芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

ゴクミ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/11/11(日) 11:01:56.32 ID:CAP_USER9
第1作(1969年)の公開から来年で50周年ということで「男はつらいよ50 おかえり、寅さん(仮題)」が製作されることに。
製作発表会見の場に、もちろん寅さん(渥美清[1928~1996])の姿はなく、主役は23年ぶりの女優復帰という後藤久美子(44)である。“おかえり、ゴクミ”状態で、彼女の人気は衰え知らずのようで――。

 ***

製作の松竹は「シリーズ第50作」と謳っているが、「男はつらいよ」って第48作「寅次郎紅の花」(1995年)が最後だから、本来、新作は49作じゃないの? という疑問はさておき――。

ゴクミが女優に復帰だそうだ。それもスイスのジュネーブで元F1ドライバーのジャン・アレジ(54)と悠々と暮らすゴクミの元に、“松竹の天皇”山田洋次監督(87)がわざわざ長文の手紙を送ってのオファーだったという。

no title


「ジュネーブの自宅に山田監督からお手紙をいただきまして、『こういう作品を作りたい。それにはどうしても君が必要だ。
どうにか考えてもらえないか』と。その長いお手紙を読んで、監督の『男はつらいよ』に対する大きな愛情、今作への情熱がひしひしと感じられ、引き受ける、受けないを、私が考慮する権利はないと。
山田監督から呼び出されたら、二つ返事で向かうんです。ハイって」(ゴクミ)

山田監督をして「どうしても君が必要だ」と言わしめるゴクミのことを、若い方はご存知ないだろう。
なにせ23年ぶりの女優復帰である。いまや長女でモデルのエレナ・アレジ・後藤(21)が、日本で芸能活動をしているくらいなのだから。

ゴクミとは何者なのか、芸能記者に解説してもらおう。

「小学生の頃からモデル活動をしていましたが、84年にオスカープロモーションのオーディションに応募して4万8000人の中から1位を勝ち取りました。
女優デビューは86年、『テレビの国のアリス』(NHK)でヒロインをつとめ、翌87年の大河『独眼竜政宗』(同前)では主演の渡辺謙の奥方になる愛(めご)姫の少女時代を演じて、
“国民的美少女”として人気に火がつきます。
オスカーは早速、この年から、“第2のゴクミを探せ”と“全日本国民的美少女コンテスト”をスタートさせます。
のちに米倉涼子(43[92年・審査員特別賞])、上戸彩(33[97年・審査員特別賞])、剛力彩芽(26[02年・予選敗退])、武井咲(24[06年・マルチメディア賞およびモデル部門賞])らを生んだミスコンです。
ゴクミがオスカーをモデル事務所から芸能事務所に発展させた立役者であることは有名な話。
賀誠一社長(76)のお気に入りで、女優活動を離れたいまもオスカー社員の名刺にウラには所属タレントのトップとしてゴクミがプリントされています」

さて、女優としてはどうだったのか。

「古賀社長は、オーディションからデビューまでの2年間、ゴクミに歌や演技の英才教育を施したと後に語っています。
確かに大河をはじめドラマにも立てつづけに出演しましたし、デビュー映画『ラブ・ストーリーを君に』(88年)では日本アカデミー賞の新人俳優賞は受賞していますが、その後の受賞はなかったはずです。
実際、いつまでたっても台詞は棒読みでしたし、“演技が上手い”という話は聞いたことがない。ただし不思議なことに、“ゴクミは芝居が下手”と酷評するのも聞いたことがありませんね」

http://news.livedoor.com/article/detail/15578078/
2018年11月11日 7時0分 デイリー新潮

https://www.youtube.com/watch?v=vAQuwiq0YO0


後藤久美子 teardrop(1987年)

【後藤久美子が23年ぶりに女優復帰 演技力は?でも大御所から大人気のナゾを解く】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/11/04(日) 12:17:51.54 ID:CAP_USER9
女優の後藤久美子さんの長女、エレナ・アレジ・後藤さん。フランス・アビニョンで生まれ、昨年9月に女性ファッション誌の表紙で日本のメディアに初登場した。
今年、来日して日本での芸能活動を本格的にスタート。
モデルをしながら、現在は「アクションや演技のレッスン中」というエレナさんに聞いた。

エレナさんは、1996年11月19日生まれ。
父は、元レーシングドライバーのジャン・アレジさん。フランス語、英語、日本語、イタリア語を日常会話として話すことができる。
2017年10月から米倉涼子さんらが所属する芸能事務所「オスカープロモーション」に所属。
今年7月のバラエティー番組「踊る! さんま御殿!!」(日本テレビ系)でテレビデビューし、9月には日本最大級のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward(ガールズアワード) 2018 AUTUMN/WINTER」で初めてランウエーを歩いた。

エレナさんは英国の映画制作専門学校に通い、映画監督になりたいという夢も持っている。
「小さいときから、いつもモデルの仕事がしたかった」と振り返りながらも、今は「とにかく、お芝居がやりたいので、今はアクションや演技のレッスン中です」と女優業への思いを明かす。
アクションの腕は「まだまだです」と照れ笑いしながらも、「ちょっとずつ良くなってきているので頑張ります」と意欲を見せた。

日本デビューとなった女性ファッション誌「Richesse(リシェス)」(ハースト婦人画報社)のインタビューで「母から受け継ぎたいものがあるとしたら、それは家族へささげる愛。いつか私も母になる日が来たら、彼女のようになりたいと思う。ずっとずっと憧れです」と話していたエレナさん。
両親は、日本での芸能活動に「信頼してくれて、応援してくれています」とにっこり。

