芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

ハロプロ

1: なまえないよぉ~ 2019/05/08(水) 17:37:31.80 ID:7FnbMtSK9
ここまで、ハロプロの黎明期の解説をしてきましたが、現在のハロプロに至るまでには、2つの転換期を経ています。
その一つが、ハロプロの冠番組「ハロー! モーニング。」(テレビ東京系)で、
2002年より行われた初の自主オーディション「ハロー! プロジェクト・キッズ オーディション」です。

ハロプロの長きにわたる活動の礎となったのは、オーディション番組「ASAYAN」(テレビ東京系)から誕生したモーニング娘。です。

(中略)

同オーディションでは、将来性のある応募者を「ハロー! プロジェクト・キッズ」として発掘、後にBerryz工房や℃-uteを輩出しました。
ハロプロ以外の現役アイドルでも、彼女たちを憧れの存在と公言する声も多く、現在のシーン全体に影響を与えたといっても過言ではありません。

このハロプロ・キッズの登場は、ハロプロの魅力である“パフォーマンス力”に結び付いています。
「ハロプロエッグ」への改称を経て、現在は「ハロプロ研修生」に変わっていますが、
先輩グループのライブへ帯同させることで研鑽を積ませる仕組みを確立させました。

さらには、過去の作品の歌やダンスに触れさせることで、顔ぶれが変わっても失われることのない、
歌い方などに見られる“ハロプロらしさ”を引き継ぐ要素にもなっています。

ハロプロ研修生たちの活動で特筆すべきは、彼女たちが出演する毎年5月の恒例イベント「春の公開実力診断テスト」です。
ここでは、メンバー自らが衣装や楽曲を選び、パフォーマンスを披露。終盤では、
日頃から彼女たちの歌やダンスを指導する講師陣やハロプロOGらが名を連ねる審査員や、
観客の投票によりおのおののパフォーマンスが評価され、ファンにとって“未来ある才能”を発見できる貴重な機会となっています。

AKBグループや坂道シリーズなど、数多くのアイドルグループが活躍する現在、
発足から20年の歴史を誇る「ハロー! プロジェクト」は、いまだアイドルシーンをけん引する一大勢力としての存在感を放っています。
彼女たちはなぜ、今なお多くの人々を魅了し続けるのか、その背景を探っていきます。

もう一つの転換期が、ハロプロの総合プロデューサーを務めていたつんく♂さんが2014年10月に退任して以降、
楽曲の制作体制が変化したことです。それまでは、原則的につんく♂さんがハロプロの楽曲全てを手掛けていましたが、
現在は、さまざまなクリエーターが各グループの楽曲を担当しています。
バリエーションが豊かになった一方で、その根幹には、ハロプロ結成時からのテーマ性「恋の成就しない女性像」などが受け継がれています。

現在、ハロプロにはモーニング娘。19、アンジュルム、Juice=Juice、カントリー・ガールズ、
こぶしファクトリー、つばきファクトリー、BEYOOOOONSという7組のグループが在籍しています。

モーニング娘。18(当時)は昨年、野外音楽フェスティバル「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」に出演。
こぶしファクトリーらも別のアイドル陣営とツーマンライブを積極的に組むなど、ハロプロの枠を越えて活躍の幅を広げています。

そして、今年、ハロプロは新たな転換期を迎えます。
ハロプロとアンジュルムの双方でリーダーを務める15年選手の和田彩花さんが、6月18日の日本武道館公演をもって卒業。
彼女に続く、ハロプロエッグ出身のモーニング娘。19のリーダー・譜久村聖さんや
アンジュルムのサブリーダー・竹内朱莉さんらの世代が、どのようなかじ取りをしていくのか、注目されています。

ここまで、ハロプロの歩みと独自のシステムを探ってきましたが、平成のアイドル史において、多大なる影響を及ぼしてきたといえそうです。
「ASAYAN」でメンバー選考過程を放送し、可視化させるという取り組みや、
複数のグループが連なる“集合体”としてのブランディングを図るなど、他のアイドル陣営にもさまざまな試みが反映されています。

近年、彼女たちがステージで見せるヒロイックさに引かれ、ライブに足を運ぶ女性ファンの姿も目立ちます。
時代は「令和」を迎えましたが、今なおステージを中心に輝き続けるハロプロは、
グループやメンバーの変遷を経ながら、進化を遂げつつ歴史を刻んでいくことでしょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190508-00039993-otonans-ent

ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト
http://www.helloproject.com/
no title

【「ハロプロ」20年、今なお愛され続ける理由とアイドル界に与えたもの】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/27(水) 16:00:28.99 ID:sZg0H2ae9
新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」が、メンバー・山口真帆(23)への暴行事件をめぐり揺れに揺れている。

