芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

キムタク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/08/15(月) 13:51:07.88 _USER9
 定期的にツイッターで話題になり、世の中高年男性を戦々恐々とさせている「おじさん構文」。9日にも突如トレンド入りして世間を騒がせた。過去に「おじさん構文」に該当したとして、話題になってしまったのが木村拓哉(49)だ。

 木村も年齢的にはおじさん世代なのだが、いちいち「おじさんぽい」ことを騒ぎ立てられるのは、さすが「キムタク」といえる。同じくジャニーズのNEWS・小山慶一郎(38)も、甥っ子に「それはおじさん構文だよ」と指摘されショックだったと自身のラジオ番組で述べており、いつまでも若々しいイメージを持たれるジャニーズアイドルゆえのジレンマがあるのかもしれない。

■おじさん構文とは?

 おじさん構文とは、LINEやSNSにおけるおじさん特有のメッセージの癖を指す。具体的には、「書き出しにカタカナの挨拶を用いる」「勝手に近況報告してくる」「絵文字を乱用する」「句読点が多い」などの特徴があり、特にキムタクも使用した「赤いビックリマーク」や「ニッコリマーク」などを乱用する例は、まさに「おじさん構文」の特徴といえる。

<略>

■インスタから絵文字が消えた

「おじさん構文だ」と話題になってしまったためか、今の木村のインスタからはすっかり絵文字が消えた。そこには木村の「おじさんになること」に抗うスタンスが垣間見える。とはいえ、誰しも「不老」ではいられない。イメージを守ることも自分のブランディングにつながるかもしれないが、イメージを脱却し、それが新たなブランディングへと繋がることもあるだろう。

 木村が「おじさんであること」を受け入れたとしたら、「おじさんとしての旨味」を感じられる、新たなキムタクが見れるかもしれない。

《キムタクの絵文字の使い方が、おじさん構文で辛い》

《木村拓哉のあの絵文字の使い方、本当におじさんLINEできつい》

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/309708

sick_rougan_smartphone

【キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消える】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/06/03(金) 01:09:27.48 _USER9
鳴り物入りで始まった木村拓哉主演のドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系、木曜夜9時)の周辺が騒がしい。

第3話、第4話の世帯視聴率が「一桁台に突入」と報じられると騒ぎに。
予定より1話短く9話で打ち切りか、という記事が出たかと思えば、すぐに削除されるというドタバタ。


情報は錯綜しました。結局、最終回の繰り上げ報道について「間違っています」とテレビ朝日会長が否定。
とにかくザワついています。これも大物「キムタク」ゆえでしょうか。


世帯視聴率だけ見ればたしかに、第2話10.5%から第3話9.9%、第4話9.6%と一桁台に。
キムタク主演ドラマとしては初の試練でしたが、しかしその後また二桁台へと回復しています。


そもそも、春のドラマが始まる当初。
「キムタク主演のボクシング青春ドラマ」と聞いて、「ああ、またヒーローものね」と引いてしまった人も実は多かったのではないでしょうか? 

何を隠そう私自身もそうした偏見と喰わず嫌いから、いったんは録画したまま放置していた一人です。

しかし、「視聴率一桁台の屈辱も有り得るかもしれません」という芸能記者のコメントを目にした頃から、急に内容が気になり始めた。
きちんと中身を見たくなった。そう、これも「キムタク効果」と言えるでしょう。


低視聴率ながら伝わった「木村拓哉の役者魂」

ドラマを見てみると……実に演技が細かい。
目の動き、間合いの取り方、小さな動作。
スリッパを引きずってみたり、ちょっと舌を出したり、人ってたしかにこんなしぐさをするよね、こんな風に話すよね、と独特の微細な表現がリアルで丁寧。

やはり木村拓哉は演技巧者だと、素直に唸らされました。
いやそれ以上に、ある意気込みが伝わってきたのです。


木村さん自身が49歳という等身大の自分に向きあおうとしている。
もはやスーパーな男になる時間は終わったことを自覚し、徹底的に今回のキャラクター造形に力を注いでいる。そのこだわりが随所に感じられる。

そう、主人公・桐沢祥吾は格好良いヒーローではなくて、「ここまで腐っている人間は初めて」と木村さん自身が語るほど「落ちた人」です。


高校時代はボクシング4冠の天才ボクサー。
しかし、網膜剥離で引退を余儀なくされ、妻は病によって若くして逝去、何とか気を取り直して取り組んだ焼き鳥屋はコロナ禍で行き詰まりピザ配達のバイトで食いつないでいる。

そこへ母校の高校ボクシング部コーチの話が舞い込んで、桐沢は生徒たちと向き合うことに……。

「そういう人生だから、どうしようもない」「いつ死んでもいい」などネガティブな言葉を口走る木村さんから、新キャラクター作りの意気込みが伝わってきました。
「疲労が残る」というセリフを意図的に口にしたりするのも、老いから逃げない表現かと。


