芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

セーラームーン

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/08(金) 08:26:52.84 _USER9 BE:764063313-2BP(0)
 声優の三石琴乃が、劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」(前編=8日・後編=2月11日公開、今千秋監督)でスーパーセーラームーン/月野うさぎ役で主演を務める。シリーズにとって、劇場版「美少女戦士セーラームーンSuperS セーラー9戦士集結!ブラック・ドリーム・ホールの奇跡」(95年12月)以来、約25年ぶりの銀幕。92年のアニメ版からセーラームーンを演じ続ける三石に、今作への思いを聞いた。(増田 寛)

 四半世紀ぶりに劇場に帰ってきた「美少女戦士セーラームーン」シリーズ。1992年に放映された第1作品「美少女戦士セーラームーン」から29年間、主役を張り続けた三石は「原作のボリュームが多い中、映画の限られた尺の中にドラマ性を持ってギュギュッと収まりました。大スクリーンでセーラー戦士が活躍する姿を見られるのはとても楽しみにしていました」と目を細める。

 武内直子さんの人気コミックを原作に、テレビアニメ版も大ヒットした伝説の作品。運命に導かれ、愛と正義のために変身する美少女戦士たちを描く内容は、多くのファンに支持され続けている。96年に「美少女戦士セーラームーンセーラースターズ」で一度、シリーズに区切りをつけたが、14年の「美少女戦士セーラームーンCrystal」で、三石以外のキャストを一新し復活した。「―Eternal」は「―Crystal」の続編となる。

 90年代シリーズの終了で、三石は「私の表現で言えば、役を引き出しにしまいました。ずっとしまい込む感覚です」。また引き出しから「スーパーセーラームーン/月野うさぎ役」を持ち出すのには、若干の迷いもあったという。

 「数日ちょっと考える時間が欲しいと思いました。気持ちの上ではやりたいし、やれると思うが、月日がたっているので、私は生身の人間ですので、年齢的にも積み重なったものがある。それがやっぱりセリフに乗っかってしまうので。でも、いけると自分で覚悟を決めて、オファーを受けました」

 キャストやスタッフと、アフレコ前に会話することで、キャラクターの声がよみがえってくるようで、「やっぱり気持ち。気持ちをしっかり持っていればキャラクターになれます。今回と90年代の作品はタイトルは同じこそ、別次元の別作品だと思っています。原作順守だし、新たなスタッフと新たな世界を作っていきたいと思いました」。

 コロナ禍の影響で昨年9月に公開を予定していた今作だったが、年をまたいでの公開に延期となった。今年2月に公開の後編も、アフレコに影響が出た。

 「全員集合してのアフレコはなかったです。会話をしてるキャストとスケジュールを組んでもらって。全員がそろっていれば、順番に撮ることができて、気持ちを作ることができます。でも、(バラバラに撮っていく)抜き撮りだと、自分の出てるシーンをパズルのように空いてるシーンを声で埋めるので、気持ちの作り方も違ってきます」

 コロナ禍で収録形式も変わったが、25年でファンからの声援も変わった。「イラストとか、小さい子から『将来セーラームーンになりたいです』とお手紙が届きました。幼稚園や保育園の子がセーラームーンごっこをしていたりとか、駅でお母さんの手を引っ張りながら『今日はセーラームーンがあるから早く帰るの!』っていうのを聞いたりして実感してました」

 現代はSNSでオンタイムで返ってくるため、「今は話題になるならないが、その瞬間に分かるのがすごいです。昔も海外からファンレターは来てましたけどね。でも1年遅れだったりしてました」。自身のツイッターには英語で応援のコメントが来るようで、「まさに世界のセーラームーンですね」と胸を張った。

1/8(金) 8:01 
スポーツ報知 

三石琴乃は“永遠の月野うさぎ”…25年ぶり銀幕セーラームーン、若干迷ったオファー受けた覚悟とは 
大スクリーンでセーラー戦士の活躍を見られるのは楽しみと語る三石琴乃(カメラ・頓所 美代子) 
https://news.yahoo.co.jp/articles/fb6e7d8f4a97e1f098fa8d88d70c92d2618c24c1
no title 【三石琴乃さん、“永遠の月野うさぎ”…25年ぶり銀幕セーラームーン、若干迷ったオファー受けた覚悟】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/05(木) 18:51:40.61
乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」2019のメインビジュアルが公開された。

