芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

センター

1: なまえないよぉ~ 2018/12/30(日) 07:46:31.37 ID:CAP_USER9
大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(午後7時15分)のリハーサルが29日、東京・NHKホールで行われた。
紅組の欅坂46はセンター平手友梨奈(17)が腰部打撲などのため欠席することを発表。本番では小林由依(19)がセンターを務める。

3年連続出場の欅坂46は、16人がリハーサルに出席した。
グループ初のミリオンセールスとなった楽曲「ガラスを割れ!」を披露。
不在の平手に代わり、小林がステージ中央に立った。
他のメンバーがステージ上部に移動した後、1人でセンターステージに残り、キレのあるダンスを披露する場面もあった。

今月21日、腰部打撲や左仙腸関節捻挫による仙腸関節不安定症などにより、平手がダンスパフォーマンスを伴う一部の活動を休止すると発表した。
同日のテレビ朝日系「Mステスーパーライブ」など歌番組を欠席。
新人賞を受賞した28日の日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞授賞式は、ダンスなどもないことから出席したが、紅白への出演も危ぶまれていた。
リハーサル後取材に応じたキャプテン菅井友香(23)は平手について「私たちも心配ですけど、今はけがの治療に専念してもらって、早く一緒にパフォーマンスできる日を楽しみにしています。
残りのメンバーで精いっぱい欅坂を守って、今できるベストを尽くしたいです」と言い、欠席を明言した。

代役を務める小林は、グループ内でも特にパフォーマンス力に優れ、ストイックに表現力を追い求めるメンバーの1人だ。口数が多いタイプではないが、キレのあるダンスで淡々と魅了する。
今年4月のデビュー2周年記念ライブでは、不在の平手に代わって今泉佑唯(20)とともに「ガラスを割れ!」のセンターを務めており、実績もある。
土生瑞穂(21)からは「普段からすごくダンスも上手で、レッスンの時から見入ってしまうくらいなので、本番もすごく楽しみにしています」と絶賛された。

デビューから7作連続でセンターを務めたグループの象徴でもある平手の代役は重責だ。
小林は「ずっと平手がやってきたので『自分で大丈夫かな』という気持ちもありますが、私だけじゃなくて、みんなと一緒に精いっぱい練習して、いいパフォーマンスをしたい」と話した。
紅白の大舞台で、欅坂46の新たな『顔』が生まれるかもしれない。【横山慧】

◆小林由依(こばやし・ゆい)1999年(平11)10月23日、埼玉県生まれ。
15年8月、欅坂46の1期生オーディションに合格。
愛称「ゆいぽん」。特技はギターやサックスの演奏。
今年7月からファッション誌「with」専属モデル。
162センチ。血液型A。

<第69回NHK紅白歌合戦リハーサル>◇29日◇東京・NHKホール 

http://news.livedoor.com/article/detail/15811116/
2018年12月30日 7時9分 日刊スポーツ

1b7c9_188_ceb81012_4bf7e6ec


no title

no title

no title

【欅坂センターを小林由依(19)が務める理由】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/12/21(金) 21:34:48.75 ID:CAP_USER9
欅坂46が21日、テレビ朝日系『ミュージックステーション スーパーライブ2018』に生出演。
登場シーンが話題となっている。

欅坂46、一部活動休止発表の平手友梨奈にメッセージ?

同日、デビューから7作連続でセンターを務めている平手友梨奈が、腰部打撲・左仙腸関節捻挫による仙腸関節不安定症などのため、ダンスパフォーマンスができない状況にあり、しばらく治療に専念することを発表。

番組では、今月グループに加入したばかりの2期生・武元唯衣、田村保乃、松田里奈、森田ひかるを含めた21人で登場した。

話題となっているのは、アーティストが階段を降りて登場するオープニング。
欅坂46が紹介され、21人がそれぞれ階段を降りてくるなか、キャプテンの菅井友香、長濱ねるらが手のひらを見せて指をさすポーズを披露した。

このポーズは、デビュー当時、平手がお笑いコンビ・流れ星のちゅうえいから伝授された「ここ見て、ここ見て、ここ見て~手の平手!」という自己紹介ギャグのことだと思われ、ネット上では「感動した!てち見てくれたかな?」「欅坂46の絆はやっぱりすごい」「これ絶対に“手の平手”じゃん!涙出た」などと話題となっている。

