芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

ブルゾンちえみ

1: なまえないよぉ~ 2018/05/08(火) 12:10:32.79 ID:CAP_USER9
ブルゾンちえみ、1年で失速 本人語る「『35億』超えはしんどい」
2018年5月3・10日号掲載

〈男はガムと一緒。味がしなくなったら、また新しいガムを食べればいい。
だって、地球上に男は何人いると思っているの?……35億〉。
こんなセリフで、お茶の間を席巻したブルゾンちえみ(27)。
だが、ネタが続かなければ一発屋に終わるのが芸人の世界だ。
最近は、すべり気味ともいわれるブルゾンだが“生き残り”の二発目はあるのか、本人に聞いてみた。

 ***

ブルゾンちえみがブレークしたのは、2017年の元日に放送された「ぐるぐるナインティナイン」(日テレ系)である。

「あの番組はオーディションが6回も7回もあるんです。だから合格するたびに宝くじに当たったような気持ちでした。
自分の出演部分は家で見ていたのですが、終わったらずっと携帯が鳴りっぱなし。
ツイッターもフォロワーが900人ぐらいだったのが、いきなり数千。今では66万人まで増えています」

そのブルゾンは岡山出身。教育者一家に生まれ、島根大学教育学部に進んでいる。
だが、何を思ったか大学3年で中退してしまう。

「私が入った教育学部は、先生になりたい人ばかりで皆目標があって生き生きしているんです。
だけど、私は教員免許を取っておけば何とかなるだろうと思ったぐらいで、
結局やりたいことが無くて学校をやめたんです」

それからは、劇団に所属したり、音楽専門学校に通うなど、やりたいことを探す日々。
そして5年前、ワタナベエンターテイメントカレッジに入学したことが芸人の世界に入るきっかけに。
ブレークしてからの活躍ぶりは言うまでもない。

昨年の「24時間テレビ」ではマラソンランナーに選ばれ、「35億」は流行語大賞のトップ10にも選ばれた。
一時はテレビで彼女を見ない日がなかったほどだが、それが重荷にもなったという。

「“35億”がヒットしてからは、新ネタのことばかり考えていました。
受ければ受けるほど次のネタをどうしようかと不安になるんです。
ドラマの話が来た時も、バラエティに出て力を蓄えるべきじゃないかと心配でしょうがなかった」

“一発屋”で終わるのが怖くて仕方なかったという。

「そもそも私が作るネタって面白いことを言っているわけじゃないんですよ。
でも、人って“すごい”とか“気持ちいい”と思ったときにも笑う。私のは、そんな笑い。
だから、自分の考えたことを全力で出すことしか考えていません。それでウケなかったらしょうがないですから」

4月には男と女の「価値観」をテーマにした新ネタを披露したが、
「35億」を超えるのは簡単ではない。が、彼女にはもう一つ目標がある。

「私はサシでじっくり本音を語り合うのが好きなんです。一度出演させてもらいましたが、
いつか黒柳徹子さんの『徹子の部屋』みたいな番組をやらせてもらえるよう頑張りたいです」

一発屋で終わらなければいつか「ちえみの部屋」が出来るかも知れない。

デイリー新潮
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/05080559/
no title

【ブルゾンちえみ、1年で失速 本人語る「『35億』超えはしんどい」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/01/01(月) 23:29:23.04 ID:CAP_USER9
お笑い芸人のブルゾンちえみの新ネタ「素直じゃない女」が、ネット上で反発を呼んでいる。

安室奈美恵がブルゾンちえみ風に変身、「カワイイ」と評判に

■どんなネタだったのか?

ブルゾンは、1月1日未明に日本テレビ系で放送された「ぐるナイ!おもしろ荘」に出演した。
ちょうど1年前、この番組で優勝したことをきっかけに大ブレークしたこともあり、後輩の男性コンビの「ブリリアン」と共に凱旋して約3分間のコントをした。

“素直になれない系女子“を演じたブルゾンは、「男子、これだけは覚えてて欲しい。女のイヤはイヤじゃない」と独白。
ブルゾンの飲みかけのミネラルウォーターを、ブリリアンが飲むと「やだ、やだって、やだやだ。それ、私が飲んでた水だよ」と、わざとらしく嫌がる。

足をくじいた演技をした後に、甲斐甲斐しく介護するブリリアンを「やめて、お願い!」と突き飛ばすなどした後に、
「なんでこうなっちゃうんだろ。私」と後悔し、「本当は、イヤじゃないよ!」と絶叫するというネタだった。

これを見たゲストの反応もさまざまだった。

綾瀬はるかは「本当にイヤなときもありますよね?」と質問。ブルゾンは「そうなんです」と即答。

一方、出川哲朗は「ブルゾンの気持ちわかる。女のイヤはイヤじゃない。俺がチューしようとして嫌がる女の子に、
『お前がイヤだっていう気持ちよりも、俺がチューしたい気持ちの方が絶対勝ってるから』と言うと、ほとんどできる。92%くらい」と持論を述べていた。

■ネット上の反応は?

