芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

ファーストサマーウイカ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/18(木) 19:30:25.01 _USER9
 タレントのファーストサマーウイカ(30)が17日深夜放送のテレビ朝日「お願い!ランキング」(月~木曜深夜0・50)の水曜日コーナー「太田伯山ウイカの『はなつまみ』」に出演。「自分探し」に関して持論を展開する場面があった。

 この日は「価値観を押し付けてくる人は、はなつまみ者か?」とのテーマでトークを展開。お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(55)が「嫌だね」とキッパリ。講談師の神田伯山(37)が「います?そんな人」と投げかける中、ウイカは「“自分探し”って言う人がすごく嫌で」と切り出し、「(自分は)どこにもいないから、ここにあるから。養老孟司先生も言ってたから。『自分を探してもどこにもない。自分も作るものだから。脳がそう言ってるんだから』って」と力を込めた。

 伯山は「世の中が自分探しとか、いつからですかね、社会が『個性を大事にしろ』とか言うようになって、真に受けすぎじゃないかなと」と私見。ウイカも「ナンバーワンよりオンリーワンみたいな風潮があるけど、結局、ナンバーワンだろ?っていう気持ちもある。オンリーワンの中で、路頭に迷っている人がいっぱいいる」と持論を展開した。

 すると、伯山が「平凡っていいじゃないですか。平凡とか一般の生き方ってすごく素晴らしいのに、なんかそれがダメみたいの空気になってる。一般とか平凡って最高にいいじゃないですか!」と訴え。これに、太田が「それは君の価値観じゃない?」とコメント。スタジオが微妙な空気に包まれる中、ウイカは「この番組が一番価値観を押し付ける番組じゃないですか」と指摘。太田も「全員で押し付けて」と苦笑し、伯山も「言われた時、ムッときたもん。何言ってんだ、コイツ」と本音をもらし、笑わせた。

2/18(木) 17:07
スポニチアネックス

ウイカ「自分探しって言う人がすごく嫌」な理由とは?「ナンバーワンよりオンリーワンの風潮があるけど」
タレントのファーストサマーウイカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/b58217a5144939936339c5597fb85c7562ac9ef8
no title 【ファーストサマーウイカさん、「自分探しって言う人がすごく嫌」な理由とは?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/17(水) 22:57:13.74 _USER9
人気タレントのファーストサマーウイカの、地下アイドル時代の武勇伝が発覚し、ファンをざわつかせている。

宝塚ヘアー、コテコテの関西弁、毒舌のミスマッチキャラでバラエティー番組を中心に大人気となり、『2019年下半期・急上昇テレビ番組出演ランキング』で1位を獲得するなど、ブレーク中のウイカ。
そんなウイカもかつては、売れない地下アイドル時代があったことは周知の通りだ。


「ウイカはもともと大阪で劇団員をしていましたが、上京後、アイドルグループ『BiS』のオーデションに応募し、見事合格。2013年5月にグループに加入すると同時に、ファーストサマーウイカを芸名にしました。同グループは〝売れるためなら何でもアリ〟がコンセプトで、ランジェリーや水着姿でライブを行い、客席にダイブ。観客はどさくさに紛れて、触りたい放題でした。当時は、女の武器を最大限に活用したアイドルグループと言われていましたね。ウイカは色白美肌のバストがメンバーの中でも際立っていましたから、ファンに相当もみくちゃにされていたでしょうね」(アイドルライター)



「ハグ会」に「キス会」も…

客席にダイブしていた「BiS」だが、その伝説は枚挙にいとまがない。
メンバーの胸に顔をうずめることができる「ハグ会」、生クリームを口にチューとしてもらえる「キス会」、メンバーに好きな言葉を耳元でささやいてもらえる「ささやき会」では、禁断の4文字をリクエストするファンが続出したとか。


BiSの元リーダーだったプー・ルイはYouTubeで当時の給料を公開し、2018年1~3月の3ヵ月分の給料が35万3482円だったことを明かしている。
当時のウイカも身体を張り、薄給に耐えながら、売れっ子になる日を夢見ていたに違いない。

