芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

バッシング

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/10(日) 18:40:02.02 _USER9
 昨年のニュースは大半がコロナ関連だったが、その間に差し込まれる著名人のスキャンダルも例年より目立ったものが多かった。
 昨年の12月24日に『女子SPA!』が発表した「今年(2020年)イメージダウンした男性ランキング」。3位は、女優・唐田えりかとの不倫が報道された東出昌大がランクインし、続く2位にはひき逃げ容疑で逮捕された伊藤健太郎。1位に選ばれたのは、“多目的トイレ不倫”で世間を賑わせたアンジャッシュの渡部建であった。

 著名人による不倫報道が頻発した2020年。東出や渡部だけではなく、Zeebraや近藤真彦、宮崎謙介といったあらゆるジャンルで活躍する著名人たちが女性問題でイメージを下げている。昔は芸能人の不倫がニュースになっても“芸の肥やし”として肯定されるケースもあったが、近年の猛烈なバッシングの背景には、現代人の倫理観が強まっていることが考えられる。

 株式会社AlbaLinkが10月に発表した「離婚に関する意識調査アンケート」によると、全国の既婚者男女484人のうち、73.8%が「不倫をされたら離婚したい」と回答。子供や経済状況などの理由から「実際に離婚する」と答えたのは、うち13.4%に留まったが、本音では結婚相手の不倫が発覚したら即離婚したいと思っている人が多いことがわかる。「不倫=心の殺人」と言われるほど、倫理観や道徳心から不倫に対し嫌悪感を抱いている人が多いということだろう。

 一方で、昨年は『知らなくていいコト』(日本テレビ系)や『ギルティ ~この恋は罪ですか?~』(日本テレビ系)、『恋する母たち』(TBS系)など、不倫を題材にしたドラマが盛り上がりを見せていた。

『ギルティ』では新川優愛演じる妻が“不倫される側”の役どころで、“不倫した側”である小池徹平演じる夫のクズっぷりが話題になったが、ほかの2作品に至っては“不倫する”登場人物を思わず応援したくなるような演出もあり、SNS上ではその役の振る舞いを肯定する声も見受けられた。

 現実世界では不倫へのバッシングが大きい一方で、ドラマや映画などでは不倫が肯定的に捉えられている。不倫を否定的に思いつつも、ドラマでは人気を集める。この矛盾について、恋愛コラムニスト兼恋愛カウンセラーの堺屋大地氏はこう話す。

「不倫バッシングが激しさを増していることと、不倫ドラマの盛り上がりは意外にも矛盾していないと思います。なぜなら、先の調査で73.8%が“不倫をされたら離婚したい”と回答したということは、逆にいえば、およそ100人中26人が“不倫されても離婚しない”容認派とも言える。

 テレビ視聴率が10%獲得できればヒットしたと言われる時代、その26%が不倫ドラマを見てくれて、何割かの人がSNSにドラマの感想をツイートし、さらに視聴者を集める。こうすることで充分にヒットドラマを打ち出すことは可能で、その手法をうまく使ったドラマ作りがされているのだと思います」

1/10(日) 17:01 
週刊女性PRIME 

芸能人の不倫は総バッシングするも、「不倫ドラマ」にはハマる世間の矛盾 
(左から)Zeebra、渡部建、東出昌大、近藤真彦 
https://news.yahoo.co.jp/articles/850fed0b7b2efbcdd9092c19a249199c56a51a45
>>2続く
no title 【芸能人の不倫は総バッシングするも、「不倫ドラマ」にはハマる世間の矛盾】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/18(木) 11:35:06.07
複数女性との不倫が報じられたアンジャッシュ・渡部建(47)へのバッシングが止まらない。

こうしたことから、恋愛リアリティーショー『テラスハウス』に出演していたプロレスラー・木村花さんが、誹謗中傷に苦しんだ末に亡くなった時のことを引き合いに出す声も多い。

当時、木村さんの死を悼み、誹謗中傷することを嘆いていたような人が渡部には苛烈な誹謗中傷をしている、という主旨の指摘をしたツイッターユーザー「アナ吉」氏のツイートには20万の「いいね」がついた。

同氏に対しては、「渡部は非難されるべきことをした」といった反論が寄せられているが、同氏は非難と「死ね」などの誹謗中傷は別であると説明する。
ただし、木村さんと渡部の件はまったく別と考えるべき、と考える意見も多数。その際の根拠は、大別すると以下のとおりだ。

【1】不倫をした渡部は絶対悪。叩かれるべきである。

【2】渡部は様々な人を不幸にし、迷惑をかけたが、木村さんはそうではない。

【3】木村さんは「コスチュームを勝手に洗った同居人に激しい口調で責めただけであり、その程度で誹謗中傷を書く人の方が悪い。
今回渡部に誹謗中傷をする人間には“正義”がある。

そもそも「誹謗中傷はよくない」という話だったにもかかわらず、今回の事件を受け、自然に「誹謗中傷をしていい相手・よくない相手」という分類がされているのだ。
では、果たして「正しい(されて然るべき)誹謗中傷」というものはあり得るのか? 