宝石のようにキラキラと輝く星々の中で、新たなセーラー5戦士がそろった幻想的なビジュアルとなっている。

今回もすべての公演で、終演後にスペシャルライブショーを開催。前回と同様に、ダンスナンバーを含めた全6曲を披露する。(modelpress編集部)

■乃木坂46 版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」2019

【公演日程】
東京公演:2019年10月10日~10月14日 TOKYO DOME CITY HALL
上海公演:2019年11月22日~11月24日 上海美琪大戯院(MAJESTIC THEATRE)

【出演】
セーラームーン/月野うさぎ 久保史緒里(乃木坂46)
セーラーマーキュリー/水野亜美 向井葉月(乃木坂46)
セーラーマーズ/火野レイ 早川聖来(乃木坂46)
セーラージュピター/木野まこと 伊藤純奈(乃木坂46)
セーラーヴィーナス/愛野美奈子 田村真佑(乃木坂46)

2019.09.05 18:21
https://mdpr.jp/news/detail/1868131
no title

【【なんか違う・・・】乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」メインビジュアル公開】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/08/31(土) 00:25:12.12
武内直子氏(52)原作の「美少女戦士セーラームーン」。
そのショーを楽しむことのできるレストラン「美少女戦士セーラームーン -SHINING MOON TOKYO-」が8月15日にオープンした。

作品の舞台となっている聖地・麻布十番に開店したということもあり、大きな話題を呼んでいる。
Twitterでは足を運んだというファンから《本格的なショーだし可愛いし世代としては最高だった!!!》
《あの短い時間で、女の子の可愛さと強さを体現できるとかもう信じられない。胸がいっぱい》といった声が。
また24日にTwitterでアップされたショーのアンコール動画は、5.2万回のリツイートと13万回の“いいね”を記録。さらに注目を集めることとなった。

もともと「セーラームーン」は漫画雑誌「なかよし」の92年2月号に初めて掲載された作品。17年には連載開始から25周年を迎え、話題となった。
しかし原作自体は、97年3月をもって終了している。にもかかわらず人気は衰えることなく、
今なお多くのファンから愛されているのだ。ローラ(29)や中川翔子(34)、若槻千夏(35)といった著名人も同作のファンで、成田童夢(33)のようにファンを公言する男性も増えている。

コラボグッズも続々と製作されており、アパレルやコスメから文具までと幅広く展開。
さらに今月23日にはユニクロのUTシリーズに登場し、今秋には「Samantha Thavasa」とのコラボアイテムが全国の店舗で展開される予定になっている。
なぜ「セーラームーン」はここまで根強く愛されるのか。「セーラームーン世代の社会論」(すばる舎)著者の稲田豊史氏は、こう語る。

「『セーラームーン』では少女たちが物語の“サポート役”でなく、美少女戦士という“直接闘う存在”として描かれている点が重要です。
当時、『女の子たちが主体的に敵と戦う』という設定はメジャー作品ではほとんど存在しませんでした。そのため先進的であり、インパクトがあったのです。
また作品が20周年を迎えたころ、セーラームーン世代はおおむね20代後半。多くの人は社会に出て、仕事面や恋愛面でちょうど壁にぶち当たるような年齢でした。
そこで再び同作に触れることで勇気づけられ、リバイバルヒットに繋がったのだと考えています」

主人公・月野うさぎを筆頭に、作中のキャラクターたちはメイクアップすることで強くなっていた。また戦闘中でもキラキラしたアイテムを身につけていた。
稲田氏は「セーラームーンは、戦うからといって『美しさを犠牲にする必要はない』と思わせてくれた作品」と分析。
そして「キャリアを積むため、女性らしさや恋愛を犠牲にしない。すべて100%叶えたいけれど、それは男性や恋愛のためではなく自分のため。
そういった女性像を描いた、日本での原点的な作品といえるでしょう」と評価する。

