芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

バス旅

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/23(月) 14:38:42.17 _USER9
『バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅6~紅葉の信越!秋の陣~』に安藤美姫氏が出演した
安藤氏は、太川陽介や加藤諒らの話に割って入り、強引に自分語りする場面も
バス旅ファンからは「史上最悪のマドンナ」「バス旅がぶちこわし」と酷評されている

 11月18日に「水バラ」(テレビ東京系)で放送された「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅6~紅葉の信越!秋の陣~」に、フィギュアスケーターの安藤美姫が出演。彼女の言動に視聴者から大ブーイングが巻き起こっている。

「安藤はこれまでにもテレビのバラエティ番組や情報番組に出演した際に言動が問題視され、何度も炎上しています。やたらと自分語りをしたり、不機嫌な表情を見せたこともあります。バス旅はとても過酷で出演者の本性がむき出しになるだけに、安藤の言動を心配していました。炎上したのを見てやはり…という感じです」(週刊誌記者)

 安藤の傍若無人なふるまいは旅が始まった直後にいきなり飛び出した。1本目のバスに乗った直後、太川陽介が前回の乗り継ぎ対決旅から老眼鏡を使いだしたことを明かし、メンバーの加藤諒と「年寄くさくない?」「ぜんぜん年寄くさくないです」「恐縮です」などと老眼鏡トークを繰り広げ、「ずーっと(老眼鏡を)我慢、頑張って」と太川が話したタイミングで、突如安藤は大声で「伊達城とかある!」と割って入ったのだ。話の腰を折られた太川は「人の話聞いてない。マイペースだ」と苦笑い。ナレーションでも「やっぱり世界を取る人は違うねぇ」と皮肉られる始末だった。

 次は新庄市を目指してバスに乗っていたときのこと。太川が加藤に芸歴やデビュー時のことを聞いていると、安藤が話に割って入り「諒ちゃんはお芝居に歳を重ねて深みが出たりとか寿命が長い」と語りだす。加藤についてのトークを続けるかと思いきや、ここから強引に自分語りがスタート。「私たちは(選手)寿命が短いので、子どもに夢を与えられる先生になるのを9歳の頃から今までずっと思ってやってるので、とりあえずはコーチになりたいと思っているので、まだ夢を叶えていない段階」と加藤そっちのけで聞かれてもいない夢を熱く語った。

 これには「加藤の話を奪って自分語りかよ」「そんな話聞いてないし聞きたくもない」と視聴者から大ブーイングが上がっている。

「山形県村山市で足止めをくらった時は、安藤と加藤で話し合って、太川に別ルートを提案しました。積極的な姿勢でとてもよかったのですが、残念ながらあっさりと却下されました。太川はバス旅でこのあたりに何度も来ているので、提案されたルートだと時間がかかりすぎることを知っていたからです。すると安藤は明らかに不満顔を見せたんです。おかげで太川チームの雰囲気はギスギスしたものになってしまいました」(前出・週刊誌記者)

 安藤が今回の旅で見せた最も不快な態度は、仙台市から多賀城市を目指していた時に飛び出した。この直前、仙台駅で安藤は太川とは違うルートを提案。だが、百戦錬磨の太川は相手チームの動向を読み切った上でそれを却下し、自身が選んだルートで先を目指した。安藤に気を使ったのか太川はバスの車内でなぜこのルートを選んだのか説明。ていねいに勝利への道筋を解説した。ところが自分のルートを選んでもらえなかったことが不満なのか、安藤はそっぽをむいて太川をガン無視。最後には口を曲げて不快感をあらわにした。

「この時の安藤は見ていられませんでした。本当にみにくい態度で不愉快になりましたよ。太川は日本中をローカル路線バスでまわっているバス旅のプロ。そんな人の案より自分のプランのほうがすぐれていると思ったんでしょうか。もう少し自分を見直すべき。夢を語る暇があったら猛省しろと言いたいですね」(前出・週刊誌記者)

