芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

ドラマ

日テレ


1: なまえないよぉ~ 2017/09/20(水) 12:02:27.74 ID:CAP_USER9
【お知らせ】
日曜ドラマ「愛してたって、秘密はある。」は地上波の放送で完結しています。
Hulu版は主人公のその後を描いた番外編です。
今回「本当の完結編」という表現をHulu版の一部告知で使用したことで誤解を招いてしまいました。
お詫びします。

ソース
ドラマ公式サイト(Huluへの誘導が酷いので注意)
http://www.ntv.co.jp/aishitetatte/spinoff/index.html

【【炎上】日テレが謝罪、秋元康企画ドラマ「愛してたって~」の「完結編はHuluで」に批判殺到】の続きを読む

真木よう子


1: なまえないよぉ~ 2017/09/16(土) 12:32:45.97 ID:JF8SJZQZ0● BE:322453424-2BP(2000)
真木よう子(34)の周囲が騒がしくなってきた。
 真木は、7月期の主演ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)のPRのためにと、ツイッターにアカウントを開設。〈(ドラマが)全話2桁取れたら…〉と全話10%超えでヌードになることをにおわせるなど、ファンとの交流を楽しんでいたが、視聴率は2桁には遠く及ばず3~4%台が続いた。
 「彼女の奮闘も実らず、ドラマは大コケ。打ち切りも検討される事態となってしまいました。今期ドラマでは完全な負け組です」(テレビ雑誌ドラマ担当)

 それでも、ツイッターを通したファンとの交流に大きな楽しみを見つけたようで、自慢の豊乳を強調したようなセクシーショットを連投するようになっていた。
 「今まで、どこかミステリアスで、その素顔がなかなかうかがい知れなかった彼女でしたが、ファンのツイートに誠実にリアクションを示し、あの胸が“天然Fカップ”であることも明かすなど、実は旺盛なサービス精神の持ち主であることが分かり、視聴率は振るわずともファンの拡大には間違いなく成功したのではないでしょうか」(芸能プロ関係者)

 そんな中、真木がファンに表明したのは、広く一般から資金を調達するクラウドファンディングを利用したフォトマガジンの制作と、12月開催のコミックマーケットへの参加だった。
 しかし、自費出版が原則のコミケへの理解を含めた批判が殺到。表明から3日後には参加を撤回し、フォトマガジンの制作自体も中止を発表。さらに、ドラマの撮影もキャンセルし、ツイッターのアカウントも削除と騒動が続き、事務所サイトに「軽率さを猛省」と謝罪文を出す事態にまでなってしまった。

 真木が1人で大騒ぎしたものの、よかれと思ったことがすべて否定されたような形だけに、本人も相当に落ち込んでいるのではと心配の声も上がっているが…。
 「写真集に関しては、すでに大手出版社が名乗りを上げており、ファンに直接、手渡したいという真木の思いも叶えられる見込み。これだけの騒動となったあとで、中途半端なものでは誰も納得しないだろうと、天然Fカップの釣鐘型バストのご開帳もほぼ確実で、本人はやる気満々。削除されたツイッターも間もなく再開するのでは」(同)

 真木のナイスなもくろみを本誌は全面支持します。

http://wjn.jp/sp/article/detail/7645251/

【真木よう子 ドラマは大コケ 開帳もほぼ確実】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/10(日) 19:49:49.67 ID:CAP_USER9
モデルのemmaが、13日に放送されるTBS系ドラマ『わにとかげぎす』の第8話(23時56分~)に出演することがわかった。emmaにとって今作がドラマ初出演となる。

CMや雑誌での活躍のほか、『A-Studio』(毎週金曜23時~/同局)アシスタントを務めるemma。
今作では、くりぃむしちゅー・有田哲平扮する主人公の富岡ゆうじと本田翼演じる羽田梓の未来を左右する重要な役どころである涼子役として登場する。

初めての連ドラ出演を振り返り、emmaは「分からないことだらけだったのですが、監督さんやプロデューサーさんがとても親身に分かりやすくお芝居について教えてくださり、本番を迎えることができました」と回顧。自身の演技については「とにかく一生懸命やったので、お手柔らかに見て頂きたいです」と呼びかけた。

一方、峠田浩プロデューサーは、emmaに対する「芯のしっかりとした女性でありながら、ミステリアスさも併せ持つイメージ」から涼子役をオファーしたことを紹介。「有田さんの膝がガクガクするほど影響を与える役です。楽しみにしてください」とアピールした。(modelpress編集部)

https://mdpr.jp/news/detail/1713320 
017.09.10 12:00 


no title

no title

no title

【モデルのemma、TBSドラマ「わにとかげぎす」で女優デビュー】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/07/19(水) 09:30:56.98 ID:CAP_USER9
 お笑いタレントの渡辺直美さんが主演を務める連続ドラマ「カンナさーん!」(TBS系、火曜午後10時)の初回が18日、15分拡大版で放送され、平均視聴率は12.0%(以下・関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」「カルテット」「あなたのことはそれほど(あなそれ)」といった話題作が続くTBSの「火曜ドラマ」枠での放送で、大ヒットを記録した「逃げ恥」の初回10.2%や前作「あなそれ」の初回11.1%を上回り、好スタートを切った。

 ドラマは、マンガ誌「YOU」(集英社)で連載された深谷かほるさんのマンガが原作。雇われファッションデザイナーとして働きながら、子育てや家事に奮闘するカンナの姿を描く。別の女性に心を奪われ浮気してしまうカンナの“ゲス夫”鈴木礼(れい)を要潤さん、礼の母親で、息子と孫の麗音(川原瑛都君)を溺愛するあまり、何だかんだと首を突っ込みカンナをいらつかせる鈴木柳子を斉藤由貴さんが演じ、工藤阿須加さん、山口紗弥加さん、トリンドル玲奈さんも出演もする。

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-00000001-mantan-ent

20170719-00000001-mantan-000-1-view[1]

【カンナさーん! 初回12.0%好スタート 渡辺直美主演TBS火曜ドラマ】の続きを読む

i9Q65

1: なまえないよぉ~ 2017/06/30(金) 10:21:22.27 ID:CAP_USER9
28日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)で、マツコ・デラックスが、映画やドラマの続編は不要だと苦言を呈した。

番組では、映画の続編に疑問を抱いた投稿者のメールが紹介された。投稿者は、1986年公開の映画「トップガン」の続編が制作されると知り、「なぜ今?」と思ったという。そこで、マツコと有吉弘行は映画の続編について議論を繰り広げる。

マツコは最近の作品が続編を意識して「ちょっとエンディング匂わせとくのが多い」「ヒットしたら『2作目作っちゃえ』という終わらせ方」「ドラマとかでそれやられると、本当に嫌」と嘆く。

このマツコの意見に、有吉も「バシッと終わらせてくれないと」と全面同意し、マツコは「続編なんかいらないよ」と断言したのだった。

http://news.livedoor.com/article/detail/13267765/ 
2017年6月29日 12時23分 トピックニュース 


【マツコ・デラックス 映画・ドラマの続編をバッサリ「続編なんかいらない」】の続きを読む