芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

ハマる

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/06/02(土) 22:25:28.80 ID:CAP_USER9
欅坂46キャプテンの菅井友香が5月31日に公式ブログを更新、週刊少年ジャンプ(集英社)で連載されている「HUNTER×HUNTER」にハマっていることを明かした。

菅井は<こんばんは/先日の「レコメン!」※でも少しお話させていただいたのですが/今「HUNTER×HUNTER」を呼んでいます!/じっくり読み進めていて、/今13巻まで読み終わっています>とコメント。(※菅井が出演しているラジオ番組)

<1人1人のキャラクターが魅力的で、/展開が全然読めない上に予想を毎回裏切られちゃうし!/設定が緻密で奥が深くて…/とにかく続きが気になります>と同作にハマっていることを明かした。

また、<作者の冨樫先生、ありがたいことに私たちのライブにもお越しくださったようで、本当に本当に嬉しいです!!改めてどうもありがとうございます!これからもじっくり読ませていただきます>と、「HUNTER×HUNTER」の作者である冨樫義博氏にブログを通じてメッセージを送った。

冨樫氏は大の欅坂46ファンとして有名で、「HUNTER×HUNTER」には欅坂46の曲「サイレントマジョリティー」の名を冠した“念能力”も登場している。

そんな「HUNTER×HUNTER」は現在休載中。
この菅井友香のメッセージは、富樫氏の励みになることだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180601-00149097-the_tv-ent

大の欅坂46ファン冨樫義博氏の人気漫画「HUNTER×HUNTER」
no title

no title

no title


欅坂46 菅井友香
no title

no title

no title

no title

【【欅坂46】「お嬢様」菅井友香、『HUNTER×HUNTER』にハマる「続きが気になります」 冨樫先生にメッセージもwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/12/13(水) 16:53:56.52 ID:CAP_USER9
アイドル好き以外からの人気も沸騰している欅坂46。
ロックバンド「Halo at 四畳半」のメンバーとして活躍中の白井將人氏も、彼女たちの魅力にハマった一人だ。

「普通のアイドルは元気を与えるものですが、欅坂46は何かを啓蒙するアイドルだと思ったんです。デビュー曲『サイレントマジョリティー』で歌われる社会への反抗は、これまでロックやパンクで歌われてきたテーマ。それをまだ垢抜けない女のコたちが歌うギャップは衝撃でした」

そしてバンドとの決定的な違いは、彼女たち自身がサイレントマジョリティー(=物言わぬ多数派)側だったことだ。

「バンドマンはマイノリティだし、どうしても上から目線に聞こえてしまう。彼女たちは画面の向こう側にいても、ふと見せる顔は普通の女のコだったから、多くの人に届いたと思うんです」

複数のロックフェスに出演し、バンド好きからも評価されている欅坂46。
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」でのステージを現地で見た白井氏が、そのときの様子を教えてくれた。

「明らかに欅坂46ファンじゃないお客さんも、終盤の『危なっかしい計画』ではみんなタオルをまわして、めちゃくちゃ盛り上がってました。そもそも欅坂46を好きなバンド仲間も多いし、同じ表現者として受け入れられていると感じますね」

主要曲は世界的ダンサーのTAKAHIROが振付を担当。
欅坂46を語るうえで欠かせない要素となっている。

「一個一個の動きが歌詞とリンクしていて、特に幕張のライブで見た『エキセントリック』と『月曜日の朝、スカートを切られた』は、ミュージカルのようでした。メンバーから感じる熱量もすごくて、その最たるものが平手友梨奈さん。自分という器を使って、曲の世界観を全力で表現する。バンドマンが楽器で表現することと近いものを感じます」

リリースのたびに違う顔を見せる楽曲、別働隊として活動する「けやき坂46」の存在など、予想できない展開でもファンをワクワクさせてきた。

「2作めの『世界には愛しかない』では一転して壮大な愛を歌ったり、これまで発表されたシングルは全部が予想外でした。楽曲だけじゃなく、センターが交代するタイミングはあるのか、けやき坂46から選抜入りするメンバーは出るのか、気になることがたくさんあって、漫画や小説を読んでいるみたいなんです」

白井氏が欅坂46を好きな最大の理由として挙げるのが、ひたむきに少女たちが努力する姿。

「選抜やポジションは運営が決めていますが、単純な人気だけじゃなく、それぞれの頑張りが評価されて前に来ることもある。逆に言えば明確な指標がないなかで、どうすればゴールにたどり着けるのかわからない。だからこそメンバーは自分の個性と向き合い、必死に努力する。その姿が本当に美しいと思うんです」

この点もバンドと重なると白井氏は続ける。

「バンドも何をしたら売れるかわからないなかで、いろんな曲を書いたり、見せ方を工夫したりして、世間や自分自身と闘っていく。それは誰にでもあてはまることかもしれないけど、彼女たちを見ていると、自分も頑張らなきゃと、勇気をもらえるんです」

白井將人(しらいまさと)
ロックバンド「Halo at 四畳半」のベース担当。
これまでに4枚のCDを発表し、数々のロックフェスにも出演。
松井玲奈でアイドルにハマり、欅坂46はオーディション時から追いかけている

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171213-00010006-flash-ent

欅坂46
no title

no title

no title


欅坂46 平手友梨奈
no title

no title

【なぜ人は「欅坂46」にハマるのか 平手友梨奈は「自分という器を使って曲の世界観を全力で表現している」】の続きを読む