芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

カトパン

1: なまえないよぉ~ 2019/04/06(土) 08:48:18.85 ID:WK8u/EjB9
元フジテレビのフリーアナウンサー、加藤綾子(33)が12日に自身初のビジネス書を発売する。「会話は、とぎれていい 愛される48のヒント」(文響社)と題し、著名人たちのコミュニケーション術を紹介。
カトパンは出版を報告したタレント、明石家さんま(63)から「会話は途切れたらアカンで」と“全否定”されたことを明かし、「第2弾は『やっぱり、会話はとぎれたらダメ』にします」と続編に意欲を見せた。

卓越なコミュニケーション能力で誰からも愛されるカトパンが、まさかのダメ出しを食らった!?

自身初のビジネス本「会話は、とぎれていい 愛される48のヒント」は、今月からアナウンサー歴12年目に突入した加藤が、これまで出会った著名人から得た会話のヒントを伝える内容。
さんまやタモリ(73)、エッセイストの阿川佐和子(65)、フジテレビ時代の先輩でフリーアナの高島彩(40)ら“会話のプロ”とのエピソードを紹介している。

サンケイスポーツのインタビューに応じた加藤は、1日放送のフジ系「FNS番組対抗 オールスター春の祭典 目利き王決定戦」に生出演した際、共演したさんまに著書の出版を報告した“秘話”を披露。
さんまに本のタイトルを伝えると「えっ、会話は途切れたらアカンで!」と、まさかの反応が返ってきたといい、
慌てたカトパンは「第2弾は『やっぱり、会話はとぎれたらダメ』という本を出します」と返答。
「さんまさんに言われたら、みんな『そっか』となっちゃう」と笑わせたが、まさに加藤も“愛される会話術”で切り返していた。

また、著書に登場する「明石家さんまさんの隠れた魅力」という章に食いついたさんまは「気づいちゃった?」とニンマリ。
加藤は「返しがスゴい!」とさんまの会話術にも改めて感服したという。

1日から同局系「Live News it!」(月~金曜後4・50)のメインキャスターとして帯の報道番組に初挑戦。
取材に応じた4日は放送終了の2分後に電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧被告(51)が保釈され、「番組中は気が抜けなかった」と緊迫の生放送を振り返った。

「報道ではしっかり意見を言わないと」と日々のニュースを“伝える”覚悟を実感していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16274167/
2019年4月6日 4時4分 サンケイスポーツ

no title

【カトパン、反さんま本!?初のビジネス書「会話は、とぎれていい-」12日発売】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/04/05(金) 06:27:48.09 ID:UqrGFrB99
“今知りたい「それ!」をお届けする”が、カトパンこと加藤綾子アナ(33)がキャスターを務める新番組「Live News it!」のキャッチフレーズだ。

 4月1日、放送を1時間拡大し、満を持してのスタートだったが、視聴率(ビデオリサーチ調べ:関東地区、以下同じ)は4.6%。民放(テレ東を除く)では最低だった。

 ***

カトパン:こんにちは。3時50分になりました。「Live News it!」、今日からスタートです。報道キャスターは初めてとなるんですけれども、一生懸命、ニュースに向き合って、全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

――淡いピンクのブラウスに膝下丈の黒スカートという出で立ちで現れたカトパンの挨拶である。初の報道番組という緊張からか、ややカミがちであった。

カトパン:そして一緒に番組を進めていく2人、まずはフジテレビの風間晋(しん)解説委員です。(一声張り上げて)風間さん! よろしくお願いいたします。

風間:風間です。よろしくお願いします。ニュースの芯を意識しながら、お伝えしていきたいと思います。

カトパン:おっ! ニュースの芯、風間晋、ということですね! 

――報道は初でも、バラエティで鍛えたアナウンサーとしてのキャリアは10年ある彼女。リラックスしてきたのかもしれない。

カトパン:そして平成生まれの木村拓也アナウンサーです。

木村:どうぞよろしくお願いします。木村拓也です。わたくしも熱量をもってわかりやすく丁寧にお伝えしていければな、と思っております。

カトパン:このメンバーで最新のニュースをわかりやすく、そしてより深く、誰かに話したくなるニュースをお伝えしていきます。よろしくお願いいたします。さて、今日は何といってもこのニュースですよね。新しい元号「令和」……。

 と、始まったわけだが、この日の視聴率は4.6%。しかも、番組が始まった15時50分からの1時間は2.4%、16時50分からの1時間は3.2%、17時53分~19時までが4.6%だった。

 ちなみに他局と比べてみると、

NHK 「シブ5時」 (16:00~18:10)4.4%。
日テレ「news every.」 (15:50~19:00)13.2%
テレ朝「相棒セレクション」 (15:53~16:50)8.8%
   「スーパーJチャンネル」 (16:50~19:00)8.2%
TBS 「Nスタ」 (15:49~19:00)7.0%

