芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

ミュージックステーション

1: なまえないよぉ~ 2019/09/15(日) 02:31:32.50
テレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』は、1986年の放送開始以来、33年にわたり“金曜よる8時”にレギュラー放送されてきたが、10月から“金曜よる9時”に枠移動することになっている。番組史上初となる放送時間変更を、広く視聴者に伝えるため、きのう13日放送の2時間スペシャル内で放送されたPR映像が話題を呼んでいる。

【写真】タモリと並木万里菜アナウンサーのMCは変わらず

 厳かな雰囲気の中、記者会見場に登場したタモリは、緊張の面持ちで口を開く。その口から発表された内容は「10月からのMステの放送時間」。一礼して登壇し、おもむろに「九時」と記された墨書を掲げる姿は、さながら今年の4月1日にあった“あの会見”のよう。多くの視聴者がちょっとした既視感を覚えながら、楽しんだようだ。

 撮影では、「九時」を掲げるタイミングがなかなか難しく、何テイクも撮っていたタモリ。ディレクターからの細かい指示を聞き、「難しいね!」と笑いながらも真剣に撮影に挑んでいたという。

 PR映像が流れた直後、SNS上には、「かわいい!」「タモリさんのお笑いのセンス、ツボ!」「令和じゃなくて九時だったwww」「九時おじさん(笑)」などと、話題になり、スタジオで照れるタモリに対しても「タモリさん可愛すぎる。タモリ担になりそう」と、愛を叫ぶ視聴者もいたほど。

 時を同じくして、『ミュージックステーション』の公式ツイッターにも、番組放送中の夜「9時」にこのPR動画がアップされ、投稿されてわずか数時間で2万件を超える反応があったという。

 放送中にはGENERATIONSのALANがタモリの背後で「九時」の墨書を持ったり、楽屋からスタジオへ移動しながら歌った際にはRYUTOが「九時」の墨書とともに腹筋パフォーマンス。さらに、8時台のトリを飾ったPerfumeは、エンディングで「9時台でも頑張ってください!」とタモリにエールを送るなど、出演アーティストも一丸となってMステのお引越しを応援していた。

9/14(土) 20:00配信 オリコンニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00000340-oric-ent

写真
no title

【<タモリ>“改元”ならぬ“改編”緊急発表に反響!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/09/02(月) 11:26:08.63
33年間の歴史で初の“引っ越し”である。テレビ朝日が10月の番組改編で、タモリが司会を務め1986年から続く長寿音楽番組『ミュージックステーション』の放送枠を、金曜20時から同21時へ移すと発表した。代わって20時からは『マツコ&有吉 かりそめ天国』(現在は水曜23時20分)が放送される。


「金曜夜の番組編成の固定化は、上層部にとって長年の懸案事項だった。他局はバラエティを置いて特番にも対応できる柔軟な編成にしている時間帯ですが、うちは『Mステ』が放送開始以来ずっと定位置で、スポンサーもティーン向けで固定されていた。

 視聴率も年々落ちており、21時台に移行することで、高齢層など新しい視聴者、そして新しいスポンサーが獲得できると踏んだ。マンネリ打破を狙った大改革というわけです」(テレビ朝日関係者)

 ただし、この改編にはひとつネックがあった。現在テレビ局は、15歳未満の21時以降の生出演を自主規制しており、Mステもこれに当てはまる。

 となると、問題になるのが、番組の看板として毎週のように出演しているジャニーズアイドルである。彼らのバックダンサーを務めるジュニアには15歳未満が多数いるが、今後は出演できなくなってしまう可能性がある。それでも改編に踏み切った理由について、別のテレ朝関係者が語る。

「最大の理由は、7月のジャニー喜多川さんの逝去です。ジャニーさんとMステの結びつきは強く、有望なジュニアをMステのバックで踊らせて経験を積ませることをルーティンにしていました。それゆえMステは、改編したくとも動かしにくい番組だったのですが……。21時枠となると、裏番組は中居正広さんの『金スマ』(TBS系)です。ここにぶつけることも昔なら考えられなかったと思う」

