芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

フジテレビ

フジテレビ

1: なまえないよぉ~ 2018/09/17(月) 07:15:48.05 ID:CAP_USER9
長寿番組の後枠は鬼門なのか──。21年半にわたってフジテレビの土曜夜8時台を守ってきた『めちゃ×2イケてるッ!』が今年3月限りで終了。その後番組として、5月から『世界!極タウンに住んでみる』がスタートしたものの、9月15日限りで早々と幕を閉じた。

 同じフジテレビの長寿番組の後枠としては、木曜夜9時の『とんねるずのみなさんのおかげでした』の後を引き継いだ『直撃!シンソウ坂上』も視聴率5%台の週が目立っている。

 フジテレビを長年背負ってきた木曜夜9時の『みなさん』は前身から含めて29年半、土曜夜8時の『めちゃイケ』は21年半もの間、放送されたテレビ史に残るバラエティ番組だった。

 その両番組はなぜ、終焉を迎えたのか。お笑い評論家で、『とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論』(イースト新書)を上梓したラリー遠田氏が語る。

「テレビには、視聴者と制作者の“お約束ごと”がある。1988年に番組が始まった頃、とんねるずは“偉そうに振る舞うキャラクター”と認識されていた。視聴者は彼らが高卒からのし上がってきた背景を知っているから、石橋貴明さんの横暴に見せる振る舞いを楽しめた。しかし、今の20代にとってみれば、物心ついた時にとんねるずは既に大御所。出自を知らないため、企画で後輩芸人に時計を買わせる姿を受け入れられなかったのではないでしょうか」

『めちゃイケ』に関しても、送り手と受け手の間にあった幸せな関係が崩れたと見ている。

「“めちゃイケファミリー”という言葉があるように、家族的な番組と認識されていた。そのような系統の番組は上り調子の時は視聴率も伸びていくのですが、勢いがなくなると再び視聴者を戻すことが難しくなる。番組の文脈を知らない若い世代からすると、出演者同士が『めちゃイケはこうあるべきだ!』と真剣に言い合っている姿を理解しづらかったのでは」

 ラリー氏は、テレビの視聴スタイルの変化にも言及する。

つづく

9/17(月) 7:00 ニュースポストセブン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180917-00000011-pseven-ent
長寿バラエティの後継番組も苦戦(フジテレビ) 
no title


  【<フジテレビ>とんねるずと『めちゃイケ』から視聴者が離れた理由】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/03(月) 16:13:57.99 ID:CAP_USER9
フジテレビの“クジパン”こと久慈暁子アナに「イマイチ」説が出始めている。

久慈アナは昨年、鳴り物入りで入社。退社した“カトパン”こと加藤綾子の後継者として騒がれていたが、この夏場あたりから評価がダウン。

「女子アナに強い男性週刊誌が『期待ハズレだ』的な記事を掲載。その後、他の男性週刊誌や夕刊紙なども同じような論調で続々と追随。
入社当初は“次代のエース”といわれていただけに、予想外の低評価。
しゃべりはアドリブが利くタイプではなく、面白みがないのは確か」(女子アナライター)

久慈アナは青山学院大学出身。化学メーカーのキャンペーンガール、ファッション雑誌の専属モデルを経て、フジテレビ入り。
大学時代から名の知れた存在だっただけに、入社前から話題の的。

「岩手県奥州市出身で、あの大谷翔平と同郷、同年代。大学時代には郷土の誇りということで大谷と一緒に奥州市長と対談したこともある。
大谷に最も近い女子アナといわれ、騒がれるのは当然でした」(同・ライター)

入社3カ月で冠番組『クジパン』を担当。10月には局のエリートコース番組『めざましテレビ』にもレギュラー司会者で登場。出世街道をバク進していた。

「カトパンが、彼女の入社前年に辞めているのでスター作りが急務だったのですが、あまりのチヤホヤぶりにアナウンス室内でもブーイング。
『エコひいき』の声が上がっているのも事実」(フジテレビ関係者)