いやこのドラマ、主役だけではない。キャスティングも贅沢です。
満島ひかり、安田顕、柄本明、村上虹郎、波瑠、市毛良枝、内田有紀、富田靖子……。

中でも、満島ひかりさんがいい。
木村さんにまったくひるまず対等に全力でぶつかっていくコメディエンヌぶりはイヤミがなく、時に彼を喰ってしまうほどの存在感もちらつかせる。
それがまた木村さんを光らせる。

「何をやってもキムタク」木村拓哉(49)が直面した“主役から降りられない問題”…復活のカギは竹野内豊にアリ?

https://news.yahoo.co.jp/articles/b58cfaa9f3973779bc89540be15bc702748dc659?page=1

>>2以降に続く

pose_yareyare_man

【「何をやってもキムタク」 木村拓哉が直面した“主役から降りられない問題” 木村拓哉が直面した『50歳の壁』】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2022/05/25(水) 23:52:30.53 _USER9
木村拓哉(49)のテレビ朝日系ドラマ「未来への10カウント」(毎週木曜夜9時)が思わぬ騒動に巻き込まれた。視聴率不振のため当初予定されていた全10話を繰り上げ、9話を最終回にするという記事が一部ニュースサイトに出たのだ(削除済み)。
これをテレ朝は全面否定。一体何があったのか――。


「未来への――」は木村にとって、「BG~身辺警護人~第2章」(テレ朝系、2020年)以来、約2年ぶりとなる連ドラだ。
それが放送短縮なら衝撃ニュースだったが、テレ朝宣伝部は「当該記事は間違っております。当初より全9話の予定で変更ありません」と完全に否定した。


確かに〝平成の視聴率男〟と呼ばれる木村主演ドラマにしては、苦戦していると言っていいだろう。
第3話(4月28日)、第4話(5月5日)と続けて世帯平均視聴率でひとケタとなってしまった。これは木村主演の連ドラ史上、初めての出来事だ。

それでも低視聴率というのには無理がある。「キムタクドラマと考えれば少々、物足りないかもしれませんが、4月クールはどこも苦戦を強いられている。今クールでトップなのは二宮和也主演の『マイファミリー』で平均12%ちょっと。『未来への――』はそれに次ぐ2位です」(テレビ局関係者)


今クールのドラマが軒並み低調な理由の一つとしてあげられるのが、コロナ禍による巣ごもり需要の低下だ。
在宅率が下がっていることから、テレビ全体の視聴率も下落傾向にあるのだ。「未来への――」がひとケタとなった両話も、ゴールデンウィーク開始前日と真っ只中、と条件は悪かった。
「GWが終わって視聴率も復調している。SNSには『おもしろくなってきた』というポジティブな声が多く、わざわざ1話減らすなんてことはない」(前同)


テレ朝とジャニーズ事務所の関係性を見ても、繰り上げなんてことは考えられない。
もともと両者はそこまで蜜月ではなかったが、木村がテレ朝開局55周年記念ドラマ「宮本武蔵」に出演したころから潮目は変わり、いまは緊密な関係を築いている。
そんな状況下で〝キムタクにしては〟いつもより視聴率がちょっと悪いというだけで「テレ朝がジャニーズに繰り上げを切り出すことはない」(芸能関係者)


テレビ局を取り巻く環境の変化も大きい。かつては視聴率至上主義がはびこっていたが、現在は全くそんなことはない。
「日本のテレビ局も、ネットフリックスのように世界に配信して稼ぐということを視野に入れ、動いている。TBSの『日本沈没―希望のひと―』がネットフリックスで配信され大きな収益を上げたのはいい例。もちろんTVerなどの国内向け配信サービスの収益も無視できない。配信で稼げるコンテンツはバラエティーよりドラマ。だからこそドラマ枠は増えている。1話でも多い方がよく、そのコンテンツをむざむざ捨てるなんてことはない」(制作会社関係者)


そもそも「未来への――」が放送されているテレ朝の「木10」枠は全8~9話が基本。
想定外のことで話題になってしまった木村は、残り3話でさらに視聴率を上乗せして見返すことができるか。

木村拓哉に連ドラ〝1話カット〟報道 テレビ朝日が完全否定する3つの理由
https://news.yahoo.co.jp/articles/182583933b0fd75f79c2130dd07cc4b9b9874b26

pose_english_wow_man

【キムタク、連ドラ〝1話カット〟報道でテレ朝さんがキレるwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
birthday_cake

