芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

フジテレビ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/26(土) 10:00:52.37 _USER9
フジテレビの三田友梨佳アナウンサー(33)が、かつてキャスターを務めた情報番組「直撃LIVEグッディ!」の終了に思いをつづった。

三田アナは25日、インスタグラムを更新。昨年3月まで担当していた同番組について、「私にとって特別な番組『グッディ』担当していた4年間、たくさんのことを経験し、たくさんのことを学び、たくさんの素敵な出会いがありました」と振り返り、「番組は幕を下ろしますが、その一つ一つは私の宝物として、これからもずっと大切にしていきたいと思います」とつづった。

最終回となった25日放送のエンディングで、安藤優子キャスターは「サザエさん一家のようなチーム力で私たちもやって参りましたが、皆さんから大変温かい励ましもいただきました。そして時には大変厳しいお叱りを受けることもありました。そうした皆さまのお声を力にここまで頑張ってくることができました」と振り返った。また「もう1度このメンバーでお会いすることが、多分、いつかできることを期待しまして、お別れしたいと思います」と話し、最後まで笑顔だった。


9/26(土) 9:57 
日刊スポーツ 

フジ三田友梨佳アナ、グッディ終了に「私の宝物」 
https://news.yahoo.co.jp/articles/0de0312fab69b40b9232413225e89733370f68b9

三田友梨佳

【フジ三田友梨佳アナ、グッディ終了に「私の宝物」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/26(土) 10:27:28.24 _USER9
フジテレビの久代萌美アナウンサーが9月19日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)に出演し、恋人との痴話喧嘩が原因で警察が自宅にやってきた騒動について言及した。

ユーチューバー・北の打ち師達のはるくんと交際中の久代アナは6月、彼女の自宅ではるくんと壮絶な痴話喧嘩を繰り広げたと報じられた。
その際、はるくんが友人に久代の怒りの様子をLINEで送信したところ、その友人が心配して警察に通報。久代の自宅に警察が現れ、夜通しで事情を聞かれることになったという。

このスキャンダルの真相を確かめるべく、番組MCの明石家さんまが久しぶりにスタジオ出演を果たした久代に「やっと聞けんねん。お前どうやったんや? 週刊誌に載った…警察は来たんか? ほんまに」と質問。
久代は「警察は…来ました」と苦笑いしながら報道が真実だと認めると、この正直すぎる回答に「俺も今、嘘やと思って聞いたら…」とさんまから呆れられていた。

「大人のカップルが喧嘩で警察のお世話になるというのはDV以外にあまりなく、単なる痴話喧嘩で警察が駆け付けたことをあっさり認めた久代アナに、さんまは驚いていました。
ネットにも『痴話喧嘩で警察沙汰とか家の恥です。よくヘラヘラと公共の電波で話せるな』フジテレビは喧嘩して警察沙汰になる社員をテレビに出すなよ』

『警察の方、お疲れ様でした。笑ってテレビのネタにされてると分かったら、さぞ落胆されるでしょう』といった声が大半に。
警察沙汰となった騒動を平然とバラエティ番組で話している局アナの存在に驚きのリアクションが多く集まっています」(エンタメ誌ライター)

また、彼氏の友人に警察に通報されてしまうレベルの怒りを見せていたことから、久代アナには“ヒステリック女”とのレッテルも貼られている。
童顔で大人しいイメージだった久代アナだが、実際には怒らせると相当ヤバい性格だったようだ。

アサジョ / 2020年9月26日 10時15分
https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_97893/

写真
no title

【フジテレビ久代萌美アナ 半同棲YouTuberと警察沙汰で「ヒステリック女」の不名誉称号!『警察沙汰になる社員をテレビに出すなよ』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/22(火) 00:29:41.32 _USER9
このところ、『フジテレビ』に不穏な空気が立ち込めている。

9月15日、BPO(放送倫理・番組向上機構)は、『TERRACE HOUSE TOKYO 2019 - 2020』に出演していた女子プロレスラー・木村花さんが亡くなったことについて、審理入りの決定を下したと発表。もし、BPOが審理した上で〝問題アリ〟と判断した場合、フジテレビには改善策等を盛り込んだ対応報告が求められることになる。