26日には同グループが出演するラジオのレギュラー2番組の放送休止が決定。
騒動は収まる気配がないが、ここにきて事件に関わったアイドルハンター集団が、
「モーニング娘。」などが所属するハロー!プロジェクトのライブ会場に出没しているとの多くの目撃情報が浮上した。

これによってアイドル界全体が大混乱に陥っている。
https://www.tokyo-sports.co.jp/newspaper/%EF%BC%E6%9C%EF%BC%EF%BC%E6%A5%EF%BC%E6%B0%B4%EF%BC%E7%BA%E8%A1%8C-2/
no title

【【衝撃】アイドルハンター集団 ハロプロのライブ会場に出没!!!】の続きを読む

松岡茉優

1: なまえないよぉ~ 2018/07/06(金) 17:07:57.41 ID:CAP_USER9
結成20周年で再注目されているハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)。他アイドルに比べて熱狂的な女性ファンが多く、直近では『真夜中』(フジテレビ)での指原莉乃&松岡茉優の熱いモー娘。トークが話題となった。他にもアンジュルムファンを公言する蒼井優、「ハロプロへ恩返ししたい」という柳原可奈子や楽曲提供をする大森靖子など。言わずもがな筆者もハロヲタだ。たくさんある魅力の中で「可愛い」「曲がいい」を越えて、女性たちが熱狂する理由はなにか、個人的な見解ではあるが考察したい。

現在ハロプロには、6グループが所属。ハロプロの始まりである「モーニング娘。'18」はフォーメーションダンスを武器に、ハロプロのパフォーマンスを牽引する。2009年結成「アンジュルム」は、これまでのハロプロにないカッコよさを磨き、不動の人気を誇るモーニング娘。を脅かす存在。

2013年結成「Juice=Juice」は、メンバー全員が高い歌唱力を持ちセクシー系から元気系まで幅広く歌い上げる。現在は学業優先メンバーと兼任メンバーにより活動が少ない「カントリー・ガールズ」、2015年にはハロプロ末っ子グループの「こぶしファクトリー」と「つばきファクトリー」が結成された。それぞれメンバーの加入と卒業を繰り返しながら、個性の強いグループを作り上げている。

■モー娘、あやや、Juice=Juiceへと受け継がれる「パーフェクトなパフォーマンスを目指す」DNA
女性ファンが熱狂する理由のひとつに、ハロプロに根差す「パーフェクトなパフォーマンスを目指すDNA」があるように思う。女の子が努力をしながら急成長していく姿を見ていられるのはアイドルファンの醍醐味。中でもハロプロは、モーニング娘。から始まり、代々「プロ根性」というDNAが受け継がれ、努力の比重が圧倒的に「パフォーマンス」に置かれている。その本気度の高さに心が震え、アイドルに憧れられるアイドル、と言われるまで育っているのだろう。

DNAの系譜として、ダンス、歌唱、MC共に完璧で竹内まりやに「20代の女性歌手でいちばん上手い」と言われた松浦亜弥、ミリオンヒットを飛ばした黄金期に対して「プラチナ期」と呼ばれた2000年代後半のモーニング娘。の存在は大きい。プラチナ期はリーダー高橋愛を筆頭に濃密な練習を重ね、その圧倒的なライブパフォーマンスは「歌とダンスのスペシャリスト集団」と評価され、ハロプロ全体の礎になった。そういったDNAは個々やグループに受け継がれていく。音痴だけど顔採用などと冷やかされていた道重さゆみは、横浜アリーナでの卒業コンサートでオーディションの課題曲“赤いフリージア”を完璧に歌い上げ、ハロプロで揉まれてきた女の子の見事な成長ぶりをみせた。

現在のグループでは、モーニング娘。'18。はDNAを色濃く引き継ぐ。映像を見るとわかるように歌割に偏りがあり、歌やダンス、実力がないと見せ場をもらえないため、全員が本気で完璧を目指す。注目はJuice=Juice。研修生として幼い頃から歌唱やダンスを訓練し、パフォーマンスに定評があった彼女たちは年を重ね、技術力に加えて表現力もアップ。長年5人組だったが8人組に増員となり、これまでとは違った成長がみられそうだ。

■「あるべき女の子」がいない
ハロヲタであるエッセイスト犬山紙子さんがかつてTwitterで「つんくさんの歌詞は、女の子にこうあって欲しいというおっさん目線じゃなくて、女の子本人に寄り添っているから最高」と言ったように、最近は特に女性として自由に生きる喜びや、真っ直ぐ自分を信じて突き進む力を歌う。

アンジュルムの最新ツアータイトルは「十人十色」。メンバー10人それぞれの個性にフィーチャーしたライブで、オープニングの衣装はお嬢様風ワンピースの子もいれば背中に虎を背負った子もいて、個性が爆発していた。『レコード大賞』新人賞受賞など華やかなデビューからの挫折、スマイレージからの改名など紆余曲折を経て培われた雑草魂で、“大器晩成”“七転び八起き”などアイドルソングとは思えない力強い楽曲がよく似合う。