平手友梨奈不在 センター代理・鈴本美愉に注目集まる

また、センターが不在となったこの日、代理で『アンビバレント』のセンターを務めたのは、鈴本美愉。

鈴本はグループ内でもダンスに定評のあるメンバーであり、パフォーマンスが始まると、Twitterでは鈴本を示す愛称で「#すずもんセンター」「#もんちゃん」がトレンド入り。

欅坂46のファンはもちろん、ほかアーティストのファンからも「センターの子誰?!すっごく可愛い!」「ダンス上手でびっくりした…今まで気づかなかったことに激しく後悔している」「きょうからファンになりました」「センターの子、鈴本美愉ちゃんって言うの?気になる」などの声が上がり、一気に注目が集まっている。

平手友梨奈、一部活動休止

公式サイトは「平手友梨奈に関しまして」と題したコメントにて、「この度、以前から身体の調子が優れない状態が続き、改めて精密検査を受けたところ、腰部打撲・左仙腸関節捻挫による仙腸関節不安定症、両手関節捻挫による遠位橈尺関節痛の診断を受けました」と平手の診断結果を報告。

「現在、ダンスパフォーマンスが出来ない状況でもあり、しばらく治療に専念する事にいたしました。一刻も早く万全の状態で欅坂46としての活動を再開できるように努めてまいります」とした。

また、「一部のダンスパフォーマンスを伴わない活動に関しましては、無理のない範囲で続けさせていただきます」としている。

http://mdpr.jp/music/detail/1811818

『ミュージックステーション スーパーライブ2018』
平手友梨奈にメッセージ
no title


欅坂46「アンビバレント」披露 センター鈴本美愉のパフォーマンスが話題
no title

no title

no title

no title

欅坂46
no title


欅坂46 鈴本美愉
no title

【【欅坂46】平手友梨奈が不在の「Mステ」、センターは鈴本美愉、いなくても問題ないならいいじゃんwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/28(水) 17:52:44.97 ID:CAP_USER9
SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから2018年11月26日~27日の集計が明らかとなり、AKB48の54枚目となるシングル『NO WAY MAN』が1,313,247枚を売り上げて、ミリオンを突破したことがわかった。

表題曲の選抜メンバーには、48グループと韓国のオーディション番組がタッグを組んだ番組『PRODUCE 48』で活躍したメンバーが多数参加しており、センターを宮脇咲良、その脇を矢吹奈子、本田仁美が務める。
この3名は、本番組から生まれた日韓合同アイドルグループ・IZ*ONEのメンバーでもあり、本シングルをもって48グループでの活動を一時休止し、IZ*ONEの活動に専念することが発表されている。

2018年にリリースされたAKB48のシングルは、4作すべてがフラゲ集計分でミリオン・セールスを突破。
3月にリリースされた『ジャーバージャ』が110万枚、5月にリリースされた『Teacher Teacher』が258万枚、9月にリリースされた『センチメンタルトレイン』が155万枚、そして本作『NO WAY MAN』が131万枚と、いずれも高セールスを記録している。

なお、Billboard JAPANでは、11月29日に初動3日間での売上集計、12月3日に週間セールス・チャートを発表する予定だ。

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/70236/2

【MV full】NO WAY MAN / AKB48[公式]
https://www.youtube.com/watch?v=yMb0BLDlOwo



AKB48 54thシングル「NO WAY MAN」
no title


センター宮脇咲良
no title

no title

【【AKB48】宮脇咲良センター新曲『NO WAY MAN』、131万枚売り上げ ミリオン突破!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/13(木) 22:10:29.32 ID:CAP_USER9
アイドルグループ・NMB48が、19枚目のシングル(タイトル未定、10月17日発売)の選抜メンバー18人を発表した。
センターは、10月27日に大阪・万博記念公園 東の広場での卒業コンサートを控え、本作がラストシングルとなる山本彩が務める。

初選抜は1期生の川上礼奈、5期生の小嶋花梨、ドラフト2期生・安田桃寧(やすだ・ももね)、ドラフト3期研究生・塩月希依音(しおつき・けいと)の4人。
川上は2010年10月のお披露目から8年、同期の山本の卒業シングルでようやく選抜をつかみとった。

