芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

テレ東

1: なまえないよぉ~ 2018/01/08(月) 07:57:01.77 ID:CAP_USER9
2018年1月2日放映のテレビ東京「池の水ぜんぶ抜く」は不定期に放送されているドキュメントバラエティ番組であり、今回は新年の3時間スペシャルであった。

筆者はこのシリーズを初めて見るが、「おもしろい」という評判はよく聞いていた。実際に視聴してみると、確かにおもしろい番組だ。水を抜くと色々な生き物が出てくる。dデカくて大量にいる魚・カメ・カエルの映像のインパクトはものすごい。

トカゲやウーパールーパーみたいな変わり種も出てくる。他方で在来種(大抵は外来種より小ぢんまりとしていて可愛らしい)が出てくると、ほっとするなど、見ている側にも起伏を起こしてくれる。

少し変化球の動物番組であるが、おもしろい番組ができたうえに外来種駆除にもなって社会貢献もできるとなれば、言うことはないではないか。

しかしながら、気にならないことがないわけではない。筆者が今回のオンエアを見て少し気になったのは、以下の3点である。

(1)前フリが長い

(2)過去の映像の紹介が長い

(3)番組の内容を煽るような演出が少しうるさい

「(1)前フリが長い」というのは、池を紹介したり、その池で問題になっているようなことを地域住民からインタビューしたりというような内容の映像である。それが長いのだ。「(3)番組の内容を煽るような演出が少しうるさい」というのは、「このあとどうなる!?」や「いよいよアリゲーターガーの姿が見える!?」といったテロップやナレーションが余計な演出になっており、うるさく感じる。

【参考】<視聴率競争で明暗>「フジテレビの凋落」と「テレビ東京の躍進」の理由

はっきり言ってしまえば、視聴者としてはそんな前フリや煽りなどはどうでもよい。さっさと池の水を抜いて何が出てくるかを見せて欲しいのである。それがこの番組のメインコンテンツでもあるはずだ。上記のような「周縁部」の映像は、最低限で良い。

これらが長くなってくると、肝心のメインコンテンツの方に撮れ高がなかったから「周縁部」を増やして尺を埋めようとしているのではないか、煽りのテロップやナレーションで内容のつまらなさを糊塗しようとしているのではないかという邪推さえ働いてしまう。

「(2)過去の映像の紹介が長い」に関しても、たまたま筆者は全てが初見なので新鮮な気持ちで見ることができた。しかし、毎回それを繰り返しているようであれば、番組を追いかけているファンほど突き放してしまうことになるだろう。

この番組は通常放送はしておらず、不定期に特番としてやっているわけだが、人気が出たとしても現在の不定期放送を維持した方が良いだろう。人気が出たという理由だけで通常放送に移行してしまうと、毎週1時間分の映像を作る必要があるので、ネタ切れが加速するはずだ。

今回の放送ですら、すでに前フリや過去映像で尺を稼ぐ兆候が出ていたので、通常放送の開始による負担増は番組としての死を早めるだけである。質を維持するのであれば、いい「ネタ」がとれたときだけに不定期に放映するぐらいのスパンでちょどいいだろう。

特にこの番組は、NHKの動物番組と違って動物の様子を長期間にわたって追っているわけでもないので、エサを食べたり繁殖行動に出たりといった動物の「動き」はほとんど映像に納められない。池からその動物が出てきた時のインパクトが全ての「出オチ」のような番組である。コイやソウギョやブラックバスやブルーギルといった「よく出る」動物ばかりだとあっという間に飽きが来てしまう。

通常放送化した結果、ネタが切れて終了した番組は数えきれないほどある。タチが悪いと、ネタ切れを防ぐためにネタを捏造し始める(その場合も、結局は捏造がバレて番組が終わってしまうのだが)。

まさかこの番組で捏造をやることはないとは思うが、インパクトのある映像を捏造するために事前にコッソリ池に珍しい動物を仕込むようなことは決してやって欲しくない。そうやって消えていった番組は少なくない。

