芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

フジ

1: なまえないよぉ~ 2020/01/20(月) 06:44:28.71
 フジテレビの新人・藤本万梨乃アナの注目度が急上昇している。

「NHKの和久田麻由子アナやフジの佐々木恭子アナなど、東大出身の女子アナは何人もいますが、医学部出身というのは彼女が初なのでは。学生時代から読者モデルや女子大生キャスターを務めるなど、メディアでの活動も積極的で、入社前から女子アナ好きの間で話題に上がっていましたね」(女子アナウオッチャー・たなか是政氏)

そんな藤本アナが研修を終え、秋から本格的に仕事をしているのだが、改めて注目されているのは、そのボディ。12月13日、不幸中の幸いか女性1人の軽傷で済んだ東名高速・海老名SAの天井落下事故のレポートをした際の姿に、衝撃が走ったのだ。

「女子アナのボディといえば、バストに注目が集まりがちですが、藤本アナが素晴らしいのはヒップ。シンプルなグレーのジャケットに合わせた黒いスリムフィットなパンツをはいていたのですが、事故現場へと歩みを進める際に後姿が捉えられると、盛り上がった見事すぎる肉感的なヒップが、右に左にブリンブリン。不謹慎にも《これは完全に発情期》《こんな形の良いヒップの持ち主はなかなかいない》といったコメントが、ネットの女子アナ掲示板やSNSにあふれる事態となったんです」(前出・たなか氏)

レポートぶりも落ち着いていて、新人離れした仕事ぶりも評価が高い。注目だ!

http://dailynewsonline.jp/article/2161379/
2020.01.20 05:59 アサ芸プラス
20200120006


no title

no title

【「東大医学部出身の有望株」フジ新人・藤本万梨乃の“美ヒップ”がタマラン!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/12/26(木) 09:29:18.05
女子アナにとって、1年の総決算となる特番シーズン。フジテレビで2017年、2018年とフル稼働した山崎夕貴アナ(32)は12月28日放送の『ワイドナショー年末SP』の1本だけで、宮司愛海アナ(28)
『潜在能力テスト』(12月24日放送)と『村上信五のスポーツ奇跡の瞬間アワード2019』(12月30日放送)を、三田友梨佳アナ(32)が『Mr.サンデー年末SP』(12月22日放送)、『実録!金の事件簿』(12月27日放送)を担当する。

「これまでは山崎アナに頼りっぱなし。その裏で報道畑の人材不足が深刻化し、
2019年4月スタートの夕方のニュース番組『Live News it!』には、OGの加藤綾子アナ(34)を引っ張ってこざるを得なかった。
ところがここにきて、23時台の『Live News α』で“夜の顔”に抜擢した三田アナが予想以上の安定感で、報道のエースに育ちつつある。

宮司アナも真面目で勉強熱心。『スポーツなら宮司』とスタッフからの信頼も厚い。年末特番は2人にとって、エースアナへの大きなステップアップになるかもしれない」(フジ局員)

フジでは椿原慶子アナ(34)が産休中で、10月に産休から復帰した生野陽子アナ(35)の露出も『有吉くんの正直さんぽ』のみ。
この年末、フジはようやく“カトパン、ショーパン世代頼み”から脱却するチャンスを迎えそうだ。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号


https://news.livedoor.com/article/detail/17581688/
2019年12月26日 7時0分 NEWSポストセブン

no title

no title

no title

【フジ三田友梨佳アナが高評価で「脱・カトパン世代頼み」へ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/12/17(火) 22:08:11.34
 14日放送のフジテレビ「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」の平均視聴率が10・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。「とんねるずのみなさんのおかげでした」の 
人気コーナーを特番化した昨年放送が10・4%と、2年連続の2桁視聴率を獲得。高い人気を誇っている。

