芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

バッシング

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/12/11(月) 11:21:00.64 ID:CAP_USER9
女優の奥菜恵(38)が、バッシングを受けた過去について「すごく苦しかった」と振り返った。

 11日放送のTBS系「ビビット」は、奥菜のプラベートに密着したVTRをオンエア。幼い2人の子どもの育児や家事に励む姿を見せた。

 奥菜は04年にIT企業「サイバーエージェント」の藤田晋社長と結婚したが、1年半で離婚。09年に再婚した同い年の会社員男性との間に2人の女児をもうけたが15年に離婚し、翌16年3月に俳優の木村了と3度目の結婚をした。

 奥菜は離婚や男性関係についてさまざまなうわさがささやかれバッシングも受けた。「こういう仕事をしてるからだけじゃなくて、いろんなことを言われる。けどそれを受け流せる心の強さを持っていない時期とかはやっぱりすごく苦しかった」と振り返ったが、「子どもを産んで強くなったかなとは思う」と強い母親の横顔を見せた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00074697-nksports-ent
no title

【奥菜恵バッシングに悩んだ過去「すごく苦しかった」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/12/06(水) 23:11:56.03 ID:CAP_USER9
安室奈美恵が手の付けられないほど傲慢になっているという噂が広がっている。親しい音楽ライター、雑誌、新聞記者らにも強硬に“取材規制”を始めたようだ。

「紅白歌合戦に出場するかどうかで世間が騒いだ。NHKで“独占告白”する特番に出た。急に電話会社のCMに出るなど、一気に注目度が増しました。この人気に、“自分は別格だ”と思い始めているようです」(音楽ライター)

安室は大手レコード会社の傘下で個人事務所を運営しているが、そのレコード会社を通しての取材制限がかなり厳しくなっているのだという。

「SAMとの結婚と離婚について話を聞くことは禁止されています。それとともに、彼とのあいだに生まれた子供のことも話題にできません。彼女の母親は親族によって殺害されていますが、それに関しても100%触れてはいけません」(同・ライター)

そのため、安室が引退へ向かう期間のことを“閉店セール”と揶揄して、その姿勢を非難するメディアもある。

「しかし、自身で引退を発表し、周囲も強引に話題作りして金もうけをしているように見えます。実際に引退発表後にCM出演も増え、CDの売り上げもトップになりました。さながら“引退バブル”ではないですか」(レコード会社関係者)


■ 「引退特需」は一部の人間によるものか

安室の人気が一般的かどうか疑問だという意見がある。NHKのスペシャル番組『安室奈美恵 告白』は平均視聴率9.1%で、事前に大々的に番組宣伝をしていたにもかかわらず、ふた桁視聴率にはならなかった。

「20年前に“アムラー”を自称していたような人たちが勝手に騒いでいるようにも見えます。安室はそのころにも男性誌で人気はありませんでした」(男性誌編集者)

ごく一部のファンだけの騒ぎなのかもしれない。

まいじつ 2017年12月6日 19時30分
https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171206/Myjitsu_037856.html

写真
no title

【安室奈美恵に取材を断られ、悔し紛れにバッシングwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/09/30(土) 13:00:23.24 ID:CAP_USER9
9月29日放送のスペシャル番組「今夜解禁!ザ・因縁」(TBS系)にダレノガレ明美がゲスト出演。“熱愛報道”で挫折した過去について、涙を流しなった。

中学校時代のダレノガレはソフトボールで全国大会に出場しており、その経験を生かして“野球好き”を大きなセールスポイントに芸能活動を行っていた時期があった。

当時はスポーツ紙に野球コラムの連載を持つなど、野球好きのモデルて認知されるようになり、始球式の舞台に立つことを目標にしていたという。ところがある日、ダレノガレとイケメン野球選手との“熱愛”が報じられてしまう。

ダレノガレにとっては「全然知らない内容だし、意味の分からない内容」だったが、身に覚えのない熱愛報道の影響で、世間からは「野球ファンと言いながら本当は選手との交際が目的では」と大バッシング。

連載していた野球コラムの打ち切りなど野球関連の仕事は消滅し、始球式の夢もついえてしまう。さらに「脅迫状も来たし殺害予告も来た」と、このスキャンダルによる影響を振り返る。

