芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

マツコ・デラックス

1: なまえないよぉ~ 2019/12/06(金) 23:29:38.92
年間視聴率三冠王を狙って、テレ朝が「マツコ&有吉 かりそめ天国」を深夜帯からゴールデン帯に移すという奥の手を使ったが、成功とはいえない状況だという。なぜならマツコ・デラックス(47)の持ち味は、深夜帯にこそ発揮されるからだ。

現在、マツコのレギュラー番組は以下の通り。
no title


日曜を除けば、マツコは月曜から土曜日まで連日、どこかのテレビ局の番組に出演している。民放プロデューサーは言う。

「見事なものです。マツコさんのレギュラー番組で興味深いのは、『5時に夢中!』(MX)は別として、10月からゴールデン帯(19時~22時)に移動した『かりそめ天国』(テレ朝)はじめ、現在、ゴールデン帯とプライム帯(19時~23時)で放送されている彼女の番組はすべて、深夜帯の番組としてスタートしていることです。『マツコの知らない世界』(TBS)や『ホンマでっか!?TV』(フジ)も深夜帯で評判がよかったため、もっと早い時間に格上げされた番組なのです」

「かりそめ天国」もテレ朝が日テレから三冠王を奪取するための、リーサルウエポンとして移動させたが、

「残念ながら、水曜深夜で人気があった番組を、金曜20時に持ってきたからといって、簡単に数字が取れるというものではありません。マツコさんはやはり、深夜の人だと思います。ユルい時間帯で自由に正論を吐くのが真骨頂です」(同・民放プロデューサー)

つづく

【<マツコはやっぱり深夜に見たい人>驚異の視聴率で占拠率30%超という無冠の帝王】の続きを読む

tFNyGMtiyyZoSnU-1600x900-noPad

1: なまえないよぉ~ 2019/11/19(火) 13:08:15.81
タレントのマツコ・デラックスが18日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、「電車の席を譲るかどうか問題」に言及した。

番組では、日本人が電車で席を譲らないのは「知らない人と話すことに照れがあるからではないか」という毎日新聞のコラムを紹介。ベルリンでは赤ちゃんを抱っこして電車に乗ると、必ず誰かがそっと立って赤ちゃんに話しかけるとし、日本人は席を譲りたくても座席が遠いといった障害があって躊躇してしまっているのではないかというもの。

マツコは「席を譲る譲らない論争みたいなやつってすごい繰り返されてるけど…」と切り出すと、「これは相当、的を射てる気がする。この『恥ずかしい』というところが、なんか核心な気がするんだよね」と共感する。

さらに、赤ちゃんの場合は席を譲りやすいが、高齢者の場合は「『(声をかけたら)どう思うかな?』って思っちゃわない?」と気まずい雰囲気になってしまう可能性があると指摘。譲るほうはどう思われても気にせず声をかけることが大切だとし、譲られるほうも「失礼な!」などと決して怒らないことをルールにすれば、いずれ恥ずかしさもなくなっていくと話す。

「こういうの学校で子供のときからやったらいいんじゃない?」と学校教育に組み込んだほうがいいと主張した。

https://sirabee.com/2019/11/19/20162201404/ 
2019/11/19 

【マツコ、日本人が電車の席を譲らない理由に言及「こういうの学校で子供のときからやったらいい」】の続きを読む

i9Q65

1: なまえないよぉ~ 2019/10/26(土) 20:54:49.85
お得に商品を購入できたり、サービスを受けられるクーポンやポイント還元に関して、25日放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で言及。
有吉弘行とマツコ・デラックスが持論を展開したのだが、昨今の主流となっているスマホアプリのクーポン利用については怒りを滲ませる場面もあった。

クーポンや割引チケットを使うのが「ケチくさい」と抵抗があった男性投稿者。しかし、彼女が毎回スマホでクーポンを探して利用する姿を見て、「できた彼女だな」と最近は考えが変わってきたという。

クーポン利用を尋ねられた有吉は「昔は使っていたけど増えすぎたから、よく行く店のだけを財布に入れている」と言及。マツコは「クーポンに左右されはじめる」とクーポンやポイントを気にして店を選ぶ時期があったと語る。

しかし「クーポンにがんじがらめになっている自分に気づいた」マツコは、現在では利用を「ヤメた」ことを明かした。

ここから現在主流のスマホアプリでのクーポン利用に有吉が触れていく。「イイんだけど、トロトロしないでほしいんだよね。使うんだったらスムーズになってからやってほしい」と本音を漏らすと、マツコは激しく共感。

切符売り場などで戸惑っている人に対してはなんとも思わないが、レジ前でスマホをイジりはじめ、クーポンを探す客に対して「スマートを目指しているんだろ。スマートフォンならスマートにやれよ」と怒りを露わに。「事前に探しとけよ」と苦言を呈した。

