芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

キャラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
fe0ba074

1: なまえないよぉ~ 2019/02/17(日) 23:50:44.00 ID:+WkmaoyZ9
タレントのベッキーが、プロ野球・読売巨人軍の片岡治大2軍内野守備走塁コーチと結婚したことを、13日に自身のインスタグラムで発表した。2016年1月に世間を騒がせた、ゲスの極み乙女。の川谷絵音との"ゲス不倫騒動"から、気が付けば3年の月日が流れた。

 10日放送のバラエティ番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演した際には、片岡コーチとの交際についても言及し、話題を集めていた。

 司会やバラエティ番組のレギュラーとして確固たる地位を築いていたベッキーだが、不倫発覚後は、芸能活動を自粛。同年5月の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で約4カ月ぶりにテレビに出演し、涙ながらに謝罪した姿は記憶に新しい。そんなベッキーが人気絶頂にあった時代は、“売れっ子”の権力を振りかざし、“女王様”という名にふさわしい存在であったようだ。

 ハーフタレントに限らず、キャラ被りは日常茶飯事の芸能界。中でもハーフタレントのトップランナーであったベッキーが、最も警戒していたのがタレントのSHELLYだったという。バラエティ番組で、芸人のフリに臨機応変に対応できるハーフタレントとして重宝されてきたベッキーは、知性派で知られるSHELLYの存在が癪(しゃく)に障っていたようだ。そんなSHELLYを周囲は『ポスト・ベッキー』と呼んでいたという。

 だが、両者は『にじいろジーン』(フジテレビ系)で共演した過去がある。とある生放送中にベッキーの事務所の後輩タレント・佐藤唯に話題が集まったことにベッキーは腹を立てたという。イラついたベッキーは休憩中に「あなたがテレビに出られているのは、私のおかげなんだから、感謝してよね」と嫌味を炸裂。さらに、ベッキーは基本的にハーフタレントとの“共演をNG”にしていたが、同番組にはSHELLYも出演していた。するとベッキーは、「私を潰す気なの。何でアイツを出すのよ!マジ、消えてほしい!」とスタッフに言いがかりを付け、激怒していたという。

 ベッキーのワガママ伝説はまだまだある。

 2014年7月発売の『アサヒ芸能』(徳間書店)によると、車の運転が非常に荒いベッキーは、スピード違反や駐車違反で反則切符を切られたことは2度、3度ではないという。「何で私なのよ!他にもいるじゃない!」「ちゃんと仕事しなさいよ!」と警察に因縁をつけ、しまいには「Shit!」(クソったれ!)と罵倒した様子が掲載されたようだ。その悪態ぶりは有名で、ベッキーの実家がある神奈川県の警察所轄内のブラックリストに、本名の“レベッカ・英里・レイボーン”が名を連ねているとも報じられた。

 だが、2015年1月にベッキーはハーフタレントの芸能人とともに“ハーフ会”開き、その模様を自身のインスタグラムに投稿。参加したメンバーは、タレントのローラ、ウエンツ瑛士、ホラン千秋、ユージ、アントニー、ハリー杉山、そして紛れもないSHELLYの姿があった。

「自分のガラの悪さが世間に広まり、好感度を気にかけていたベッキーは、先陣を切ってハーフタレントに召集をかけたようだ。和気あいあいとした雰囲気の画像を白々しく掲載し、仲睦まじい姿をアピールしたという。実際の“会”は、女王様気取りのベッキーをもてなす会合であったという噂もある。だが、会合でベッキーに気に入られれば、キャスティングされるのではという思惑もあり、目をつむって参加していたようだ」(芸能ライター)

 その後、テレビから姿を消したベッキーだが、SHELLYとの共演情報はいまだ確認されていない。

 騒動前から、好感度が下降気味だったベッキーだが、『週刊文春』(文藝春秋社)に川谷とのLINEのやり取りを公開され、とどめを刺されたかつての人気タレントの地位は地に落ちた。裸一貫になった“花嫁”は、再びはい上がることができるのか。茨の道は、想像以上に険しいようだ。

2019年02月17日 21時00分リアルライブ
https://npn.co.jp/sp/article/detail/65995660/

写真
no title

【女帝時代のベッキー、キャラが被ったSHELLYを警戒!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/02/17(日) 22:22:37.20 ID:loRbk5Ru9
元AKB48で女優の島崎遥香が、17日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『行列のできる法律相談所』(毎週日曜21:00~)に出演。
塩対応のイメージについて「そうしないと生きていけなかった」と打ち明けた。

オープニングトークで、MCのフットボールアワー・後藤輝基から「塩対応のイメージですけど、AKB卒業して肩の荷が下りたということはあるんですか?」と振られ、島崎は「そうですね、だいぶ」と笑顔で返答。
東野幸治が「ハキハキしてるの、ぱるるらしくないよ」と指摘すると、「何か爪痕残したいと思って」と話した。