■なぜかニュースはベテラン佐々木アナ

「惨敗ですね。『it!』の枠は、それまで『プライムニュース イブニング』でしたが、その時だって3~5%は取っていましたから、カトパン効果も得られなかった。フリーに転身したとはいえ、彼女は依然としてフジが育てた人気アナで、実力もトップクラスといわれていました。それをもってしても何も変わらなかった。初回でこの数字ではこの先も大変だと思います」(他局プロデューサー)

 カトパンが主婦層に人気がないことは、デイリー新潮でも「『カトパン』の新報道番組MCを早くも不安視する声 最も重要な主婦目線とは」(3月30日配信)で指摘した。

 それにしてもだ。初回くらいはご祝儀視聴がありそうなものだが――。

「うーん、見ましたけどね。番組が始まってほぼ1時間は、元号ネタでした。この日はどの局も同じようなものでしたが、カトパンがキャスターを務めるというので期待していたのに、内容はワイドショーそのもの。ディレクターもCMに入るたびにカトパンのアップを撮り過ぎだし、コーナーが移るときも黙って微笑むだけというミスカットが散見されました。これじゃ、余計に主婦層から嫌われてしまいます。さらに、『それではここまで入ってきている最新ニュースをお伝えします』と言って、フジのベテランである佐々木恭子アナ(46)が出てくるのはどういうことなんでしょうか。結局、フジもカトパンのアナウンス力には期待していなかったということなのか……」(同)

 番組ではペンを片手に台本チェックに勤しむカトパンだが、ニュース原稿を読むことはほとんどなかったのだ。しかも、17時30分からの「アレコレト!」というエンタメコーナーでは坂上忍まで登場……この局には他に出演してくれる人がいないのか? 

>>2以降に続きます

4/4(木) 11:50配信 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190404-00559410-shincho-ent
no title

【「カトパン」報道キャスターに早くも赤信号 バラエティ臭が強すぎな模様wwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/02/16(土) 08:49:39.59 ID:cBEPo1pn9
「カトパン」の愛称で親しまれる加藤綾子(33)が、フジテレビのニュースに帰ってくる--。
4月1日にスタートする、フジの新しい夕方のニュース番組(タイトル未定)のメインキャスターに就任することが、2月4日発表された。

フジ加藤綾子アナ「フリーになれば年収1億5000万円」の声

「ニュース原稿から離れていたので、原稿のリズムみたいなものを、またつかまないと」(加藤)

かつて『めざましテレビ』で朝の顔だったカトパンがフリーになって、3年ぶりにフジでニュース原稿を読む。

民放各局がニュース番組でしのぎを削るこの時間帯、フジは「連敗街道」まっしぐら。4局中最下位なのだ。

たとえば、1月28日から2月1日の視聴率をみると、首位を走る日本テレビ系『news every.』(第1部:7.2%、第2部:11.0%)に対して、
フジの『プライムニュース』は第1部が3.6%、第2部が5.3%と、ダブルスコアの差をつけられる惨敗ぶりだ。

そもそも、『プライムニュース』のメインキャスターであるフジ解説委員長の反町理氏(54)と島田彩夏アナ(44)のコンビは、この時間帯にしては地味。

「夕方の看板番組でニュースを読める、報道向きの女子アナが育っていない。
適任者は椿原慶子アナだが、平日夜11時台の『FNNプライムニュースα』と週末の『サンデー』を担当しているうえに、昨秋結婚したばかりで、負担増は酷。
そこでカトパンに白羽の矢が立った」(女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏)

カトパンがフジを退社した裏には、過密スケジュールがあった。
2014年の10月27日、『めざましテレビ』の生放送中に、画面に映っていないときにバタリと倒れ、そのまま番組から姿を消した。

「風邪気味で体調不良だったとのことだが、この年は『ホンマでっか!?TV』の収録中にも1度倒れている」(フジテレビ関係者)

2018年、カトパンはアナウンサー仲間との飲み会で、そのときのことを思い出し
「年だし、帯番組はもう無理」と言っていたという。それが、局のラブコールに応え、再びの登板。体調を案ずる声もある。

「フリーになってから帯番組を担当していないので、慣れるまでたいへんでしょう。
ただ今回は夕方ですから、こなせるのでは」(前出の丸山氏)

気になるのはカトパンのギャラ。フリーで活躍するいま、どれぐらいになるのだろうか。

「ニュース番組は局の顔だし、準備が必要。加藤クラスだと1本100万円、週に500万円は支払われる」(テレビ局関係者)