今やすっかり売れっ子になってしまったウイカだが、当時を知るファンにとって見れば、懐かしい思い出になっていることだろう。

ファーストサマーウイカに壮絶過去!? アイドル時代の「セクハラ地獄」が強烈…
https://myjitsu.jp/archives/261975

20210209002

【ファーストサマーウイカさんの壮絶過去!?『BiS』時代のセクハラ地獄が強烈www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/11(木) 18:59:34.62 _USER9
本日2月10日放送のTBS・MBS系「水曜日のダウンタウン」では、先週に続き「豆柴の大群“フィーチャリングゲスト”ランクアップチャレンジ」と題した企画がオンエアされた。この企画は豆柴の大群のアドバイザーであるクロちゃん(安田大サーカス)が1カ月間ダイエットに挑戦し、1kg痩せるごとに豆柴の大群の新曲に参加するフィーチャリングゲストがランクアップしていくというもの。クロちゃんはダイエットや作詞、恋愛に勤しみ、102.6kgあった体重を94.1kgにまで落とした。-8.5kgの減量に成功した結果、豆柴の大群の新曲のフィーチャリングゲストがファーストサマーウイカに決定した。

番組終了後にアップされた「らぶ地球 feat. ファーストサマーウイカ」のMVは、地球を救うために豆柴の大群が全力を尽くすがうまくいかず、救世主であるウイカが加勢することで見事に“地球をすくう”というストーリー。豆柴メンバーとウイカの個性が融合したコミカルで見ごたえのある映像に仕上がっている。楽曲は80'sグルーヴのあるディスコチューンで、「水曜日のダウンタウン」にパネラーとして出演したヒャダインも評価するクロちゃんの作詞センスが炸裂。「今の地球を救いたい」という気持ちが表現された1曲になっている。

「らぶ地球 feat. ファーストサマーウイカ」は明日2月11日0:00に各種音楽配信サービスで配信リリースされるほか、メジャー1stアルバム「まめジャー!」のスマプラでも配信がスタートする。

https://natalie.mu/music/news/415871

20210211003

【豆柴の大群、新曲ゲストがファーストサマーウイカに決定!クロちゃん作詞「らぶ地球」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/10(水) 07:59:01.00 _USER9
 タレントのファーストサマーウイカ(30)が、ファンだった女性に慰謝料100万円を求め東京地裁に訴訟を起こされたことが発覚して一夜明けた9日、ウイカがSNSでファンに誹謗(ひぼう)中傷を受けていると発信したことについて、法曹関係者から「勇み足」との指摘が上がった。

 騒動の発端は、原告女性を名乗るツイッターアカウントが、ウイカへの誹謗中傷を書き込んだこと。原告女性は関与を否定しているが、真偽は明らかになっておらず(1)本当は原告女性が関与しておりウイカ側に根拠がある(2)ウイカが確証なく原告女性の中傷と思い込んだ――の2通りが考えられる。

 SNSのトラブルに詳しい戸田総合法律事務所の椿良和弁護士は「芸能人がSNSで責任追及するのはリスクしかない。(2)のケースなら言うまでもないが(1)だとしても必ずしもいい手ではない」と指摘する。

 椿弁護士は「仮に根拠があって名前を出してなくても一般人を犯人と決めつけることは危険」と説明。またウイカが脅迫者に「最終警告」「このご時世なのでマジで気を付けて」という言葉を用いたことも「警告や忠告の意味と思うが、脅迫ともとれる。言葉一つで揚げ足を取られる世界。公に発信するにふさわしくなかった」。

 SNSでファンとタレントがつながりやすい時代、芸能人はSNSとどう付き合うべきか。椿弁護士は「中傷を受けても、SNSで公にせず、最低数カ月はかかるがアカウントの情報開示を求めるのがベスト。事務所も対処のマニュアルを決めておくべき」とした。

