芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

コラボ

1: なまえないよぉ~ 2018/04/12(木) 05:03:09.18 ID:CAP_USER9
 タレントのベッキー(34)が、世界的ブランド「エンポリオ・アルマーニ」と初コラボした。11日に開設された国内外のファッションとカルチャーを紹介するサイト「The Fashion Post」のファッションストーリーで、同ブランドの2018春夏シーズンの新作をまとって登場した。

 「freEAdom」をテーマに、ベッキーはブランドロゴが大胆にあしらわれたシースルーワンピース、チェックカラーのダブルジャケットなど全4着を着こなし、モードな一面を披露。春の陽光に照らされる中、大人っぽい表情を見せている。

 ベッキーは「正直にいうと、アルマーニを着させていただくのは、もうちょっと歳を重ねてからかなぁなんて思っていたんですが、お洋服をみて、“ズバリ、今着たい服!”と思いました。若い子たちも手を伸ばしたくなるような、春らしいすてきなデザインがたくさんあります。たくさんの方に見ていただけたらうれしいです」とコメントした。

2018年4月11日23時2分 スポーツ報知 
ベッキー「エンポリオ・アルマーニ」と初コラボ!モードなファッションを披露 

 開設されたファッションサイト「The Fashion Post」で「エンポリオ・アルマーニ」のファッションを披露したベッキー
no title

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180411-OHT1T50250.html

【ベッキー「エンポリオ・アルマーニ」と初コラボ!モードなファッションを披露】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/02/17(土) 19:52:13.60 ID:CAP_USER9
歌手森口博子(49)が17日、都内で、新曲「鳥籠の少年」の発売記念イベントを行った。

 同曲は、SANKYOのパチンコ機「CRフィーバー機動戦士Zガンダム」の搭載曲。85年のデビュー曲「水の星へ愛をこめて」も、テレビアニメ「機動戦士Zガンダム」のテーマソングで、今回は約33年ぶりのZガンダムとのコラボレーションだった。

 「感慨深いものがあります。もうすぐ平成が終わろうとしている移り変わりの激しい時代に大感激。ファンのみんなと私たちが積み上げてきた時間、人生が詰まっています」と話した。

 新曲の聞きどころは「イントロからアドレナリンが出るぞくぞく感。一度聞いただけでテンションが上がります。日常生活の中で苦悩や戸惑いがあったとしても、心の殻を破って、一歩踏み出すことの大切さが込められている」とアピールした。

 カップリングには、平和への祈りを込めて作詞した「生命の声」、ボーナストラックには「水の星へ愛をこめて」を発売当時の音源のままで収録している。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201802170000649.html 
2018年2月17日19時30分 

 
no title

【森口博子、33年ぶりZガンダムとコラボで新曲発売「感慨深い」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/13(水) 23:15:53.83 ● BE:829826275-PLT(13931) ポイント特典
欅坂46『FNS歌謡祭』の「けものフレンズ」コラボにファン批判合戦勃発! 「コラボするな」「アイドル引っ込め」罵詈雑言でよぎる「アノ」大事件......

 2夜に渡って放送される音楽特番『2017 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)。その最終日が今月13日19時からスタートする。
 前回の放送では、TOKIO・長瀬智也と奥田民生やX JAPANのToshlとゴールデンボンバー・鬼龍院翔など、普段お目にかかれない豪華コラボが実現。毎年恒例となった有名アーティスト同士のコラボが、大きな注目を集めた。
 
 そして今回の放送では、人気作から懐かしのアニソンが多く披露される予定だ。かつて社会現象を巻き起こした『新世紀エヴァンゲリオン』の名曲「残酷な天使のテーゼ」を高橋洋子とアニソン界の女王・水樹奈々が歌う。また、人気アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の涼宮ハルヒ役を務めた声優の平野綾が、OP曲「ハレ晴レユカイ」でNMB48山本彩&乃木坂46松村沙友理とコラボを行う。
 
 そして今回、最も注目を浴びているのが、今年大ブームを起こしたアニメ『けものフレンズ』OP曲「ようこそジャパリパークへ」を、ビスケッツ×PPPとアイドルグループ・欅坂46がコラボする企画だ。人気者同士の共演に、ネット上では「すごく嬉しい」「まさかの共演に驚き」と大きな話題を呼んでいるが......。
 
 このコラボに対し、不満の声が多く上がっていることも確かだ。

「欅坂46、けものフレンズともに熱狂的なファンがいますが、この共演をよく思わない人も多いです。けものフレンズファンからは今回の共演に対し『欅坂には合わない』『アイドルは出てくるな』といった声が相次いでいます。

