芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

スタッフ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/27(水) 17:26:24.75
女子プロレスラー・木村花さん(享年22)が5月23日、急逝した。花さんは、昨年5月にスタートした恋愛リアリティー番組『テラスハウス』(フジテレビ系)の新シリーズに途中から出演。プロレスでのヒール役のイメージのまま、同番組の中でも、強気で、まっすぐで、感情的な姿を見せていた。そうした振る舞いが放送されるたびに、SNS上には彼女を批判する言葉が並んだ。

そして、今回の不幸の引き金になったとされるのが、番組内で起きた“コスチューム事件”だった。

花さんが「命の次に大切」と語っていた、リングで着るコスチュームが入ったままの洗濯機を、ほかの出演者が誤って使ってしまう。乾燥機にかけられ、コスチュームはよれよれに縮んで着られなくなってしまった。花さんは激怒し、共演者の帽子をはじき飛ばし罵声を浴びせた。

その様子を見ていた視聴者が反発し、SNSに「テラハ史上いちばん最低なメンバーだと思いました」「花死ね」などと書き込み、乾燥機にかけた共演者が番組を去ることが決まると「そっちがいなくなれ」などとダメ押しが加わった。

「『テラハ』はフジテレビが制作しており、Netflixで配信された約1か月後にフジテレビ(地上波)でも放送されます。コスチューム事件が3月末にネット配信された時点で大炎上していましたが、5月18日に地上波でも同じ内容が放送されるとバッシングがエスカレート。翌日には未公開映像まで公開され、火に油を注ぐような格好になり、番組史上最大の誹謗中傷の嵐が巻き起こったのです」(テレビ局関係者)

現在も『テラハ』の制作にかかわる番組スタッフはこう話す。

「彼女が命を落とすまで、SNSでの誹謗中傷と真剣に向き合おうとしなかった。いまさら…いまさらなんですが…本当に申し訳ないと思っています」

今回の事件を重く受け止め、現役スタッフの1人が重い口を開く決心をした――。

◆リアルなはずなのに、テイク2、テイク3

《用意したのは素敵なお家と素敵な車だけです。台本は一切ございません》

こんな言葉から『テラハ』は始まる。台本がない中で、花さんはリングの外でも“ヒール”を自ら演じていたということなのか。

「確かに台本はありません。でも、ストーリーはこちらで作っていました」

そう明かすのは、『テラハ』の元スタッフだ。そもそも、週に2、3日集まって撮影をするだけで“共同生活”とは言えない状態だったという。

「集合したら、撮影前に『どんな設定でどんな方向に恋愛を動かしていくのか』という説明を制作者から出演者に伝えます。出演者は、そのときに“今回はこの人と肩を寄せ合うんだな”“この人と本音で語り合うのか”と状況を把握するんです。デートに行く組み合わせなども制作者側の指示通りに動いてもらっていましたね」(元スタッフ)

指示通りに撮れないときは“テイク2、テイク3”まで撮影することもあったという。

「出演者の有名になりたいという欲とボーナスが、事件やハプニングを起こす起爆剤です。私がスタッフとしてかかわっていた頃は、キスをしたら5万円ほどのボーナスを渡していました。ただ、少し前のシーズンからはボーナスを渡さなくてもキスをするようになったし、ディレクターの指示にも素直に従うようになったので、報酬制度はなくなっています」(前出・元スタッフ)

素直に指示に従うようになった理由には、1人の女性スタッフの存在があったようだ。元出演者の知人が語る。

「スタッフの中に姉御的な人がいて、一時期からメンバーはその人の顔色窺いばかりしていたそうです。その人に嫌われると出演シーンが減ったり、おいしい“指示”が来なくなる。“姉御”との関係性にストレスを感じて卒業したメンバーもいると聞いてます。有名になりたくてテラハに応募する人が多いので、“姉御”がどんどん絶対的な権力を持っていったようです」(以下省略)
※以下の部分はソース元にてご確認ください。

ソース/NEWS ポストセブン
https://www.news-postseven.com/archives/20200527_1566605.html
20200527001

【【木村花さん死去】テラハの暴走、現役スタッフが告白 泥臭い人間模様を狙う】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/01/13(日) 08:18:25.57 ID:ekKiJjkq9
NGT側は失態続き
 
