芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

タモリ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
111

1: なまえないよぉ~ 2018/10/06(土) 17:03:18.22 ID:CAP_USER9
 8月22日に73歳を迎えるタモリが、専門家顔負けの見識を発揮する町歩き番組『ブラタモリ』(NHK)。2018年3月まで約2年間、アシスタントを務めていたのが天然キャラの近江友里恵アナ(30)だ。


「佐渡」の回(2016年9月3日放送 佐渡~“黄金の島”佐渡は“キセキの島”~)の案内人で、佐渡金山に勤めるガイド・石川喜美子氏から見た2人は、まさに親子のようだった。

「『金脈の近くに多い植物』をクイズで出しても、タモリさんは『シダが目につくんだよな』とすぐ察しちゃう。タモリさんは山師に向いています(笑)。洞察力がすごい。鉱物について知識のない近江さんは全然わかってない感じで。タモリさんが優しく説明してあげるのが、微笑ましかったですね」

 人が金鉱脈を掘ったために山が割れた名所「道遊の割戸」ではこんな一幕が。

「後ろに山が見える場所で、タモリさんに振り返ってもらったんです。タモリさんは『おお、これが道遊の割戸か!』とおっしゃって。事前に誰かから聞いて、この名所をご存じだったんでしょうね。何も知らないで見てもらって驚かせたかったんですけど、かなわなくて残念です」

 2018年4月から5代目の女子アナとしてタモリを支えるのが林田理沙アナ(28)。東京藝大大学院修了、専門はショパンを中心とする音楽史だった。

「お嬢様学校の湘南白百合学園高校で『お嬢』というあだ名で呼ばれていた」(知人)という筋金入りのお嬢様。

「タモリは初対面で『近江アナ系だね!』と、天然ボケキャラを見抜いたそう(笑)。『とにかく仕事をするな』とアドバイスされ、『寺の鐘の分析で、絶対音感を生かしたい』と返したとか」(NHK関係者)

 初任地の長崎放送局では原爆忌の取材に関わり、いまでも被爆者と親交を重ねているという社会派の顔も持つ。

『ブラタモリ』の前任者は『あさイチ』の近江アナ、その前は『ニュースウオッチ9』の桑子真帆アナ(31)。出世番組から、大きく羽ばたく。

(週刊FLASH 2018年9月4日号)

10/6(土) 11:01配信 SmartFLASH
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181006-00010002-flash-ent

【『ブラタモリ』林田アナにタモリが『仕事するな』とアドバイス】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/05/12(土) 22:35:17.71 ID:CAP_USER9
度々問題視される芸能人の「タメ口」だが、許容される人とそうでない人がいるようだ。
現時点では後者だとみられるのが、新進気鋭のガールズバンド「CHAI」だ。

2018年5月11日放送の音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)で、司会のタモリさん(72)にタメ口をきいたとしてネット上で波紋が広がり、一時ツイッターの「トレンド」入りしたほどだ。

「あのね...」
この日、「3週連続初登場企画」の枠で出演した「CHAI」は、双子の姉妹を含む4人組のニュー・エキサイト・オンナバンド。
「NEOかわいい」をコンセプトに掲げ、若い女性やミュージシャン、海外でも注目を集める存在だ。
番組では、女優の吉岡里帆さんや歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんも曲の世界観を絶賛していると紹介された。

波紋を広げたのは、タモリさんとのトークでの、コンセプトの「NEOかわいい」に関する質問への答えだ。

「あのね、NEOかわいいっていうのは、CHAIがそもそも4人ともすっごいコンプレックスが多くて、見ての通り全然完璧じゃないの。コンプレックスってみんな持ってるもので、コンプレックスはその人の個性でその人にしかないし、でもそれをすごくかわいいと思っていて。だからかわいくない人なんていないと思ってる。そう。だからそれを『NEOかわいい』って言って、みんなをかわいいって言いたいの」
その他のメンバーも、説明に「そう」「そう」と口々に同意した。