ブルゾンの新ネタに対するネット上の反応を見てみると「共感できた」「めっちゃ好き」という好意的な反応の一方で、
「男に変な誤解を与えかねない」と反発する声や、「#MeToo でセクハラ被害を告白するようになった今、このネタか」と呆れる声が続出している。

番組中で「本当にイヤなときもありますよね?」と釘を刺した綾瀬はるかを称賛する声も多かった。

------ 主な反応 ------

「はやらせる前にやめてください。勘違い男湧くから。すでに出川さんの発言目の当たりにしましたよね? 撤回してほしい」

「世のおかしな男に変な誤解を与えかねないんじゃないだろうか」

「勘違い男湧くから辞めてくれ」

「路線間違えちゃってるよ...炎上案件だ...。」

「本当にイヤな時もあるやろって思ってたら綾瀬はるかが言うてくれた」

「Metooタグなどで世界中でイヤなものはイヤだと声を上げ出した今このネタか、、うーん」

「凄い勝手だけどちえみにこんなネタやってほしくなかった。強くてカッコイイ女のネタでブレイクしたのに」

ブルゾンちえみの新ネタ「女のイヤはイヤじゃない」に反発する声も 

1/1(月) 18:39配信 

ハフポスト日本版 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00010006-huffpost-soci
no title

【【時代錯誤】ブルゾンちえみの新ネタ「女のイヤはイヤじゃない」に反発の声】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/08(金) 06:08:56.08 ID:CAP_USER9
「35億」で2017年を風靡した、お笑いタレントのブルゾンちえみ(27)が5日、「ORICONクイーン・アワード2017」の授賞式に出席。「2017年ブレイク芸人ランキング女性部門」第1位を受賞した。

「去年の今頃は、ブレークするきっかけになった番組の収録もしていませんでしたし、テレビに出させてもらえるようになるとは思っていませんでした。今年を漢字1文字で表したら『億』でしょうね。私のネタで“35”という数字が特別になったこともうれしいです。でも、データしか言ってないんです」と上から目線のキャリアウーマンキャラに似合わぬ謙虚なコメントだった。

 ブルゾンちえみは「流行語大賞」や「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR」など今年輝いている女性に贈られる賞を総ナメ。まさに旬の女性芸人である

芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「お笑いの世界でもウッチャン(内村光良)なら漫才、志村けんならコント、松村邦洋さんならものまねと自分の本業というか柱になる技がありますが、ブルゾンさんに関してはそれが見当たらない。バラエティー番組に出て特に目立った存在とも言えない。お笑い界全体に言えることですが、ビジュアルのインパクトだけでウケている。存在自体が『インスタ映え』に近いのではないでしょうか。今後生き残れるとしたら、あのメークのイメージを脱却して女優に転身するなど、何かしら自分の柱になる技を身に付けるべきでしょう。逆にそれがなかったら一発屋で終わってしまうことも十分にあり得ます」

 本当の実力が問われるのは、今年受賞したさまざまな賞の授賞式に翌年プレゼンターとして登壇するとき。「ああ、懐かしい」でないことを祈る。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/218984/1

写真
no title

【<ブルゾンちえみ>来年まで生き残れるか?たぶんwwwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/11/24(金) 19:28:04.34 ID:CAP_USER9
 タレントのブルゾンちえみが「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017」を受賞し、24日に東京都内で行われた授賞式に出席した。ブルゾンは「これだけは言わせてください」と前置きした上で、「あ~、女に生まれてよかった!」と持ちネタのせりふで喜びをあらわにした。

 雑誌「VOGUE JAPAN」が「スタイル、生き方、美において読者をインスパイアした女性」を選出する同賞を贈られ、ブルゾンは「自分が頂いていいものかと恐れ多く感じつつ、心からうれしく思います」とスピーチ。「普段は白シャツにタイトスカートですが、きょうはワンピースでエレガントに決めさせていただきました」と笑顔を見せた。

 また、来年の抱負を聞かれると、「プライベートで楽器とか、1回もやったことがないジャンルに挑戦してみようと思っている。もっとすてきな女性になれるよう頑張りたい」と語った。

 同賞はほかに、女優の吉岡里帆や木村多江、「水曜日のカンパネラ」のコムアイ、振付師のMIKIKOらが受賞した。

 このうち吉岡は「(受賞が)決まった時、一緒に頑張ってきたマネジャーさんと『涙が出てしまうね』と話した。仕事を頑張ってきて本当によかったと、心から思います」としみじみ。来年1月スタートの「きみが心に棲みついた」(TBS系)で連続ドラマの主役を初めて務めることについて、「挑戦的な役を演じるので、見ていただけたら」とアピールした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000100-jij-ent
no title

【ブルゾンちえみ「女に生まれてよかった!」=吉岡里帆、「VOGUE」受賞に「涙が出る」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/11/11(土) 07:10:55.66 ID:CAP_USER9
10日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系)で、お笑い芸人のブルゾンちえみが、大学を中退した理由を明かした。

番組では「ブルゾンちえみ 7年ぶりの島根想い出巡り再会の旅」と題し、岡山県出身のブルゾンが、大学入学から3年生の夏までを過ごしたという島根県松江市を、安住紳一郎アナウンサーと巡った。

ブルゾンが通っていたのは国立島根大学の教育学部で、教員を目指していたという。ブルゾンによると、当時は「先生になろっかな」という安易な気持ちで、何となく教育学部に入学したとか。
しかし周囲の学生は、幼いころから「先生になりたい!」という強い思いを持って、教員を目指している人が多かったそう。

ブルゾンはそんな友人たちを見ているうちに「こういう人が教師になるべきだし、なってほしい」と心から思ったとか。
それと同時に、自身の中途半端な気持ちが許せなくなったという。

ブルゾンは「自分も100%なりたいっていうものを探したいな…とか考えはじめたら悩んじゃって」と葛藤した末、大学を中退したよう。
そんなブルゾンに安住アナは「そういう人にこそ先生になってほしかったなって思いますね」とひと言。

さらに安住アナは「マジメ!」「偉い!」とブルゾンを絶賛。
ブルゾンも自覚しているようで「マジメなんすよ、ホントに」と苦笑すると、安住アナは「ふる~い日本人に会ったって感じがして」とブルゾンのマジメな性格をイジり、笑っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13875056/
2017年11月11日 6時50分 トピックニュース

no title

【ブルゾンちえみ 国立島根大学の教育学部を3年生で中退した理由明かす】の続きを読む