地利穂さん
no title

ミス・ジャパン神奈川大会で入賞した、左から2位川上もも香さん、グランプリ西谷地利穂さん、3位西瀧理紗さん
no title

【いじめられて教員退職のモデル、ミスコン全国大会へ】の続きを読む