芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

フジテレビ

フジテレビ

1: なまえないよぉ~ 2018/05/22(火) 09:28:43.11 ID:CAP_USER9
「フジテレビを何としてでも増益にする」。そんな経営トップの強固な意志が感じられた決算だった。

フジ・メディア・ホールディングス(HD)の前2018年3月期は、営業利益252億円(2017年3月期は223億円)と5年ぶりの増益となった。最も業績を牽引したのは前期比32億円の増益となった都市開発事業。軸となるサンケイビルが保有ビルの売却で大きな利益を計上し、グランビスタ ホテル&リゾートも前期のホテル改修の影響が消え、増収増益となった。
.
放送事業の主力であるフジテレビジョンも営業利益44億円(前期40億円)と6年ぶりの増益となった。視聴率は回復せず、タイム広告、スポット広告収入ともに減少したが、番組制作費を75億円削減。販管費も減らし、徹底したコスト削減で増益に持ち込んだ。

■3月に希望退職を実施

ここ数年、フジテレビは番組制作費を中心にコスト削減を行ってきたが、前期は例年以上のものだった。中間期の決算の着地が見え始めた夏場のこと、宮内正喜社長(HDとフジテレビの社長を兼務)は「これではダメだ」と、期中にもかかわらず予算の組み直しを指示した。
.
これを受け、金光修専務を筆頭とするHDの経営企画局がフジテレビと一体となって一段のコストカットを実行。番組予算の配分を一から見直し、不要不急の設備投資案件も洗い出して見送った。3月には特別希望退職も実施している。

現場でも、スタジオでは過剰だったカメラの台数を減らしたり、場合によってはカメラ台数が少なく済むロケを活用。それに伴い編集も効率化するなど、工夫を重ねていった。かつての黄金時代から、よい映像を作ろうとして過剰になっていったものを一つひとつそぎ落としたのだ。現場スタッフには当然、葛藤もあったはず。まさに意地の増益だったといえる。
.
フジメディアは決算発表とともに、中期経営計画を発表している。2020年度に売上高6550億円、営業益325億円を目指す計画で、中身は極めて明瞭だ。牽引役はフジテレビ。今後増益を続け、2020年度の営業利益120億円を見込んでいる。

一方、都市開発・観光事業(前期の都市開発から名称変更)は今期以降、営業益115億円で横ばいなど、ほかの事業の成長はほぼ見込んでいない。あくまでフジテレビの増益でグループを成長させるという覚悟を、社内外に示した格好だ。

※中略

■4月から3割近くが新番組に
.
ただ、今期のテレビ広告市況は予想以上に低調なスタートとなった。4~5月は民放各局とも広告主の出稿意欲が低く、スポット広告は前年割れで推移している。フジテレビは今期も広告収入の減少を見込んでいるが、減少幅がさらに広がる可能性がありそうだ。

さらに、広告収入につながる視聴率についても懸念は残る。3月に「めちゃ×2イケてるッ!」「とんねるずのみなさんのおかげでした」「ウチくる!?」など長寿バラエティ番組が終了し、4月から3割近くが新しい番組に替わった。後継番組がすぐにヒットとなるケースは少ない。内容が評価され茶の間に定着するには、ある程度の時間が必要とされるからだ。
.
これは、平日の11時55分から放映するバラエティ番組「バイキング」の苦闘の歴史が証明している。31年半続いた「森田一義アワー 笑っていいとも!」の後継番組として2014年に始まったが、当初は苦戦が続き、視聴率は1%台を記録することすらあった。打ち切りもうわさされる中で、番組スタイルの模索が続けられたのだ。

時事ネタを生討論する現在のスタイルが評価され、視聴率の上昇傾向が見られたのは2016年以降。フジテレビは今期を底に来期から視聴率が上昇すると見込んでいるが、多くの長寿番組が終わったこともあり、容易にはいかないだろう。
.
視聴率の改善が進まなければ、広告収入が減り、さらに番組制作費の削減に向かう可能性もある。制作費はテレビ局にとって最も重要な予算の一つ。あればあるほどいいものではないが、極端な縮小は番組クオリティの低下につながる。金光専務は「制作費は来期(2019年度)以降増やしていく計画」と説明するが、プラスの循環に持ち込めるかどうかは不透明だ。

「変わる、フジ 変える、テレビ」――。自らに問いかけるようなキャッチフレーズとともに2018年4月の番組改編をアピールしたフジテレビ。さまざまな逆風が吹き荒れる中、復活を手にすることができるのだろうか。試練の1年が始まった。

5/22(火) 6:01
東洋経済オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180522-00221651-toyo-bus_all&p=1

【久々増益のフジテレビが迎える新たな正念場、 4月から3割近くが新番組wwwwwwwwww】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/05/21(月) 06:24:33.76 ID:CAP_USER9
 6月16日に開票されるAKB48グループの「第10回世界選抜総選挙」(ナゴヤドーム)をフジテレビが生中継することが20日、分かった。

 2012年から7年連続で総選挙を生中継する同局は、特番「第10回AKB48世界選抜総選挙2018」(後7・0)と題して放送。司会はフリーアナウンサーの宮根誠司(55)、フジの三田友梨佳アナ(30)が務める。

 今年は、昨年3連覇を飾ったHKT48、指原莉乃(25)が不出馬で、同2位の渡辺麻友(24)がAKB48を卒業して“本命不在”の状況。初めて海外の姉妹グループ、BNK48(タイ・バンコク)とTPE48(台湾・台北)のメンバーも参加し、史上最多339人による混戦が予想される。