NGT48の山口真帆(23)が暴行された問題では、収束の気配が全く感じられない。NGTスタッフの“危機管理”が裏目に出たことが、大きな原因のようだ。
***
時系列を確認しておく。暴行事件は2018年12月8日に発生した。20代の無職と大学生の男2人が、新潟市内にある山口の自宅玄関に押しかけ、山口の顔を掴んで押すなどした。
新潟県警は翌9日に2人を暴行容疑で逮捕。記者クラブ加盟社などに対する広報は行われたが、被害者は匿名だった。そして新潟地検は12月28日、容疑者2人を不起訴とし、身柄を釈放した。

事件が発覚したのは、山口自身が明かしたためだ。年が明けて19年1月8日の深夜から9日の早朝にかけて、動画配信サイトで「なんでこんな怖い目に遭わないといけないの」と訴え、涙ぐむ姿が公開された。
この時点で詳細は不明だったが、更にツイッターで暴行事件の経緯を説明。現在は削除されているが、

《助けてと叫ぼうとしたけど怖くて声が出ませんでした。一分ぐらいしてやっと声が出せました。「たすけてたすけて」と叫びました。男は私の口を塞ぎました。そのまま家に閉じ込められて殺されるかと思いました》
などといった、緊迫した状況を振り返った。これでマスコミが取材を開始。例えば共同通信は1月9日、「NGT山口真帆さんが暴行被害 新潟、男2人に顔つかまれる」と報道した。

ところが、普通なら最も力を入れて報道すると思われたスポーツ紙が、各紙とも抑え気味の内容だったことに気づいた方はおられるだろうか。芸能担当記者が明かす。
「NGTサイドは当初、暴行事件に関しては表向き“取材拒否”とする一方、スポーツ紙などには“火消し”に躍起だったんです。山口さんが動画を配信し、ツイッターを公開しても、
NGTの関係者などは芸能メディアに『山口には少し精神的な問題がある』と、あたかも狂言であるかのように匂わせるなどしていました」

最大の焦点は、山口がツイッターで「男が向かいの部屋から出てきました。その部屋は違うメンバーが住んでいた部屋でした」と、犯人がNGT48のメンバーが住む部屋から出てきたと主張した点だ。
NGT内部に“共犯者”がいるとしたら、更なる大問題に発展することは想像に難くない。「芸能メディア側が内々に取材を行うと、NGTサイドは『メンバーの関与は絶対にない』と完全否定。
その結果、NGT側の言い分を、一部のスポーツ紙は掲載してしまいました。関係者取材の怖いところではありますが、厳しい言い方をすれば、やはり“誤報”でしょう。NGT側の“情報統制”に騙されたわけです」(同・芸能記者)

具体的には、1月10日に掲載されたサンケイスポーツと日刊スポーツに、以下のような記述がある。

◆「ツイッターではメンバーが関与したことを示唆(現在は削除)したが、関係者はサンケイスポーツの取材に関与を否定した」(サンケイスポーツ「NGT48・山口真帆、自宅で襲われた…暴行容疑で男2人逮捕」)
◆「メンバーが犯行の手引きした(編集部註:原文ママ)とも指摘しているが、警察が男らのSNSや通話履歴を調べた結果、メンバーの関与は認められなかったという」(日刊スポーツ「NGT山口真帆を『暴行』男2人不起訴」)

そして、この10日、新潟市のNGT48劇場で劇場公演デビュー3周年記念公演が開かれた。山口は公演途中から登場したが、舞台で謝罪。「暴行事件の被害者に謝らせる必要はない」と世論が猛反発したのは、ご存知の通りだ。

小倉智昭の指摘が話題

更にNGT側は失態を重ねる。NGT48を運営するAKSが公式サイトで事件について報告するのだが、これも批判の対象になってしまったのだ。日刊スポーツの記事「暴行被害山口真帆がNGT公演登場」(1月11日)をご覧いただこう。
《男らに自宅を教えるなど、犯行を手引きしたメンバーの存在を山口が指摘していることについて、AKSは「メンバーの1名が、男から道で声を掛けられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまった」と説明。
逮捕(その後不起訴)された2人を含む、事件に関与した3人のイベント等への出入りを禁止とすると発表した。今後はメンバーへの防犯ベルの支給、自宅周辺への巡回の徹底など、再発防止策に務めるとしている》

