芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

フワちゃん

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/29(火) 13:24:12.36 ● BE:971946189-2BP(2000)
タレントのデヴィ夫人とYouTuber芸人のフワちゃんが2020年12月27日、テレビ番組「うわっ!ダマされた大賞 2020」(日本テレビ系)に出演した。
ドッキリロケをキッカケにLINEを交換したと告白するなど、ほっこりする内容に視聴者からも好評が集まった。
呼び捨てされる予定だったけど...?

破天荒でマイペース、大御所芸能人もおかまいなしに呼び捨てる芸風で2020年の芸能界を席巻したとも言えるフワちゃん。
そんなフワちゃんにドッキリを仕掛けようと、本番組はこの日辛口タレントのデヴィ夫人を用意。
「デヴィ」と呼び捨てにするであろうフワちゃんに夫人が怒るという脚本を仕立て上げた。

しかし、デヴィ夫人が目にしたのは、これでもかというほど彼女に気を遣うフワちゃんの姿。

呼び捨てにするどころか、始終「デヴィ夫人」「夫人」と、丁寧な態度を崩さない。
ニセ番組のカメラが回り始めてからしばらくして一度だけ「デヴィは~」と話しかけたが、
夫人の表情が少し曇ったことに気づいたのかすぐに敬称へと戻す様子が見受けられた。

結局「本気で怒られるドッキリ」は失敗に終わってしまったが、デヴィ夫人はフワちゃんの態度を気に入り
「彼女のこと好きになってきた」と機嫌よく話す様子が放送された。

■フワちゃん&デヴィ夫人「ドッキリ失敗」が好評 怒られるはずだったのに... 
https://news.livedoor.com/article/detail/19455000/
no title

no title

【フワちゃんって実はマジメな人なのか?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/25(金) 19:51:13.77 _USER9
「さんづけ」は、きしょい

「別に尊敬してないとかナメてるからタメ口っていうわけじゃなくて。あたしはついこの間まで素人だったから、テレビを見て『松ちゃん』とか『さんま』って言っていた。だからやっぱりそこは律義な感じで呼び捨てにしたい」

フワちゃんの代名詞と言えば、目上の相手にも敬語を使わず馴れ馴れしく絡んでいくことだ。一見リスキーに見えるタメ口スタイルを貫く背景には、自分がまだ芸能人ではないという意識がある。

「友達になりたいからフレンドリーに話しているというのももちろんあるし、もう一つ、まだあたしは芸能人を芸能人として見ているからっていうのもある。養成所生の時、周りのみんなが一丁前に“ダウンタウンさん“とか言っているのが業界ぶっててなんかきしょいなと思っていたの。ウチらはただ養成所に行ってるってだけでまだ何者でもないのに、まるで知り合いみたいにさん付けしちゃってさ!って。だからあたしが芸能人を呼び捨てにするのは、逆に芸能人として崇めている『尊敬』の意味合いなんかもあったりしちゃうのさ!」

最近の彼女の悩みは、普段の会話の中で芸能人にしかわからないような例えが出たり、答えがわかっているのにそれを誘導するためにとぼけて質問をしたり、ちょっとしたタレント病が出てしまうことだ。そんな、芸能人にかぶれている自分のことも「きしょい」と振り返る。

「自分がタレントだというプロ意識があってこそのタレント病だったら全然良いんだけれど、あたしはマジで素の部分が今までの自分と全く変わっていないのね。いまだにガッキー見たら超興奮するし。全然感性は駅前の大学生と同じなの。そういった根っこの部分は変わっていないくせに、表面的なところだけタレントに染まるのはかぶれていると思うから、そこは改めなきゃきしょくなっていっちゃう」

フワちゃんにとって芸能界は憧れの対象だった。いまだに自分がそこに属している意識はなく、中の様子を覗き見してそれを身近な友達に面白おかしく話す「見学者」の気分なのだという。