局の過保護が久慈の評判を落とす結果に…

さらに久慈アナの過保護ぶりは、マスコミにも向けられているという。

「大学時代、水着モデルをやっていたので、ビキニ写真も多数存在。それを面白おかしく書く雑誌に局がクレームを入れたのは有名な話。
女子アナも人気商売だから、書かれてナンボの世界。彼女の評判を余計に落としている」(前出の女子アナライター)

そんな背景もあるせいか、とうとう出てきたのが冒頭の「イマイチ」説だ。

「スポーツ担当にまでしてもらい、フィギュアの羽生結弦やサッカーの長谷部誠のような有名人のときによく会見に来る。
特にワールド杯を終えて帰国した長谷部には、彼のインスタグラムのことを聞くというトンチンカン質問で取材陣をザワつかせた。
共演の『Hey! Say! JUMP』の伊野尾慧のことは嫌っているのは画面からも分かるし、結構顔に出すタイプ。
局と不仲のスポーツ紙などは早くも“部署替え”を報道。大谷の本命女子アナ一番手ですが、どうなるか…」(同・ライター)

フジテレビには、一部の久慈アナバッシングなど気にせず、これからも彼女推しでいってほしい。と、本サイトは願っている。

http://dailynewsonline.jp/article/1514359/
2018.09.03 15:30 まいじつ

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【フジテレビの若きエース・久慈暁子アナに出始めた「イマイチ説」wwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/25(土) 16:59:09.65 ID:CAP_USER9
ヒットの要素が揃っていても数字に結びつかないこともあるからドラマ作りは難しい。ドラマウォッチを続け

 ヒットの要素が揃っていても数字に結びつかないこともあるからドラマ作りは難しい。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
『健康で文化的な最低限度の生活』(火曜日午後10時 フジテレビ系)が話題を集めています。というのも、第5話の視聴率が4.8%、第6話が4.9%(関東地区)と、デッドラインの「5%」を割りこみ続けている、という不名誉な理由で。もし「5%」が業界における一つの指標だとするならば、打ち切り危機も単なる煽りニュースとは言えないのかもしれません。

 物語は──東区役所の生活保護担当部署に配属された新人ケースワーカー・義経えみる(吉岡里帆)が主人公。借金苦や自殺未遂、DV……さまざまな事情を抱え相談に来る人、保護を受ける人、保護を拒絶する人。一筋縄ではいかない社会的貧困問題に直面し、奮闘するケースーワーカーのえみる、そして職場の同僚たち。脇には井浦新、田中圭、徳永えりら、今注目の役者がズラリ。

 同名の原作漫画もしっかりとしたコンセプトを持った作品です。作者・柏木ハルコ氏は「人権をどうとらえるかというのが、この漫画の最終的なテーマ」「生活保護制度に対して否定的な考えを持っている方にこそ、この漫画を読んでほしい」とインタビューで語っています。

 原作も役者もメンツが揃っていて、いったいなぜ「4%台」まで落ち込んでしまうのか? その理由を、ちょっと角度を変えて「健康で文化的な吉岡里帆と田中圭は輝けるのか?」という視点から考えてみると……。

 吉岡さんといえば、なんと言っても2017年の話題作『カルテット』(TBS系)で、人の心を弄ぶ謎めいた女性・来杉有朱役で大注目を浴びました。「大好き大好き大好き大好き、殺したい!」「小学校のときはいつも学級崩壊させてた」などと意味不明なセリフをカワイらしく語る有朱。黒い瞳は金属的な冷たさを帯び、笑顔でも目は笑っていない。そんな独特のキャラが吉岡さんにピタリとはまり、注目されたのでした。

 いや、吉岡さんは『カルテット』の前年、すでにクドカンのドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)で不気味キャラによるブレイクの兆しを見せていた。教育実習生・佐倉悦子の役を演じましたが、これが担当教諭・山路一豊役の松坂桃李を食ってしまうほど。ツンデレ系で突然告白したり、泣き出したり、学級内でのいじめ発生を主張したりして、とことん山路を振り回す。純でウブな山路がアタフタする姿が鮮明に記憶に残っています。こちらもまさしく吉岡さんのはまり役、見事でした。