1/13(日) 6:01配信 ディリー新潮 全文
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190113-00555044-shincho-ent
写真
no title

【<NGT48「山口真帆」暴行事件>スタッフの“情報統制”に騙されたスポーツ紙 収束の気配が全く感じられない】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/02/09(金) 20:30:13.86 ID:CAP_USER9
 アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さん(25)が、出演したテレビCMの撮影時にスタッフに取った対応が、インターネット上で「ドン引き」「態度悪すぎ」などと批判が集まっている。

 乃木坂46のメンバーは、2018年2月9日に放映が始まった紳士服チェーンのテレビCMに出演。問題視された行動は、同社の公式YouTubeで公開されたCMのメイキング動画に収録されていた。

■スタッフを一瞥すらせずに...

 今回、乃木坂46のメンバーが出演したCMは、はるやま商事(岡山市)が運営する紳士服チェーン「はるやま」「P.S.FA(パーフェクトスーツファクトリー)」のフレッシャーズキャンペーンを告知するもの。

 CMでは、白石さんをはじめとした11人のメンバーが、メンズスーツにウィッグを着用した男装姿で登場。男性に扮したメンバーが「イケメンすぎる」などと、グループのファンを中心に注目を集めていた。

 だが、そんなCMのメイキング映像が9日未明に「はるやま」公式YouTubeで公開されると、ネット上では、白石さんが動画の中で取ったスタッフへの態度を批判する意見が相次ぐことになった。

 問題視されたのは、メンバーが1人ずつ撮影現場に入るシーンだ。そこで、白石さんがスタッフからの挨拶に全く反応しなかったというのだ。

 実際に映像を確認すると、ほとんどの出演メンバーは、大きな声で「お願いします」と返したり、ペコリと頭を下げたりするなど、何らかの形で挨拶に反応している。
しかし、白石さんはカメラを構えるスタッフの方向を一瞥すらせず、挨拶も無視してそのまま歩き去っていった。

「挨拶もまともにできないのか」

 こうした白石さんの態度について、ツイッターやネット掲示板には、

  「半分以上普通に挨拶してない?ガン無視は白石だけか?」
  「社会人として挨拶もまともにできないのか」
  「アイドルとしてどうこうより  挨拶されて返さないってのが深刻だ な...」
  「こんな態度とるメンバーがいるのが恥ずかしい」

といった手厳しい書き込みが続出。ただ一方で、グループの熱心なファンからは「変なタイミングに声掛けんじゃねえ」「単純にカメラとスタッフに気付いてないだけ」といった擁護意見も出ていた。

 なお、今回のメイキング映像は、公開からわずか数時間後の9日朝までに削除されている。J-CASTニュースは同日夕、はるやま商事の広報担当者に対し、動画を削除した理由などを取材で問い合わせたが、

  「現在、回答ができない状況となっております」

とのことだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000013-jct-ent
no title

【【乃木坂46】乃木坂・白石麻衣、スタッフ「ガン無視」で炎上wwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/12/30(土) 12:43:25.43 ID:CAP_USER9
「今年から“視聴者審査員”の投票方法が変わり、紅組・白組が1組ずつ歌い、そのつど1票を投じる対決方式になりました。
例年よりも対戦相手が重視されるような仕組みになっています」(スポーツ紙記者)

新ルールに燃える2017年の紅白歌合戦。
今回、飛ぶ鳥を落とす勢いの星野源(39組目)との対決が決定しているのが、18年ぶりの出場を果たした松たか子(38組目)だ。

「今年、松さんは自ら作詞・作曲を手がけた朝ドラ『わろてんか』の主題歌『明日はどこから』を歌います。
彼女が紅白に出演するのは'99年に『夢のしずく』を披露して以来のことです。

'14年に『アナと雪女王』がヒットしたときにも出場の話が浮上しましたが、実現しませんでした。
それだけに、今年のパフォーマンスには期待がかかっています」(同・スポーツ紙記者)

29日に行われた松のリハーサルには多くのNHKスタッフ、事務所関係者、そしてスポーツ紙記者らが集結。
約20年ぶりの出場にソワソワする周囲をよそに、ステージに現れた松はいたって落ち着いた様子で「よろしくお願いします」と一礼し、マイクを握った。

ところが、まさかのハプニングが発生!