 ジュニアからシニア(高齢層)へのシフトは吉と出るか凶と出るか。

※週刊ポスト2019年9月13日号

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190902-00000004-pseven-ent
Mステ

【 Mステ21時枠へ引っ越しでジャニーズJr.は出演できない?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/27(火) 19:40:34.53
Mステ、初の放送時間変更
以前から噂になっていたテレビ朝日の音楽番組『ミュージックステーション』(以下『Mステ』)の放送時間変更が正式に発表になりました。

(中略)

この枠での放送は10月から。面白いかどうかは実際に見てみないことには…という話ではありますが、
『Mステ』=日本の音楽シーンにおける「メインストリーム」がこのような変化にさらされることに幾ばくかの不安も覚えます。

進む「バラエティ番組」化
長年続いている番組だけに『Mステ』に対するイメージも人によって異なるとは思いますが、
「ゴールデンタイムに生放送でアーティストのパフォーマンスを放送する」というフォーマットを基本的には維持してきたこの番組は、
「『Mステ』を見れば流行っている音楽がわかる」「『Mステ』から流行りが生まれる」という重要なポジションを確保し続けてきました。

それは昨今のインターネット全盛の時代でも変わっていません。
昨年大ブレイクしたあいみょんのヒット街道にも、『Mステ』は大きな役割を果たしました。

特に顕著な売れ方をしたのは、あいみょんです。前述のプレイリストでいうと、『テラスハウス』という番組に楽曲を起用してもらったことを起点に、
Spotifyで展開されている同番組のプレイリストに楽曲が入ったことで、感度の高い音楽ファンに届き再生数が伸びました。
その「音楽ファンから支持されている」という情報が地上波の音楽番組『関ジャム 完全燃SHOW』で広く伝達され、更に再生数が伸びました。
この情報を反映して更に多くのプレイリストに入れ込むことで再生数をさらに伸ばしていきました。
その後『ミュージックステーション』への出演を経てお茶の間に届き、最終的には紅白出場まで成し遂げたのです。

また、2010年代を賑わせた48グループ、坂道グループの出演回数も彼女たちの人気や勢いとほぼ比例しており、
この番組が「時代の流れ」を示す一つの基準であったことは間違いありません。

一方で、ここ1、2年ほど前からかと思いますが、『Mステ』では
「生放送でアーティストが旬の音楽をパフォーマンスする」という元来のコンセプトとは異なる企画も目立ってきました。

たとえば、古い曲を何らかのランキングにして子どもたちに聴かせるVTR企画。もしくは、一般募集したダンス部のパフォーマンス。
こういったコーナーが、いわば「アーティストの生パフォーマンスの時間を奪う」形で放送されてきました。

また、生パフォーマンスに関しても、「新曲ではない曲を披露する」ケースが放送時間の一定ボリュームを占めてきています。
今年8月のMステには4回の放送それぞれにキマグレン「LIFE」、フジファブリック「若者のすべて」、
CHEMISTRY「Point of No Return」、真心ブラザーズ「サマーヌード」がラインナップされていました。

どれも「夏の名曲」であり(フジファブリックのパフォーマンスは特に素晴らしかったです)、
また「新曲ばかりが聴かれるわけではない」という今の世の中の趨勢を表しているとも言えますが、
『Mステ』として新しい曲を紹介する代わりにやるべきことなのかというのは個人的には疑問が残らないでもありません。

今回発表されたリニューアルの方針から読み取れるのは、一言で言えば「『Mステ』のバラエティ番組化」です。そ
してそれは、「“最新の音楽”の生パフォーマンス」を必ずしも最重要ポイントとしていないように見えるここ最近の『Mステ』の方向性をさらに推し進めるものとも言えます。
そんな流れが進んでいったときに、今後『Mステ』が「今の音楽シーンのリアルタイムを伝える中心地」であり続けることはできるでしょうか。

