芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

ザブングル

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/07/30(火) 11:59:42.12
吉本興業の“闇営業問題”を巡る騒動が連日報道されているが、ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ・ザブングル(松尾陽介、加藤歩)も反社会的勢力の会合に出席していたことで謹慎処分を受けたことを覚えているだろうか。同じ事務所に所属するロッチの中岡創一が彼らの近況に触れている。

『ロッチ中岡』Twitterで7月28日、「カッチカチの人達もいろいろ活動してるみたいです。僕の先輩です」と紹介したのは『カイゴメディア』による特別インタビュー記事だった。

それによるとワタナベエンターテインメントは「ボランティア活動は対外的に広報するべきではないと考えております」との意向で一切取材を受けておらず、当初はやはり断られたという。それでも介護業界からの注目度を繰り返し話して理解を求め「介護をテーマに発信する『カイゴメディア』ならば」とインタビューが実現したものだ。

7月28日付のインタビュー記事には、松尾陽介と加藤歩がご年配の方々に寄り添い、コミュニケーションをとろうとする姿が見られる。「ボランティアをしっかりとすることで、自分たちも変わっていきたい」と申し出た2人だったが、介護技術や知識、コミュニケーションなどにおいてあまりに無力だと思い知った。

だがはじめこそ足手まといだと感じていたものの、努力を重ねて今では「お手伝いできる段階まで教えてもらい感謝しかない」と思えるまでになったという。

ロッチ中岡が紹介したインタビュー記事から、ザブングルがどのようなことをやっているのかを知ったフォロワーは「元を辿れば賞賛されるような事では無いですが…見ていて応援したくなりました」、「素晴らしい先輩をもっていて羨ましいです。間違いを犯してもその後の行動ですよね。介護士の立場ですが介護の現場で発信して下さり感謝です。芸人に復帰されたら応援しますね」、「何だろう。泣けたぁ。いろんなことに『ありがとう』を言いたい」などの反響が寄せられている。

http://japan.techinsight.jp/2019/07/maki07291759.html 
2019.07.29 


no title

no title

no title

no title

no title

【ザブングルがボランティアする姿をロッチ中岡が紹介】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/07/02(火) 11:34:03.43 ID:4tatQZgt9
反社会勢力への闇営業が発覚し、昨日、所属する大手芸能事務所のワタナベエンターテインメントから今年8月末までの謹慎期間が発表された、お笑いコンビ、ザブングルが2日、同事務所に出勤した。謹慎期間中、ボランティア活動と同事務所の事務サポート業務を行うことも発表されている。

同事務所に出勤したザブングルの2人は、日刊スポーツの取材に「謹慎期間中にしっかり反省したいと思います」と頭を下げ、「詐欺グループの被害者の方やファンの皆様、関係者様に対して、大変、申し訳ないと思っております。深く反省しています」とコメントしている。

謹慎期間中は、事務業務のサポートやボランティアなどを行うとしており、所属事務所は「昨日の発表からボランティアの受け入れの問い合わせが電話などで20件以上、頂きました。本人たちも『本当に、ありがたいです』と感謝しており、近日中に、ボランティア先も決めたい」としている。

同事務所が1日に発表した文書では「今回の事件の重大さを痛感しておりますが、過ちを犯した所属タレントに対しては過ちを厳しく追及し、真摯(しんし)に反省させ、今後同様のことが行われないよう再発防止策を講じることが多くのタレントを抱える芸能プロダクションのとしての弊社の役割、使命であると考えております」とし、コンプライアンス徹底のため弁護士や警察関係者も含めた社内セミナーを実施予定だという。

日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201907020000244_m.html?mode=all
ワタナベエンターテインメントに出勤したザブングルの松尾陽介(左)と加藤歩
no title

【謹慎ザブングル ボランティア問い合わせ20件以上】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/06/15(土) 22:27:24.57 ID:aSQub3cA9
先週発売号で、お笑いコンビ・カラテカの入江慎也の仲介による闇営業の実態を報じた「フライデー」(講談社)だが、発売中の今週号でも闇営業をこなしていた新たな芸人を実名で報じている。

同誌の先週号では、2015年に男女計40人が逮捕された振り込め詐欺グループが14年末に催した忘年会に入江を始め、
入江の仲介で雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成らが出席していたことを報じ、騒動に発展した。

今週号では、その忘年会の約半年前に行われた首謀者の誕生会での闇営業を写真とともに報道。入江の仲介でムーディ勝山、お笑いコンビ・天津の木村卓寛、くまだまさしらが出席し、ネタを披露していたという。
「もっと強力なネタの続報が期待されていたが、ネームバリューがいまいちな芸人ばかり。宮迫らに比べてインパクトは弱かった」(芸能記者)

入江の仲介で闇営業をこなしていたのは、入江が6月4日付で契約を解除された吉本興業の芸人ばかりかと思われた、実はそうではなかったという。
「先週号の写真が解析され、すでにネット上では拡散しているが、ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ・ザブングルも出席して芸を披露していた。ところが、『フライデー』は実名を出さず。その理由について様々な憶測が飛び交っている」(同)

そして、気になる実名報道がなかった理由なのだが…。
「以前は売れていたが、今はすっかり勢いがなくなったのが大きいし、所属事務所との関係が悪化するのを避けたようです。とはいえ、当然、事務所も把握しているので、今後、ザブングルは干されることになりそう」(出版業界関係者)

闇営業が発覚した“罪”は重いようだ。

2019年6月14日 23時0分 リアルライブ
https://news.livedoor.com/article/detail/16621139/
no title

【<闇営業報道>出版業界関係者「今後、ザブングルは干されることになりそう」】の続きを読む