「歌い始めたあとすぐに、松さんを映そうと移動したクレーンカメラがNHKの女性スタッフの後頭部を直撃したんです。かなり大きめの音で“ゴンッ!”と聞こえましたね」(2階席で取材していた男性記者)
女性スタッフは記者らを誘導する看板を持ってステージに背を向けていたこともあり、迫りくるカメラに気づくことができなかったのだ。頭を強打された彼女は、その場に倒れ込んでしまった。

「クレーンカメラの近くにいたNHKスタッフら3人ほどが駆け寄り、安否を確認しようと肩をトントンとしていたのですが、なかなか目覚めませんでした。なかには着ていたコートをかけてあげる記者の姿も見られました」(同・男性記者)
最終的に十数人が彼女を囲み、2階席は事件現場と化していた。「大丈夫かー!!」と男性職員が指で彼女の目を開かせようとする一方で、松の熱唱は何事も起こっていないかのように続く。

《ごめんねと言えない あなたのために パレードはまわり続けてる 》
その美声がマイクを通して会場全体に響き渡るなか、ついに彼女が目を覚ました!

「突然意識を取り戻し、立ち上がったんです。すると“大丈夫か!? 救急車呼ぶか!?”と、彼女を支えていた男性が大声で叫んでいました。まさに地獄絵図でしたね」(別の女性記者)
意識が戻り、自分が大勢に囲まれていることを認知した彼女は驚きの表情をみせながらも「大丈夫です」と椅子に座って休憩に。それにしても、この事態に松は気づかなかったのだろうか。

「松さんの出演シーンはホール全体を暗めにして、ご本人にスポットライトを当てる演出だったんです。そうすると2階席は暗くてなかなか見えなくなってしまうんでしょうね」(舞台関係者)
リハーサルでは『わろてんか』の名シーンがバックスクリーンで流れる一幕もあったが、全然“わろえない”ドラマも同時に起こっていたのだーー。

週刊女性PRIME / 2017年12月30日 7時0分
https://news.infoseek.co.jp/article/jprime_11391/

写真
no title

【<松たか子>紅白リハーサルでの熱唱中にNHKスタッフがまさかの気絶!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/10/08(日) 13:03:47.59 ID:VFk3In9z0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
打ち切りをスタッフ自らが望むとは異常に思えるが、それだけの事情が現場にあるらしい。具体的にどのような番組が打ち切りを望まれる状況になっているのか。

「スタッフの愚痴が多く、打ち切りを期待する声が多いのは『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)ですね。かつてと比べて視聴率も低下し、
打ち切り説が何度も浮上していますが、実はそれを一番望んでいるのはスタッフなんです」(番組制作会社スタッフ)
放送開始から長い年月がたっている人気番組だが、なぜ打ち切られたいのか。
「一番の理由は会議の長さです。その時によって変わりますが、およそ20時間も会議する時もあります。食事は出ますが、休憩など無しに一気に行うんですよ。
通常は何度かに分けて会議しますが、『めちゃイケ』は一度にまとめて行うので、スタッフは肉体的にも精神的にも疲弊してしまいます」

さらに、もうひとつの長寿番組もスタッフのほとんどが打ち切りを期待しているという。

「TBSの『サンデーモーニング』ですね。ここの出演者Xの面倒臭さは業界でも有名ですが、気に入らないことがあるとスタッフを即座に変えたり、
VTRをゼロから作り直すように指示することも多々あります。また、この番組自体の視点や立ち位置が世間と乖離していることもあるので、
スタッフもあまり前向きに作れないんです。だから、早く終わってほしいと願うスタッフは多い印象ですね」(放送作家)

また、最近人気のあの番組に関しても打ち切りを期待する声が多いらしい。

「テレビ東京の『家、ついて行ってイイですか?』です。視聴率も世間の評価も高く、本来はうれしい限り。しかし、この番組は撮影に関して本当に苦労します。
ロケに協力してくれる人を探すのが本当に大変なんです」(テレビ番組関係者)
たしかに家までついて行くとなれば、なかなか了承はもらえないだろう。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171008/Tocana_201710_post_14538.html
no title

【スタッフが“打ち切り”を期待する人気番組3つ「めちゃイケ」「サンモニ」「家、ついて行ってイイ?」wwwwww】の続きを読む