芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

フジテレビ

1: なまえないよぉ~ 2020/01/11(土) 09:48:27.98
日本テレビとテレビ朝日が「視聴率三冠」獲得に向けて、しのぎを削る中、その争いにまったく入っていけないのがフジテレビだ。

「元SMAPの木村拓哉(47)が主演を務めた『マスカレード・ホテル』や、長澤まさみ(32)主演の『コンフィデンスマンJP』をはじめとする映画事業、
そして関連会社の不動産事業は好調で、グループ全体としては黒字ですが、本業とも言えるテレビ事業は非常に厳しい状況にあるようです……」(民放キー局ディレクター)

各テレビ局は、広告収入の減少による番組制作費の削減に頭を悩ませているが、
フジテレビに至っては、今年元日の看板特番にもそれが如実に現れてしまったようだ。

「元旦の朝、テレビをつけると、正月らしいド派手なセットで人気芸人が面白いネタをやっている、
フジテレビの正月を象徴する番組『爆笑ヒットパレード』も、今年は予算削減のあおりを大いに受けてしまいました。

番組は基本的には芸人たちが漫才やコントを披露するネタ番組なのですが、合間にはゲームコーナーも行われます。
ただ、今年は番組の予算が大幅に削られた結果、ゲームコーナーのセットにかけられる予算はほぼゼロ円になったとかで、背景はブルーのカーテンが垂らされているだけ……。

正月の華やかな雰囲気がまったくなかったのには驚きましたね。正月の目玉番組でアレですから、
フジテレビは2020年、さらなる制作費カットを迫られるはずです」(前出の民放キー局ディレクター)

今年は東京五輪という国を挙げたイベントも控えている。

「20年続く、朝の情報番組『とくダネ!』も東京五輪終了後に終了するという報道もありました。
それ以外の番組でも、五輪後にキャスターやコメンテーター、そしてフリーのアナウンサーをばっさり切るという話も聞こえてきています。
https://taishu.jp/articles/-/71508?page=1
フジテレビ

【金欠絶体絶命フジテレビ・・・キャスターやコメンテーター、フリーのアナウンサー切りか】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/12/30(月) 10:15:29.35
セクゾ爆死余波!?ミルクボーイは知らないフジ正月特番「予算ゼロ」!

「フジテレビがいよいよヤバいようです。とにかくお金がないと……」
と話すのは、フジテレビで仕事をする放送作家。

広告収入の減少による番組制作費の削減、それはフジテレビだけでなく現在、テレビ各局が頭を悩ませていることだ。
ただ今回のフジテレビの場合、制作費の大幅カットを要請されている番組が、局の看板番組というから穏やかではない。


「その番組はフジテレビの元日特番の顔『爆笑ヒットパレード』なんです。
元旦の朝、テレビをつけると、正月らしいド派手なセットで人気芸人が面白いネタをやっている、
フジテレビというより、日本の元旦を象徴するような番組が今、お金の面で危機を迎えているんです」(前出の放送作家)

『爆笑ヒットパレード』といえば、1968年にスタートし、元日の朝から昼にかけて生放送される、フジテレビのお笑い演芸特別番組。
2008年以降、司会をナインティナインの2人が務め、53回目を迎える来年は、アインシュタイン、EXIT、霜降り明星、千鳥、ミキ、和牛、
そして、先日の『M‐1グランプリ2019』で優勝を飾ったミルクボーイなど、今を時めく数々の人気芸人が出演することが明らかになっている。

「『爆笑ヒットパレード』は、芸人たちが漫才やコントを披露するネタ番組ですが、
合間にはゲームコーナーや街頭インタビューといったVTR企画も恒例になっています。
ただ、同番組の予算が大幅に削られた結果、ゲームコーナーのセットにかけられる予算は、なんとゼロ円になったとか……。

『爆笑ヒットパレード』はなんといってもネタ番組ですから、芸人が中心なのは揺るがない。
10年以上にわたって司会を務めているナインティナインをギャラの安い若手芸人に差し替えるわけにもいかないし、
番組に出演するオール阪神・巨人、爆笑問題といった大御所へのオファーを取り下げるわけにもいきません。