フジの東京五輪キャスターにも内定しているカトパン。ここで失敗するわけにはいかない。


(週刊FLASH 2019年2月26日号)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190216-00010001-flash-ent
2/16(土) 6:00配信

no title

【カトパン「夕方ニュース」復帰のギャラは1本100万円】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/12/07(金) 22:18:17.91 ID:CAP_USER9
「あんだってぇ〜!」志村がカトパンと自宅デートだってぇ〜 これまで、噂の域を出なかった、加藤綾子(33)と志村けん(68)との熱愛説が現実味を帯びてきた。
なんと、すでに志村宅で“密会”という話まで伝わっているのだ。
「今、ネット上で話題になっているのが、カトパンのインスタグラムです。事の発端は、11月18日付で高級ブランド・ティファニーのペアカップをアップしたこと。
これに、すぐさまファンたちが反応し、『カレ氏できたの?』となったのです」(ネットライター)

インスタに載せた写真は、白いテーブルクロスの上にティファニーのブランドロゴが入った水色のペアカップが並んで置かれ、その背景にはイスと壁とカーテンが写っているだけ。
加藤自身は写真には出ていないが、コメントの文面が妙に意味深。『誰かへのプレゼントに』と同時に、ハッシュタグでは『大切な人へのプレゼントに』としている。

「カトパンは『紙コップ風カップ』とも書いていますが、磁器または陶器製とみられます。
ネット販売では、2つで2万円前後と、庶民からすればお高め。ただ、ティファニーといえば女性受けは抜群。
彼氏募集を公言するカトパンが自らペアカップを買うことは、まず考えにくい。
となると、誰かからもらったものではないかというのが妥当」(女子アナ雑誌編集者)

ここで注目なのが、その送り主。加藤はこれまで、交際相手を特定されたことがない。
テレビ界で“I LOVE 加藤”を公言しているのは、お笑いの大御所・明石家さんま(63)と志村けんの2人だけだ。

「さんまはテレビで“抱きたい”発言をするなど、熱烈ラブコールを送っているのは有名な話ですが、最近、カトパンが正式に交際を断ったと報じられました。
それに対し志村は、4年前にプレゼントで5億円、妻手当てとして月500万円でプロポーズするも、彼女は返事を保留。
答えがないまま、現在に至っています」(同)

そんな中、10月に発売された一部女性誌に、志村が肝硬変の疑惑があることが報じられた。しかし、その報道が、2人の関係を変化させたという。

「心配した加藤が志村に連絡。体調不良の影響か、すっかり弱気になっている志村が再度、プロポーズしたと、まことしやかに囁かれているんです。

http://dailynewsonline.jp/article/1601214/
2018.12.07 21:00 週刊実話
加藤綾子

【「あんだってぇ〜」志村けん♡カトパン“自宅で密会”疑惑ってか?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/29(木) 21:50:12.47 ID:CAP_USER9
フリーアナウンサーの加藤綾子が29日、東京・代々木公園 ケヤキ並木で行われた『青の洞窟 SHIBUYA』の点灯式に出席。
白のドレス姿でイベントに華を添えた加藤は、幻想的に青くライトアップされた会場に「すごくきれい。夢の世界のようです」と目を輝かせた。

初の点灯式体験に終始感激しきりだった加藤だが、近づくクリスマスの話題になると「当日はお仕事です…」と苦笑いでトーンダウン。
「いつか(恋人と)来られたらいいな~。予定はないですけど(結婚願望は)ずっとあります」といい、理想的な過ごし方を問われると
「すてきなところでご飯を食べたり…。ありきたりなシチュエーションに憧れてます。その帰りには『青の洞窟』に寄りたいですね」と想像を膨らませた。

今年は、平昌五輪の取材活動から、嵐・二宮和也主演ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)の出演など、多岐にわたり活躍。
今年一年を「挑戦の年」と振り返ると「あれを挑戦したことで難しいと思っていた新しいことに挑戦する楽しさを改めて勉強できた。また新しいことにも挑戦したいし、(女優業も)お話があれば」と意欲をみせていた。

イタリア南部・カプリ島にある人気観光スポット「青の洞窟」をイメージしている同企画は、渋谷公園通り~代々木公園ケヤキ並木の約800メートルを、約60万球の青色LEDライトが彩る。
今年は、光が動く“調光演出”に加え、“音”の演出を追加。目でも耳でも楽しめるサウンドジェニックなイルミネーションに進化し、幻想的な空間を作り出す。
代々木公園内は、あす30日から12月31日まで、渋谷公園通りは、あす30日から来年1月16日までライトアップ。

http://news.livedoor.com/article/detail/15668036/
2018年11月29日 21時9分 オリコン

no title

【カトパン、クリスマス質問に苦笑 結婚願望は「ずっとある」】の続きを読む