それは欅坂46ファンも同様のようです。『アニメファンはすぐコラボ批判よね』『ルックス的に共演は......』と辛辣な意見が目立ち、ファン同士の言い争いが止みません。なんせ熱心なファンが多い両者ですからね。こうなるのも当然といえますが......」
http://biz-journal.jp/gj/2017/12/post_5319.html

動画
https://www.youtube.com/watch?v=Mntedh-rhjc



画像
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


【【炎上】FNS歌謡祭 欅坂46と『けものフレンズ』のコラボに批判殺到 「アイドル引っ込め」「コラボするな」wwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/12(火) 04:39:11.55 ID:CAP_USER9
シンガー・ソングライターの絢香(29)と歌手の三浦大知(30)がコラボレーションしたシングルCD「ハートアップ」が完成したことが11日、分かった。
「絢香&三浦大知」名義で、来年2月14日に発売される。プロデューサーにはヒットメーカーの小林武史(58)を迎えて、超強力なトライアングルを形成した。

 1987年生まれの男女の実力派ボーカリストが、美しいハーモニーを奏でることになった。
三浦はKREVA、ゴスペラーズ・黒沢薫、MIYAVIらを相手にコラボ経験が豊富だが、絢香は「WINDING ROAD」(07年)と「あなたと」(08年)をヒットさせた「絢香×コブクロ」以来、自身2度目の挑戦。
30歳の節目を迎えた同級生同士が、手に手を取った。

 今年4月に企画が立ち上がり、夏から楽曲制作がスタートした。
9月には音楽フェス「908 FESTIVAL 2017」でステージ初共演し、KREVAを加えた3人で1曲披露。お互いのパフォーマンス能力を確かめ合った。

 作詞・作曲は絢香が担当し、失恋からの成長がテーマのミディアムバラードに仕上げた。
今年のNHK紅白歌合戦に初出場する三浦は、激しいダンスナンバーを得意とするだけに、ソロとは一風異なるリズムを刻む。
アレンジを手掛けた小林からプロデュースを受けるのは、2人とも初めて。

 3人の魅力が結集した楽曲に、絢香は「大知さんとのデュエットや、小林武史さんの前向きな中に潜む切なさも感じられる素晴らしいアレンジにより、その世界観をより豊かに表現することができました」と満足げ。
三浦も「もともと絢香ちゃんの声をいちリスナーとして聴いていたときから、歌心や声の強さを感じていました。あらためて声の存在感の凄さを感じました」と“パートナー”に敬意を払っていた。

2017.12.12 

絢香&三浦大知 小林武史氏プロデュースで最強コラボCD 

 
コラボする絢香(左)と三浦大知 
no title

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/12/12/0010810548.shtml

【絢香&三浦大知 小林武史氏プロデュースで最強コラボCD 】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/11/29(水) 10:41:38.17
嵐とのコラボで歌詞間違い 乃木坂46の齋藤飛鳥が755で謝罪

28日、乃木坂46の齋藤飛鳥が、755の自身のアカウントで、嵐との生放送コラボでの歌い間違えを「本当に申し訳ない」などと謝罪した。

同日生放送された「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2017」(日本テレビ系)では、嵐のほか、ジャニーズWestなど多数のグルー
プが、ほかのアーティストや芸能人とコラボレーションを果した。

中でも「振り付けメドレー50曲」と題したブロックでは、嵐と乃木坂46が、嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」でコラボ。司会の櫻井翔が自ら
センターに立ち、バックを乃木坂メンバーが彩った。さらに曲中のラップパートは乃木坂メンバーが担当して舞台を盛り上げる。

ところが、歌い出しを担当した齋藤は「今日もテレビで言っちゃってる」を「今日もどこかで言っちゃってる」と、出だしから間違える失
態を演じてしまったのだ。同日、齋藤は755に謝罪文を投稿している。

・齋藤飛鳥の755その1
https://7gogo.jp/saito-asuka/98
齋藤は謝罪文の中で、パフォーマンス中は歌い間違えを「まったく気づかなかった」と、振り返る。また、嵐との共演を「珍しく緊張して
いた」と、ミスの原因として挙げた。今回の投稿を、嵐ファンに向けての謝罪文であることを強調している。

・齋藤飛鳥の755その2
https://7gogo.jp/saito-asuka/99
なお、齋藤は小学生時代に「A・RA・SHI」のラップ部分をフルで歌えたそうで、自身でも考えらないミスだという。投稿では「心から反省
しております」とし、反省文を結んでいる。
http://news.livedoor.com/article/detail/13954950/

日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2017

vkjg171128-2104560100


齋藤飛鳥 

no title

【【乃木坂46】齋藤飛鳥 「嵐の皆さんと嵐ファンの皆さん、本当に申し訳ない」 嵐とコラボで歌詞間違い謝罪】の続きを読む