そのため、番組を盛り上げるためのタレントへのオファーをやめたりしたそうですが、外注スタッフの数を減らしたりしたそうですが、焼け石に水。
なので今回は、どうやら、特別なセットの制作はしない、最悪の場合はゲームコーナー自体がなくなるという話まで聞こえてきています」(前同)

なぜフジテレビのバラエティの歴史が詰まった元旦特番が、そんな“金欠事態”になっているのか。
「元凶は今年夏まで放送されていた『アオハルTV』にあるそうです」と放送作家は話す。

『アオハルTV』は、昨年4月と9月に2回放送された『青春アオハルTV』をレギュラー化した番組。
全国各地で「青春な人」を発掘し、紹介するといった内容で、ヒロミ(54)がMCを務め、Sexy Zoneの菊池風磨(24)と
佐藤勝利(23)、ビビる大木(45)とDAIGO(41)がレギュラー出演していた。

「今年の1月から毎週日曜21時の枠でレギュラー放送がスタートしましたが、平均視聴率はわずか3~4%と壊滅的で、8月には打ち切りとなりました。
番組開始にあたっては数千万円の予算を投じて舞台セットを作ったにもかかわらず、放送されたのはわずか16回。
総合演出を手がけていたM氏もその責任を取ってなのか11月末にはフジテレビを退社。番組が垂れ流した赤字は億単位にもなるとささやかれています。

毎年、制作費が削減されていく中での大幅な赤字。局の上層部から“出した赤字は自分たちで埋めろ”と命令が下っているようで、
『アオハルTV』の赤字は同番組を制作したバラエティ制作で埋めないといけないそうです。

各バラエティ番組にも制作費削減の指令は出ているのですが、それが『爆笑ヒットパレード』にも来た、ということのようです。
それにしても、フジテレビの元旦特番がセット費も捻出できないなんて。なんとも寂しい話ですよね……」(放送作家)
https://taishu.jp/articles/-/71306?page=1
フジテレビ

【フジテレビで仕事をする放送作家 「いよいよヤバいようです。とにかくお金がないと」・・・制作費の大幅カットを要請】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/12/17(火) 15:02:45.26
フジテレビの内紛を入手した。フリーアナの“カトパン”こと加藤綾子(34)を追い出し、
局員で番組を作りたいという局アナが続出しているという。

「カトパンは、局アナ時代は抜群人気でしたが、いまどれほどの価値があるのかは疑問。
“加藤追放”の1番の提唱者がもっとも仲がよかった山﨑夕貴アナ(32)と言われています。
斜陽業界のテレビ界にあって、なぜ、カトパンをチヤホヤするのか、納得していないのだとか」(フジテレビ関係者)

現在、加藤は夕方のニュース番組『Live News it!』のMCとして出演。
その破格のギャラは以前から社内の批判の的だという。

「2時間10分の番組ですが、その10分はともかく1時間50万円。つまり1回100万円なんです。
年収にするとざっと2億以上と見られます。なんで、そんな高額を払う必要があるのか。
社内問題にならないわけがないでしょう」(前出・フジテレビ関係者)

同ニュースは視聴率3~5%の民放4位と低迷。加藤の投入で2位~3位への躍進をねらったわけだ。

「フタを空けてみると、やはり変わらずの4位。視聴率もほぼ同じ。一時期彼女人気で6%台にまで上がり、3位にランクアップしたとも見られていました。
しかし、すぐさま視聴率下降。その後は低迷したまま」(前出・フジテレビ関係者)

しかも加藤に追い打ちをかけたのは、9月に発覚した『三代目 J SOUL BROTHERS』のリーダー・NAOTOとの交際だ。

顔と名前が一致しない小物漂う相手と「婚前旅行」までしていたことも週刊誌が報道。ファンをガク然とさせた。

「交際でしばらく視聴率は6%台をキープしていたんです。でも女性誌に2人とも埼玉県出身なんで『埼玉の不良同士お似合い』と書かれた。
よく考えると加藤は、もともとは頭を金髪にしていた“ヤンチャ系”。そのうち『ダサイたま交際』の、嘲笑に変わったのです」(女子アナライター)

