芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

ベッキー

1: なまえないよぉ~ 2018/04/28(土) 10:53:38.27 ID:CAP_USER9
 新進気鋭の画家・中島健太氏の『一枚の絵画展 -呼吸-』がきょう28日から5月31日まで東京・NEWoMan新宿で開催。
先日まで東京・中目黒蔦屋書店でも開催されていた同展だが、そこで話題となっていた一枚、タレントのベッキー(34)がモデルの絵画が
引き続き、NEWoMan新宿でも展示される。

 今月25日まで中目黒蔦屋書店で開催されていた絵画展において、展示されたベッキーの絵画は、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの
今市隆二が、自身のインスタグラムのストーリーに投稿して話題に。そして今回、大きな反響を受けて、NEWoMan新宿での展示が決定した。

 作家である中島氏は、20代という若さで日展の特選を2度受賞、若手実力派として活躍し、現在放送中のフジテレビ系“月9”ドラマ
『コンフィデンスマンJP』の美術監修にも参加している。写実絵画の若き天才として評価されており、作品の数々は、人間の内面をも
表現された作品だと、高く評価されている。

 中島氏は「この場所で展示の機会を頂けた事を心から誇りに思います」と喜び「新しい時代を生きる、すべての新しい女性のために。
新しい経験と出会う場所『NEWoMan』この日本の中枢とも言える場所『新宿』のど真ん中にこんな場所があることは暗闇にさす一筋の光のようです。
この場所で展示の機会を頂けた事を心から誇りに思います」とコメントしている。

オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000396-oric-ent
no title

【ベッキーがモデルで話題の絵画 反響を受け「NEWoMan新宿」で展示】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/04/12(木) 05:03:09.18 ID:CAP_USER9
 タレントのベッキー(34)が、世界的ブランド「エンポリオ・アルマーニ」と初コラボした。11日に開設された国内外のファッションとカルチャーを紹介するサイト「The Fashion Post」のファッションストーリーで、同ブランドの2018春夏シーズンの新作をまとって登場した。

 「freEAdom」をテーマに、ベッキーはブランドロゴが大胆にあしらわれたシースルーワンピース、チェックカラーのダブルジャケットなど全4着を着こなし、モードな一面を披露。春の陽光に照らされる中、大人っぽい表情を見せている。

 ベッキーは「正直にいうと、アルマーニを着させていただくのは、もうちょっと歳を重ねてからかなぁなんて思っていたんですが、お洋服をみて、“ズバリ、今着たい服!”と思いました。若い子たちも手を伸ばしたくなるような、春らしいすてきなデザインがたくさんあります。たくさんの方に見ていただけたらうれしいです」とコメントした。

2018年4月11日23時2分 スポーツ報知 
ベッキー「エンポリオ・アルマーニ」と初コラボ!モードなファッションを披露 

 開設されたファッションサイト「The Fashion Post」で「エンポリオ・アルマーニ」のファッションを披露したベッキー
no title

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180411-OHT1T50250.html

【ベッキー「エンポリオ・アルマーニ」と初コラボ!モードなファッションを披露】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/04/07(土) 14:00:43.85 ID:CAP_USER9
 不倫報道以来、まさに踏んだり蹴ったりのベッキー。そんな彼女がまたしても自ら地雷を踏んでしまった。
 すべての発端は、スマートデイズ社の女性専用シェアハウス『かぼちゃの馬車』のCMだ。“手元資金0円で高利回り――”というセールス文句につられ、多額の不動産ローンを組んでしまった約800人ものシェアハウス・オーナーがトラブルに巻き込まれている。
 「借り手がいなかった場合も安定した定額収入を約束し、オーナーに土地を販売。シェアハウスの設計代を含めた建築をスマートデイズが請け負い、完成後に一括で借り上げて管理するサブリース契約を売りにしていたんです。本来は賃料収入で金融機関に返済し、オーナーは高利回りの収益を得る計画になっていた」(全国紙社会部記者)

 ところが、昨年の秋頃からスマートデイズ社はシェアハウス・オーナーに対し、一方的に支払い減額を通告。さらに1月には賃借料の支払いを停止してしまったのだ。結果、多額の借金を抱えたオーナーらは金融機関への返済ができず、自己破産ギリギリの状況に追い込まれているという。
 「オーナーの大半はサラリーマン。その多くが銀行から融資を受けていたんです。しかも、その額は1億円以上。一手に融資を請け負っていたスルガ銀行の審査も疑わしい点が指摘されています」(不動産関係者)

 当然、同社のCMに出演していたベッキーにも、非難の矛先が向き始めている。
 「被害に遭ったオーナーの中には『ベッキーが出演しているCMを見て、信用した』と証言している者が後を絶たない。今後、スマートデイズ社とオーナー、さらにスルガ銀行も巻き込んで裁判になることは確実の状況。また、CMに出演していたベッキーにも責任が問われる可能性が出ている。2000万円以上と言われる多額の出演料をもらっていたベッキーも無傷ではいられないというわけです」(大手広告代理店幹部)