「まさに見学者って感じ。あたしサブチャン(YouTubeのサブチャンネル)でよくテレビの裏話をしてるんだけど、あれも渦中の人として『芸能界の裏側って~』って話してるんじゃないんだ。みんなの友達が「ねぇ昨日しゃべくりの観覧行ってきたんだけどホリケンこんなこと言ってた!」って言ってるときのスタンス。芸能界のいろんな面白い話に野次馬みたいに首突っ込んで、家帰ってきたらみんなに全部教えてあげる!って感覚なの。私の類似タレント、天気予報で後ろに映り込んでいるバカ。ほんと、あれくらいの気持ち。だからみんなあたしがこれから先どんなにすごい舞台に立っても、いつまでも身近に感じていてほしいな」

タメ口スタイルの奥に潜む気遣いの心。フワちゃんと絡む芸能人はそれを敏感に感じ取り、彼女に心を開いていく。

「芸能人ってみんなすごく優しくて、私が気をつけている『人となり』の部分とかにちゃんと気付いて、真摯(しんし)に向き合ってくれる。和田アキ子もやさしいんだよ。すごくかわいがってくれるし、ちゃんと中身を見てくれる人だなと思う。握力100あるって噂だから、めっちゃビビってたけど」

「芸能界をちょっとだけ見学してわかったことは、自分が面白くなることと同じくらい、味方を作るのって大事。YouTuberってなかなかアウェーになることも多いけど、こうしてテレビに出れるようになったのは完全に周りに味方がいたから。自分の技だけを磨くんじゃなくて、周りに興味と愛を持つのは結局全員WIN-WINになる戦い方かもね!」

全文はソースをご覧ください
https://news.yahoo.co.jp/articles/a5fc0a7c4f29d6fa6f7b6abe89759e221002c05b 
12/25(金) 18:05配信 

20201226002

【フワちゃんの流儀「さんづけ」は、きしょい、呼び捨て・タメ口は芸能人として尊敬してるから】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/24(木) 15:36:15.98 _USER9
今年の年末は『NHK紅白歌合戦』への出演も決まっている、お笑いタレントでYouTuberのフワちゃん。テレビで見ない日はないほどブレイクしているフワちゃんだが、彼女への嫌悪感を感じる視聴者も少なくないらしい。

「週刊女性」2021年1月12日号(主婦と生活社)が発表した「女が嫌いな女ランキング」で、フワちゃんは昨年の12位から一気に順位を上げ、1位。「週刊SPA!」2020年12月29日・2020年1月5日合併号(扶桑社)も、「男が嫌いな女ランキング」を発表しており、フワちゃんは2位のデヴィ夫人に倍以上の差をつけ1位にランクイン。

フワちゃんへの「嫌い」という感情は、どのような理由からなのか。「週刊SPA!」には「下品」「うるさい」との理由が、「週刊女性」には「無礼」「目がチカチカする」「ガサツ」といった言葉が並んでいた。ネット掲示板などでも、フワちゃんが明石家さんまといった大御所タレントにもタメ口でフランクに接することに否定的な意見が多数見られる。

確かにフワちゃんは大御所とされるタレントにも臆することなく反論する。たとえば、今年5月に出演した『しゃべくり007』(日本テレビ系)では、以前『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した際、スベッたと明かし、その理由として<全然さんまとウマが合わなかった>と説明。また、今年9月には『踊る!さんま御殿!!』に再出演したが、フワちゃんにスタイリストがついたことをさんまが笑うと、フワちゃんは<何笑ってんの?><別にいいじゃん、かわいくなっても。何? そうやってバカにしてると衣装を戻すよ>と痛烈な言葉を浴びせていた。

毒舌でお馴染みの坂上忍にもフワちゃんは容赦がない。今年8月の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では、坂上から<フワちゃんってさ、恋とかしてるの?>と聞かれると、<あんた、この関係性で教えてあげるわけないじゃん><青山テルマくらい仲良くなってから聞いて>と一蹴した。

こうしたフワちゃんの言動は“無礼”なのだろうか。本当にフワちゃん側が “無礼”なのか、ということだ。

さんまのセクハラトークに反論する女性タレントも増えつつあるが、一昔前までは皆無だった。セクハラ発言を不快に思うタレントは以前からいたとしても、大御所であるがゆえに言い返すことなどできる空気 はなかった。さんまが今でも時代にそぐわないセクハラトークを繰り返すのは、反論されず受け入れられてきたからという面もあるのかもしれない。