また美術を専門とする沖縄県立芸術大学准教授・土屋誠一氏は同作について「結果として『女性の解放』を描いたといえる」と解説。さらに「多様性の器にもなっている」と言う。

「作品には性格や髪型や境遇といった面で異なる、“あらゆる少女たち”が描かれています。制作側がどこまで意識していたかはわかりませんが、
観る側のジェンダーロールの多様性を確認するきっかけとなっていました。そしてストーリーの性質上も、『いろんな人がいるほうが楽しい』と気づくことができる内容になっていたと思います」(土屋氏)

さらに敵キャラクターのクンツァイトとゾイサイトは、アニメ版ではゲイカップルという設定だった。土屋氏はこの点にも注目する。

「作品では彼らのセクシャリティを否定するのではなく、シリアスな扱い方をしていました。セーラームーンは彼らの性的嗜好が嫌だからではなく、彼らの企みを阻止するために戦っていたのです。
キャラクターの多様性を描き、パーソナリティを否定しない。そんなセーラームーンを見て『いろんな子がいるし、いろんな性の形がある。
そして、誰もが輝くものを持っている』と多様性をうまく認識することができるのです」

前出の稲田氏は、「セーラームーン」のこれからについてこう締めくくる。

「多感な時期に影響を受けた作品は価値観のベースとなり、それぞれの生き方の指針が凝縮されています。社会現象になるほど大きな反響のあった作品ですから、
『昔好きだった』では終わらない耐用年数の長い作品となり得ます。フランスや北米のように海外でも人気がありますから、日本に限らず海外でも新たな古典作品として輝き続けるのではないでしょうか」

女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190830-00010012-jisin-ent
no title

【セーラームーン人気なぜ続く?原作終了から22年もコラボ続々】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/04/30(火) 14:24:33.83 ID:5Fh7M/OX9
女優の小松彩夏が30日、自身のブログを更新。前日29日の“平成最後の肉の日”に、2003年に放送のドラマ『美少女戦士セーラームーン』で共演した美女たちと“平成最後の戦士会”を開催したことを発表した。

小松は「昨日は久しぶりに戦士5人が揃いました 平成最後の肉の日(29日)に大好きなお肉をいただきました」とつづり、北川景子、泉里香、安座間美優、沢井美優との5ショットを公開。

「ちょこちょこ個々で会ったりはしてたけど5人揃ったのは 久しぶり♪」と明かしながら、
「やっぱりなんともいえない安心感。私たち、人生の半分以上 一緒にいるねー!!なんて笑って話してたけど、業界の友達というよりは、本当に幼馴染の ような関係だと思います。
戦士がこの5人で本当によかった」と平成最後の集結を喜んだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/16394645/
2019年4月30日 14時6分 オリコン
no title

【『セーラームーン』美女が“平成最後の戦士会”で奇跡の大集結】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/02/12(火) 05:09:07.15 ID:ISoZyl809
 女優・小松彩夏(32)が11日までに自身のインスタグラムを更新。ドラマ「美少女戦士セーラームーン」で共演した女優・北川景子(32)らとの新年会の写真を公開した。

 小松はインスタで「戦士のみんなで新年会 私は本当に戦士に支えられていると改めて感じた新年会でした。この先、どんなことがあってもこの5人なら繋がっていられるんだろうなって」と北川、安座間美優(32)、沢井美優(31)、泉里香(30)との友情に感謝した。

 そして「これからもみんなが笑ったり、泣いたりするときも、私はそばにいたい。だっていつも支えてもらってるから。大好きが止まらない!!笑 今年は戦士で旅行に行きたいな」と再集結を希望していた。

 フォロワーからは「この5人は不滅です!」「ホントに世界を救えるかも」「最高の仲間ですね 楽しそう」「5戦士達可愛いすぎる 友情超いいね」などコメントが寄せられた。


インスタグラムより@official_ayaka_502
no title

2019年2月11日12時3分 スポーツ報知 
北川景子ら「セーラームーン」再集結に「この5人は不滅です!」など反響 

https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190211-OHT1T50075.html

【「セーラームーン」再集結に「この5人は不滅です!」など反響】の続きを読む