積極的な島崎の姿に後藤らが「違う違う! 塩対応のイメージやで」と驚くと、「今日頑張って爪痕を残したい」と再び笑顔でアピール。
今後バラエティにどんどん出演したいか聞かれると「出たいです。バラエティ大好きです!」と意欲も見せ、「でもしゃべれないです」と打ち明けると、後藤が「致命傷やんか」とツッコんだ。

そして、後藤が「今までの塩対応は本心じゃなかったってこと?」と尋ねると、「そうしないと生きていけなかった」と告白。
この発言にスタジオから笑いが起こり、東野も「AKB層厚いから」と爆笑。
さらに、IKKOが「ぱるる面白い~」と言うと、島崎は「ホントに~」とIKKOのモノマネも披露した。

http://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_1876330/

『行列のできる法律相談所』
no title

no title

no title


元AKB48 島崎遥香
no title

no title

【島崎遥香さん、AKB時代の“塩対応”はキャラだったと告白 ← 始まったよwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/02/07(水) 10:12:46.96 ID:CAP_USER9
意外なイメチェンが、女子アナ界に新たなスターの誕生を予感させている。テレビ朝日の弘中綾香アナ(26)が、1月22日放送のバラエティ番組『激レアさんを連れてきた』の中で“ドSキャラ”を見せつけたのである。

年明けに、女優の南沢奈央との熱愛が報じられたお笑いコンビ・オードリーの若林正恭に対し、「“してやったり”って感じですか?」などと切れ味鋭いツッコミを連発。「女性が苦手」と公言してきた若林に対して、「世間を欺いてきた嘘つき」と追い打ちをかけた。

弘中アナといえば、同局の看板番組『ミュージックステーション』で司会のタモリの横にいることでお馴染みだ。いつも清楚な服装でいることが多く、その童顔と愛くるしい笑顔から、ネット上では“天使級のかわいさ”などと評されている。

「弘中アナは中・高・大と慶応育ちのお嬢様です。2013年に入社して、その半年後にMステのサブ司会に抜擢されるなど局側からは、“エース”として期待されています。Mステでは控えめな印象ですが、実はかなりサバサバした性格なんです」(テレビ朝日関係者)

昨年8月には、男性3人を引き連れた弘中アナが、「私みたいのは一般的に見て可愛いから!」「男は献身性を見せないと!」などと都内の居酒屋で一席ぶっている様子を『FLASH』が写真付きで報じている。

入社5年目となり、そろそろ“清楚なお嬢様キャラ”からの脱却を図っているのだろうか。「大学時代はもっとイケイケだった」と語るのは、弘中アナの同級生である。

「最近、毒舌キャラにイメチェンしたなんて言われていますが、私たちは、まったく驚いていません。彼女はもともと自己主張が強く、言いたいことはハッキリ言うタイプ。授業中のディスカッションでは相手をコテンパンに論破するほど弁も立つ。学内でも目立つ美人だった彼女の周りは、常に男子学生が取り囲んでいました。それも内部進学の金持ちイケメンばかり。“天使”というより、“女王様”でした」

ついに「本性」を現わし始めた?

※週刊ポスト2018年2月16・23日号

テレ朝・弘中綾香アナ 毒舌キャラ開花は「素が出ただけ」 
2018.02.07 07:00 NEWS ポストセブン 
http://www.news-postseven.com/archives/20180207_649672.html 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180207-00000007-pseven-ent 

テレビ朝日の新エースは毒舌?(公式HPより) 
no title


【テレ朝・弘中綾香アナ 毒舌キャラ開花は「素が出ただけ」wwwwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/06/10(土) 11:02:05.75 ID:CAP_USER9
 フリーアナウンサーの田中みな実(30)が9日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し「ぶりっ子」キャラ誕生秘話を明かした。

 この日は、同局の新人アナウンサー4人(安宅晃樹=24、黒瀬翔生=22、海老原優香=23、久慈暁子=22)が出演。海老原アナが「眉間にしわが寄り、怖いというイメージを持たれる」と悩みを打ち明けると、田中は「私もそうだった。
同期がふわっとした感じだったので、きつく見られていた」と同調。「先輩から『言葉をやさしく、笑いながらしゃべりなさい』と言われ、感じ良くやっているうちに“ぶりっ子”になった」とキャラ誕生の経緯を説明した。

「新人局アナはすべてチェックしている」という田中は“後輩”に「キャラのつくりすぎは注意」と忠告した。また、元「non―no」専属モデルの久慈アナが、坂上忍(50)から自分の容姿をどう思っている?と問い詰められ「中の上くらい」と“人並み以上”を認めると、「上の下と答えたほうがいい」とアドバイスを送った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-00000000-tospoweb-ent


田中みな実

【田中みな実「ぶりっ子」キャラは先輩のアドバイス】の続きを読む