捏造をしたくて番組を始める作り手はいないと思うので、環境が彼らを追い込むのである。前述のように、無理せずにおもしろい画が撮れた時にだけ番組をやるということでいいだろう。

高橋維新[弁護士/コラムニスト] 

* * * 

https://news.infoseek.co.jp/article/mediagong_24754/


no title

【テレ東「池の水ぜんぶ抜く」不定期放送でもネタ切れwwwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/31(日) 16:38:37.14 ID:CAP_USER9
30日放送の「俺のこと知ってる!?イン・ザ・ワールド」(テレビ東京系)で、デヴィ夫人のひと言により企画が続行できなくなった。

番組企画は、自分を知っている人を夜12時までに見つけ、宿泊させてもらうというもの。もし、見つけられなかった場合は野宿をすることに。デヴィ夫人がインドネシアでこの企画に挑むことになったのだが、事前インタビューでは、夫である故・スカルノ氏が初代大統領を務めていたこともあり自信満々な様子だった。

しかし、現地でデヴィ夫人を知る者はなかなか現れず、徐々に不機嫌になる。やがて夜になり、スタッフが「(知ってる人)見つからなかったら野宿…」と切り出すと、デヴィ夫人は「話が違う!」「『私のこと知ってるか』っていうことでしょ?別に宿を探しているわけじゃないんですよ、この番組」と逆ギレしたのだ。インドネシア出発前に企画趣旨を説明していただけに、スタッフはとりあえず謝罪したものの、「夫人、この企画分かってるんだよね…」とこぼした。

その後、一行は首都・ジャカルタ中心部から30分ほどの距離にあるチキニ市場を訪問。ようやく、デヴィ夫人を知る年配者が現れた。だが、スタッフが宿泊交渉を促すも、デヴィ夫人は「みなさん、絶対遠慮すると思うんで。(インドネシアでは他人を家に泊めることは)絶対有り得ないことなので」と企画を全否定したのだ。

こうして、企画を続行できなくなったスタッフは夫人の旅行に付き合わされることになる。デヴィ夫人はロケとは関係ない予定を勝手に入れており、スタッフはセレブの社交界の様子を撮影させられた。

2017年12月31日 12時11分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14101571/

写真
no title

【<デヴィ夫人>テレ東企画に逆ギレ!海外ロケで企画を続行できなくなる事態に...】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/25(月) 17:01:18.49 ID:CAP_USER9
テレ東「池の水」ついに中川環境大臣から感謝「ありがたい」異例の収録現場訪問、淳&田中らと対面


テレビ東京の人気シリーズ「池の水ぜんぶ抜く」の第6弾「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦6~
今年も出た出た!正月3時間スペシャル~」(来年1月2日後5・55)の収録が25日、
東京・日比谷公園で行われ、中川雅治環境大臣(70)が異例の現場訪問。
MCのロンドンブーツ1号2号・田村淳(44)ココリコ・田中直樹(46)らと対面し
「環境省としても外来種問題に取り組んでいるので(番組の存在は)ありがたい」と感謝した。

池の水を抜くだけの異色番組。今年1月15日に第1弾が放送され、第3弾(6月25日放送)で
千葉県習志野市長から直々に依頼が舞い込むなど、回を重ねるごとに話題に。
第5弾(11月26日)は平均12・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と自己最高を叩き出した。
今年1月にスタートしたばかりだが、第6弾は正月特番に。今やテレ東の看板番組の1つに成長した。

外来種を駆除して生態系を整えるなど、池の環境保全にも貢献。社会的な反響も大きい。
伊藤隆行プロデューサーが環境専門ビジネス誌「日経エコロジー」(日経BP社)12月号に登場。
国立環境研究所・五箇公一氏と異例の対談を行うなど、いちバラエティー番組を超えた広がりに
なっているが、今回、ついに環境大臣から感謝されるまでになった。