坂上とフワちゃんのやり取りに関しても、職場などで上司からプライベートなことに踏み込まれ嫌な思いをした視聴者からは「スカッとした」「私もフワちゃんみたいになりたい」など、称賛する声が多い。

本当に無礼なのは、セクハラ発言をしたり深い間柄でもないのにプライベートを探ろうとする大御所タレントの方ではないだろうか。

全文はソースをご覧ください
https://wezz-y.com/archives/84892 

20201224002

【フワちゃんアンチ急増で「嫌いな女」1位、なぜ?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/22(火) 23:33:41.25 _USER9
「私が2020年のリーダーになったってことでしょ?」
 12月1日、「2020ユーキャン新語・流行語大賞」の表彰式で、フワちゃん(27)が発した言葉は、あながち間違いではなかった。

「ド派手な格好」と「奇想天外なキャラクター」で、あっという間にテレビ番組を席巻。事務所に所属しない “フリー芸人” ながら、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)、『グッとラック!』(TBS系)などのレギュラー出演も獲得し、多忙を極めている。

 だが、強烈すぎるキャラと引き換えにテレビの制作現場からはこんな声が――。

「ふざけすぎというか……。毎回、『無事に収録が終わるといいな』とヒヤヒヤします。カメラがまわっているスタジオでスマホをいじったり、ガムを噛んでいたりと目に余るものが……」(キー局番組スタッフ)

 こうした声に、どう答えるのか。12月中旬、仕事終わりのフワちゃんを直撃した。

――『FLASH』ですが……。

「ちょっと待って」と記者を制するフワちゃん。そして、「ここだと迷惑かかるから、ついてきて」と歩きだした。ここから、本誌記者とフワちゃんの30分に及ぶ、直撃インタビューが始まった。

――現場から「ふざけすぎでは?」という声が出ています。

「そういう声があるなら残念。でも、気にしない~。(へそ出しの衣装が『ふざけている』と思われているなら)怒られないためにも、おなか壊さないためにも、おなかしまっていかなきゃあきまへんね(笑)」

 2020年、社会問題になったのが「誹謗中傷」だった。フワちゃんも “アンチ” たちから、「うるさい」「下品」「タメ口がムカつく」と、ネット上で誹謗中傷に近い言葉の数々を浴びせられている。

――ご自身へのアンチについては、どう思っていますか?

「それは、しょうがないと思う。私を見て、元気が出る人に届けばいいと思っているし。私への誹謗中傷とかは、捕まらないレベルでやったらいいよ。私はアンチコメントで傷つくタイプじゃないから~!

 だけどね、会ったこともない相手に悪意むき出しな人とかが自分の身内にいたら『ハズ~』って思う。お尻出すより恥ずかしいと思っちゃう!」

12/22(火) 11:14 
SmartFLASH 

フワちゃんに“アンチの声”を直撃!「さんま呼び捨てに批判」「ネットでの誹謗中傷」語った 
Copyright (C) 2020 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved. 
https://news.yahoo.co.jp/articles/3f56f73d662499cd548fa914b49d805a0e515932
>>2続く
no title 【フワちゃんに“アンチの声”を直撃!「さんま呼び捨てに批判」「ネットでの誹謗中傷」語った】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/02(水) 12:35:42.43 _USER9
 人気ユーチューバーで芸人のフワちゃん(27)が1日夜、ツイッターで「つるべ」から不在着信があったことを明かした。

「2020ユーキャン新語・流行語大賞」では「フワちゃん」がトップ10入り。様々な方面で祝福されているが、フワちゃんはスマホの履歴の画像を添付し「つるべから不在あったわら 流行語大賞おめでとうの電話かなわら」と投稿した。

 どうやら笑福亭鶴瓶(69)のことらしく、登録名がひらがなの「つるべ」となっているのがフワちゃんらしい。画像では16時51分と20時51分に着信があったことを示している。

12/2(水) 12:24 
東スポWeb 

フワちゃん「つるべから不在あったわら」 流行語大賞トップ10入りで 
ゴキゲンなフワちゃん 
https://news.yahoo.co.jp/articles/9223ec3393357268b48dcf7483ab1951ef59c8e8

no title

no title

【フワちゃん「つるべから不在あったわら」 流行語大賞トップ10入りで】の続きを読む