芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

マツコ・デラックス

1: なまえないよぉ~ 2019/08/18(日) 11:58:05.89
タレントのマツコ・デラックス(46)が、まさかの大逆風にさらされている。

そんななか頭を抱えているのがテレビ朝日だ。マツコを主役にした人気漫画「笑ゥせぇるすまん」の実写化プランが危機に陥った――。

きっかけは「週刊文春」だった。8月8日号で、ジャニーズ事務所を退所した元SMAPの3人(稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾)をテレビ出演させないよう同事務所が各局に圧力をかけた疑いを特集。その中でマツコを取材した。

一方、N国党とも場外バトルを展開中だ。

ある芸能プロの幹部は「元SMAP3人に対しては、いつものとがったコメントが裏目に出た格好でしょう。また、N国党は今話題になればなるほど存在感を発揮するので、巻き込まれた格好ですね。いずれにしても、炎上したのは、露出が増えたマツコに視聴者のうっぷんがたまっていたことが背景にあったのではないでしょうか」と指摘する。

 同幹部によると、マツコはこのようなネガティブな情報が拡散することで、CMなど他の仕事に影響が出るのを懸念しているという。

「その悪夢が現実になるかもしれません…」と耳打ちするのは、ある制作会社の関係者だ。

「テレビ朝日では漫画家・藤子不二雄(A)氏の『笑ゥせぇるすまん』のアニメ化と実写版ドラマ化の企画が進行中なんです。主役の謎のセールスマン喪黒福造の声優と実写版の主役に、マツコの名前が挙げられていて、現在最有力候補。ブラックユーモアな漫画のイメージが、マツコと合っていますからね」

 同漫画の実写化といえば、1999年に伊東四朗で実現したことがある。このときもテレ朝がドラマ化し大好評だったことから今回もがぜん乗り気。マツコ版で新たな喪黒像を作り出そうとしているという。

「素のマツコをそのまま出すような大胆な意見も出ています。実現したらかなり視聴率も期待できます」と同関係者。

 おネエの喪黒福造も見てみたい!? もっとも、現在は企画段階。放送枠もスポンサーも未定だというが、そんな中で今回の騒動が勃発したため、テレ朝は頭を抱えているという。

「今、マツコを起用するのが正解なのかどうか決めかねているようです。炎上後、鎮火しないまま何かをやらかすと、再び炎上する可能性がありますからね。下手するとテレ朝にも飛び火しかねない。難しいところです」(同)

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1514208/ 
2019年08月18日 
6001a_60_abe840ad8f5752cb254a7539a49fe7d5

【マツコ大逆風の悲劇 テレ朝でプラン進行中・実写版「笑ゥせぇるすまん」お蔵入り】の続きを読む

tFNyGMtiyyZoSnU-1600x900-noPad

1: なまえないよぉ~ 2019/08/13(火) 06:49:35.40
 参院選で初議席を得たNHKから国民を守る党の立花孝志代表(51)が12日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・0)でのタレント、マツコ・デラックス(46)の発言を受けて東京・麹町の同局を電撃訪問した。

 マツコは先月29日の同番組でN国党に関して「ふざけて(票を)入れている人も相当数いる」などと発言。これに激怒した立花氏は、同局に突撃すると予告していた。

 この日、立花氏は同局前から動画を生配信し、6万人超が視聴。マツコとの“直接対決”は実現しなかったが、同番組終了後に「確かな情報」と前置きした上で「(マツコは)パニックらしい。番組を降りるそうです。間違いを認めたということ」と集まった報道陣に説明。「もし来週、マツコさんが(番組に)出るようだったら、また来ます」と宣言した。

 同局はサンケイスポーツの取材に「降板の事実はありません」とコメントした。

2019.8.13 05:02 サンスポ
https://www.sanspo.com/geino/news/20190813/geo19081305020007-n1.html

【「5時に夢中!」マツコがパニックで降板をMX側否定「降板の事実はありません」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/11(日) 14:19:49.92
タレントのマツコ・デラックスが、さまざまな時代を探求していく日本テレビ系のバラエティー特番の第3弾『教師役の陣内孝則推定家賃70万の一軒家でひとり暮らしをしていた時代…とマツコ』が、12日に放送される(後11:59~深0:54)。

番組では、世の中の森羅万象、さまざまなモノのピークを時代変遷トークとともに探っていく「時代のピーク決定バラエティー」。「あるモノ」が最も妖しい輝きを放っていた時代をマツコ、ゲストともに、ディープに振り返っていく。第1弾では『仲村トオルが地井武男にワッパを掛けられた時代…とマツコ』と称して「不良が最も輝く時代」、第2弾は『かたせ梨乃が進駐軍の前で踊り狂った時代…とマツコ』と称して「風俗が最も輝く時代」を探求していった。

今回は平成から令和となった今こそ「若者に見てほしい…狂乱のバブル時代」を、ゲストの土田晃之、友近とともに探求。VTRを「ステータス」「ファッション」「恋愛」の3つのブロックに分けて“バブル時代”を紹介していく。

■VTRで紹介される3つのブロック
「ステータス」
1986年から1991年の約4年間。日本はバブルと呼ばれる超好景気に沸いた。金を手にした日本人は、“ステータス”を欲し、今では考えられないステータスが氾濫する。有名なゴルフ場会員権は、当時大きなステータスとなり、某有名ゴルフクラブの会員権はなんと4億円以上にまで跳ね上がった。さらに、大学生サークルが開催するパーティーに参加する事が若者のステータスとなり、莫大な金も動いた…。1回のパーティーで学生ながら5000万円の資金を動かしていたのである。そして今では考えられない破格の不動産も紹介される。