「可愛さよりも、カッコよくありたい」と和田彩花が冒番組でコメントしたように、アイドルとは「こうあるべき」という世間一般の定説にはとらわれず、自分たちが「こうなりたい」と思い描く女の子の道を貫く。そうした姿は同じ女性として心の底からカッコイイと興奮するのだと思う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00013449-cinranet-musi

【松岡茉優や蒼井優もファンを公言。なぜハロプロは同性を魅了するのか? 脈々と受け継がれる「本気」と「個性」のDNA】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/04/05(木) 20:26:39.10 ID:CAP_USER9
アイドルグループ・アンジュルムのリーダーで、ハロー!プロジェクトのリーダーも務める和田彩花(23)が、来年の春に開催予定のツアーをもってグループおよびハロプロを卒業することを5日、自身のブログで発表した。
2009年に4月にスマイレージとして結成され、14年12月に改名した同グループから、オリジナルメンバーが全員卒業することになる。

和田は昨年から折りに触れ事務所と卒業について話してきたが、大好きなハロプロとアンジュルムの活動と、卒業して自分一人でやりたいことを考え抜いた上で出した答えが、グループ結成から丸10年となる節目での卒業だった。

ブログでは、決断に至るまでの心境を長文でつづった。
「『いつまでもみんなと夢を追いかけることはできないのだろうか?』私の中でそんな思いと現実が複雑に絡み合っていました。何度も何度も繰り返し考えていました」と、卒業に思いを巡らせていたことを吐露。
グループのことを第一に考えて活動するなかで、2期メンバーから「自分の好きなことをやってください」と言われたことを明かした。

そして、「私がグループから抜けたとき(オリジナルメンバーがいなくなり)本当の意味でアンジュルムになると考える自分がいました。スマイレージからアンジュルムに改名した意味作用がここで働くのだと」と決意を表明している。

グループを卒業しても「アイドル」として歌やダンスだけではなく、さまざまな表現を通して自分の思いを伝えていきたいという和田の決断を、スタッフ一同で後押ししていく。

アンジュルムは今月7日から5月28日の日本武道館までのコンサートツアーを行うが、和田がステージから何を語るか、注目を集める。

スマイレージは2009年に和田、小川紗季、前田憂佳、福田花音の4人で結成。
10年5月に「夢見る15歳(フィフティーン)」でメジャーデビュー。
同年の第52回日本レコード大賞で「最優秀新人賞」を受賞した。
翌年から追加メンバーオーディションが行われ、現在は6期メンバーまでが所属する。
オリジナルメンバーの小川は11年8月、前田は11年12月、福田は15年11月に卒業した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-00000363-oric-ent

アンジュルム 和田彩花
no title

アンジュルム
no title

【アンジュルム和田彩花、ハロプロ卒業を発表 ソロ活動へ 最後のオリジナルメンバー】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/06(水) 22:33:30.50 ID:CAP_USER9
ハロー!プロジェクトの女性6人組アイドルグループ・こぶしファクトリーの田口夏実(17)が6日、グループから脱退したことが分かった。
所属事務所が公式ホームページで発表した。
事務所は田口との専属マネジメント契約を解除したことも明かした。

所属事務所関係者によると、田口はこの数カ月、プライベートの行動に問題があったとう。
本人、両親も交えて話し合いを行ったが「行動や出来事についてハロー!プロジェクトメンバーとして自覚と責任を欠くものであった」と判断され、契約は途中解除された。

こぶし-のメンバーでは、今年7月に藤井梨央(18)に「ルールに反する事案が発覚」し、改善するとした約束も果たされなかったため、契約が途中解除され、「不安神経症」と診断されて活動を休止していた小川麗奈(17)も「これ以上迷惑をかけられない」として、9月にグループを卒業している。

1年のうちに3人がグループを去るという異常事態。
所属事務所は「このような結果を報告しなければならないことを深くお詫び致します」とファンに謝罪した。
残るメンバーは5人となり、くしくもこぶしが“5本指”になった形。
5人は「前を向いて活動していく」と結束を固めているという。

こぶし-は2015年に8人組のグループとしてスタート。
同年に活動を休止したBerryz工房の清水佐紀(26)もアドバイザーとして設立に関わっており、系譜を継ぐ意味でグループ名に「工房」を意味する「ファクトリー」が含まれた。
同年9月にシングル「ドスコイ!ケンキョにダイタン/ラーメン大好き小泉さんの唄/念には念(念入りVer.)」でメジャーデビュー。
今年7月には初主演映画「JKニンジャガールズ」も公開された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000117-dal-ent

「こぶしファクトリー」田口夏実
no title

こぶしファクトリー
no title

【「ハロプロ」こぶしファクトリー・田口夏実が契約解除「行動に自覚と責任を欠く」どうやら男ばれwwwwwwwwww】の続きを読む