 バス旅ファンから「バス旅史上最悪のマドンナ」「バス旅がぶちこわし」と酷評された安藤美姫。次の出演はもうないかもしれない。

https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12104-163270/

20201123003


【太川陽介もイラッ!安藤美姫が「バス旅」で見せたワガママ放題に大ブーイング】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/13(金) 14:52:07.00 _USER9
11月11日、テレビ東京系のバラエティ番組『水バラ』内で放送された「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅6~紅葉の信越! 秋の陣~」にお笑い芸人・パンクブーブーの黒瀬純が出演。共演者に「悪態」をつき、非難の声が相次いでいる。

同番組は太川陽介率いる路線バスチームと、村井美樹率いる鉄道チームに分かれ、チェックポイントを経由しながらゴール地点を目指すというもの。太川のチームにはAKB48の横山由依とトレンディエンジェルのたかし、村井のチームにはももいろクローバーZの高城れにと黒瀬が加わり、1泊2日の旅に出た。

だが、黒瀬は旅に乗り気でないのか、それとも番組の趣旨が分かっていなかったのか、急いで出発する村井に対し「(スタート地点の)お城の前で全員で写真を撮りませんか?」と能天気な様子を見せ村井に叱られたほか、対戦者のたかしを威嚇し「このハゲ!」と罵るなど、荒々しい口調が目立っていた。

 また、視聴者からの批判が際立ったのは2日目の朝。村井のチームがチェックポイントの温泉に入った際、黒瀬は「俺は肌が弱い」と言い始め、なかなか温泉から出ようとせず、予定時刻から大幅に遅れて出発することに。

 さらに黒瀬は時間が迫る電車に乗ろうと走っている途中に足をくじいたようで「足が痛い!」と叫んで村井と高城を困らせ、ついに電車は3人を置いて出発。村井チームの予定が大幅に狂うことになった。

 また、駅に居合わせた太川チームの応急処置で黒瀬の足は回復に向かったがその際、黒瀬は村井に謝罪すらせず「太川チームの(方)が良かった」「太川チームの方が楽しそう」と太川チームにすり寄っていた。

この黒瀬の行動にネットでは「黒瀬がとにかくムカつく」「バス旅でここまで腹立たしく思えたのはじめて」「完全にバス旅をなめている」「二度と呼ばないでほしい」「蛭子さんを超えるクズっぷり」といった声が相次いだ。

全文はソースをご覧ください
http://npn.co.jp/article/detail/200009084 
2020年11月12日 

20201113003


【【炎上】『バス旅』パンブー黒瀬が大不評 …悪態、暴走行為連発「蛭子さんを超えるクズ」の声www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
eaa48d72-s

1: なまえないよぉ~ 2019/11/05(火) 11:54:21.10
 10月30日放送のバラエティ番組「太川蛭子の旅バラ」(テレビ東京系)に、フリーアナウンサー・宇垣美里がゲスト出演した。放送後、番組ファンからは好評の声が相次いだという。

「当初、マドンナ役を宇垣が務めることに対し、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』ファンからは難色を示す声もあがっていました。しかしフタを開けてみれば宇垣は、地図を凝視してルートを真剣に思索するなど、積極的に旅へ参加。負けず嫌いの性格なので、太川陽介と意見がぶつかることもありましたが、そこもバラエティ的には大盛り上がりとなったのです。そのため視聴者からは『期待してなかったけど「旅バラ」枠になってから一番面白かった』『ただのイエスマンでお飾りのマドンナより、よっぽど良いな。太川と宇垣の組み合わせを考えたスタッフは天才だ』『神回だった。太川さんがマドンナに押されることってあまりないし』と評価する声が相次いでいます」(テレビ誌記者)

 宇垣は美人で20代ということもあり、一部熟年女性たちからは叩かれたものの、多くの「旅バラ」ファンは受け入れたようだ。そんな中、P&Gが展開する新製品「レノアビーズ」の出演も男性をトリコにしているという。

