芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

スカーレット

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/28(土) 08:22:18.90
※以下、最終回の内容を含みます。

NHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜、午前8時)の最終回が28日に放送された。

最終回で、主演の戸田恵梨香(31)演じる川原喜美子は、息子の武志と信楽の仲間とびわ湖に出かけ、すがすがしい思いに満たされる。武志は闘病しつつも作陶を続け、そばで喜美子も陶芸に励む日々。喜美子は武志との時間を大切に過ごす。そして喜美子に強く抱きしめられる武志の姿が描かれ、2人は幸せを胸に刻むと、舞台は2年後に移り、フィナーレを迎えた。

その結末にネットでは「楽しい半年だった。すごく良かった…。力強いラスト。終わるの寂しい」などの声があがった。

物語は焼き物の里の滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとなる主人公、川原喜美子の波乱の人生を描いた。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

スカーレット「力強いラスト」最終回で“ロス” 
3/28(土) 8:15 日刊スポーツ 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-23280018-nksports-ent 

スカーレット「力強いラスト」最終回で“ロス” 
戸田恵梨香(2019年9月11日撮影) 
no title

【【朝ドラ】スカーレット「力強いラスト」最終回で“ロス” ← テレビ大好きだもんなwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/22(日) 06:33:33.81
 NHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/毎週月~土曜8時ほか)最終週「炎は消えない」が3月23日~28日に放送される。

 武志(伊藤健太郎)の、器の中で生きている水を表現した作品が完成し、喜ぶ喜美子(戸田恵梨香)。しかし同じ病気で亡くなった高校生からの手紙を受け取って、心情を初めて吐露する武志に、そのつらさを改めて思いやる。そんな2人に、作品についての意外な気づきが光をもたらし、生きていることを実感する。

 信作(林遣都)の発案で信楽で「みんなの陶芸展」を開くことに。喜美子は陶芸教室の生徒と共に、自らも出品しようと決める。武志もさらに作品を作り始める。直子(桜庭ななみ)は武志と真奈(松田るか)をドライブに誘い出し、2人の様子に、お互いを思い合う愛情を見てとる。

 一方、喜美子は八郎(松下洸平)と共に、武志と過ごす日々の愛おしさをかみしめる。そして、いよいよ「みんなの陶芸展」。照子(大島優子)の家族をはじめ、草間(佐藤隆太)やちや子(水野美紀)が訪れる。ジョージ富士川(西川貴教)もやって来て、喜美子が陶芸家として活躍していることを喜んでくれる。ジョージが呼びかけ、大きな紙に「今日が私の一日なら」をそれぞれに書くことに。変わらぬ日々は特別な一日であるという武志の思いに、喜美子は、みんなで琵琶湖へ行くことを思いつく。

 連続テレビ小説『スカーレット』はNHK総合テレビにて毎週月曜~土曜8時放送。
3/21(土) 8:15 クランクイン! 
『スカーレット』次週ついに最終週「炎は消えない」 
https://www.crank-in.net/news/75045 
『スカーレット』最終週「炎は消えない」 (C)NHK 
no title

no title


【【朝ドラ】『スカーレット』 ついに最終週「炎は消えない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/02(月) 05:14:45.58
女優の桜庭ななみが1日、自身のインスタグラムを更新し、NHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)について、自身がクランクアップを迎えたことを報告。
ヒロインを演じている戸田恵梨香との2ショットをアップし、ファンから「お疲れ様でした」「素敵な朝ドラをありがとうございました!!!」といった労いの言葉が寄せられている。

 桜庭が「昨日ひと足先に『スカーレット』クランクアップしました?」と投稿したのは、花束を抱える自身と、姉の喜美子を演じた戸田が寄り添いあう2ショット。
桜庭は「私は7月から撮影に入り14歳から43歳までの川原直子を演じましたが、この撮影期間の中で川原家の時間の流れを感じることができてとても幸せでした」と撮影を振り返った。
また、「まだ放送は続くので、ぜひ最後までお楽しみください!!」と、いよいよ終盤に差し掛かっている作品をアピールしている。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

引用:「桜庭ななみ」インスタグラム(@nanamisakuraba_official)

『スカーレット』桜庭ななみ、戸田恵梨香と“美人姉妹”2ショット 「直子大好き」の声 
公開日:2020/3/1 17:30 クランクイン! 
https://www.crank-in.net/news/74422/1 

nanamisakuraba_official 
https://www.instagram.com/p/B9JrvojHkBz/ 

no title



  【『スカーレット』桜庭ななみ、戸田恵梨香と“美人姉妹”2ショット】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/01(日) 05:08:22.89
 女優の戸田恵梨香が、29日大阪市内で、ヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/毎週月曜~土曜8時ほか)のクランクアップを迎えた。
11ヵ月間にわたる撮影を無事“完走”した戸田は「やりきりました」と笑顔を見せ、「自分にとって財産となる時間を過ごすことができました。笑顔で支えてくれたスタッフのみなさんに感謝です」と感謝の言葉を述べた。