 過去9回の“女王”は指原と渡辺、元AKB48で女優の前田敦子(26)と大島優子(29)の4人のみ。誰が1位になっても初めての栄冠という“新女王”誕生の瞬間に注目が集まる。

6・16「AKB48総選挙」フジテレビが生中継! 宮根&ミタパンが司会 
 http://www.sanspo.com/geino/news/20180521/akb18052105000001-n1.html
 
AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙特設サイト
http://www.akb48.co.jp/sousenkyo53rd

【第10回AKB48世界選抜総選挙 フジテレビで生中継決定!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/19(土) 07:08:14.38 ID:fxLVcAnw0 BE:723460949-PLT(13000)
フジテレビ新人女子アナ「近年で一番ひどい」と噂に

今年4月に入社したフジテレビの新人女性アナウンサーが“ある意味”で話題になっている。
5月11日に三田友梨佳アナがインスタグラムで新人のアナウンサー4名を紹介した。

no title


両脇が男性アナウンサーで、向かって左端が大川立樹アナ、右端が今湊敬樹アナ。
三田アナは中央に位置し、それぞれ左右に井上清華アナと杉原千尋アナが並んでいる。
「どうもこの4人の新人はパッとしませんね。30歳の三田アナが一番輝いているように見えます」(女子アナライター)インターネット上でも新人女子アナのふたりは《華がない》と酷評されている。
(略)
https://news.merumo.ne.jp/article/genre/7434978

【フジテレビの凋落ぶりが新人女子アナでも見て取れると話題にwwwwww】の続きを読む

フジテレビ

1: なまえないよぉ~ 2018/05/08(火) 18:27:28.86 ID:CAP_USER9
TOKIOがレギュラー出演するフジテレビ系のトーク番組「TOKIOカケル」(水曜、後11・00)について、フジテレビは8日、番組を4人で継続することを明らかにした。

TOKIOはメンバーだった山口達也氏が未成年女性への強制わいせつ容疑で書類送検され(その後、不起訴処分となり、被害者との示談も成立)、6日付で所属するジャニーズ事務所を退所。今後は4人で活動することになっている。

「TOKIOカケル」の次回放送は9日。公式サイトによれば、女優の安藤サクラと松岡茉優がゲスト出演する。

TOKIOのレギュラー番組は、日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!!」(日曜、後7・00)が4人で継続することが決定済み。また、福島県の「県産農林水産物PR事業」のCMも4人の出演継続が決定している。

フジテレビ「TOKIOカケル」 TOKIO4人で継続 
5/8(火) 18:17配信 デイリースポーツ 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000098-dal-ent 

ジャニーズ事務所は6日付で山口達也を契約解除 
no title


【フジテレビ「TOKIOカケル」欠けても継続wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/06(日) 01:26:18.05 ID:CAP_USER9
竹林密会・秋元アナようやく離婚でフジ“ひと安心”もいまだ不倫否定の仰天
5/5(土) 11:00配信 東スポWeb
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/998497/
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00000004-tospoweb-ent

ついに離婚した秋元優里アナ
no title


秋元アナ(右)と離婚した生田竜聖アナ
no title


離婚協議中だったフジテレビの秋元優里アナ(34)と生田竜聖アナ(29)が、4月に離婚していたことが明らかになり、フジテレビに安堵の空気が広がっている。

もともとアナウンス室の先輩と後輩だった2人は、2012年の夏ごろに交際を始めると同年クリスマスにスピード婚。アナウンサー同士の局内結婚というタブーを破ってまで一緒になったことが話題を呼んだ。

「当時は、美男美女の両アナが愛を貫いたという美談として語られました。低迷する視聴率と不祥事続きのフジの中にあって、久しぶりの祝福ムードに包まれたものです」(芸能関係者)

13年7月には長女が誕生。生田アナの兄で俳優の生田斗真(33)や、秋元アナの妹でテレビ東京の秋元玲奈アナ(32)とも家族ぐるみで付き合っており、2人は幸せな結婚生活を送っていると思われていた。

ところが、16年11月に暗転してしまう。秋元アナが、同じフジ局内の40代既婚男性A氏とダブル不倫の末、別居していることが報じられたのだ。

その後2人は離婚協議に突入。当時、ある情報番組で秋元アナは離婚協議を認めながらも不倫については否定していた。

今年1月には、A氏のワンボックスカーで竹林や温泉で頻繁に密会していることが報じられ、ついにレギュラー番組を降ろされる事態に。そして4月に離婚が成立した。

「ようやくという感じですね。アナウンサー室には相変わらず2人がいるので、周囲が気を使ってピリピリしていたんですよ。今回、離婚が決まったことで、雰囲気もよくなるかもしれません。生田アナとしても仕事がやりやすくなるでしょうね」(フジテレビ関係者)

とはいえ、番組出演見合わせの状態が続く秋元アナは、いまだに不倫関係を否定しているというから驚き。

「愛らしいルックスの秋元アナですが、性格は超勝ち気。よっぽど決定的な動画や写真などが出ない限り、否定し続けるでしょうね」と同関係者はみている。

【【竹林密会】秋元優里アナようやく離婚で、フジテレビ“ひと安心”もいまだ不倫否定の仰天wwwwwww】の続きを読む