芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

ビートたけし

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/08/03(水) 16:16:21.00 _USER9
タレントで映画監督のビートたけし(75)が3日、所属事務所の公式サイトを更新。一部週刊誌で報じられた自身の監督作「首」を巡るトラブルについて言及した。

たけしの小説を原作に西島秀俊が主演を務めた映画「首」について、一部週刊誌で、たけしの“最後の映画”として紹介し、撮影と編集がほぼ終了しているにも関わらずトラブルにより“お蔵入り”状態になっていると報じられた。

これについてたけしは「また俺と喧嘩している週刊誌が馬鹿な事を書いている。『首』は俺の最後の映画ではない。今、他の映画の準備をしている真っ最中だ」と反論。

「『首』については、撮影当初からKADOKAWAに早く契約を結んでくれとお願いしていたんだけど、編集作業に入ってもまだ契約してくれないので、やむを得ず作業を止めた。何人かのスタッフも契約内容に納得がいかず、クランクアップまで契約をしていない人がいたらしい」と説明し「俺の場合も同じで、今になっても契約できていない。金の問題ではなくて、KADOKAWAが提案してきた契約の内容があまりに一方的な内容だったので、こっちとしては、法律に従った公平な内容にしてくれとお願いしていただけで、無理な注文なんてしていない。契約してくれれば編集作業も再開するよ」とした。

また、この映画に動画配信サービス「Netflix」が関係する可能性について「後から聞いたことで、それに関して金の要求なんて一切していない」と一蹴。続けて「KADOKAWAは、『製作総指揮角川歴彦』というクレジットを載せろとも言ってきた。KADOKAWAの今までの映画を見ると全部そうなっていて、笑ってしまう」とつづり「この週刊誌は嘘ばっかり書くので、これからはこちらで本当の話を伝えます」と呼びかけた。

2022年8月3日 15:41
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/08/03/kiji/20220803s00041000395000c.html

pose_yareyare_man

【ビートたけし 監督作「首」の“お蔵入り”報道に反論「また週刊誌が馬鹿な事を書いている」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/06/26(日) 23:21:12.69 _USER9
26日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、ビートたけしが自身への批判を乗り越える方法を語った。
中略

杉村は番組の後半「尖ったことをやろうとすると、ことごとく潰れていくんですよね。たけしさんはずっと漫才でやられて、そこから映画も作られたわけじゃないですか、こういうような新しいことをやろうと潰されちゃう」と話す。

するとたけしは杉村を遮り、「俺の周りのやつはみんな潰れたよ、俺だけだよ、生き残っているの」と語る。そして「いまだに俺は漫才師だってのは誇りに思っているんだけど、その道一筋という日本の古い文化があって、『なんで漫才師が映画を撮ったり、本を書いたり、歌ったりするんだ』っていうのはずっとだよ」と明かした。

杉村から「それをどうやってはねのけてきたんですか?」と聞かれたたけしは、「ずうずうしく。裏で脅かして」と語る。

続けて「逆に戦うといい喧嘩になっちゃうんだよ。もう圧勝して潰さなきゃダメだ。そんな五分の喧嘩なんかしていたら、周りが全部敵なんだからかなうわけなくて。向こうに早めに諦めさせる。『たけしはしょうがない、あいつはあれなんだから、もういいや』って言うまでやらないとダメ」とコメント。

この発言に杉村は「ここだと思うんだよなあ」と関心した様子。また、視聴者からも納得の声が上がっていた。

2022/06/26
https://sirabee.com/2022/06/26/20162883847/

eiga_set

【ビートたけし、映画監督転身時の批判と対処法を告白】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/06/11(土) 18:17:50.43 _USER9
ビートたけし(75)が、『文藝春秋』2022年7月特別号のインタビュー記事につけられたタイトルに抗議した。

10日に発売された同誌では、「上島竜兵はなぜ死んだ? 芸人の理想は野垂れ死にだよ」として、たけしのインタビュー記事が掲載されている。たけしは同日、「今日発売の月刊誌に俺のインタビュー記事が掲載された」と公式サイトで報告した。

「月刊誌の編集部が記事の見出しタイトルを付けたんだけど、俺の言葉じゃないし、インタビューの内容にも合ってないし、何より上島のご遺族や関係者の方々を傷つけてしまう可能性があるから、何度も『変えてくれ』とお願いしていた」とタイトルが自身の意にそぐわないものであることを明かし、「それなのに、編集部は『締め切りに間に合わない』『見出しタイトルの編集権は編集部にある』なんて言って、そのタイトルのまま記事を掲載してしまった」と掲載までの経緯を説明した。

「ちょっと酷いので、編集部に抗議しておきました」と続けている。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202206110000650.html
2022年6月11日17時20分

pose_english_wow_man

【ビートたけし、上島竜兵さん巡り文藝春秋インタビュー記事タイトルに抗議「俺の言葉じゃないし内容にも合ってない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/05/11(水) 19:28:41.12 _USER9
 タレントで映画監督のビートたけし(75)が11日、所属事務所の公式サイトで「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さんを追悼する声明を発表した。

 「上島、大変ショックです。40年近く前から一緒に仕事をしてきたのに、芸人は笑っていくのが理想であって、のたれ死ぬのが最高だと教えてきたのに、どんなことがあっても笑って死んで行かなきゃいけないのに、非常に悔しくて悲しい」と悼んだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d4c887de2c4bb5eb71fb426ce25384f8fe6540d8

pose_kuyashii_man

【ビートたけしが上島竜兵さん追悼 これはつらい・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
news_wideshow_smile

1: なまえないよぉ~ 2022/03/20(日) 00:30:52.26 _USER9
 タレントのビートたけし(75)が19日放送のTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に出演。13年半にわたって出演した同番組を卒業するたけしが番組への思いを語った。

 エンディングで番組から感謝のテロップが流れた。これにたけしは「こちらこそありがとうございました」と感謝。続けて「後期高齢者になって、この番組もちょっと頑張ってやろうと思ったけど、体力がなくなってきまして。夜遅いと眠たくなっちゃう」と語った。

 それでも「だけども、仕事は辞めるわけでもなくて、身体と相談してやりたい仕事もまだ残っている。映画も編集が終わってないものもある。新しく撮りたい話も来てるし」と今後も仕事を続けていく。

 今回の放送で卒業となったが「簡単にリタイアしないように、いつまでも嫌なジジイでいたいと思っています。これからもよろしくお願いします。また遊びに呼んでください」とあいさつした。

 そして最後に「安住さん、どうもすみませんでした」と13年半“相棒”として支えてくれた安住紳一郎アナウンサーに頭を下げた。安住アナも「体大事にしてください」と気遣った。

 この日は通常より1時間早い午後9時から放送され、冒頭1時間はたけしが出演した13年半を振り返った。たけしの後任として、4月からの総合司会は脚本家の三谷幸喜氏(60)が務める。

3/19(土) 23:18配信
スポニチアネックス

https://news.yahoo.co.jp/articles/68b3bb4152278c7c939b15d53d89b2391d9938de

【ビートたけし「Nキャス」卒業、13年半出演 ラストメッセージ「いつまでも嫌なジジイでいたい」】の続きを読む