芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

テラスハウス

    このエントリーをはてなブックマークに追加
net_ijime_woman

1: なまえないよぉ~ 2021/12/28(火) 12:35:56.73 _USER9
フジテレビの番組「テラスハウス」に出演していたプロレスラーの木村花さんが、SNS上でひぼう中傷を受ける中、亡くなった問題で、東京地方裁判所はフジテレビに対し、放送済みの番組の録画や、制作のスケジュール表などを証拠として提示するよう命じました。

シェアハウスでの共同生活を記録するフジテレビの番組「テラスハウス」に出演していたプロレスラーの木村花さんは、去年5月、SNS上でひぼう中傷を受ける中、亡くなりました。

母親の木村響子さんは、番組を制作したフジテレビや制作会社に対して損害賠償を求める訴えを起こす予定で、提訴に先駆けて、番組の企画書や台本、未放送分を含む映像などを証拠として調べるよう、東京地方裁判所に申し立てました。

フジテレビは「未放送の映像は存在しない。放送済みの映像も、開示を認めれば表現行為を萎縮させるうえ、出演者たちは裁判で利用することに同意していない」などとして拒否していました。

響子さんの弁護士によりますと、これについて裁判所は今月24日、放送・公開済みの番組の録画と事前予告動画、収録や編集に関するスケジュール表、それに視聴者からの反響や視聴率などについて提示を命じる決定をしたということです。

一方、企画書や未放送の映像はフジテレビのもとにあることが確認できないなどとして、提示の義務はないと判断されました。

「テラスハウス」録画など フジテレビに提示命じる 東京地裁
2021年12月27日 23時40分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211227/k10013407001000.html


【東京地裁、「テラスハウス」番組録画やスケジュール表などをフジテレビに提示命じる フジテレビはこれまで拒否していた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
saibanchou_no_gavel

1: なまえないよぉ~ 2021/12/16(木) 17:49:02.54 _USER9
 フジテレビの恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演したプロレスラー木村花さん(当時22)が命を絶った問題で、母親の響子さんが、来年にもフジテレビと制作会社に対し損害賠償を求める訴訟を起こす方針を明らかにした。16日に東京都内で会見し、「多くの人の人生を狂わせる番組だった。出演者の人権が守られていたのかを裁判で明らかにしてほしい」と話した。

 花さんは昨年放送された番組をめぐってSNSで匿名の中傷を相次いで受け、自殺した。弁護団によると、中傷を受けるきっかけとなった番組の制作で、過剰演出や出演者をおとしめる意図的な編集があったかが裁判での主な争点になるという。花さんが精神的に不安定になっていたのに番組放映に踏み切った両社の対応も追及する。

 また弁護団は、両社が保管する未編集動画や企画書、台本などの証拠保全を東京地裁が認めたことも明らかにした。ただ、両社は「職務上の秘密」として、保全した証拠を地裁に提出することを拒んだという。弁護団は今後の訴訟で、証拠提出を地裁が命じる「文書提出命令」を出すよう地裁に申し立てることも検討している。伊藤和子弁護士は「娯楽番組のために一人の命が奪われることが今後ないように、全ての動画を明らかにして社会的責任を追及したい」と話した。

 フジテレビは証拠保全について「適切に対応する」とし、制作会社は「係争中につきコメントを控える」としている。

 この問題をめぐっては、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会が3月、番組について「放送倫理上の問題があった」と認定した。花さんをSNSで中傷した投稿者については、警視庁が侮辱容疑で書類送検し略式命令を受けている。(村上友里)

朝日新聞デジタル 12/16(木) 16:25

朝日新聞社
https://www.asahi.com/articles/ASPDJ4TP0PDJUTIL019.html
フジテレビなどを提訴すると会見で明かした木村響子さん(中央)=2021年12月16日午後3時16分、東京・霞が関、村上友里撮影
https://i.imgur.com/qVdS9TA.jpg

【テラハ出演の木村花さん自殺、母親が真相求めフジテレビなど提訴へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/03/30(火) 20:17:11.56 _USER9
フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演していたプロレスラー木村花さん=当時(22)=が死去した問題で、東京区検は30日、ツイッターに誹謗中傷する内容の投稿をしたとして、侮辱罪で大阪府の20代男性を略式起訴。東京簡裁は科料9千円の略式命令を出した。

起訴状によると、昨年5月14日~22日ごろ、木村さんのツイッターに「性格悪いし、生きてる価値あるのかね」「いつ死ぬの?」などと匿名で8回書き込み、木村さんを侮辱したとしている。

木村さんは昨年5月23日に東京都内の自宅で倒れているのが見つかり、死亡が確認された。警視庁は状況から自殺とみている。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/94778

2c282_1223_1edc3b65_a6c731a6

【テラスハウス 木村花さん中傷 侮辱罪で20代男性に科料「9千円」略式命令】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/31(金) 19:04:23.58 _USER9
 Netflixとフジテレビ系で放送された恋愛リアリティー番組「TERRACE HOUSE TOKYO 2019―2020」に出演した女子プロレスラーの木村花さんが視聴者らから誹謗(ひぼう)中傷を受けた後に亡くなった問題で31日、同局は番組についての検証報告の結果を同社の公式サイトで発表した。

 報告書によると、担当者は同社内関係部門を横断するメンバーを選任。検証では、木村さんが出演し男性共演者に対しての振るまいがきっかけで誹謗中傷を浴びることになった第38話の制作、配信、放送に関わる経緯を中心に、関係者の聞き取りを行い、関連する記録、資料等の確認を行ったという。聞き取り調査を行ったのは、制作現場に関わる制作スタッフ、技術スタッフ、出演者、木村さん所属事務所ら計27人。