若者シフト?高齢者シフト?
当初今回の放送枠移動が報道された際には、「若者がより見やすくなるように」というような理由がセットになっていました。

以下ソース
https://news.yahoo.co.jp/byline/regi/20190827-00140069/

Mステ

【Mステのバラエティ番組化、目立つVTR企画、元来のコンセプト崩壊】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/27(火) 05:10:04.07
 テレビ朝日系で金曜8時から放送中の『ミュージックステーション』(MC:タモリ)が、10月から金曜9時スタートに。1986年の放送開始以来、33年の歴史上初めての枠移動となる。

 生放送の音楽番組として、いまや貴重な存在となっている『Mステ』。この日、この時にしか聴けないスペシャルコラボやカバーなど“今夜限りの特別な歌”を『Mステ』らしさとして築いてきたもの。今後、さらに、俳優やスポーツ選手など、普段音楽番組には登場しないようなVIPゲストもスタジオに招き、アーティストとトークする貴重な機会も作っていく。また、生投票システムやSNSやデジタルメディアとの連動など、生放送ならではの企画も行っていく。

 小田隆一郎ゼネラルプロデューサーは「時間帯が1時間遅くなり、かつ前枠の番組が変わることで、Mステを見て下さる視聴者の方々の層が大きく様変わりすることになると思います。そうした“新しいお客様”に対して、『はじめまして』という気持ちで魅力的なコンテンツを新規開発しなければいけません。

 一方で、今まで同様にこの番組をご愛顧して下さる視聴者の皆さんの“Mステイメージ”を壊す訳にもいきません。まるで老舗料理店のようで、『守るべき味』と『変えていくべき要素』の2つを良きバランスで追及しなければならず、それはとても難しい取り組みだと思います。

 そんな中、我々スタッフのテンションは今、あがってます! 創業から33年にして訪れた初のお引越しを刺激的なチャレンジと捉え、日々、熱い議論を交わしています! 10月からの“新装開店”のMステ、ご期待くださいますよう何卒よろしくお願い致します!」と、コメントしている。

 テレビ朝日は、金曜午後7時から放送してたアニメ『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』を土曜夕方に移動し、代わりに『ザワつく!金曜日』(MC:石原良純・長嶋一茂・高嶋ちさ子、司会進行:サバンナ・高橋茂雄)が金曜9時から時間を早めて放送。

 『Mステ』を放送していた金曜午後8時には、水曜深夜に放送している『マツコ&有吉 かりそめ天国』(MC:マツコ・デラックス、有吉弘行)がゴールデンタイムに進出。視聴者から寄せられた“面白かったこと”“驚いたこと”“感動したこと”などに関する投稿メールや、さまざまな欲望を叶えるVTRを見たマツコ・デラックスと有吉弘行が、感じたこと、疑問に思ったことなどを独自の視点でトークしていく番組。

 2017年4月に水曜午後11時台で放送を開始して以来、マツコと有吉によるフリースタイルトークが毎回話題に。視聴者とともに笑ったり、怒ったり、と喜怒哀楽を共有しながら番組を進行してきた。

 金井大介プロデューサーは「マツコさんと有吉さんの痛快で毒のある、だけれども、どこか優しく包み込んでくれるコメントが最大の売りです。ゴールデンでも、お茶の間の皆さまの心をキッチリつかむトークを楽しんでください。また“欲望”VTRコーナーもさらにパワーアップします。週末の夜に“かりそめ”でもいいから天国気分を味わって頂けるようスタッフ一同、全力で頑張っていきますので、“金曜8時”をお楽しみに!」とコメント。

 石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子を起用し、昨年春以降、単発スペシャルとして数回放送された後、同10月から『ザワつく!一茂良純時々ちさ子の会』として水曜深夜にレギュラー放送開始。今年4月からは金曜午後9時に時間を移した同番組が、長年『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』を放送していた枠に登場。

 高橋伸之プロデューサーは「内容も変わります! ただ、一茂さん、良純さん、ちさ子さん毒舌トリオがザワつく話題をぶった斬るのは変わりません! 新企画も目白押しで、鬱憤(うっぷん)たまった世の中をぶった斬ります! 幅広い話題で子どもからお年寄りの方々までが楽しめる感じで、ぶった斬ります! 金曜の夜に、楽しく笑ってもらえる番組にご期待ください」と話している。
『ミュージックステーション』10月から“金曜9時” 33年の歴史で初の枠移動 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00000320-oric-ent 
10月からテレビ朝日の金曜ゴールデン帯は『ザワつく!金曜日』『マツコ&有吉 かりそめ天国』『ミュージックステーション』の順で3番組3時間(C)テレビ朝日 
no title