選抜メンバーは以下のとおり。

■NMB48 19thシングル(タイトル未定)選抜メンバー
山本彩(センター)、岩田桃夏、植村梓、梅山恋和、太田夢莉、加藤夕夏
川上礼奈(初)、小嶋花梨(初)、塩月希依音(初)、渋谷凪咲、白間美瑠、上西怜
城恵理子、谷川愛梨、村瀬紗英、安田桃寧(初)、山本彩加、吉田朱里

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000364-oric-ent



センターは山本彩
no title

no title


初選抜4名
川上礼奈
no title

小嶋花梨
no title

安田桃寧
no title

塩月希依音
no title

SHOWROOMで 
no title
【【NMB48】山本彩、ラストシングルでセンター!選抜メンバー発表】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/08(日) 23:43:15.00 ID:CAP_USER9
乃木坂46が7月6日(金)?8日(日)の3日間にわたり、東京・明治神宮野球場と秩父宮ラグビー場で、史上初の同一アーティストによる2会場同時併催の単独コンサートを行った。

本公演は、乃木坂46恒例の夏のツアー「乃木坂46 真夏の全国ツアー2018」の開幕を告げる3DAYSであると同時に、デビュー6周年を記念した「6th YEAR BIRTHDAY LIVE」として開催。
前代未聞の2会場同時併催ライブに携わった運営スタッフは、明治神宮野球場に9000人、秩父宮ラグビー場に5500人の合計約1万4500人にのぼり、会場設営の運搬に使用されたトラックは仕込みと解体に約400台ずつ、計800台が用意されるという規格外の規模に。
来場者数は両会場あわせて各日6万人、3日間で合計18万人を動員した。

最終日となった8日は、オープニングとともに神宮球場にアンダーメンバーが登場し、『自惚れビーチ』『13日の金曜日』『アンダー』などをパフォーマンス、同時刻、秩父宮ラグビー場には選抜メンバーが登場し、『裸足でSummer』『夏のFree&Easy』『逃げ水』などのサマーソングを立て続けに繰り出した。
その後、それぞれ会場をメンバーが行き来し、同じ楽曲を順序を入れ替えて両会場で披露する形で進行。
時折、他会場と中継を結んだり、『命は美しい』などのライブ定番曲や、今回の2会場併催ライブを象徴する『シンクロニシティ』といった一部の楽曲は2会場で同時にパフォーマンスされた。
また、上空を飛ぶヘリからの空撮による紫色のペンライトに染まった2会場の様子や、会場をまたいでのコール&レスポンスなど、スケールの大きさを感じさせる演出も随所に盛り込まれた。

アンコールでは、8月8日(水)発売の21stシングル『ジコチューで行こう!』と同シングル収録のアンダーメンバーによる楽曲『三角の空き地』を初披露。
両会場を埋め尽くしたファンを沸かせた。

グループからの卒業を発表している斎藤ちはると相楽伊織はこの日がラストステージ。
アンコールで秩父宮ラグビー場のステージに立った斎藤は「楽しかったです。みんなと一緒にステージに立てて、すごく素敵な景色を見られて本当によかった」と万感の思い。相楽も「この景色をもう見られないと思うと寂しいけど、これからもいろんなかたちで頑張っていこうと思っているし、メンバーの全国ツアーも成功してほしい」と、これから全国をまわるメンバーへエールを送った。
最後はWアンコールに突入し、『ガールズルール』で最高潮の盛り上がりの中、全38曲ずつを披露した公演を締めくくった。

「乃木坂46 真夏の全国ツアー2018」はこの後、福岡、大阪、名古屋、宮城をまわり、地方公演では延べ34万6000人を動員する見込みとなっている。

セットリスト他全文
http://tokyopopline.com/archives/102974

『乃木坂46 真夏の全国ツアー2018 “6th YEAR BIRTHDAY LIVE”』
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


新曲『ジコチューで行こう!』センター 齋藤飛鳥
no title

【【乃木坂46】齋藤飛鳥センター新曲タイトルは『ジコチューで行こう!』 前代未聞の2会場同時併催ライブに18万人熱狂】の続きを読む