芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

マネージャー

1: なまえないよぉ~ 2018/05/22(火) 22:53:34.52 ID:CAP_USER9
「私が、迷惑をかけてしまって……」──5月14日、都内にある斎場で、女優・斉藤由貴(51)は関係者に支えられ、嗚咽を漏らしていた。

髪を後ろで束ね、黒い礼服に身を包んでいるが、眼鏡の下の瞼は赤く腫れ上がり、化粧も涙で流れ落ちていた。この日は斉藤が所属する芸能事務所のマネージャー・A氏の告別式だった。

「30代でありながら、長澤まさみらを輩出した“東宝シンデレラオーディション”の委員長を務めるなど業界では有名な敏腕マネージャーでした。
前日まで元気に仕事をしていたのですが、現場に来ず、電話にも出なかったことを不審に思った事務所スタッフが自宅を訪れると、すでに亡くなった状態だったそうです」(芸能関係者)

斉藤といえば、昨年8月に報じられた医師との5年にも及ぶ“ダブル不倫”が記憶に新しい。当初は釈明会見を開いてまで不倫関係を否定したが、写真週刊誌に斉藤の自宅とみられる場所で医師がパンツを被った姿が掲載されるや、一転して不倫を認める。その後、大河ドラマ『西郷どん』やCMの降板に追い込まれた。

「この時に彼女を支えたのが担当マネージャーのAさんでした。クライアントへの謝罪行脚の傍ら、斉藤の家族と一緒になって、追い込まれていた本人のメンタルをケアしていました。
騒動直後も一部の仕事は続けていましたが、食事も満足に喉を通らなかった斉藤がそれらをこなせたのも、Aさんが昼夜を問わず励まし続けたからでしょう。
この4月からグループリーダーに昇格し、担当を外れましたが、公私にわたって連絡をとりあう仲でした」(同前)

現在、斉藤は「スキャンダルを乗り越え、仕事のオファーが多数ある」(スポーツ紙芸能デスク)状況で、A氏の訃報に接してもすぐに駆けつけることができなかったという。

「それでも通夜、告別式の前に弔問に訪れています。ご遺体に直面するや泣き崩れて、悲鳴に近い声で“ごめんなさい”と懺悔の言葉を口にしていました。“まさか”という心境だったようで、ただただ慟哭するばかりでした」(前出・芸能関係者)

所属事務所は、A氏の逝去を認めた上で「コメントは控えさせていただきます」と回答した。スキャンダルを乗り越えて活躍することが、A氏への弔いとなるのだろう。

斉藤由貴 不倫騒動の“どん底を支えた人”の急死で号泣の夜 
5/22(火) 16:00配信 NEWS ポストセブン 
http://www.news-postseven.com/archives/20180522_678131.html 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180522-00000021-pseven-ent 

涙にくれた斉藤由貴 
5Y

※週刊ポスト2018年6月1日号

【斉藤由貴 不倫騒動の“どん底を支えた”マネージャーの急死で号泣の夜】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/02/13(火) 09:59:59.11 ID:CAP_USER9
2017年12月20日、東京・赤坂でおこなわれたライブで、担当マネージャー・岩渕優希氏(22)との間に、第一子を妊娠していることを突然カミングアウト。
「アイドルとして最悪の裏切り行為」と、ネット住民たちの怒りを買った地下アイドルの輝星あすか(18)。

アイドルとして前代未聞の暴挙に出た彼女を直撃すると、ネット住民たちへの怒りの反論を展開するのだった!

ーー現在の心境から教えてください。

「妊娠を発表した直後は、『すげえブス』とか『歌もダンスも下手くそ』とか『堕ろせ。流産しろ』とか、好き勝手なことを言われて精神的にダメージを受けました。
でも、結局ネット住民は、私のことを応援してくれていたわけではなく、標的を見つけたら徹底的に叩いてストレスを発散しているだけ。
顔や名前を晒す勇気はなくて、匿名性が守られるところでしか発言できない人たちなんですよ。

18歳で妊娠したことはべつに犯罪でもないし、私はすでにアイドルグループから脱退していて、アーティストとして活動していたのでなんの問題もないって。
正直なところネット住民に嫌われても、私たちの活動にはまったく影響はなくて、だから言わせておけばいいかなと思っています」

ーー2人の馴れ初めは?

「そもそも彼の親友とつき合っていたんですけど、鏡を投げつけられたり、首根っこをグイグイ引っ張られたり、DVクソ野郎だったんです。
怖いから逃げるんですけど、どんどんエスカレートしちゃって……。
ヤバいってSOSを出して、彼に助けを求めたらすぐに駆けつけてくれて、お互い惹かれ合うように。2年前のことです」

ーーどのようなおつき合いを?

「つき合いはじめてすぐに私の実家で同棲するようになりました。
寝るときに、彼によしよしって頭をなでてもらうとか、腕枕をしてもらうとか」

ーー出産予定日は6月末ということですが、今後はどういった活動を?

「もともと2人でも活動したいねと話していたんです。今カップル動画を配信するのが流行っていますが、そっち系のユーチューバーとして活躍の場を広げていきたいなと。ユーチューブ界のぺこ&りゅうちぇるさんを目指しています!(笑)」

http://news.livedoor.com/article/detail/14292464/

画像
no title

動画
https://www.youtube.com/watch?v=6P0pp_187_A


【マネージャーと結婚&妊娠の自称アイドル(18歳)、ネット民たちへ怒り&「ユーチューバーとして活動したい」(画像動画有)】の続きを読む