【『ミュージックステーション』10月から“金曜9時” 33年の歴史で初の枠移動】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/02(金) 22:59:45.69 ID:CAP_USER9
4日の公演でNMB48を卒業する“さや姉”こと山本彩が2日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演。
今回の放送がメンバーとして最後のMステ出演となり、その山本とメンバーの絆を感じさせる演出にファンから感動の声が挙がった。

10月27日に大阪・万博公園 東の広場で自らの卒業コンサートを開いた山本。
4日には大阪・難波のNMB48劇場で自らの卒業公演を控えている。

この日のNMB48はトリを飾った。歌唱したのは、AKB48の楽曲で山本がセンターを務めた「365日の紙飛行機」と、山本がセンターポジションを務める自身の卒業曲「僕だって泣いちゃうよ」の2曲だ。

歌唱前からツイッター上には、「正座待機」「しっかり目に焼き付けなくては」などのファンの声が投稿され、山本のパフォーマンスへの強い関心がうかがえた。

そして、「僕だって泣いちゃうよ」のイントロが流れ、センターの山本が綺麗な歌声を響かせる。
軽快なメロディに合わせ、メンバーはいつもと変わらずパフォーマンスした。

すると、楽曲が終わるのと同時にメンバーから一人離れて前に出た山本は、メンバーの方を振り返った。

「みんな、今日までありがとう。楽しいことはもちろん、辛いことも一緒に乗り越えてくれるみんながいたから今日までやって来れました。これからのNMBも楽しみにしています。頑張ってね」

メンバーにメッセージを届けた山本は、輪に加わり、今度はカメラに目を向けた。
「応援してくださるファンの皆さん、8年間、ありがとうございました。これからもNMB48をよろしくお願いします」と言葉を寄せた。

続く「365日の紙飛行機」を山本が歌い出し、その合い間にも山本が前に出てメンバーの方を振り返る。
メンバーを笑顔で見つめ、一緒に歌唱した山本は、再びセンターポジションに移り、満面の笑みで歌唱を締めくくった。

今回は通例とは異なる演出だった。
セオリーで言えば、座りトークでMステのラスト出演であることや“卒業”について話されることが多いが、この日のNMB48の歌唱前は、タモリが「山本、最後なんだよね」と声をかけ、山本が「今日は最後の出演です」と返すのみだった。

そのため、ツイッター上には、「あっさり」とした印象を持ったファンが多く見られ、その際には落胆するようなコメントも書き込まれた。

ところが、用意されていたのは、歌唱中の山本からメンバーへ、そしてテレビの前のファンへの心からのメッセージ。
山本とメンバー、そしてファンの“絆”を感じさせる粋な演出だった。

ツイッター上には「演出に感動です」「さや姉!! あの演出はダメだよ。。 泣けてくるよ」「あの演出はやばいよ メンバーもファンも涙出るって」と感動の声が続々と挙がった。

そして、「さや姉当人のこれから。ではなくNMBを!!って言うところがらしさを感じる」「さや姉最高すぎん?? 最後やからって派手な演出せずに 向かい合って歌うんやで?」」と、メンバーやファンに強い思いを届けた山本の姿に引き込まれ、話題を広げている。

エンドロールで山本は「最後に出演させていただけて本当に光栄でした」とコメントし、タモリから花束を送られ、「ありがとうございます」と笑顔で感謝していた。

2010年に1期生としてNMB48に加入した山本は、4日にNMB48劇場で開催される公演で正式に卒業する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00010007-musicv-ent

山本彩 NMB48最後のMステ
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


NMB48 山本彩
no title

no title

【NMB48卒業の山本彩さんが、最後のミュージックステーション出演】の続きを読む