芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

セクハラ

873

1: なまえないよぉ~ 2018/07/03(火) 18:57:43.93 ID:CAP_USER9
2日深夜放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)では、「言われてみれば見たことのないものを調査した件 Part24」と題するVTRがオンエアされた。

この中で「名曲コンプライアンスチェック」なる調査が行われ、往年のヒット曲で歌われている歌詞を法的に検証し、現代のコンプライアンスについて学んでいく。

■名曲の歌詞はセクハラの宝庫
菊地幸夫弁護士の見解によれば、歌詞の内容をそのまま職場で部下などに発言した場合、セクハラやパワハラに該当する可能性のあるフレーズが多数あるという。

最初のサンプルはオフコース『Yes-No』(作詞:小田和正/1980年)。「君を抱いていいの/好きになってもいいの」という一節が「セクハラですね、完全にアウトです」とのこと。

加山雄三『お嫁においで』(作詞:岩谷時子/1966年)では、「舟が見えたなら/ぬれた身体で駈けてこい」の部分が「海で水着になることを強要した場合パワハラになる。任意であればセーフ」だという。

さらに黒沢年男『時には娼婦のように』(作詞:なかにし礼/1978年)は、「時には娼婦のように/淫らな女になりな」という表現が売春防止法に引っかかる。

■パワハラもはびこる
伊東ゆかり『小指の想い出』(作詞:有馬三恵子/1967年)の「あなたがかんだ/小指が痛い」には暴行罪が適用される。仮に皮下出血などに至った場合は、傷害罪に当たる可能性もある。

沢田研二『カサブランカ・ダンディ』(作詞:阿久悠/1979年)の「ききわけのない女の頬を/ひとつふたつはりたおして」は「どんな場面でもダメです」と一刀両断。ただしそういうプレイであれば許容範囲だという。

和田アキ子『あの鐘を鳴らすのはあなた』(作詞:阿久悠/1972年)においては、「町は今眠りの中」という状況で「あの鐘を鳴らす」のは軽犯罪法違反となる。そんな行為を他人に要求するのは犯罪の教唆に当たるという。

■その他の犯罪や制裁対象も追及
ゆず『夏色』(作詞:北川悠仁/1998年)の「君を自転車の後ろに乗せて」は公道であれば道路交通法違反、「ブレーキいっぱい握りしめて/ゆっくりゆっくり下ってく」は整備不良の疑いがある。

弘田三枝子『砂に消えた涙』(日本語詞:漣健児/1964年)の「私は砂の中に/愛の形見をみんなうずめて」は不法投棄、さらに「いつわりのプレゼント」というフレーズには結婚詐欺の可能性もあるとした。

槇原敬之『もう恋なんてしない』(作詞:槇原敬之/1992年)には「君あての郵便が/ポストに届いているうちは」という一節があるが、転居して14日以内に住民票を移さない場合は過料が課されることになる。

以上のように菊地弁護士が9曲にわたって法的な解釈を施すと、MCのマツコ・デラックスはこの不毛な企画に「今日、全部これだけで良かったのに」と最大級の賛辞を贈った。

■歌詞の意味は重要視されている
しらべぇ編集部の調査によれば、「歌詞の意味がいい曲が好き」と考えている人が非常に多いことが分かっている。とくに60代以上の女性では88.0%と、9割に迫る勢いだ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

このことは戦後日本におけるヒット曲の傾向を見ても明らかであり、一般人はリズムやビート感、コード進行の妙、サウンドの美しさなどにはあまり関心がない。近年では、メロディさえもが軽視されてきている。

たとえ音楽的に質の低い楽曲であっても、歌詞の内容が大衆に刺さればヒット曲になりやすい。これは何も日本に限った話ではないが、日本はとくにその傾向が顕著だと言える。

歌詞の意味だけを重視するのであれば、別にそれが「音楽」である必然性はどこにもない。理論的にはそう考えることができるものの、理屈通りに行かないのもまた世の中というものだ。
https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161694219/

