芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

フジ

1: なまえないよぉ~ 2019/07/07(日) 05:18:06.32
 タレントのビートたけし(72)と関ジャニ∞の村上信五(37)が、3年連続でフジテレビ系「FNS27時間テレビ」の司会を務めることが6日、分かった。今年は、東京五輪を来年に控え、「~にほんのスポーツは強いっ!~」をテーマに11月2~3日に放送される。たけし×村上の息の合ったタッグが、スポーツをさまざまな切り口で伝え、“スポーツの秋”を彩る。

 今年で33回目を迎える「27時間-」。2017年から一つのテーマを深掘りする内容に一新した。17年の「歴史」、18年の「食」に続き、今回は「スポーツ」をテーマに恋愛、お金、美男美女などとの関係を、柔らかい目線で迫る。

 2人ともスポーツには造詣が深く、村上は「一流選手の何げないプレーがいかにスゴいかをよりお伝え出来るのではないか」と腕まくり。たけしは「年下の村上くんに止める役に回ってもらってるから気が楽だし、ジジイが暴走してた方が面白いんで良い感じ」と今年も暴れまくるつもりだ。
フジ27時間テレビ 3年連続!たけし×村上信五で「スポーツ」11月2、3日放送 
7/7(日) 5:00 デイリースポーツ 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00000000-dal-ent 

フジ27時間テレビ 3年連続!たけし×村上信五で「スポーツ」11月2、3日放送 
no title



 「27時間テレビ」で3年連続でタッグを組むビートたけし(右)と村上信五。写真は昨年の一コマ 

【フジ27時間テレビ 3年連続!たけし×村上信五で「スポーツ」11月2、3日放送 ← 11月www】の続きを読む

00bed3

1: なまえないよぉ~ 2019/06/21(金) 16:33:44.69 ID:Q6FCY7rf9
 “先輩”とは見事に真逆な反応が見られた?

 フジテレビの三田友梨佳アナウンサーが6月18日夜、山形県沖を震源とする地震の緊急ニュースに出演。その際の“顔”が注目を集めている。

「当初放送予定だったバラエティ番組『レディース有吉』の放送を延期しての緊急放送とあって、三田アナはすっぴんに近いメイクとおぼしき顔で急遽出演。やはりフルメイク時との違和感はありましたが、元々、美人ということもあって、薄化粧も“可愛らしい”との声が上がりました。メイクが整っていない状況でのテレビ出演となりましたが、震度6という大きな揺れと津波注意報も出ていましたから、四の五の言っていられない状況だったのでしょう。番組ではしっかりと仕事モードで対応しており、その高いプロ意識も改めて称賛を集めています」(エンタメ誌ライター)

 ミタパンファンからは「薄化粧でも全然イケてるやん」「すっぴんミタパンかわいいな」「メイク薄い方がかわいい」「ショーパンとは大違いだな」などといった声が上がっており、三田アナのルックスの良さを再確認できたようだ。

no title

https://asajo.jp/excerpt/74217

【フジ三田友梨佳アナ、緊急地震中継での“ほぼすっぴん”が絶賛されたワケ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/05/29(水) 14:16:43.25 ID:yloYGHow9
猶予期間は1年か。

フリーアナウンサーの加藤綾子(34)が4月から古巣のフジテレビで
報道番組「Live News it!」のメインキャスターを務めているが、視聴率はいまひとつ上がらず。
「このままではもって1年」との厳しい声も上がりつつある。

わずか1年で前身番組「プライムニュース イブニング」を終了させての加藤の起用だ。
フジにとっても飛躍的に数字が上がることを期待していたはずだが、視聴率は伸び悩みどころか“爆死”とも伝えられた。

「初回から視聴率は4・6%と、『プライム――』時代からほとんど伸びはなし。
フジの上層部は加藤の起用で視聴率は倍の数字が見込めると考えていた」とはある制作会社関係者。