 その結果、一部で報じられた過剰な演出などの「やらせ」については確認されず。「いずれの場合についても、専ら制作側が判断すべき事項を除き、出演者の意思に基づいており、出演者の意思に反して指示、強要するようなことは確認されませんでした」としている。

 SNSの炎上についての認識および対応については、出演者全員に対して、SNSの使用上の心構えを説明し、アドバイスをしていたという。そのうえで、「複数の制作スタッフが、すべての出演者のSNS(ツイッター、インスタグラム)をフォローし、確認していました」と説明。しかし、本人だけが閲覧可能なDM(ダイレクトメール)については、「制作側は出演者から相談を受けた場合を除いて、その内容を知ることができませんでした」という。

 5月23日に木村さんが亡くなる数日前まで、スタッフは木村さんとコンタクトをとり“心のケア”をしていたという。しかし、「この点については、木村花さんへのケアの在り方、健康状態についての認識について、制作側としても、結果的に至らぬ点があったものと考えております」とした。

 同局の対応に納得できない木村さんの母で元プロレスラーの木村響子さん(43)は、BPO(放送倫理・番組向上機構)に、審議を申し立てる書類を提出済み。その件については、「放送人権委員会にご遺族から申し立てがなされており、今後、真摯(しんし)に対応してまいる所存です」としている。

7/31(金) 18:13
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200731-00010044-chuspo-ent
20200712003

【【仲間内の聞き取りだから白】フジテレビ「テラスハウス」”やらせ”は否定 木村花さん死去を受け検証報告を発表「出演者の意思に反して指示、強要はない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/14(火) 09:25:17.08
『テラスハウス』(フジテレビ系/Netflix)に出演していたプロレスラー・木村花さん(享年22)が、SNSでの誹謗中傷を受けて自ら命を絶った。花さんが追い詰められた背景には『テラハ』制作側による出演者への過剰な演出、強要があったとの報道を受け、フジテレビは社内調査を実施。その結果、7月3日の定例会見で「出演者へのお願いや提案はあったものの、感情表現を捻じ曲げるような指示は出していないということでございます」と、“ヤラセ”疑惑を完全否定した。

 フジの公式見解について、民放関係者は事情をこう明かす。

「確かに、社内調査では局員が“ヤラセ”を否定していましたが、そもそも『テラハ』の制作の大部分を請け負っているのは、外部の制作会社とそのスタッフです。泊まり込みも多い撮影なので、フジの社員は現場に行かない日もあると聞きます。なので、社内の関係者に聞き取りをしたところで、真相はわからないはずです」

『テラハ』は今後、放送に関する倫理や問題を検証するBPOの案件になる可能性もあるという。

「フジが第三者委員会を立ち上げず、社内調査だけで済ませたことをBPO関係者は問題視しています。亡くなった木村さんの母・響子さんや、出演者の小林快さんからも過剰な演出を暴露されていますし、世論の批判も高まる中で、BPOの審議対象になるのも時間の問題でしょう」(民放関係者)

『テラハ』は、以前から問題の多い番組だった。『週刊文春』(文芸春秋)は2014年、当時出演していたグラビアアイドルの筧美和子が、スタッフから「バスト鷲掴み」などのセクハラ行為を受けていたことを伝えた。さらに2015年には、出演者で元タレントの松川佑依子が、セクハラ被害と“ヤラセ”を示唆する告白をした末に芸能界を引退している。

『テラハ』の問題体質は、なぜここまで野放しになっていたのだろうか。

「2012年にスタートした『テラハ』は、視聴率が良かったことや、トヨタが大スポンサーとして資金を投入していたこともあって、フジとしてもスタッフの問題行動を見て見ぬ振りをしていたんです。その結果、制作会社の社員が完全に現場を仕切って、フジの社員も口出しできない状況が作り出されてきました。もちろん、フジの管理責任も厳しく問われることですが、外注のスタッフが暴走してもフジは止める手立てがなかったというのが実情なのでしょう」(前出の民放関係者)

 しかし、横柄なスタッフを野放しにしたツケは、出演者へ回ってしまっていた。

「『テラハ』には、名前を売って大成したい若い出演者しかいません。純粋に恋愛がしたくて番組に出る人間なんて皆無です。スタッフは、そんな出演者たちを見下しているところもあったと思います。中には、『お前らの代わりなんていくらでもいるから』と日常的に恫喝されていた出演者もいたようです」(同)

 さらに、とある人気番組がきっかけとなり、『テラハ』の“過剰演出”が常態化していったという。

「『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、安田大サーカスのクロちゃんが参加したパロディ企画『モンスターハウス』が、『本家より面白い』と人気になりました。あれが『テラハ』の制作陣に火をつけてしまったんです。『モンスター』で大人気だったクロちゃんの鬼畜っぷりに負けてはいられないと、本家の演出もどんどん過激化。しかも、2015年からはNetflixでの配信がメインで地上波放送はオマケ程度になったので、よりエスカレートしていきました」(同)

 パロディの『モンスターハウス』の方がよっぽど健全だったなんていうオチは、到底笑えるものではない。今年度は赤字も噂されるフジテレビはネットに活路を見出していくようだが、こんなお粗末な番組しか作れないようでは、未来はないと言えるだろう。

2020/07/14 09:00 サイゾー
https://www.cyzo.com/2020/07/post_246782_entry.html
20200712003

【『テラスハウス』BPO審議入りの可能性…外部スタッフのセクハラも“野放し”にしたフジの重大責任】の続きを読む