【オフコースのヒット曲にセクハラ疑惑? 現役弁護士が歌詞を徹底検証】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/07/01(日) 18:55:06.65 ID:CAP_USER9
「深く反省しております」――アイドルグループ「STU48」の公式サイトで2018年7月1日、劇場支配人の名義で謝罪文が掲載された。

同グループをめぐっては、メンバーの一人がセクハラ被害を告発。
インターネット上で「完全なセクハラ発言」 「これは許したらアカン」など批判が集まっていた。

STU48は、作詞家・秋元康氏(60)のプロデュースにより2017年に結成された。
瀬戸内地方7県に拠点に構え、「AKB48」の姉妹グループとして活動する。

売りは、船の上で公演を行う「船上劇場」だ。現在は準備中で、18年夏の「出航」を予定している。
だが、劇場支配人・山本学氏が船出に水を差した。メンバーへのセクハラ発言だ。

STU48の森香穂さん(21)が6月30日、ライブ配信サービス「SHOWROOM」で被害を告発。

「STUって、素朴で健康的(なメンバーが集まる)グループじゃん。肌がちょっと黒くって、健康的みたいな」

そのため、山本氏からは、「なにかあるとね、『森は肌が白くて派手だから』っていわれるのよ」
と外見を否定されるような発言を複数回受けたという。

その上、理由は不明だというが「AV女優みたい」と言われることもあるという。

森さんは、「グループに向いてないかもしれないけど、生まれもってきたものじゃん」
「肌がこれ以上焼けないしさ、黒くならないしさ、どうしたらいいの。もうわからない」と涙ながらに訴えた。
https://www.j-cast.com/2018/07/01332696.html

【【STU48】森香穂さん、涙ながらにセクハラ被害を告発】の続きを読む

0a01

1: なまえないよぉ~ 2018/05/28(月) 17:24:44.20 ID:CAP_USER9
「私にとって永田さんは絶対に逆らえない存在でした。でも、あんな事件が起きるとは思ってもみなかった……」

声を震わせて話すのは、アイドルグループ「虹のコンキスタドール」(通称・虹コン)の元メンバー・Aさんだ。

「永田さん」とは、アニメやマンガファンがイラストを投稿し合うSNS「pixiv」を運営するピクシブ株式会社(以下ピクシブ)代表取締役社長である永田寛哲氏(39)のこと。
開成中高、東京医科歯科大学歯学部と華々しい学歴を持つITエリートだ。

永田氏は、ピクシブを売上高30億円以上を誇る企業に育て上げ、会社の事業としてアイドルのプロデュースを展開。
2014年7月の結成から2017年末まで虹コンの総合プロデューサーを務めた。

しかし、その裏でAさんは、永田氏からセクハラ行為を受けていた。
たとえば、永田氏は当時未成年のAさんに、「添い寝」を強いている。

「活動などに悩んでいた私は、京都に旅行に行きたいと永田さんに相談しました。『一人旅はダメだけど、僕がつき添いでいくならいいよ』と言い、チケットと旅館を手配してくれた。でも旅館に着くと、相部屋だった」

その後Aさんは脱退。
だが、2018年1月6日、永田氏から翌7日の虹コンのライブに招かれ、現在住む地方から上京。
用意された宿泊先は、彼が妻子と住む都内の自宅マンションの客間だった。