この秋冬のファッションについては「ロングコートとかブーツ、オーバーサイズのセーターがほしい。いつも黒ですが、今季はネオンカラーのアイテムも気になる」と21歳らしいキュートな笑顔を見せていた。

母の久美子さんは、2019年12月27日公開の「男はつらいよ50 おかえり、寅さん」(仮題、山田洋次監督)で23年ぶりに映画に出演する。
エレナさんと女優同士の母娘共演が見られる日も来るかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00000001-maikirei-ent

エレナ・アレジ・後藤
no title

no title

後藤久美子とエレナ・アレジ・後藤 母娘
no title

【【七光り】ゴクミの娘・エレナ・アレジ・後藤、女優業にも興味「アクションや演技のレッスン中」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/12/25(月) 05:04:41.57 ID:CAP_USER9
元F1レーサーのジャン・アレジ氏(53)と女優・後藤久美子(43)の長女・エレナ アレジ 後藤(21)が、女性誌『25ans』で新連載している「美のかけら」の2回目(2018年2月号)では、母“ゴクミ”とのプライベートショットを披露。
さらにイケメンの弟・ジュリアーノさんとの仲良し写真も公開している。

 同連載は、2018年1月号(11月28日発売)にスタートし、記念すべき1回目は、エレナのプライベート写真とともに“16の質問”で本人をプロファイルした。
第2回目では、Q&Aでプライベートを直撃し、彼女の大好きな家族や友人などの写真と共に届ける。

 質問では「好きな作家は誰ですか?」「健康美の秘訣を教えてください」「最近観た映画でおすすめは?」「2018年に挑戦したいことは?」などに答える。
ちなみに「好きな男性のタイプは?」の問には「ユーモアがあって心が広い男性。
良い友達からスタートできるような人がベスト」といい「将来のパートナーになる人とは、さまざまな場所へ旅をして、いろんなことをシェアしたり一緒に発見したいです」と“結婚観”についても明かしている。

 また、同月号の表紙は、カバーガールの森星と、『新春浅草歌舞伎』の公演が待たれる尾上松也、中村歌昇、坂東巳之助が共演し、きもの姿で晴れやかに表紙を飾る。

2017-12-25 05:00 

ゴクミの娘・エレナ、弟との写真公開 連載2回目はタイプの男性も告白 

 
エレナ アレジ 後藤、弟とのプライベート写真 Photos:HELENA ALESI GOTO
no title

エレナ アレジ 後藤のプライベート写真 Photos:HELENA ALESI GOTO
no title

『25ans』2018年2月号表紙カット
no title

https://www.oricon.co.jp/news/2102869/full/

【ゴクミの娘・エレナ、弟との写真公開 これどうすんのwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/09/26(火) 04:39:27.19 ID:CAP_USER9
女優の後藤久美子(43)、フランスの元F1レーサーのジャン・アレジ(53)夫妻の長女エレナ・アレジ・後藤(20)が芸能界デビューすることが25日、発表された。28日発売の雑誌「Richesse(リシェス)」、「25ans(ヴァンサンカン)」に、それぞれ母とツーショットで登場。
10月1日から母と同じオスカープロモーションに所属し、本格的に活動していく。

 エレナは現在、英ロンドンの映画学校に通っており、今秋に卒業予定。年末から日本に拠点を置き、タレント活動を行っていくという。
仏語、日本語はもちろん、英語、イタリア語も日常会話レベルで、さらにドイツ語、ロシア語の計6か国語が堪能な“世界的美少女”。映画監督になる夢を持っているが、モデルや女優業にも興味を持っているという。
オスカーは「語学力やキャラクターを生かして、可能性があることに幅広くチャレンジさせていきたい」としている。

 「リシェス」では母とともに表紙を飾り、6ページのインタビューにも登場。伊ベネチアで撮影を行い、サン・マルコ広場のカフェ「フローリアン」やブルガリのブティックで初仕事に臨んだ。
ゴクミは「こんな服やジュエリーも似合う年齢になったんだな、と改めて思いますね」と言いながら「お父さんに送らなきゃ」とエレナの姿を携帯電話で撮影。エレナも臆することなく「お母さんと一緒に写真を撮られるなんてうれしい」と無邪気に喜んでいたという。

 エレナは「いつか私も母になる日が来たら、彼女のようになりたい。ずっとずっと憧れ」と母に感謝。ゴクミは「(私とは)別の人生をエンジョイしてほしいと思う。私とは性格的に全く違うけれど、だから面白い。
彼女の人生を見ることで、もしかしたら歩めたかもしれない別の人生に触れられるようで、それも面白い」と期待を寄せている。

 ゴクミは現在、スイスとフランスに生活の拠点を置いて暮らしている。夫のアレジはF1レーサー時代からぶどう園を経営してワインを製造するなど、実業家としても知られ、総資産は一部で数百億円とも言われている。
エレナの他に長男のジュリアーノ(18)、次男のジョン(10)がおり、ジュリアーノは15年から父と同じレーシングドライバーとしてF1の舞台を目指している。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


芸能界デビューするエレナ・アレジ・後藤(右)と母の後藤久美子
no title

2017年9月26日4時0分 スポーツ報知 

ゴクミの娘エレナ、芸能界デビュー10月から母と同じオスカープロへ 

 
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170925-OHT1T50261.html

【ゴクミの娘エレナ、芸能界デビュー10月から母と同じオスカープロへ】の続きを読む