フジテレビは他にも、BPO入りの可能性を疑われている番組を抱えているようだ。

まず一つ目は、9月13日に放送された『ザ・ノンフィクション』。「ビッグになりたい」という夢を持つ22歳のケイタが、熊本県から10万円をにぎりしめて上京。都内の公園などでホームレス生活をしながら、アポなしで有名社長を訪ねたが門前払いを食らうなど、奮闘する様子が放送された。

彼はFXを始めたことで状況が一変し、元手2万円が結果700万円にも膨れ上がったと主張。ブランド服で高級焼肉を食べるなど、夢のようなサクセスストーリーが話題を呼んだのだが…。

「放送後に、ケイタがインスタグラムやLINEのオープンチャットで、給付金詐欺に加担するような行為を行っていた疑惑が浮上。また、FXを安易に〝儲けやすいツール〟のように紹介していた番組の構成も問題視されています。さらに、『FX取引画面や書面』を公開していないことから、そもそもFXで稼いだことがウソなのでは? とネット上でウワサされていますね。放送の在り方や人物選定に疑問を感じた視聴者からは、〝BPO行き案件〟だと厳しく批判する声があがっています」(芸能ライター)

なお、ケイタは給付金詐欺を否定したうえで16日にツイッターを更新し、

《多くの人から詐欺をしたと言われて気がおかしくなりそうです。自分は誓って犯罪はしてないと思ってますが、もしそうなら罪は償うつもりです。本当に詐欺かどうか、警察に出頭します》

とつづっている。

ドッキリ・クイズ番組でもやらかし連発
BPOといえば、8月15日に放送された『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』でも問題の場面があった。タレント・朝日奈央が考案した「秒でピンマイクがクワガタ」というドッキリは、音声スタッフに扮した仕掛け人がピンマイクの近くにクワガタをくっつけ、ターゲットの反応をうかがうという古典的なもの。

しかし用いられたクワガタが〝本物〟であったため、クワガタが勢いよく地面に落下する危険な場面が多数見られた。視聴者からは

《生き物でやっていいドッキリじゃない》
《本物のクワガタの件はあまりにもヒドい演出でしたので、BPOに意見を送りました》

などと怒りの声が続出していた。

今年のフジテレビでは他にも、サクラが判明したクイズ番組『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』がBPOで審議入りしている。

バラエティー番組では一強とも言われたあの頃の「フジテレビ」は、もう帰ってこないのだろうか…。

https://this.kiji.is/680334465672479841?c=427849843378390113

フジテレビ

【テラハ ・フジテレビまた“やらかし”!?『ザ・ノンフィクション』出演者 が警察に出頭】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/15(火) 23:05:47.35 _USER9
 9月7日、フジテレビが10月期の改編を発表した。改編のテーマは「プラスの改編」で、「情報、報道番組をプラス。明るく前向きになれるバラエティー番組をプラス」だそうだ。しかし、そこにはアナ恐ろしきマイナス要素が……。

デイリー新潮(「『グッディ』打ち切りでどうなる安藤優子 カトパンを巻き込んだウルトラCはあるか」7月18日配信)でも既報の通り、安藤優子と高橋克実の「直撃LIVE グッディ!」(平日・13時45分~15時50分)は今月25日をもって終了することが正式に発表された。

 2時間番組の「グッディ」の穴を埋めるのは、前後に放送されている、坂上忍(53)がMCの情報番組「バイキング」(平日・11時55分~13時45分)と、カトパンこと加藤綾子アナ(35)の報道番組「Live News it!」(平日・16時50分~19時)だ。

 いずれも約1時間拡大し、9月28日からは「バイキングMORE」(11時55分~14時45分)と「Live News イット!」(15時45分~19時)にリニューアルされる。両番組に挟まれる1時間は再放送枠のようだ。

「相棒」再放送に喰われる? 
 民放プロデューサーが言う。

「通常、放送枠を拡大するのは、番組が好調の時なんですけどね。『バイキング』はともかく、『イット!』は昨年4月にスタートしてから1年半、視聴率は4位が定位置といっていい。拡大したからといって、そう簡単に数字が上がるとは思えません」

 夕方の報道番組としては、もっとも遅いスタートだった「イット!」だが、今後は最も早いスタートとなる。具体的には「news every.」(日本テレビ:15時50分~19時)、「Nスタ」(TBS:15時49分~19時)、「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日:16時40分~19時)だ。これで少しは有利に働くのではないか。