「夜、入浴しようと脱衣所に入ると、ハンガーフック型の隠しカメラを見つけて……。でも、夫婦関係を壊してはいけないと思い、できるだけ映らないように入浴しました。

翌日には、別の場所にカメラが仕掛けてあったんです。しかも、ガラス張りの浴室だったので、中も映ってしまう。撮られるのを覚悟してお風呂に入ったんです」

ついに我慢の限界だと思ったAさんは、盗撮行為などの損害賠償を求め、4月26日に永田氏などを提訴。
5月22日、永田氏を直撃した。

ーー裁判の件だが。
「ちょっと忙しいんで」

ーー盗撮やセクハラ行為はあった?
「……。ちょっと電話しますね」

ーー答えられない?
「うん」

本誌はピクシブ、永田氏側弁護士に取材を申し込んだが、締切りまでに回答はなかった。

Aさんは、医療関係の大学に進むため、最近、予備校に通い始めた。

「正しく法的な措置が取られればいいなと思います。永田さんには、私の今後の人生を邪魔しないでほしいです」
(週刊FLASH 2018年6月12日号)

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180528-00010006-flash-peo

ピクシブ社長 永田寛哲氏
no title

【『虹コン』元メンバーに「盗撮」「セクハラ」… ピクシブ社長・永田寛哲氏を直撃】の続きを読む

バイキング

1: なまえないよぉ~ 2018/04/17(火) 14:05:08.12 ID:CAP_USER9
 17日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)では、週刊誌で報道された財務省の福田淳一事務次官(58)による女性記者へのセクハラ疑惑について特集した。

 12日発売の「週刊新潮」は、福田氏がバーで女性記者に対して「抱きしめていい?」「手、縛っていい?」などとのセクハラ発言を繰り返したと報じた。財務省では16日、同誌の報道内容を否定するコメントを発表している。

 騒動を振り返り、MCの坂上忍(50)は「女性記者からすると事務次官から情報を得られるとしたら、ある程度受け止めざるを得なくなってしまう」と女性記者の心情を想像した。

 一方、火曜日MCでお笑いタレントの柳原可奈子(32)は、事務次官と女性記者のやりとりに「私だったら、この流れで『おっぱい触っていい?』て言われたら「『どこがおっぱいでしょう』とか言って『それより森友の件どうなっていますか?』って」と対応策を提案。「切り返し、切り返しを学んで
来たので、大変なセクハラだと感じなかった。私は(セクハラに)慣れてきちゃっているのかな?」と吐露した。

 坂上は「福田さんの立場ってものは、絶対的権力の持ち主ですから、僕らと一緒にするべきではない」と“脱線”しそうになった話題を引き戻していた。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000081-sph-ent
no title

【柳原可奈子、事務次官セクハラ疑惑騒動に「大変なセクハラだと感じなかった」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/01/13(土) 21:09:09.51 ID:CAP_USER9
水戸市のイメージアップを担う「魅力宣伝部長」を委嘱されていた女性アイドルグループ「水戸ご当地アイドル(仮)」に所属していたメンバー(18)が、運営者の男性によるセクハラ被害をツイッターで訴え、グループが事実上の活動休止となっていることが分かった。
市は関係者に事情聴取。
グループは12日、ホームページ上で魅力宣伝部長を辞退すると発表した。

グループは2012年4月、水戸市の商店主らが実行委員会を作ってメンバーを公募。
被害を訴えている元メンバーによると、16年11月、イベント前日に男性にバーに連れ出されて飲酒させられたり、17年夏にはイベントの際に胸を触られ、後日「柔らかかった」と言われたとしている。
同年11月、自身のツイッターで「運営責任者から飲酒強要やセクハラがあった」などとつぶやき脱退したことで発覚した。

毎日新聞が男性に対して取材を申し込んだところ、メールで返答があった。
男性は「飲み物は彼女自身が決めた。強要していない」と否定する一方で、飲酒させたことは「深く反省している」と答えた。
またセクハラについては「胸を触ってしまったかもしれないと言った。セクハラと主張されても仕方ない部分もある」と認めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000049-mai-soci

「水戸ご当地アイドル(仮)」
no title

【「水戸ご当地アイドル(仮)」メンバー(18)がセクハラ被害 運営者の男性に胸を触られ「柔らかかった」 飲酒強要も】の続きを読む