加藤は男性週刊誌を中心に圧倒的な人気を得ていた。野球選手、会社社長、医師などだったら彼女の評価も下がらなかっただろう。

「芸能サイトには『EXILE』ファミリーの課長クラスなんてコキ下ろされました。
これじゃあ、祝福ムードもないし、ファンも呆れるでしょう」(前出・女子アナライター)

そんな背景があるだけに、いまや高額ギャラで加藤を使う意味もない。

「加藤下ろしの急先鋒は山﨑アナ。次は加藤嫌いと言われている、現在エース格の永島優美アナ(28)。
とくに山﨑アナは8月にバラエティ番組で、社長の遠藤龍之介氏に『給料が安い』と直訴しているんです。
最初、ヤラセと思われていたのですが、その際に『先輩はもっともらっていた』と話していた。それは加藤だとわかったのです」(前出・女子アナライター)

加藤はフジテレビ在職時代、30歳の年収がゆうに1千万を超えていた。
一方山﨑アナは全然それには及ばない。社長に文句も言いたくなるだろう。

「山﨑アナだけでなく、永島アナもそれほどでもないといいます。なのに、まだ30歳半ばの加藤に2億円以上の年収でしょう。不満も出るはず。
山﨑アナ、永島アナを中心に『加藤辞めろ』の降板コールは広がるばかり。加藤を降ろして、局アナで番組を作りたいようです」(週刊誌記者)
https://k-knuckles.jp/1/9479/2/
01176

【フジテレビに起こる”億ギャラ”カトパン降ろしの舞台裏】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/12/13(金) 22:58:39.93
【ツイッター】フジテレビ、ツイ主に上目線で連絡よこせと言って主婦に断られる「だが断る」

2019/12/13

Mr.サンデー
https://twitter.com/mrsunday_fujitv/status/1205099369218707456?s=21

@Mak0Nakamura 突然の書き込み失礼致します。フジテレビの番組「Mr.サンデー」です。過去の投稿を拝見し、お伺いさせて頂きたいことがあります。お手数をお掛け致しますが、番組アカウントをフォロー頂き、DMでご連絡を取らせて頂けますようお願い致します。

https://twitter.com/mak0nakamura/status/1205153752602165248?s=21

嫌でございます。

フジテレビ


【フジテレビさん、ツイ主に上から目線で連絡よこせと言って主婦に断られる「だが断る」wwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/12/13(金) 09:09:52.85
フジテレビの遠藤龍之介社長が、12日に放送されたニッポン放送『安東弘樹 DAYS』(13:00~)に生出演し、テレビなどの話題について語った。

ニッポン放送のラジオ番組に出演するのは初めてという遠藤社長。番組の人気コーナー、世の中の不条理に憤る「コレっておかしくないですか?」にも参加し、 「“いまのフジテレビ”のコレっておかしくないですか?」と思うこととして、「フジテレビは好調だったのに今は不調になった原因は保守性、おごり、生意気になったこと。これがおかしい。 直そうよ、とこの半年言っています」と話した。

テレビの未来の話題になると、「テレビの世界は色々やりつくしていて、新しいことはないとよく言われますが、そんなことはないと思います」ときっぱり。「YouTubeの動画を見ると、まだまだ面白い企画の切り口はある」と語る遠藤社長に、安東は「テレビではやっていなかった着眼点がまだまだあるというのは、逆に学ぶことがある」と同調。

社長就任の際を振り返り、遠藤社長は「自分が面白いと感じるものの近くにいてほしい。そして、面白いと思うことは人によって違うので、それを普遍化するための努力をしてほしいと社員に伝えた」と明かし、「今までテレビやラジオの時代だったのが、動画というものすごいメディアが出てきて、それによって色々なものが突き動かされている。 非常に動いている時代だと思う」と熱く語った。

https://news.mynavi.jp/article/20191212-938647/ 
2019/12/12 
フジテレビ

【フジ遠藤社長が、フジテレビが不調になった原因を分析してみた結果www】の続きを読む