5月に入ってからも数字は伸び悩みが続いているという。

同関係者は「3~5%をウロウロと変わりはない。さすがにスタッフのほうが焦り始めてきて、
堅いニュースだけでなく、芸能やスポーツ、それにお茶の間にウケそうな企画モノなど、
どの時間帯に入れれば数字が見込めるのかと、いろいろと手を替え品を替えやってはいるようですが、微増させるのが精一杯」。

目標の「倍の視聴率」など夢物語だ。

だからこそ、厳しい見方も出始めている。「わざわざ出戻りの加藤を使って、しかも、一説には年間2億円ものギャラが出ているという話。
金額に見合うだけの数字が出ていないし、このままなら1年後には、また違う番組がスタートするといわれてます」とはある局内関係者。

フジテレビ在籍時代に“数字を持っているアナウンサー”ともいわれていた加藤だが、
前出の制作会社関係者は「そもそも夕方のニュースを見る層というのは基本、主婦。

でも、加藤が出ているのを見て喜ぶのはある程度、年齢のいった男性でしょう。
会社から帰宅したサラリーマンが見る時間帯ならともかく、完全に読み違えてます」。

数字を上向きにさせるものが今後、出てくるのを期待するしかない。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000016-tospoweb-ent
no title

【フジ出戻り加藤綾子 視聴率伸びず「もって1年」の声も】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2019/05/28(火) 22:24:52.35 ID:cziMV/KA9
フジテレビの久慈暁子アナに「来年3月退社でフリーになる」というウワサが囁かれている。先ごろ発売の写真誌報道によると、現在、彼女は東京ヤクルトの原樹理投手と〝半同棲〟中だという。

「写真誌は、原投手のマンションに通う久慈アナの姿をキャッチ。野球選手は遠征があり、ヤクルトも、いつも東京にいるわけではありません。久慈アナは、原投手が不在のときは自分のマンションにいるのかもしれませんね。だから〝半同棲〟なんてワケありに書いただけで、事実上の同棲みたいなものでしょう」(女子アナライター)

女子アナが野球選手と交際するのは、よくある話だ。

「国内ではサッカー、野球は2大スポーツといわれますが、国内のサッカー選手で〝億〟は一握り。そこいくと巨人など1軍の平均年俸は1億円超。日本野球はメジャーより底辺には手厚いといわれ、やはり日本はサッカー選手より野球選手なんですね」(スポーツライター)

?

クジパンとは何だったのか?
原投手は25歳。東洋大卒で、今年4年目。過去3年間で11勝26敗と成績はイマイチだ。しかし、それでも今季の推定年俸は4000万円というのには驚く。

「フジテレビだって4000万円いくのは取締役以上。昔、アナウンス部長でエグゼクティププロデューサーだったA氏は1回20万円の結婚式司会を毎週のようにやって年収2800万円と言っていました。いかに原投手が高いか分かるでしょう」(スポーツ紙記者)

原投手は2015年のドラフト1位。契約金は1億円、年俸1500万円での入団だ。

「大卒生涯年収が2億2000万円という昨今、原投手はすでに7~8割方稼いだでしょう。しかもヤクルトは温情球団で知られ、ドラ1なら30歳ぐらいまでダメでも現役可能。その後はコーチや職員で残ることができる。かつてのドラ1・岡林洋一や伊藤智仁が好例でした。原投手も通算で20勝でもすれば、将来的にも安泰。付き合っても損はない選手です」(同・記者)

久慈アナは、一時期の局の〝エース候補〟としてスポーツ担当になり、会見などに出席。しかし、そのヤル気のない態度が問題になり、スポ坦を外されたとされる。

「本命の原投手がいるから仕事に執着心もないのでしょう。久慈アナは局内でも『無気力アナ』と呼ばれ、言われたことしかやらない。だから、平日番組から『めざましどようび』に回された。年内に結婚。来年はフリーでのんびりやるんじゃないですか」(フジテレビ関係者)