中川大臣は正月スペシャルの冒頭に登場予定。また、正月スペシャルのロケには環境大臣政務官の
笹川博義氏と環境省の職員らが参加し、田中と平野ノラ(39)とともに埼玉県草加市長から
直々に依頼のあった「そうか公園の池」の水抜きに挑戦したという。

伊藤プロデューサーは「環境大臣がいらっしゃったことで、日本の生態系が深刻になっていることを
より一層、感じました。ただのバラエティー番組ではなくなってきたと感じています」と話した。 [ 2017年12月25日 14:45 ]

スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/12/25/kiji/20171224s00041000124000c.html
テレビ東京「池の水ぜんぶ抜く」の収録現場を訪れた中川雅治環境大臣(中央) Photo By スポニチ
no title

【テレ東「池の水ぜんぶ抜く」に感謝「ありがたい」 中川環境大臣が異例の収録現場訪問、淳&田中らと対面】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/10(日) 10:36:23.47 ID:DQ9fz+n/0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
東京・新宿ゴールデン街で壁の落書きぜんぶ消す テレ東で新企画

『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』が社会現象となったテレビ東京「日曜ビッグバラエティ」枠で新企画
『ニッポン激ヤバ地帯を大掃除!坂上忍のピカピカ団』がきょう10日(後7:54~9:54)に放送される。
番組では、10月中旬ごろ、監視カメラに映った犯人らの卑劣な犯行が各ニュース・ワイドショーをにぎわせた、
東京・新宿ゴールデン街で「壁の落書きぜんぶ消すプロジェクト」を敢行。その数、全46ヶ所の大掃除となった。

no title


no title

no title


http://news.livedoor.com/article/detail/14008548/

【テレ東新企画 次は「壁の落書きぜんぶ消す」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/11/27(月) 09:41:29.81 ID:CAP_USER9
26日に放送されたテレビ東京の人気シリーズ「池の水ぜんぶ抜く」の第5弾、日曜ビッグバラエティ
「緊急SOS!史上最大の池に異常発生!怪物1万匹!?池の水ぜんぶ抜く大作戦5」(後7・54~9・54)が
平均12・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率を記録したことが27日、分かった。
第4弾の11・8%を上回り、またも自己最高をマークした。

 池の水を抜くだけの異色番組。今年1月15日に第1弾が放送され、第3弾(6月25日)で千葉県
習志野市長から直々に依頼が舞い込むなど、放送を重ねるごとに話題に。第5弾は初の大阪ロケを敢行し、
以前から番組に関心を持っていた俳優・小泉孝太郎(39)が志願参戦。シリーズ史上最大となる
10ヘクタール(東京ドーム約2個分)の面積を誇る“超巨大池”大阪・山田池公園(枚方市)などの
水抜きにチャレンジした。

 評判は視聴率にも反映。第1弾(1月15日)=8・3%、第2弾(4月23日)=8・1%、
第3弾(6月25日)=9・7%と徐々に数字を上げ、第4弾(9月3日後7・54~9・54)は
シリーズ最高&初の2桁となる11・8%。裏番組のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜後8・00~8・45)の
11・3%も上回る“快挙”となった。

 外来種の駆除などを行い、池の環境改善を図ることから、社会的な反響も呼んでいる。同局の伊藤隆行
プロデューサーが環境専門ビジネス誌「日経エコロジー」(日経BP社)12月号に登場。国立環境研究所・
五箇公一氏と異例の対談を行うなど、いちバラエティー番組を超えた広がりになっている。

 第6弾は来年の正月特番に。初の3時間スペシャル「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜きましておめでとう
2018」で、卑弥呼が眠るといわれる箸墓古墳(奈良県桜井市)などが舞台になる。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000088-spnannex-ent
no title

【【視聴率】テレ東「池の水ぜんぶ抜く」第5弾は12・8%!また自己最高】の続きを読む