スタジオでは、10球団もの始球式のマウンドに立ったグラビアアイドルの稲村亜美が登場。ダレノガレは嫉妬心をむき出しにして稲村に対してかみ付いていく。

稲村とのトークバトルが始まると、最初は始球式という夢の舞台に対する熱い思いを語っていたダレノガレだったが、過去の熱愛報道の話題になると目を潤ませる。

そして、涙を流しながら「殺されかけたこともあるくらい怖くて…待ち伏せもされたし」と、当時のバッシングの渦中で体験したトラウマについて語り、かよわい一面をのぞかせた。

ザテレビジョン
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13684958/

写真
no title

【<ダレノガレ明美>身に覚えのない野球選手との熱愛報道で、殺害予告!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/09/22(金) 20:06:19.11 ID:CAP_USER9
このたびの水原希子バッシング。本当にげんなりするとしか言いようがない。

「日本人をCMに出せ」「日本人でない奴をCMに出すな」と言うなら、どう考えても日本人ではない国外のスターや在日外国人が出演しているCMなんていくらでもある。

そういうCMに対してクレームが押し寄せているのか? 

彼らが本当に言いたいのは、韓国系在日アメリカ人である彼女に対して「韓国人をCMに出すな」ということなのだろう。日本人ではないことを問題としているのではない、韓国の血を引く人間であることを問題にしているだけだ。

 そういうと、彼らはこう反論してくるかもしれない。「韓国人であるから問題なのではない、反日であるからだ。」と。では、具体的に彼女の何が反日なのか? 

根拠として言われていたのが、彼女がかつて中国で炎上した際に謝罪動画で「日本人でないから許して」と言ったということだが、実際の動画の発言を検証した人によってデマであることが確定している。

彼女が言っていたのは、自分のルーツとそれによる世界観の説明と、中国で問題視されていた行動への説明と謝罪でしかない。写真に写っている人物が自分でなければ、そう説明するのは当たり前だ。

『中国の現代美術家・アイ・ウェイウェイ氏がインスタグラムにあげた「天安門広場で中指を立てる写真」にいいねをつけた』ことに対しては、中国の現体制を支持する人たちが怒るのはわかるが、そうでない人が怒るのは意味がわからない。

韓国人嫌いの人の中に多く存在する中国嫌いの人なら賞賛してもいいだろう。その行為を彼女が謝罪していることに対して「弱腰だ。中国と戦え」と非難しているなら、まだわかるが、そういう論調なわけでもない。結局は言ってもないことを理由に攻撃しているだけだ。

彼女は韓国人だから許されないという結論が先にあって、それを補完するような理由を探してまわり、その結論を維持するためなら、嘘でも信じるような、さもしい根性がうかがえるだけだ。

 デマであることが確定すると、日本人でないのに日本人であるかのような芸名を付けて得をしようとしているのが問題と言い出す人が出てくるわけだが、ある国で芸能活動をする以上、その国で受け入れられやすいように芸名を付けるのは彼女に限らず一般的な行為であるし、外国人でないのに外国人であるかのような芸名を使っている人だって逆にいるわけだ。

日本人が海外で活動する際だって本名そのままではなく、現地に受け入れられやすい芸名を付けることだってある。それと何が違うのか。

何が何でも彼女に否があるようにするために、ひねり出してきた話にしか思えない。彼女が韓国の血を引いてなかったら、問題とされない行為だろう。結論が先にあるだけだ。

ブッチNEWS2017年9月22日18時00分
https://news.infoseek.co.jp/article/bucchinews_6176/

写真
no title

【<水原希子バッシング>本当にげんなりするとしか言いようがないっていうけどさwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/07/27(木) 13:11:00.51 ID:CAP_USER9
 元HKT48の菅本裕子(23)が、スキャンダルでグループを脱退し、
苛烈なバッシングを受けた当時を振り返った。

 2012年にファンとの私的交流疑惑が問題となり脱退した菅本。脱退後は
風俗店勤務疑惑が浮上し、バッシングの的となることもあった。

 菅本は27日にツイッターでHKTを脱退したばかりの頃は
「呟くだけで『死ね』とリプがくるほどのどん底まで落ち、ニートとして引きこもった日々」
を送っていたと明かし、「救ってくれたのはSNSでした」とつづった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-01862935-nksports-ent
no title

【元HKT48菅本裕子、バッシングの日々明かす「呟くだけで『死ね』とリプがくるほどのどん底」】の続きを読む