1: なまえないよぉ~ 2021/11/11(木) 12:37:39.89 _USER9
 俳優で歌手の木村拓哉さんが2021年11月10日、「撮影現場で頂いた」というバースデーケーキの写真をインスタグラムで公開した。

■「浜辺にサーフボード 愛が詰まってますね」

 公開された写真は、木村さんの趣味であるサーフィンをイメージしたデザインのバースデーケーキだ。

 生クリームで縁取られた四角いケーキで、半分は波、半分は砂浜を再現したデザインになっている。砂浜には水色のサーフボードやヤシの木のデコレーションも。木村さんは、

「今日の撮影現場でも、バースデーケーキを頂きましたぁ〜!本当にありがとうございます!」

とメッセージを添えている。ケーキに「NISSAN」のロゴが入っていることから、NISSANのCMの撮影現場と思われる。木村さんは13日に49歳の誕生日を迎える。

 投稿には16万2000件を超える「いいね」が寄せられ、SNS上では「うわぁあ〜素敵 オシャレだしひと目で木村さんへの愛が凄く伝わってくる」「拓哉くんお気に入りのボードが再現されてる〜」「浜辺にサーフボード 愛が詰まってますね」「オシャレだね 愛されてるね CMも楽しみ」などの書き込みが相次いでいる。

11/11(木) 11:58
J-CASTニュース

「キムタクへの愛が凄く伝わってくる」 日産が贈った誕生日ケーキに「16万いいね」の大反響

【写真】木村さんが貰った誕生日ケーキ
https://www.j-cast.com/images/2021/11/news_20211111115519.jpg

https://news.yahoo.co.jp/articles/7a1a7ddbdc5440dffc9ef5e50e65bbebc058bfb4

【「キムタクへの愛が凄く伝わってくる」 日産が贈った誕生日ケーキに「16万いいね」の大反響】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/08/06(金) 22:04:38.36 _USER9
さて、SMAP解散騒動で“裏切り者”のレッテルを貼られ、一時期は世間からの好感度がダダ下がりだったキムタクが、ここに来て一周回って人気がV字回復してきた気がするのです。

キムタクと言えば、有吉弘行さんに「月9バカ」とあだ名を付けられるほど、フジテレビ系の月曜21時のドラマ枠、「月9」で数々の伝説を残しています。

「月9」の長い歴史のなかで、平均視聴率トップ5は次のようになっているのです。

第1位『HERO』/平均視聴率34.3% (2001年)
第2位『ラブ ジェネレーション』/平均視聴率30.8% (1997年)
第3位『ロングバケーション』/平均視聴率29.5%(1996年)
第4位『ひとつ屋根の下』/平均視聴率28.2%(1993年)
第5位『あすなろ白書』/平均視聴率27.0%(1993年)
なんとトップ5のうちキムタク出演ドラマは4本。しかも1位・2位・3位が彼の主演ドラマなんです。これらのドラマが放送されていた頃は、女性誌『an・an』(マガジンハウス)が発表していた「好きな男」ランキングで、連続1位記録を更新し続けていた時代でもあります。

また、解散日である2016年の大晦日に中居さん、稲垣さん、草彅さん、香取さん、そして1996年にSMAPを脱退していた森且行さんも加えた5人で、焼肉店でお疲れ会が催されたという事実も。この会にキムタクが参加していなかったことで、関係修復がなされないまま解散に至ったことが浮き彫りになり、ヒールのイメージがこびりついてしまいました。

こうして、“カッコよさ”がなかなか年相応にアップデートされないまま40代に突入し、ダメ押しのようにSMAP解散騒動で裏切り者扱いをされてしまい、キムタク人気は下降していくのです。

言い方を変えるなら、キムタクはダサいことをする役は避けているように感じます。『BG』では情けない中年のように描かれることはあっても、彼が演じた役の生き様やポリシー自体がダサいということはありませんでしたからね。

そう、キムタクは一貫して“ダサい”を拒絶しているのです。

けれど筆者はキムタクに痛々しさを感じていた頃、誠に勝手ながら彼はダサい役を演じるべきだと考えていました。

ですからキムタクも、下心満載のスケベ野郎やナルシストな勘違い野郎など、一度はコメディ作品で徹底的に振り切ったダサい役を演じ、“カッコよさの呪い”から解放されておくべきだったのではないか――と、一視聴者として常々思っていたのです。

しかし、世間からの悪評にも心折れずに“ダサい”を拒絶し続け、“カッコよさ”を貫き続けるというブランディングが、今のブレイクスルーに繋がり、キムタクをもう一段階上の新境地に辿り着かせたのも事実でしょう。

★抜粋
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/85841?page=1&imp=0

20210807002

【裏切り者、痛々しい「人気ガタ落ち」だったキムタクはなぜ「大復活」を遂げたのか】の続きを読む