 つまり、「来杉有朱」も「佐倉悦子」も一見すると普通の女の子だけれど、謎めいた破壊者の影がちらついて、「常識」という枠組を壊していくいわばトリックスター。それが物語を回していくカンフル剤となっていた。

 吉岡里帆さん自身もそう。ビジュアルはかわいくて正統派、しかし実はトリックスター的魅力を潜ませている。そもそも役者を目指すきっかけが、大学時代にアングラの王様である唐十郎の『吸血姫』を演じ、芝居にハマったというのだからアバンギャルド性が潜んでいる。では、今回のような市役所の職員役は……どうもハマりにくい。車のCMで オカッパ頭の「おとなまる子」はなかなかな味わい深いのですが……。

全文
https://www.news-postseven.com/archives/20180825_745294.html

kenkatsuhp

【吉岡里帆の『ケンカツ』(フジテレビ)、なぜ視聴率4%台まで落ち込んでしまうのか】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/23(木) 16:06:15.42 ID:CAP_USER9
 テレビ朝日の看板番組『報道ステーション』のアシスタントに、10月から元テレ朝で現在フリーの徳永有美アナ(43)が起用されることが発表された。
徳永は2003年に現夫である内村光良との不倫温泉旅行が発覚。2005年に内村との結婚を機に退社してから、13年ぶりの電撃復帰となる。

 徳永と同じく不倫騒動が取り沙汰された女子アナでも、復活の気配すら見えないのが、フジテレビの秋元優里アナ(34)だ。

 後輩の生田竜聖アナと結婚していた秋元アナだが、今年1月、妻子ある40代の同局プロデューサーとの“W不倫デート”が報じられた。竹林にある
小屋のような場所に車を駐め、30分ほど過ごしていたという衝撃的な報道だった。

 4月に生田との離婚が成立したが、復帰のメドは立っていない。

「秋元の場合、一度疑惑が報じられた時にはきっぱり否定したのに、その後に密会をしている決定的証拠が出てしまった。あまりにイメージが悪かったため、
テレビ復帰は遠いと言われている」(フジ社員)

※週刊ポスト2018年8月31日号

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180823-00000016-pseven-ent
no title

【竹林で車中不倫報道の秋元優里アナ いまだ復帰の目途立たず】の続きを読む

フジテレビ

1: なまえないよぉ~ 2018/08/13(月) 22:53:16.67 ID:CAP_USER9
フジテレビ系大型特番『FNS27時間テレビ』深夜の恒例コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」が、今年も放送されないことが13日、分かった。

中居正広の部屋に明石家さんまがやってきてトークを繰り広げる設定の同コーナでは、中居が『27時間テレビ』の総合司会を務めた2000年にスタート。
さんまが、街やテレビで見つけた美女をランキング形式で発表する「ラブメイト10」を軸に展開され、03年には中継先の笑福亭鶴瓶が局部を露出するハプニングが発生し、12年にはさんまに加え、タモリとビートたけしが参加して"お笑いBIG3"が13年ぶりに共演したことも話題を集めた。

こうして17回にわたって続き、「さんまか中居のいずれかが結婚したら終了」と言われてきた名物コーナーだが、昨年は放送されず、今年の『27時間テレビ』も昨年同様ほぼ全編事前収録になることから、放送されないことになった。

87年にスタートした『27時間テレビ』すべての回に出演しているさんまは、今年も『ホンマでっか!?TV』『さんまのお笑い向上委員会』のコーナーに出演する。

今年の同番組は『FNS27時間テレビ~にほん人は何を食べてきたのか?~』(9月8日18:30~9日21:54)と題し、昨年に引き続き総合司会・ビートたけし、キャプテン・村上信五(関ジャニ∞)のタッグで放送。
「食」からひもとく人々の暮らし、日本の文化、日本人のロマンまで、バラエティな視点を入れながら、アカデミックに迫っていく。

http://news.livedoor.com/article/detail/15154104/

明石家さんま
no title

【【フジテレビ】恒例コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」今年の27時間テレビも放送無し】の続きを読む