2/10(水) 5:30配信
スポニチアネックス

https://news.yahoo.co.jp/articles/b0cb4a75100fd3d69922cce84e56761fda304d6e

20210209003

【ファーストサマーウイカさん、誹謗中傷の被害告白“勇み足” 弁護士指摘、SNSでの責任追及】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/08(月) 21:40:42.63 _USER9
《当事者 ファーストサマーウイカこと堂島初夏》
 2021年1月29日、東京地裁で、ある損害賠償請求事件の口頭弁論が開かれた。

「この日は、被告側から提出された答弁書の内容を確認する、事務的手続きのみでした。本人が出廷するはずないとわかっていたけど、つい傍聴してしまいました」

 裁判ウオッチャーが、そう興奮するのも無理はない。トラブルの当事者として、今、飛ぶ鳥を落とす勢いのタレント、ファーストサマーウイカ(30)が訴えられていたからだ。

 バラエティ番組で見ない日はないほどの活躍に加え、NHKの朝ドラ『おちょやん』に出演するなど、女優としても話題を振りまく “最旬タレント” に何があったのかーー。

 本件の原告は、都内在住のA子さんだ。もともと、ウイカが所属していたアイドルグループ「BILLIE IDLE(R)」のファンだった。

「関西弁のヤンキーキャラとトーク力を武器に、2013年に『BiS』というグループでメジャーデビュー。次に所属したのが、BILLIE IDLEでした。グループは2019年12月に解散しましたが、熱狂的なファンが多くいました」(テレビ誌ライター)

 そのBILLIEファンの女性とウイカの間で巻き起こったトラブルとはなんなのか。A子さんの知人で、事の経緯を知る女性に話を聞いた。

「A子さんは、BILLIEをきっかけに “アイドルオタク” となり、ウイカさん推しになった人です。ウイカさん本人も彼女を “認知” していて、SNS上で交流する関係になっていました。2人の距離の近さに、ほかのファンが嫉妬するほどだったんです。

 ところが2019年8月に、A子さん本人が知らない間に突然、A子さんを名乗るツイッターアカウントが作られていたんです。それは、ウイカさんを誹謗中傷する投稿を連発する、いわゆる “アンチ” アカウントでした。その投稿をウイカさんが見つけ、A子さんを犯人扱いしたのがトラブルの始まりでした」

 今でもエゴサーチを欠かさないというウイカ。かつてテレビ番組で、こう明かしている。

《炎上してないか、出演した番組の評価を調査するのが日課。直接悪口を言ってくる奴はブロックするけど、間違えてたら修正しに行く》

 味方と敵をはっきり分ける性格だけに、A子さんは、わけがわからぬまま、ウイカから “敵認定” されてしまった。

「2019年9月、BILLIEの京都公演がありました。ライブ後の撮影会に並んでいたA子さんに向かって、ウイカさんが大声で問題のツイッターアカウント名を叫びはじめたんです。

 さらに、A子さんとチェキを撮る際には、威嚇するように中指を立てるポーズをしたそうです。『ふだんは、こんな対応じゃないのに、なんで?』と、彼女は驚いていました」(前出・知人女性)

 A子さんにとっては身に覚えのないこと。とはいえ、ウイカの態度で、自分が誹謗中傷の犯人と決めつけられていると悟った彼女は、自らの無実を「BILLIE IDLE運営事務局」に訴えた。返ってきたのは、思わぬ反応だった。

「事務局の方が言うには、A子さんを名乗る人物から『自分はBILLIEのメンバーに危害を加えるかもしれない』というメールまで届いていたそうです。

 しかも、A子さんがほかのファンにも暴言や暴力を振るったり、ライブ会場で窃盗行為をおこなっている……なんて根も葉もない情報も、何者かから寄せられているという話でした」(同前)
★記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/04945a79fb6eb4d7e780b4e743266b5d08b1fbef

20210209002

【ファーストサマーウイカこと堂島初夏さんが訴えられていた事が判明!!!】の続きを読む