フランクな口調に驚いた視聴者もいるようで、ツイッター上などには

「タモさんにタメ口...」
「タメ口とか引くわ」
「ありえない」
など、嫌悪感を顕わにするコメントも投稿された。一方で擁護派も多く、

「あれが普段のスタンス」
「chaiのタメ口ってキャラじゃね?」
「別によいではないか」
といった理解を示すコメントがファン以外からも寄せられた。

パフォーマンスを含め話題となったCHAIは、一時ツイッターのトレンド入りをするほど大きな反響を呼んだ。

こうした議論の中であがっているのが、「○○はいいのに?」「△△も使ってる」といったタメ口芸能人の名前だ。
もちろん、タメ口が定番化した芸能人でも批判的な意見はなくならないが、世間的に許容されているような人物がいるのも事実だ。

「ローラは愛嬌があるからタメ口でも許せるけど、他のタレントはイラッとくる」
だが、今回のCHAIはこうしてひんしゅくを買っている。
その差はなんだろうか。
まだ知名度がなく、「タメ口キャラ」と認識されていなかったためかもしれない。
しかし、「ハーフタレント」や「おバカキャラタレント」同様、ミュージシャンの中にもタメ口ユーザーは目立つ。

実はこういった議論は「古くて新しい」とも言える。
女性自身は17年8月、「ローラはOK?許せるタメ口と許せないタメ口の違いに論争勃発」と題した記事をウェブサイトに掲載し、タレントのローラさん(30)のタメ口について分析。
その中では、

「ローラは愛嬌があるからタメ口でも許せるけど、他のタレントはイラッとくる」
「タメ口でも相手を尊重してる感じがあれば腹は立たない」
といった声が紹介されている。

なお、CHAIは同日深夜放送の音楽番組「バズリズム」(日本テレビ系)でも、「元気だよ~」「超うれしい」「(反響)めっちゃあった」など、タメ口でトークを繰り広げていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/14705318/

CHAI
no title

no title

【Mステ初登場ガールズバンドのCHAI、タモリにタメ口で物議】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/02/23(金) 09:44:50.66 ID:CAP_USER9
テレビ番組に欠かせない“名司会者”の存在。番組の趣旨を的確に視聴者に伝え、ゲストの個性を引き出すMCの役割は、培ってきた人生経験が如実に反映される。ORICON NEWSでは恒例の『第10回好きな司会者ランキング』を今年も発表。記念すべき10回で1位となったのはベテラン司会者の【タモリ】。意外にも(!?)今回が初の首位獲得となったタモリだが、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)終了から4年が経ち、さらなる番組出演を待ち望む、“視聴者の渇望”が如実に反映される結果となった。


■初の1位獲得! 自然体の美学と博識ぶりでタモリブランドは衰え知らず

 2年連続2位を経て、大御所【タモリ】が初の1位に輝いた。イグアナのモノマネなどの“密室芸”で芸能界入りし、1982年から2014年まで『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で32年にわたって“お昼の顔”として君臨。だが、その影響力は落ちることなく、むしろ限られたテレビ出演に“タモリブランド”の希少価値が高まった様子。

 実際に『ブラタモリ』(NHK総合)は2016年6月4日放送の「伊勢神宮」回で番組歴代最高視聴率の18.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を筆頭に、15%以上の高視聴率を連発。タモリは全国津々浦々まで訪ね歩き、どの場所でも地元民以上の情報まで知り尽くす博識ぶりを披露している。そんな功績もあり昨年、同番組は『第68回NHK放送文化賞』を受賞。4月からは5代目アシスタントとして東京芸大卒の林田理沙アナが参加するのも話題だ。林田アナは2月21日の会見で「タモリさんからは『仕事をするな』と。普段どおり、肩の力を抜いてやればいい」と助言を受けた。その言葉からも、焦らず力まずに自然体を大切にするタモリの生き様が透けて見えるようだ。

 そんな軽妙洒脱の趣味人でもあるタモリは「鉄道」「ジャズ」「坂道」などに造詣が深く、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)でその好事家としての知性を発揮。だが、必ずそこにユーモアを交えて語り、押しつけがましくならないのも人徳と年輪のなせる技だろう。『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でも、アーティストを相手に一歩引いたような視点から冷静な司会進行をしているが、「安心感がある。どんな人や話題にも対応できる」(福岡県/50代/男性)と高評価。落ち着きのある姿勢に「飄々としていながら、時折ユニークで、人を悪く言わないから」(兵庫県/40代/女性)、「とても博学で話を聞いていると勉強にもなるし、コミカルで面白い」(岡山県/20代/女性)と老若男女から支持されている。昨年の特番出演は『NHKスペシャル シリーズ人体 神秘の巨大ネットワーク』程度だが、視聴者はさらにメディアに登場する機会を待ち望んでいる。