「日テレよりも5分、TBSよりも4分早いスタートになります。他局よりもフライングスタートするのは、やらないよりはマシといった程度でしょう。かつて、他局よりも1分でも2分でも早く番組を開始するのが流行りましたが、番宣の時に『○時54分から!』と叫ぶのがまどろっこしく、視聴者にも何時近辺なのか伝わりにくい。今はまた正時スタートに戻りつつあります。そもそも『イット!』は男性に人気のカトパンを、主婦層が大半の夕方に起用したことに問題があったわけです。むしろ、15時43分スタートの再放送『相棒セレクション』(テレ朝)に喰われる恐れもあります」(同)

“魔のコンビ”復活
 とはいえ、情報番組や報道番組は化けることだってある。朝の情報番組でトップの「羽鳥慎一モーニングショー」(テレ朝:平日・8時~9時55分)だって、当初は低視聴率が続いた。

「『モーニングショー』は、羽鳥アナがパネルをめくりながら、わかりやすく解説するやり方に変えてから数字が上がったと言われています。さらに今年に入ってコロナ報道に特化したことで大爆発しました。番組作りの工夫に加えて、十八番ネタを見つけることで番組は化けることがあります。しかし、『イット!』の場合、この1年半、何とかしようという気概が感じられません。ガチャピンが天気予報に加わったくらいのものです」(同)

 今回、MCに榎並大二郎アナ(34)が加わることも発表された。カトパンとは同期入社だそうで、彼女はこう語っている。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/173a32077065886ea05ce5b5a587e1651eab0571?page=1
no title

【カトパン「イット!」不調でも1時間拡大 榎並アナとの新コンビに不吉な予感】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/14(月) 17:41:55.84 _USER9
13日放送の『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)で取り上げられた青年の言動が、視聴者の間で困惑を集めている。

この日、番組で取り上げられたのは、熊本から所持金10万円を手に上京してきた「サワガニケイタ」という青年。
「ビッグになる」と宣言し、当初は自身も実業家を目ざして、有名な社長の元をアポなしで訪問したりなどしていたものの、途中で参加した名刺交換会でFXを勧められ、スマホで取引を開始。

1週間で15万円を稼ぐと、知り合った青年実業家の元に居候させてもらうことになり、その後2か月で297万円、その1か月後には700万円の利益になったと青年は明かし、全身ブランド品で身を固めていた。

その後、青年は一度熊本へ帰り、最終的に再び上京してホテル暮らしをし、「FX界でナンバーワンを取る」と次の目標を口にしていた。しかし、2万円から始めた投資が、数か月で700万円になるということは通常ではあり得ないこと。
資金の数倍~数十倍の金額の取引を可能にするレバレッジをかけていると思われるが、国内FX業者の最大レバレッジは25倍で、短期間で2万円を700万円にするには、3000倍のレバレッジでの取引も可能な海外FXで取引を行わなければ、現実的には不可能となる。

海外FXについては、独立行政法人・国民生活センターも「儲かってるのに出金できない!?海外FX取引をめぐるトラブルにご注意」という注意喚起を公式サイトにアップしており、利益が出ているにも関わらず出金できないというトラブルが続出しているとのこと。
また、高いレバレッジであればあるほどリスクも大きく、成功した際の利益は大きいものの、逆に大損してしまうことも。

番組ではそうした注意喚起を行わなかったため、「これでFXハマる人が出たらどうするの?」「かなり危険な方法だと思う」「これ見てFXに夢があると勘違いする人が出たらどうするんだろう」といった心配の声が寄せられていた。

また、青年はFXの取引画面を見せたものの、取引の担保となる「証拠金」が0円になっていたことや、トレード履歴は見せなかったことから、「あの取引画面、デモ画面じゃないの?」「番組利用した情報商材の宣言と思えてきた」
「『ザ・ノンフィクションでも紹介された2万円を700万円にした男』っていう商材が売り出されそう」と、実際にはFXで利益を出したわけではなく、利益を出したと番組で宣言することで、その後の情報商材の宣伝につなげる手法では? といった指摘も集まっていた。

番組自体が宣伝に利用された可能性も高く、視聴者の不安が多く残ることとなった今回の放送。多くの困惑の声が寄せられてしまっていた。

https://news.livedoor.com/article/detail/18894925/
フジテレビ

【フジ番組が物議「FXで2万円が700万円」…FXの危険性を訴える声や情報商材の宣伝を疑う声 『ザ・ノンフィクション』】の続きを読む