中川淳一郎氏はこう語る。

「結局、絶対的な『正義』なんてものはない。その時々の感情に応じて、個々人が『正義』か『不正義』かをジャッジしている“一億総裁判官”“一億総閻魔大王”みたいな状態になっています。
木村さんの件では『あんなに同居人を責めないでもいいのに!』と思った人たちが、木村さんを攻撃した。

渡部の件では、『不倫はいけない!』と考えた人が渡部を攻撃した。
その時々の『正義』により、叩く対象は変わってくるわけです。どちらがより悪らかは、個々人の判断に委ねられている。

つまるところ、そこにはロジックなんてないんです。
だから、基本的には『誹謗中傷は良くない』ということを認識しつつも、自分の中の正義感次第で『これはしても良い誹謗中傷』というルールを作ってしまっている」

中川氏は、そのツッコミを受けた際、ロジカルに反論するのは難しいと述べる。

「それぞれが勝手に作った『正しい誹謗中傷像』が、万人が納得するものであるわけがない。
だとしたら、何か言いたいときの作法としてあり得るのは、『私は許せない』『私はイヤだ』など、
あくまでも自分の感情を出すことだけではないでしょうか」

結局「正しい誹謗中傷」は、個々の「独自ルール」によって作られているということ。
「正しさ」を議論するのは不毛ということかもしれない。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/f72a8095cdbb36a5b759d10adbd74a01f533b916

【渡部へ壮絶バッシング、誹謗中傷は良くない認識でも正義感で『これはしても良い誹謗中傷』と独自ルール】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/16(火) 20:40:10.92
複数女性との不倫が報じられたアンジャッシュ・渡部建(47)へのバッシングが止まらない。不倫した人物がネット上で叩かれ続けるのはおなじみの光景になったが、渡部にも「死ね」などといった誹謗中傷が多数投稿されている。

 こうしたことから、恋愛リアリティーショー『テラスハウス』に出演していたプロレスラー・木村花さんが、SNSでの誹謗中傷に苦しんだ末に亡くなった時のことを引き合いに出す声も多い。

 当時、木村さんの死を悼み、誹謗中傷することを嘆いていたような人が渡部には苛烈な誹謗中傷をしている、という主旨の指摘をしたツイッターユーザー「アナ吉」氏のツイートには20万の「いいね」がついた。

 同氏に対しては、「渡部は非難されるべきことをした」といった反論が寄せられているが、氏は非難と「死ね」などの誹謗中傷は別であると説明する。ただし、木村さんと渡部の件はまったく別と考えるべき、と考える意見も多数。その際の根拠は、大別すると以下のとおりだ。

【1】不倫をした渡部は絶対悪。叩かれるべきである。
【2】渡部は様々な人を不幸にし、迷惑をかけたが、木村さんはそうではない。
【3】木村さんは「コスチュームを勝手に洗った同居人に激しい口調で責めただけであり、その程度で誹謗中傷を書く人の方が悪い。今回渡部に誹謗中傷をする人間には“正義”がある。


 そもそも「誹謗中傷はよくない」という話だったにもかかわらず、今回の事件を受け、自然に「誹謗中傷をしていい相手・よくない相手」という分類がされているのだ。

 では、果たして「正しい(されて然るべき)誹謗中傷」というものはあり得るのか? 長年ネット上の誹謗中傷を見続けてきた、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏はこう語る。

「結局、絶対的な『正義』なんてものはない。その時々の感情に応じて、個々人が『正義』か『不正義』かをジャッジしている“一億総裁判官”“一億総閻魔大王”みたいな状態になっています。木村さんの件では『あんなに同居人を責めないでもいいのに!』と思った人たちが、木村さんを攻撃した。

6/16(火) 16:05 ポストセブン
https://news.yahoo.co.jp/articles/f72a8095cdbb36a5b759d10adbd74a01f533b916
写真 
no title

【<渡部へ壮絶バッシング>「やってもいい誹謗中傷」はあるのか?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/04/17(金) 20:21:18.14
石田純一(66)の新型コロナウイルス感染は、志村けん(享年70)に続く“高齢者の感染リスク”を世に知らしめたが、と同時にネット上では石田の「モラルの欠如」に対するバッシングの嵐が吹き荒れている。