「今回、宇垣は衣類の香りづけ専用製品のCMに出演し、ノースリーブ姿で魅惑的な先輩OLを演じました。そこで彼女はカメラ目線で商品を勧めるのですが、『しよっ!』『いれて?! あっ…! 好きかも…』と男の妄想を掻き立てるようなセリフを連発。これには男性たちから『俺もいれるよ美里』『艶すぎてドキドキする』『セリフ部分を何度もリピートしていたら昇天しました』と絶賛の声が殺到しています」(前出・テレビ誌記者)

「マイナビニュース」によると、CM撮影当日はスタッフ全員が思わず「可愛い!」を連呼してしまうほどだったという。今後も、彼女ならではの艶気で男性たちを魅了していきそうだ。

no title

バス旅が絶賛の宇垣美里、今度は「いれて…」と艶演技で男性たちが悶絶! 

https://www.asagei.com/136462

【バス旅が絶賛の宇垣美里、今度は「いれて…」www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
20191031001

1: なまえないよぉ~ 2019/10/31(木) 14:28:44.14
  『バス旅』、太川陽介と宇垣美里のバトルが好評?「失礼」「大人げない」と苦言も「見ごたえがあった」の声

 10月30日放送のテレビ東京系バラエティ『太川蛭子の旅バラ』にマドンナとして出演した元TBSアナウンサーのタレント・宇垣美里に、番組視聴者から賛否両論が相次いでいるという。

 この日放送された『旅バラ』は、静岡県・三保の松原から山梨県・清里まで、富士山を眺めるバス旅へ。

 一行はバスの行先について、山梨県の精進湖から河口湖へ迂回し甲府へ目指す安全の高いルート、および精進湖から上九の湯を経由し甲府を目指す最短ルートの2つのパターンを発見。一行は最短ルートを発見した太川陽介の意見を尊重し、観光案内所のありそうな精進湖でバスを降りたが、残念ながら観光案内所はなく、さらにタクシーは通っておらず40分の足止めを食らう事に。

 かねてから太川の提案したルートに懐疑的だった宇垣は「本当にここで降りていいんですね」と太川に念を押していたが、強行したことで足止めになり、また終着が甲府駅ではなく南甲府駅だった太川の確認ミスも重なり、宇垣は「これだったら河口湖へ向かった方が早かったかもしれない」「言うたで!という気持ちはある」と和やかなムードから一転、ピリピリモードに。

 さらに、甲府駅に着いても太川から地図を奪い、何かと口を出してくる宇垣に対し、「君ちょっと待って!」「君は待ちなさい!」と声を荒げるシーンも放送された。

 こんな展開でピリついたモードに、ネットでは宇垣および太川に対し、「宇垣がグイグイ来てうざい」「年上の太川さんに対して失礼ではないか」という意見が相次いだ一方、宇垣を擁護する声も少なくなかったようで、「年下のゲストに軽くキレている太川さんが大人げないと思った」「むしろ物怖じしない宇垣さんに好感を持てた」といった声も多かったという。

 宇垣は今年4月より、TBSを離れオスカープロモーションへ所属。以来、さまざまなバラエティ番組へ出演を重ねているが、先輩タレントへのタメ口や慣れ慣れしい態度が災いし、近年では「嫌いな女性タレント」として名前が挙がることも多い。

 今回もそんな宇垣の本領が発揮された形ではあるが、お互い譲らない性格の太川と宇垣は、「バス旅」ではまさに水と油の関係に近く、「見ごたえがあった」「ここ最近のバス旅ではナンバーワンの面白さだった」と言った声も少なくなかったという。

 かつてはアラフォーやアラフィフなど、太川と年齢の近いタレントがマドンナとして抜擢されることの多かったバス旅だが、『旅バラ』になってからは松井珠理奈や生駒里奈など、太川と親子ほどの年齢差のある女性タレントのキャスティングが目立ち物議を醸していたが、今回の宇垣美里のキャスティングは「大成功」と思われ、今後の再登板もあり得る話かもしれない。

https://wjn.jp/sp/article/detail/0241544/
20191031002

【【バス旅】太川陽介と宇垣美里のバトルが好評www】の続きを読む