「ファッション」
バブル時代に大流行したのが日本のデザイナーが手がけた高級ブランド…DCブランドである。100以上のブランドが乱立し、飛ぶように売れた。そして、芸能人たちも自分たちでアパレルブランドやタレントショップを立ち上げていく…。そして、バブルファッションの象徴ともいえるボディーコンシャス、ボディコンが流行する。ボディコン女子達を狂乱させたのが…宮殿ディスコやモンスタークラブ。今宵は当時のディスコの世界もひも解いていく。

「恋愛」
恋愛観からみる日本のバブル時代も振り返る。この時代に最もモテた職業…それは空間プロデューサーとヤングエグゼクティブ。彼らがモテたのは一体なぜなのか…。また、男女雇用機会均等法の成立で、バブル時代は女性が台頭した時代ともいえる。恋愛においても、その影響がうかがえ、女性誌で一冊まるごとセックス特集を打ち出すファッション誌も出始める。そして、この時代の恋愛を語る時に欠かせないものがある…モテ車だ。スタジオには最強のモテ車と呼ばれたソアラも登場する。

https://www.oricon.co.jp/news/2142137/full/ 
2019-08-11 


no title

no title

【マツコの“時代特番”第3弾はバブル「若者に見てほしい…狂乱のバブル時代」】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2019/07/26(金) 12:49:23.11
タレントのマツコ・デラックスとお笑い芸人の有吉弘行が、「ヤバい」と感じるタレントについて語り合った。ネット上では、「誰のこと?」と話題になっている。

7月24日放送のテレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』で、「今の時代に売れる人」についてマツコと有吉が語った。マツコは、「食い気味にいかない人のほうが仕事している気がする」「暑苦しいじゃん」と、野心を前面に出さないタレントが最終的には成功を収めるとの私見を述べた。有吉も、大所帯のアイドルグループを例に挙げて、「内部の競争が激しいから、結局前に出るキャラで行くんだけど、いざ来てみると『あれ?』っていうね。難しいよね」とコメント。グイグイ前に出ながらも大ブレークを果たしたタレントの指原莉乃を「トラブルが生んだ奇跡」と評した。

また有吉は、「CMでしか見ないタレントってヤバいとき多いよね」と持論を展開。「めちゃめちゃつまんないとか、めちゃめちゃ何にもないやつが多い」と言い放つと、マツコも心当たりがあるのか、「それをやれてるってことは、政治力だけはすごいのよね」と同意。さらに「若手の俳優さんで最近多いよね。なんかドラマ1回くらいしか出てなくて、あと最後にチューするだけの映画出てバンバンCM出て」と続けた。なんだか具体的な2人の意見に、ネット上では、「一体誰のこと?」と気になった視聴者の声が相次いだ。

https://trendnews.yahoo.co.jp/archives/634817/ 
2019/07/25 16:15 

no title

【マツコ&有吉が"ヤバいタレント"の特徴語る、この2人は話題作りがうまいよねwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/07/24(水) 08:59:06.45
 7月17日に放送された『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に、有村藍里(28)が登場し、「昔よりも顔に覇気があってすてき」「こんなにもかわいくなるんだね!」と絶賛されている。今回取り上げられたテーマは、“整形の気になるギモン徹底解決SP”。スタジオには“目・鼻・肌・豊胸・輪郭形成・脂肪吸引”の名医6人が集結し、出演者たちの整形に関する疑問を解決していくことになった。

 番組冒頭で、ゲストの有村の姿を見たマツコ・デラックス(46)は、「すごいきれい!」と大絶賛。明石家さんま(64)が「骨を6等分(する手術を)してんな?」と聞き、有村の整形ビフォーアフター画像が紹介されると、有村は「頭蓋骨ですね。上あごと下あごと……」と、淡々と状況を説明していた。

 マツコやさんまだけでなく、視聴者たちも有村の姿を大絶賛。「今までテレビに出ていたときは少し悲しそうな表情のことが多かったけど、なんか整形してからすごく明るくなって好印象!」「顔に相当コンプレックスがあったせいか、整形後はイキイキしてて、すてきです」「大々的に変わったってわけではないのに、表情も相まってめちゃくちゃかわいい!」「整形して成功したいい例ですね」「もともとかわいかったけど整形してからもっとかわいくなった」「見た目だけじゃなくて性格も明るくなった」といった声が上がっていた。

 出演していた専門医によれば、有村が受けた“骨切り”の手術は、整形の中でも「一番生死にかかわってくることもある」難しい手術だそうで、有村も手術後1週間は痛みに耐え、その後も鈍痛で「口が1センチも開かない」ため、スプーンでスープなどを飲んで過ごしていたと、苦労を語った。さらに、今後5年ほどはメンテナンスも必要だと明かしていたが、有村の笑顔は明るかった。

 これからもすてきな笑顔を見せてほしい!

http://dailynewsonline.jp/article/1936442/
2019.07.24 07:30 日刊大衆
no title

【マツコ「すごいきれい!」有村藍里を大絶賛!「性格も明るくなった」】の続きを読む