芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

サイン

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/07/19(金) 12:45:53.91
大森南朋を主演に迎えこの7月から放送開始した「サインー柚木貴志の事件ー」の第2話が7月18日放送。飯豊まりえの迫真の演技と「東方神起」の主題歌に、SNSでは大きな反響が巻き起こっている。

本作は遺体の声なき声に耳を傾け続ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠ぺいする権力社会に立ち向かっていく法医学サスペンス。

その愚直すぎる態度から“パワハラ”呼ばわりされる法医学者・柚木貴志に大森さん。柚木の元で働く新人解剖医・中園景に飯豊さん。柚木と対照的に権力に“忖度”していく法医学教授・伊達明義に仲村トオル。女性初の捜査一課長を目指す警視庁捜査一課管理官・和泉千聖に松雪泰子、部下ながら千聖に馴れ馴れしい態度を取る若手刑事・高橋紀理人に高杉真宙といったキャスト。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
中略

…絶体絶命となった景を演じた飯豊さんに「可愛いだけでなく迫真の演技が良かった」などの声とともに「景ちゃんの明るさと頑張ってる姿で気持ち良く観ていられる。飯豊まりえちゃん良きです」と、その演技を讃える感想が。


また「ミラーズが凄ーくマッチしてて次回が楽しみになる」「印象的なチャンミンの高音に痺れた」「ミラーズが流れて、はっ!とした。絶妙だよ」「最高にドラマを引き立ててる」など、「東方神起」が歌う主題歌「ミラーズ」にも多くの視聴者から賞賛のツイートが続々と寄せられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00000001-cine-movi 
7/19(金) 8:55配信 

no title

【飯豊まりえに「迫真の演技が良かった」主題歌も絶賛の声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
d2debf38

1: なまえないよぉ~ 2018/08/21(火) 08:19:00.76 ID:CAP_USER9
最上もがさんのツイート
no title

アイドルはストーカー紛いのファンに悩まされることが少なくない。アイドルグループ「でんぱ組.inc」の元メンバー・最上もがさん(29)は8月18日の午後10時頃、駅でサインを求められて困ったことを明かした。

「駅で待ち伏せされて、サイン下さいと言われて、前にブログでも書いたんですけど平等じゃないから出来なくて断ったら、『ファンなのにサインもらえないんですか?』と言われて哀しくなった。周りもざわざわするし帰宅時だし一気に怖くなってしまった。ファンと言えばなんでも有りなのだろうか」

昨年5月にはブログに「遭遇時の写真撮影やサインはNG」とルール掲載

そのすぐ後には「めちゃくちゃ怖くて泣きそう。久しぶりだこういうの」ともツイート。自宅近くの駅で待ち伏せされ、怖い思いをしたようだ。さらに、こう続けている。

「一度断っても何度も言ってくるのは転売目的なのかなと思うので、ファンなのかも疑いますが、周りに人が多かったり、帰りの時はなかなかキツくて、(つけられることもたまにあったので)こういうのは減って欲しいなと思います」

最上さんは昨年5月、ブログに「自分ルール」というタイトルで、ファンとの交流におけるルールを記載している。そこでは、街中で見かけた際の声掛けは

「堂々と(?)歩いているときは仕事のロケの場合が多いので、そういうときは大丈夫」であることや、写真撮影は「どこでも写真が取れたら、わざわざイベントにきてグッズを買ってくれた方に平等ではない」という理由で応じられないことなどを明記していた。

サインについては明言していなかったものの、でんぱ組時代は「イベント以外で会った時、握手もサインも写真も、喋る事も基本的には禁止されていました」と説明。写真撮影と同じように、応えられないというのが主張のようだ。

芸能人のサインを集め、転売する人は珍しくない。今年1月には、歌手の西川貴教さんが「品川駅などで有名人見つけては『サイン下さい』ていうみんな、持ってるカバンの中から分厚い色紙の束が見えてる」とツイッターに投稿。「この後ネットで販売しますが、書いてもらえますか?って言おうね」と苦言を呈している。

「そんなことする奴はファンでもなんでもない」「サインくらいよくない?」

このツイートに対し、ファンからは、最上さんを応援するツイートが相次いでいた。本当のファンなら好きなタレントに不快な思いはさせない、たとえ芸能人であってもプライベートは尊重されるべきだという意見が多い。

「そんなことする奴はファンでもなんでもないでしょう…」
「サイン出来るタイミングとかプライベートの経路上に待ち伏せとか。それはファンならしないわなって思うんだが」

しかし、中には「サインくらい、よくないですか?何様ですか?」などと反論する人もいる。こうしたコメントには他のツイッターユーザーから「何様とかどの立場とかそっくりそのまま返してぇぜ!」というツッコミが入っていた。

サインくらい、よくないですか?何様ですか?

? ヲモチ (@womoti1006) 2018年8月18日

とち狂った上から目線でワロタ??
何様とかどの立場とかそっくりそのまま返してぇぜ!

? 雪せんべー (@y_Ki_snB_sndyr) 2018年8月20日


最上もが?認証済みアカウント? @mogatanpe
https://twitter.com/mogatanpe/status/1030836845167276032

【最上もが、駅で待ち伏せてサインねだるファンに苦言 「断っても何度も言うのは転売目的かと思う」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
70f7ed14a8cbfb72e6032ef8fb28d203

1: なまえないよぉ~ 2017/07/23(日) 22:47:31.86 ID:CAP_USER9
ロックバンド、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットイラストなどで知られる人気イラストレーターの中村佑介氏が、佐川急便の配達員からサインを求められたとして不快感を示した。

 中村氏は23日、「昨日、僕が不在中に、自宅に来た佐川急便の配達員さんにゾッとした」とツイート。中村氏の妻が受け取りサインを書いた後に「イラストレーターの中村佑介さんのサインもらえませんか?」と頼まれたそうで、「いろんな意味でルール違反です」と指摘した。

 中村氏は、「もちろん地域や人によるのはわかってるけど」と前置きした上で、以前にも佐川急便で似たような例があったことを明かす。「送られる場合は、こちらが運送会社を選べないことが多いので、最低限の社員教育の伝達は、お願いします。それ以外は特に不満は感じませんので」とつづっている。

2017年7月23日 20時14分 日刊スポーツ
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13376300/

【<人気イラストレーター>佐川急便の配達員からサインを求められたとして不快感!】の続きを読む