一部複雑な部分もある、スマホアプリを利用したクーポンやポイント還元。慣れずに使う場合は、後ろに並ぶ客のことを考えて事前に準備しておくべきだろう。

全文はソースでご覧ください
https://sirabee.com/2019/10/26/20162187172/ 
2019/10/26 
【有吉・マツコ、レジ前でスマホのクーポンをトロトロ探す客に怒り】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/09/20(金) 15:29:38.67
マツコ・デラックスが、毎回あてもなく気ままに夜の街を徘徊し、そこで出会った人々と交流をする『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系、毎週木曜24:20~ ※一部地域を除く)。9月19日の放送では、先週に引き続き、東京湾アクアラインにあるパーキングエリア・海ほたるを訪れた。

数週に渡って、千葉県・木更津にある「スパークルシティ木更津」を訪問したマツコ。その帰り道に、海ほたるへ。施設に入ってお土産ショップを見つけると、同県出身のマツコは「千葉県のために私は買います!」「お金を落とさないといけない」と宣言し、落花生、びわゼリー、カレー、ピーナッツバターなどを大量に買い込んだ。合計82点を購入して、マツコが所属する事務所のスタッフや、番組スタッフへとプレゼントすることを明かした。

https://dogatch.jp/news/ex/67721/detail/ 
2019.09.20 

no title

【マツコ、「千葉県のためにお金を落とさないと」ロケ帰りの木更津でお土産82点を爆買い】の続きを読む

money_satsutaba2

1: なまえないよぉ~ 2019/08/27(火) 00:50:19.25
「師匠(志村)の口から(テレビ局へ)言ってください。『ギャラ上げろ!』って。喉から血が出るほどしゃべっているのに全然ギャラが上がらない!」

8月14日に放送された『志村けんのだいじょうぶだぁ たのしい夏休みスペシャル』(フジテレビ系)に出演し、自らの出演料を愚痴ったマツコ・デラックス(46)。

「大御所・志村さんに泣きつく形で、バブル期に比べ『リーマンショック後にブレークした芸能人は上がり幅が少ない設定になっている』と嘆いていました」(番組関係者)

レギュラー番組を8本抱える超売れっ子のマツコ。実際そんなにギャラは上がっていないのか――。

「たしかに05年からレギュラーを務めている『5時に夢中!』(TOKYO MX)は、制作費の都合もあり、ほとんど上がっていません。ですが、マツコさんの番組が高視聴率なのは誰もが認めるところ。その影響で民放キー局のギャラはこの数年で確実に上がりました。現在、日本テレビの人気番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)は200万円。テレビ朝日の『マツコ&有吉かりそめ天国』は10月からゴールデン帯に進出することもあり、300万円から400万円にアップします」(制作関係者)

それだけでも相当な額だが、さらに高額出演料の局があるという。

「TBSです。深夜枠からゴールデン帯に昇格した『マツコの知らない世界』では現在、500万円を支払っているそうです。MCとして最高峰の明石家さんまさんで300万円ですから、どれだけマツコさんを高く評価しているのか明白です」(テレビ局関係者)

TBSのギャラがいちばん高いのにはある理由が――。

「“ドラマのTBS”といわれるように日テレやテレ朝に比べてバラエティ番組の数字が弱いんです。そのため、TBSでは視聴率のとれるバラエティ番組は貴重。冠番組を持つタレントさんには他局よりも高額ギャラを払うようにしています」(芸能事務所関係者)

この500万円という破格ギャラには、“内訳”があるという。

「マツコさんのほかの番組では、有名人が共演することが多いです。『ホンマでっか!?TV』ではさんまさん。『月曜から夜ふかし』では関ジャニ∞の村上信五さん。ただ、『マツコの知らない世界』はマツコさんがメイン。そこでギャラは300万円ですが、『事務所協力費』という名目で200万円が追加され、合計500万円になっているんです」(別のテレビ局関係者)

確かにゴールデン帯となった現在の同番組では、マツコの所属事務所が「企画協力」としてクレジット表記されている。

「番組がより面白くなるように、事務所サイドも制作に積極的に携わり企画の提案などをしています。ただ、実際には局がマツコさんを確保するためのギャラの上乗せといえます」(前出・制作関係者)

マツコの所属事務所関係者に、高騰ギャラについて聞くと、「番組によってギャラは違いますし、そんなにギャラはもらっていないですよ」と回答するが……。

本誌が4年前、マツコのギャラを報じた際は1本30万円だった。

「当時、マツコさんは“好きな男性タレント”1位に輝き、レギュラー番組が急増する大ブレーク中にもかかわらずこの安さでした。まだ“文化人”枠だったため、ギャラの額は低く抑えられていたんです」(前出・テレビ局関係者)

女性自身 8/27(火) 0:03
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190827-00010001-jisin-ent

【マツコ ギャラが芸能界最高額に!30万円から4年で500万円】の続きを読む