 いまだ、光は見えない。

https://wjn.jp/article/detail/7048353/
no title

【またもや非難の声が集中するベッキーCM出演の思わぬ波紋wwwwwww】の続きを読む

fe0ba074

1: なまえないよぉ~ 2018/03/21(水) 09:16:30.20 ID:CAP_USER9
土曜の朝の情報番組「にじいろジーン」が10周年を記念して、3月20日に特別番組「10周年だよ!にじいろジーン 世界で大変身SP!! ハリウッド女優(秘)プライベートから豪邸リフォームまで全部見せます!」(関西テレビ・フジテレビ系)を放送した。

スタジオには番組にゆかりの深い俳優の山本耕史(41歳)らがゲストで登場。
また、VTR出演でも多くのゲストが10周年を祝うコメントと、番組への思いを語った。

しかし、番組が開始した2008年4月から2016年1月までMCを務めていたタレントのベッキーはスタジオに呼ばれるわけでもなく、VTR出演もなし。
そのため、視聴者からは「にじいろジーンそろそろ、ベッキー戻してやれよ」「ベッキー復活してほしい」「10周年にベッキー出さないとか酷いわ」「許されなかった女…」といった、残念がる声がSNSで上がることになった。

なお、2016年4月から2017年2月までMCを務めていた女優の千眼美子(清水富美加)についても、番組では触れられていなかった。

http://news.livedoor.com/article/detail/14462145/

【「にじいろジーン」10周年特番に8年間出演のベッキーなし「許されなかった女…」の声wwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/03/18(日) 11:04:01.68 ID:CAP_USER9
タレントのベッキー(34)が、ファッション分野で引っ張りだことなっている。
春シーズンの立ち上がりに合わせて、多数のファッション誌に登場するほか、人気ショップとのコラボの実現、そして米国の人気ヘッドフォンブランド「beats by dr. dre」の広告モデルに起用された。
所属事務所によると、以前は年間数本ほどだったというファッション関連の仕事が、昨年は雑誌やイベントなど50本ほどに出演したという。
急増の理由を、関係者のコメントから探っていく。

ファッション雑誌・書籍編集部は、2016年9月に宝島社の広告で披露した「ショートカットへのイメージチェンジが大きかった」と話す。
「バッサリと髪を切り、瞳の印象がより強くなったことで、凛とした大人の女性としての魅力が増し、『起用したい』というクライアントの声が一気に増えたのは確か」と明かした。

さらに「彼女自身がもともと持っていた卓越したセンス、そして感度の高い表現力を考えれば、ファッション業界への新しい風、のようなものを感じた」そうで、関係者の間で「最近、ベッキーが妙に気になる存在」と名前が挙がるようになったのも「ごく自然な流れだったように思います」と分析する。

人気セレクトショップ「STUDIOUS」は、ベッキーとコラボレーションライン「PRIVATE」を立ち上げた。
同社は「表面的にPRを依頼するのではなく、楽しみながら、本当に好きなものを作ってもらう」ことがコラボレーションの本質と考えており、マルチに活躍するベッキーは「弊社の発信する、様々なカルチャーをミックスした“東京のファッション”というコンセプトにもぴったり」と白羽の矢を立てた。

プライベートで頻繁にSTUDIOUSを訪れていたベッキーも、コラボの話に大喜び。
大人の女性として「自分が今、本当に欲しい」服にこだわり、デザインからシルエット、カラーまで一からじっくりと選んだ。
同社は「コラボ商品を通して、ベッキーさんとファンの皆様とが、新しいかたちで交流ができるきっかけになれば」と期待を寄せている。

本国ではアスリートやラッパーなどが広告モデルを務めてきた「beats」だが、今春のワイヤレスイヤホンのキャンペーンにベッキーを抜てき。
「キミを解き放て」というコピーに負けない個性と、さらに羽ばたく決意を秘めているキャストを探す中で「クールでファッショナブルなベッキーさんにポテンシャルを感じ、今回のメインキャストを依頼しました」と起用理由を説明する。

ショートカット、大人の女性への変化、前向きなキャラクターとさまざまな要因が重なり、ファッションアイコンとしての地位を確立しているベッキー。
所属事務所は「お仕事がない時期もありましたので、本当にありがたいです」とオファーに感謝し、ファッション以外にも「テレビ、雑誌、広告など、一つひとつ、頂いたお仕事をただ全力にやらせて頂くだけです」と謙虚な姿勢を崩さない。
困難を乗り越え、新たな輝きを見せるベッキーに注目したい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000360-oric-ent

ベッキー
no title

no title

【ベッキーが引っ張りだこらしい、そりゃよかったwwwww】の続きを読む