 連続テレビ小説の第101作目となる本作は、滋賀県・信楽を舞台に幾多の困難を乗り越え、女性陶芸家の草分けとして活躍する・川原喜美子(戸田)の人生を描く。

 昨年4月に始まった撮影を無事終了した戸田は花束を手に「やりきりました。役を生きられたなと感じる作品が今までいくつかありましたが、喜美子という女性を生きることにまったく違和感がなく、無理がなくて、自然と家族と一緒に年を取ることができました」と充実感を見せる。
「『スカーレット』は日常の小さな幸せがとてつもなく幸せなんだというテーマで描いていました。私自身も幸せで、撮影の約1年間が日常となっていました。その日常があしたからなくなると考えると不思議な感覚です。
いまだに終わったなという感覚がありません。あすあさってもこの場所にいそうなほどです」と今の率直な気持ちを明かした。

 「作品としては、喜美子に試練が続きます。けれど、本気で自分の人生を生きているひとりの女性の姿を通して、多くの人たちに力を渡せる作品になると思うので、力強い喜美子を見守ってもらえたらいいなと思います。
『しあわせのかたち』っていうのは人それぞれ。喜美子が出すその答えを、楽しみに見てもらえたらいいなと思います」と、まだまだ続く喜美子の波乱万丈なストーリーについて視聴者へメッセージを送った。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

戸田恵梨香、『スカーレット』笑顔でクランクアップ!「財産となる時間を過ごすことができた」 
公開日:2020/2/29 20:45 クランクイン! 
https://www.crank-in.net/news/74413/1 
連続テレビ小説『スカーレット』のクランクアップを迎えた戸田恵梨香(C)NHK 
no title

no title



【戸田恵梨香、『スカーレット』笑顔でクランクアップ! ← 最初だけだったな・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/27(木) 07:05:30.94
戸田恵梨香が主人公の陶芸家・川原喜美子を演じ、視聴率でも好調が続く連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)。今週月曜から、「スペシャル・サニーデイ」と題した特別編がスタート。朝ドラでは異例となる放送中のスピンオフに、視聴者から困惑する声が出ている。なぜこのタイイングでスピンオフなのか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 残り5週の放送と大詰めの朝ドラ『スカーレット』に異変が起きています。

 24日(月)から放送されている第21週「スペシャル・サニーデイ」にヒロインの川原喜美子(戸田恵梨香)はほとんど登場せず、メインは幼なじみの大野信作(林遣都)と妹の百合子(福田麻由子)夫妻。残りわずかの放送になったところで、喜美子の人生を描く本編ではなく、事実上のスピンオフを放送しているのです。

 これを受けてネット上には、「何で喜美子がいないの?」「早く本編を進めてほしい」などと困惑の声が飛び交っていますが、無理もありません。ヒロインが不在である上に、放送は残り1か月のみ。また、穴窯の窯焚きが初めて成功したシーンのあと、陶芸家として成功するまでの7年間を省いたことが物議を醸していただけに、「肝心なところをすっ飛ばしてスピンオフを入れるのか!」と嘆く気持ちは理解できます。

 本来、朝ドラのスピンオフは、本編終了後に放送されているもの。だからなのか、制作サイドは第21週の放送を「スピンオフ」と明言していないようです。そのため、「本編の放送回数を削ってまでなぜ今これを放送しなければいけないの?」という不満が挙がるのは当然でしょう。

 はたして本編放送中のスピンオフは、どんな意味があり、どんな未来を暗示しているのでしょうか?

◆民放連ドラに似た小刻みな章立て

 本編放送中のスピンオフが意味するのは、「本編の物語が減る」ということ。ネット上には「終了までの時間稼ぎ」「ネタ切れなのか?」などの厳しい声も飛んでいますが、これは本編に対する期待の表れにほかなりません。「スピンオフは本編を減らすほど面白い話なのか」と言いたいだけで、単に不満の声をあげているわけではないでしょう。「本編放送中にスピンオフをはさむ」は、それだけハードルの高い構成なのです。

 また、視聴者の中には陶芸家として成功したところが『スカーレット』のクライマックスであり、2月5日の放送以降は「すべてサイドストーリーであり、スピンオフに近いもの」とみなしている人も少なくありません。朝ドラは近年、「主人公が仕事で成功を収めたあとの残り数週間をどう描くか」という課題を抱え、視聴者から「息切れ」「尻すぼみ」などと指摘されるケースが続いていました。

 視聴者のドラマを見る目が厳しくなり、民放の連ドラですら放送回数を減らす中、週6日で半年間放送するのは、やはり難しいのでしょう。だからこそ制作サイドが「それなら放送中にスピンオフをはさむ形はどうだろう」とトライアルするのも合点がいくのです。

 さらに、スタッフサイドの事情として有力視されているのが、働き方改革の影響。このところ朝ドラは、クランクインの時期を早めたり、今春スタートの『エール』以降は週5日放送に減らしたりなど、働き方改革を踏まえて制作体制を変えています。

2020.02.26 16:00 
https://www.news-postseven.com/archives/20200226_1544282.html?DETAIL 
no title

【朝ドラ、スカーレットに批判殺到、あれだけ面白いって騒いでいたすずアンチはどこへwwwww】の続きを読む