 「みなさんのおかげでした」で2004年にスタートした「博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~」は、あまりにも細かすぎるネタのため、笑いにはなりにくいと思われてきたモノマネや、
アンダーグラウンドな芸に光を当てた異色企画。プロだけでなくアマも参加して披露したマニアックな笑いが視聴者に大ウケし、番組を代表するコーナーとなった。番組終了後も続いた復活を
期待する視聴者の声に応え、18年11月に特番で復活。今年も今回のスペシャル放送が決まった。

 厳しい全国一大オーディションを勝ち上がってきたのは、おなじみのベテランモノマネ芸人から新人まで、過去最多の59組。常連組が安定した鉄板芸を見せる一方で、新人がまったく予想も
つかないシュールなモノマネを展開。ファイナリストを目指してハイレベルな妙芸が披露された。

 ファイナルではお笑いコンビ「駆け抜けて軽トラ」が「昭和ポルノの世界」を題材にしたネタで2代目チャンピオンに輝いた。番組には中日・巨人で捕手として活躍した元プロ野球選手の 
小田幸平氏(42)が本人役で登場。闇営業問題で謹慎処分を受けたガリットチュウ福島善成(42)が復帰後初ゴールデン出演するなど、SNSやネットで話題になった。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00000163-spnannex-ent
20191214003

【【視聴率】フジ「細かすぎてモノマネ」2年連続の2桁視聴率! ← おまえら、これどうすんのwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/12/14(土) 04:56:17.51
フジテレビの久代萌美アナウンサー(30)が、13日放送の「ダウンタウンなう」で、半同棲状態にあると報じられている6歳年下の高収入ユーチューバー「はるくん」との出会いについて語った。

交際しているのかと改めて聞かれると「あの、ま、あっ、はい」と認めた。出会いはコンパのはずだと指摘している松本人志が、「そもそも、どこでユーチューバーと知り合うの」と問うと、久代アナは従来通り「フットサル」と答え、またも松本が「だからうそつくな!そんなわけないやろ。コンパやっていうてんねん」と突っ込む展開に。

久代アナは「昼間です。フットサルやろうという会にいた」と説明した。
坂上忍がフットサルからどう交際につながるのかと聞くと、久代アナは「そこから、その集団でよく飲みに行くようになって」と説明すると、松本が「コンパやないか!」とツッコミ、周囲も笑いながら同意していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00000115-dal-ent
20191213-00000115-dal-000-3-view[2]

【フジ久代萌美アナ 交際ユーチューバーとの出会い説明 松本「やっぱりコンパやないか!」www】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/12/09(月) 09:18:50.57
 フジテレビで8日に放送された「THE MANZAI 2019 マスターズ」(後7・00~同9・54)の平均視聴率が13・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが9日、分かった。

 昨年の11・7%を2・2ポイント上回る高い数字をマーク。お笑いコンビ「アンタッチャブル」が10年ぶりに新作漫才を披露したことでも注目が集まった。また、瞬間最高視聴率は午後9時7分と同8分に記録した16・5%で、アンタッチャブルの漫才中だった。

 年末恒例となった同番組は、人気・実力を兼ね備えた漫才の名手(マスター)たちが一堂に集結する“年に一度”の漫才の祭典。昨年同様、コンテスト形式ではなく、“日本一豪華な漫才の祭典”をテーマとして放送し、番組MCは、最高顧問を務めるビートたけし(72)、お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(49)と矢部浩之(48)が務めた。

 今年は、おぎやはぎ、サンドウィッチマン、千鳥、爆笑問題をはじめ、昨年の「M―1グランプリ」王者・霜降り明星ら同番組実行委員会により選出された“名手”21組が出場。また、11月30日に同局で放送された「THE MANZAI 2019 プレマスターズ」で観客投票の多かったプラスマイナスとインディアンスの2組も出演を果たした。

12/9(月) 9:15
スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00000134-spnannex-ent
no title

【【視聴率】フジ「THE MANZAI」13・9% ウーマン出るから観なかったけど、おまえら観てんだなwwwww】の続きを読む