芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

マツコ・デラックス

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/08/31(月) 18:05:05.98 _USER9
タレント・マツコ・デラックス(47)が31日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)にリモート出演。千葉出身の立場から方言について、独自の見解を示した。

 この日、方言の話題になると、「私ら(関東出身者)が今使っている言葉を東京弁って言う人もいるけど、標準語よね。もともと東京に根付いている言葉でしょ」と話し始めたマツコ。

 「私たちって方言の素養がないからさ。『じゃん』とかくらいじゃただの語尾で方言に入らない。方言を使う人にジェラシーを感じる時もあるわよね」と続けると、「武器に使っているヤツがいるわよね、方言を」とバッサリ。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/0d49ae8298ac097729e39df4ed80d9482e07b0a3 
tFNyGMtiyyZoSnU-1600x900-noPad

【マツコ・デラックスが直言「方言を武器に使っているヤツっているわよね」 ← 関西人、ぐぬぬwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/08/25(火) 10:44:08.78 _USER9
 タレント、マツコ・デラックス(47)が24日、月曜コメンテーターを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・0)に電話出演。東京・立川に対し、いら立ちを見せた。

 先週月曜日の放送で「隣の市の人が『仙台』とか『横浜』って嘘ついたりするじゃない?」というマツコの発言を受けたMCのふかわりょう(46)が「立川の人が吉祥寺って言っちゃう感じですよね」と口を滑らせたところ、視聴者から「立川にどんな印象があり、吉祥寺とどのような差があるとお考えなのでしょうか」など抗議が殺到。この事態に番組は、地元住民や観光協会の担当者の証言のもと、近年の立川の発展ぶりなどをVTRで紹介した。

 「ガヤガヤしていない都会。軽井沢的要素もある」「(比較するなら吉祥寺よりも)新宿のイメージ」「昭和記念公園から見る立川のビルの街並みが、ニューヨークのセントラルパークみたい」と街の魅力を語る立川市民に対し、マツコは「都会じゃねえよ! バカにするな、軽井沢を。この野郎!」「新宿行ったことねえだろ!」「こんなに嫌み始めたか、立川!」と盛んにかみついた。

 さらにVTR中、ことさら立川駅近くにある北欧発祥の家具量販店「イケア」の存在を誇る立川市民に対し、マツコは「イケアに頼ってる時点で田舎よね」「(街の自慢は)イケアしか出てこねえな。本当に」「『イケアがおしゃれ』って言ってること自体がダサいからな!」と指摘。「(これまでマツコが敵意をあらわにしてきた)ニコタマ(二子玉川)とかじゃないわね。これからターゲットは立川ね、これ」と“宣戦布告”しつつ、「あんまり(自分の街を自慢気に)言い過ぎると恥ずかしいからやめなさいよ」「気をつけてよ、立川の人!」と案じた。

https://www.sanspo.com/geino/news/20200825/geo20082510120011-n1.html
tFNyGMtiyyZoSnU-1600x900-noPad

【マツコ、立川に“宣戦布告”】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/08/01(土) 20:37:57.47 _USER9
マツコ・デラックスは自身が出演する宅急便のテレビCMで猫と暮らす光景が見られるものの、実際には猫を飼おうかどうしようかと迷っているようだ。
7月31日放送のテレビ朝日系トークバラエティ番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』で有吉弘行と植物を育てたり動物を飼うことの難しさについて話すなか、マツコが猫を飼いたいけどなかなか踏み切れないという葛藤を明かした。

7月25日に放送された『マツコ会議』(日本テレビ系)は、自宅では何よりも猫の動画を見ている時間が長いというマツコ・デラックスがYouTubeで猫の動画を配信する飼い主とリモートで交流してご機嫌だった。

31日放送の『かりそめ天国』では有吉弘行と「植物を枯らしてしまうことはあるが、動物を飼って死なせてしまい相性が合わなかったでは済まない」といった話をするなか、猫が飼いたいというマツコが「ひとりにさせちゃうわけじゃん」と切り出した。それがネックとなって飼うか飼わないか葛藤して、自分のなかで「最後の攻防」を繰り広げているという。

「猫は1匹でも大丈夫だよ」と経験者は言うが、それでもマツコは仕事や用事で出かけて一日のうち十数時間も猫だけにさせてしまう状況を想像すると「私が帰ってから猫と1~2時間ちょろちょろっと遊んで寝るだけじゃん、そのために飼っていいのかって…」と自問していた。

マツコは毎日のように動画を見るので育て方の知識はあり、自分でシミュレーションしてみると「アタシの生活には落ち度がありすぎて(飼えない)」となるのだが、「可愛さだけだったら、とっくに飼っている」というのだ。

そんなマツコの思いに、Twitter上では視聴者から「こういう感覚はほんまに大切、可愛いだけでは飼えない」、「マツコさんすごいよ…自分が猫とか飼っちゃいけない理由とかちゃんと考えていらっしゃる」、「私も本当に猫を迎えたいけど、私に飼われる猫は不幸なのではと思うととても飼えない…」などの反響があった。