久慈アナが鳴り物入りで入社したとき、まさかこんなことになるとは誰も思わなかっただろうに…。

http://dailynewsonline.jp/article/1846907/
2019.05.28 19:00 まいじつ

【フジ“元エース候補”久慈暁子アナの落日…年内結婚で来年フリーの噂】の続きを読む

フジテレビ

1: なまえないよぉ~ 2019/05/19(日) 09:35:43.18 ID:V5JmynXo9
 作家でアイドル評論家の中森明夫氏のツイッターが物議を醸している。中森氏は宮根誠司(56)がメーンMCを務めるフジテレビ系情報番組「Mr.サンデー」(日曜22時~)からの非常識な取材依頼に対するツイートを投稿、あまりに失礼な文面に対し憤りをあらわにしているのだ。

 コトの発端は17日20時25分、中森氏のTwitterアカウントに同番組のアカウントから届いたDM(ダイレクトメッセージ)だ。その内容はNGT48山口真帆(23)の卒業公演(18日開催)についてコメントを求める取材依頼で、中森氏が公開したDMのスクリーンショットを見ると、
たしかに目を疑うような文言が並んでいる。

 まず冒頭から〈中村様〉と相手の名前を間違えるというビジネスメールにおいて致命的なミスに始まり、〈当番組5月19日(日)の放送に向けて動いていまして。〉と番組の都合だけを押し付けるような、かつ要領を得ない文章が打たれている。これらは取材をお願いする側の文面としては礼を欠いたものであり、中森氏は〈ギャランティーの提示もありません。お断りします。こういういい加減な依頼に応じたら、山口真帆さんに申し訳ない。〉とツイート。ツイッター上では「フジ失礼すぎる」「謝罪するべき案件だ」などの声が上がっている。

 DMを送ってきた担当者と中森氏は面識があったのか。中森氏に話を聞いてみると、面識もやり取りも初めてだという。その後のやり取りについては件のDMが届いた3時間後にふたたびDMが届いたそうで、

「私のツイートを見たのだと思いますが、名前の間違いについて謝罪がありました。改めて取材依頼に関する記述もありましたが、こちらからは特に返信もしていません。仕事をお引き受けするつもりはないからです。今回の取材は未だ事件の全容も明らかにならず、グループを卒業しなければならない山口真帆さんに関するものでした。

 ご存じのように世間の多くが注目するとてもセンシティブな内容であり、粗雑で安易な依頼をする人に自分のコメントを委ねるのは率直に怖いなと思いました。山口真帆さんのファンや彼女自身を傷つけるようなこと、あるいはアイドルの現場が悪くなるようなことにつながりでもしたら、それこそ取り返しがつきません」

■「制作側の意識が変わるきっかけになれば」

 今回のツイッター投稿には、18日夕時点で23万を超える閲覧があったという。さまざまな反応が寄せられる中には、テレビ局や番組名などを公開したことについて「晒し上げる必要があったのか」という意見もあったが、「私自身も自分のアカウントで中森明夫として公開する“リスク”を背負っています。こういった事実を広く知ってもらうには記名であることにも意味があり、そもそも相手に忖度していたら周知されません。
周知されたうえでテレビの現場や制作側の意識が少しでも変わるきっかけになればいいな、とも思っています」。

 実はこれまでもテレビ番組からの取材依頼には、常識を欠くものが少なくなかったという。

「面識もないのに突然リサーチの電話がかかって来て、“〇〇の件についてどう思いますか?”などと唐突にコメントを求められることもありましたね。
その多くがギャランティーの有無についての説明もなければ、どのように扱われるのか、そもそもクレジットは載るのかといった基本的な説明がなされない。
そういう失礼な依頼はお断りしてきたことに加え、最近はネット上でテレビの制作のあり方が非難される機会が増えたことで、その手の依頼も減ってきてはいると思います。

 もちろん、すべてのテレビ番組制作の現場がそうだともいいません。ですが、依然として今回のような依頼があるのも事実。改めて言うことでもありませんが、テレビは多大な影響力を持っているメディアであり、細心の注意を払っていただきたいと思います」

 ネットの影響力が強まる昨今、テレビ局が早急に見直すべきは番組の内容以上に制作体制ではないか。

日刊ゲンダイ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000006-nkgendai-ent
no title

【フジ「Mr.サンデー」のお粗末ぶりを“暴露” 中森明夫氏に真意を聞いた】の続きを読む