>>2以降に続きます
意外? タモリが初の『好きな司会者ランキング』1位獲得 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00000337-oric-ent
no title

【意外? タモリが初の『好きな司会者ランキング』1位獲得】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: なまえないよぉ~ 2017/11/03(金) 21:17:55.96 ID:CAP_USER9
 NHKスペシャル「人体」(全8回)の第2回(5日後9・00)で、タレント橋本マナミ(33)のカラダが最先端映像を駆使して徹底解剖されることになった。タモリ(72)と京都大の山中伸弥教授(55)が司会を務め、話題のシリーズ。MRI(磁気共鳴画像装置)でスキャンした橋本の全身の映像で番組が進められ、タモリは「丸裸以上」と大興奮だ。

 今回のテーマは「脂肪と筋肉」。橋本は京大で、従来よりも画像情報が多いMRIで全身のスキャンに臨んだ。これが世界最先端の映像化技術を持つドイツの複合企業・シーメンス社に送られ、珍しい映像が出来上がった。

 番組では「通常はMRIで患者の病気の部分しか撮影しないので、健康な人の全身スキャンはその時点で貴重。その全身データを基に、筋肉や脂肪の様子を映像化したのは初の試みとなります」と説明し、世界初の映像化としている。

 スタジオでは「ハリウッドの映画製作で使っているCG技術を医療データの可視化に応用した技術」(番組関係者)を駆使して、橋本の全身のデータを使い、筋肉、脂肪、臓器を色づけして分かりやすく紹介。身長1メートル68、体重56キロの橋本の筋肉が21キロ、脂肪が18キロで定説の「体重の7割が筋肉と脂肪で占められている」を裏付け、スタジオを沸かせた。

 タモリは「体の中だからね。丸裸以上。ここまで見ちゃっていいのか?」とビックリ。「脂肪は細胞にとりつくんじゃないかと思っていました。そうじゃない。脂身じゃなくて臓器なんですね、これは」と橋本のデータを見て感心した。浅井健博プロデューサーは「脂肪と筋肉がほどよくついている健康的な体形の方に依頼したいと考えておりました。橋本さんは自身の体について大変強い関心をお持ちで、快く引き受けていただきました」としている。

 橋本は「こんなにリアルに体内が見えるなんてビックリしました。脂肪も多いんですけど、筋肉も、女性にしてはしっかりついているって褒められました」と貴重な体験を喜んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171103-00000086-spnannex-ent

【【録画予約必須】タモリ大興奮 橋本マナミの全身スキャンMRI映像「丸裸以上」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
tamoriclub


1: なまえないよぉ~ 2017/09/16(土) 18:49:42.53 ID:CAP_USER9
15日深夜放送の「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)で、タモリが、地下鉄車内での過ごし方を明かした。

番組では、「今明かされる地下鉄路線図の真実(都営版)」と題し、都内の地下鉄路線図をデザインした大西幹治氏が地下鉄路線図のポイントを解説した。

その際、進行役でタモリ電車クラブ会員の土屋礼央が「地下鉄って普段乗られるんですか?」とタモリに質問する。タモリは「地下鉄乗りますね。
下町散歩に行こうかっていうときに」と答え、具体的には北千住や錦糸町、青砥などに行くというのだ。

またタモリは、電車内での自身について「こうやって(普通に座って)乗ってるとよくないんですよ」と明かす。芸能人だとバレてしまい、他の乗客に顔を見られてしまうそう。

そこでタモリは、顔を見られることを避けるために読書をしていると説明する。
タモリいわく「あの中でちょっとした本を読んでいると、ものすごいいい空間なんですよ」「適当な音と。動く図書館」なんだとか。タモリ流地下鉄内での過ごし方に共演者は聞き入っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13621792/
2017年9月16日 17時35分 トピックニュース

【タモリが明かす地下鉄車内での楽しみ方「ちょっとした本を読む」】の続きを読む