またマツコが「多頭飼育崩壊」(ペットを多数飼育した飼い主が、不妊去勢手術をしないなど無秩序な飼い方をして飼育困難になること)に触れて「最初は可愛いからと飼って、じゃあアタシがそれを防げるかとなると“でもやっぱり”があるのよね」と懸念したところ、「マツコありがとう。あなたみたいに人気者で発言力がある人が、こういうことを言ってくれるのは嬉しいです。あとは、どうか保護猫のことを話してほしい」という声も寄せられた。

全文はソースをご覧ください

https://japan.techinsight.jp/2020/08/maki08010957.html 
2020.08.01 
i9Q65

【マツコが猫を飼わない理由に共感の声 「こういう感覚大切、可愛いだけでは飼えない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/20(月) 18:42:15.98 _USER9
タレントのマツコ・デラックス(47)が、20日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に電話出演。「昭和」の働き方に共感する部分があることを明かした。

 この日の番組では、「(高度経済成長期の)昭和時代にサラリーマンをやりたかった」というネット上の投稿が多くの賛否の意見を集めているという一件を紹介。

 この件について、マツコは「私は個人的には多少、パワハラだったり、労働環境が過酷だったりしても、昭和のノリの方が自分には合っているかな」とポツリ。「あの方が自分の性分には合っている。逆に今の方が若い子に限らず、この環境で労働しなきゃいけないジジイやババア見ていると、なんか、やりづらそうだなとは思う」と続けた。

 さらに現代の働き方について、「日本が戦後からずっと立ち上がって復興して、ピークを迎えて、今、ちょっと落ちていてという流れの中ですべてのジャンルにおいて、経験を積み過ぎちゃったと思うんだよね。やっぱり、人間って経験値を積んじゃうと、失敗をしなくなるし、頭でっかちになっちゃって、いろんな意味みたいなものをそこに持たせたり、すごくものを考えちゃったりするじゃない?」と淡々と話した。

 さらに「(昭和は)寛容じゃなかったし、厳しかったと思う。でも、それはなんでかと言ったら夢や希望があったからなのよ。これから豊かになって、大きな家に住んでおいしいもの食べてっていう希望がみんなにあって、そこに向けて全国民が向かうという勢いがあったのに、それがなくなったってのは、すごく大きいと思う」と結論づけていた。

7/20(月) 18:09配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/2fe68d324b27fcda733552c7ab46d610e10149a3
tFNyGMtiyyZoSnU-1600x900-noPad

【マツコ、昭和には「夢や希望があったから寛容じゃなかったし、厳しかったんだと思う」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
tFNyGMtiyyZoSnU-1600x900-noPad

1: なまえないよぉ~ 2020/07/14(火) 17:10:55.77
13日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に、タレントのマツコ・デラックスが出演。外食をした際、店員に「ごちそうさまでした」と声をかけない人について語る場面があった。

■「ごちそうさま」と言うのが気まずい

番組では、ツイッターで話題になった漫画について議論。その内容は、牛丼チェーン店『松屋』で食事を終えたあと、店員に「ごちそうさまでした」と声をかけることが難しいというもの。

このトピックを受けて、MCのふかわりょうを始めとした出演者は、外食の際、店員に「ごちそうさま」を「言う派」「言わない派」にわかれてそれぞれトークを展開した。

■言わない人について違和感も

「言う派」と手を挙げたマツコは、「無言で立ち去るのも、立ち去りづらくない?」と声をかける理由について語る。続けて、「ちょうど席立つタイミングで『ごちそうさまでした』って言うと、『帰ります』の代わりな感じ」と持論を展開した。

マツコは、「ごちそうさま」と声をかけることについて、「ありがとう」と「帰ります」を店員に知らせるために、区切りとして声をかけているため、無言で立ち去る人に関しては「なんかスッキリしないわね、っていうのは思うね。見てて」と違和感を覚えているそう。

■「ごちそうさま」を言うのはおかしい?

マツコの他、ふかわや株式トレーダーの若林史江氏は「言う派」に挙手した一方、フリーアナウンサーの大橋未歩は「言わない派」と、意見が割れた今回のトークテーマ。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20代~60代の男女1,658名を対象に「飲食店で『ごちそうさま』を言う人について」調査を実施したところ、一部の人が「おかしい」と回答しているものの、ほとんどの人が声をかけることに違和感を感じていないことがわかる。

マツコの言う通り、店員に感謝を伝えるための言葉でもある「ごちそうさま」。外食した際には積極的に声をかけたいものだ。

2020/07/14 06:15
https://news.nicovideo.jp/watch/nw7642571?news_ref=tag

no title

【マツコ、店員に「ごちそうさま」を言わない人に違和感】の続きを読む