石田は4月10日から13日まで自身が経営する飲食店の視察のため沖縄に滞在。11日から体がだるくなり、14日に肺炎の傾向がみられ入院、15日に陽性が判明した。
医学博士の米山公啓氏は「発症までに3日から1週間かかるので、沖縄に行く前に感染している可能性が高い。発症前の1週間の行動が問題です」という。


これにネット上では「なぜ今、沖縄?」「テレワークしないの」「こっち(沖縄)が自粛してるのに、県外からコロナ持ってこないで」「体調悪いのに飛行機で東京に戻るって無責任」と批判の声が殺到。
16日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、坂上忍(52)も「この時期に往復しちゃったんだ……」と大先輩の“やらかし”に残念顔だ。

しかも、7日には妻の東尾理子(44)、長男(7)、長女(4)、次女(2)と義父・東尾修(69)夫妻とで自宅で次女の誕生会を開催。高齢の東尾夫妻の感染までも懸念されている。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「沖縄に行ってしまったのは判断ミス。石田さんは1月の『名医のTHE太鼓判!SP』で余命8年と診断されていたこともあり、普段はマスク着用は徹底。
車もマメに除菌し、自身のラジオ番組ではアクリル板を立てて飛沫感染を防ぐなど、予防を徹底していました。今となっては後の祭りですが、沖縄の店によっぽどの問題があったとすれば店ごと休業すべきだったのでは。
気配り上手で神経の細やかな石田さんだけにご本人的には“痛恨のミス”でしょう」

■忘れた頃に大ポカ

石田といえば1996年に「不倫は文化」発言で猛バッシングを浴びたのは有名だが、2003年には有栖川宮をかたった皇族詐欺パーティーに出席。
16年にはCMスポンサーなど関係各所に根回しもなく突如、都知事選に出馬表明するも断念したりと忘れたころに“ポカ”をやるのがお約束だ。

しかしながら、今回は身内だけでなく、不特定多数にコロナをまき散らした可能性まであるとなると軽率のそしりというレベルの話ではない。
石田は自らの不徳とはいえ、今は小さな子供たちのためにも健康回復に努めるしかない。

4/17(金) 15:00配信 日刊現代
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00000026-nkgendai-ent

写真
no title

【石田純一さんにバッシングの嵐!軽率すぎる行動とモラル欠如の“痛恨ミス” ← 同情の余地なし・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/06/23(日) 09:21:12.14 ID:jAc8aIES9
6月26日放送の『テレ東音楽祭2019』(テレビ東京系)に出演予定のアーティスト名が続々発表されているが、AKB48の出演を告知する同番組のTwitterに、NGT48荻野由佳や中井りかをバッシングするリプライが殺到している。

『テレ東音楽祭』の公式Twitterは13日にAKB48の出演をアナウンスするツイートをしたが、これに「NGT48のメンバーも出演するのでは」と予想した一部ユーザーから批判的なリプライが複数ついている。一部を抜粋する。

<絶対中井りかと荻野由佳は出さないでください不快です。他の人で代役できるでしょ?>

<NGTの事件は何一つ解決していません。この状況でメンバーを出演させるとはテレ東さんの姿勢に疑問を覚えます。コンプライアンスは大丈夫ですか?>

<荻野由佳と中井りかを出演させるのはテレビ東京のイメージダウンにもなると思います>

NGT48の荻野と中井は、AKB48の選抜メンバー常連でもある。
しかし現時点で出演メンバーは発表されていないにも関わらず、先回りしてのクレームが飛び交うのはさすがに異常事態だ。

もっとも、NGTは48グループであり、運営するAKSの責任を追及するという意味では、問題を解決せぬままの姿勢に批判が及ぶことはわかる。
ただし、NGTメンバー個人への攻撃はおかしいだろう。

3月29日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で、AKB48が指原莉乃の卒業ソング「ジワるDAYS」をパフォーマンスした際も、同様の現象が起こっていた。

「ジワるDAYS」の選抜には荻野由佳と中井りかが入っており、番組の公式Twitterには放送前から
<見るのをやめます><NGT48を出さないで>などと批判リプライが相次いだのだ。

その影響か定かではないが、荻野と中井は生放送の同番組に出演したものの、
入場時やパフォーマンス中にカメラで顔を抜かれることはなく、ほぼ画面に映らない状態であった。

AKSの不誠実な対応が招いたバッシングとはいえ、テレビ出演のたびにこのようなことが続くとしたら、番組側も困ってしまうだろう。
https://wezz-y.com/archives/67087

00bed3

【【炎上】『テレ東音楽祭』のAKB48出演告知に荻野由佳や中井りかをバッシングするリプライが殺到wwwww】の続きを読む