芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

オールスター感謝祭

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/10/16(月) 18:06:50.05
TBS系列で14日に生放送された特番「オールスター感謝祭」で〝ジャニーズ〟というワードが消えた。

グループ名が変更される予定の「ジャニーズWEST」の中間淳太、小瀧望がスタジオに登場。今のところまだグループ名は変更されていないのだが、札にはグループ名が記載されていなかった。

故ジャニー喜多川氏による性加害問題を巡っては、東山紀之社長が2日の会見で「ジャニーズと付くものはすべてなくなる」と明言。本社や関連会社の社名はもとより、グループ名なども例外なく消滅することになった。今回、その影響が出たとみられる。

制作会社関係者は「ほかにもジャニーズタレントはたくさん出演していて、Snow Manはグループ名が記載されていた。今回の放送では〝ジャニーズ〟というワードが一度も流れておらず、放送禁止用語になったそうです」と指摘した。

コロナ禍を経て4年ぶりにフル開催された同番組の恒例企画「赤坂5丁目ミニマラソン」でもこんなことがあった。

同ミニマラソンにはマラソン元日本記録保持者の設楽悠太が登場。そんな強敵を相手に、ジャニーズJr.のタレント5人と、ボーイズグループ「&TEAM」のKがグループを作った。その名も「アーティスト軍団」。

しかも、Kとジャニーズグループ「少年忍者」の安嶋秀生と久保廉、「Lilかんさい」の嶋﨑斗亜と西村拓哉、「AmBitious」の真弓孟之が「運動自慢アーティスト」と紹介されたのだ。これにはさすがに一部ネットユーザーからも「アイドル軍団じゃないの?」「アーティストは違和感」といった声が上がった。

芸能プロ関係者は「ジャニーズタレントの出演はゼロでもおかしくはないが、さすがにそれはできなかったのだろう。そこで〝ジャニーズ〟というワードを消去して出演する判断になったのでしょう」と話す。

テレビ界も混乱している。

TBS感謝祭にジャニタレ出演も…NGワードは設定 違和感残した「アーティスト軍団」のくくり

https://news.infoseek.co.jp/article/tospo_1086380349594010533/

pose_english_shrug_man

【TBSオールスター感謝祭、ジャニーズが放送禁止用語になる 「アーティスト軍団」と紹介】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/10/14(土) 15:20:50.91
 10月14日に、TBS系の恒例特番『オールスター感謝祭 2023秋』が放送される。

 総勢100名近い芸能人が集結する、お祭り騒ぎのような5時間半の生放送になりそうだが、別の意味で “お祭り状態” になっているのだとか――。

「じつは、最近、多くの番組で起用を自粛する傾向にあったジャニーズ事務所の所属タレントですが、今回の『感謝祭』では多数出演するとあって、ジャニーズファンの間で話題になっているんです」(芸能記者)

 実際に14日放送の『感謝祭』では、火曜ドラマ『マイ・セカンド・アオハル』でヒロインの相手役を務める「なにわ男子」の道枝駿佑を筆頭に、「Snow Man」の佐久間大介、宮舘涼太、「ジャニーズWEST」の中間淳太、小瀧望、「少年忍者」の安嶋秀生、久保廉、「Lil かんさい」の西村拓哉、嶋崎斗亜、「HiHi Jets」の橋本涼、「AmBitious」の真弓孟之と総勢11名の出演が発表されている。

 これには当然、SNS上のジャニーズファンから歓喜の声があがっている。

《ジャニーズ感謝祭じゃん 楽しみ》

《オールスター感謝祭、ジャニは最初みっちーしか出ないって言われてたのに、ジャニーズ祭りやないかい》

《このご時世でこんなにジャニーズJr出してくれるオールスター感謝祭さんだいすき》

 ジャニーズ事務所の所属タレントを広告起用していた大手企業はCM放映の自粛などを続々と決定。本誌が10月12日に報じたように、「日本マクドナルド」の期間限定商品「プリプリエビプリオ」の岡田准一が出演している “幻のポスター” がSNS上で拡散され、ちょっとした騒動にもなった。

 テレビ番組も例外ではなく、木村拓哉が主演を務めてきたフジテレビ系『教場』シリーズも、予定されていた撮影が延期になったことが報じられている。

 一方で、ジャニーズファンからは、こんな恨み節とも取れる声がSNS上では入り乱れている。

《てかオールスター感謝祭はやっぱりジャニーズに頼りまくりなんだね》

《オールスター感謝祭、結局ジャニーズいっぱい出演するのほんまなに? 結局使うんやん…あんな叩くくせに…》

《あんだけ何やかんや言っときながらJr.まで出すんかい めちゃくちゃ数字とりにいっとるやないかTBS….何なの?》

 じつは、『感謝祭』と同じTBSでは、10月9日に3時間半にわたって放送された『CDTVライブ! ライブ! 100回記念SP』に、毎回のように出演していたジャニーズ事務所の所属タレントがいっさい登場しないという事態が起き、衝撃が走っていたのだ。

 いわゆる “手のひら返し” とあっては、ファンから不満が聞こえてきても仕方がないのかも――。

2023.10.14 14:50

https://smart-flash.jp/entame/256666/

アンチ嫉妬

【TBS『オールスター感謝祭』11名の"ジャニーズ祭"化でファン歓喜も…『CDTV』0名からの"手のひら返し"で恨み節】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/04/09(日) 23:49:25.71
4月8日放送の『オールスター感謝祭'23春』(TBS系)で、3年ぶりに「赤坂5丁目ミニマラソン」が復活したが、あるランナーの行動に「KYすぎ」「普通に危ない」と批判が集まっている。

同企画には、3月に開催された「東京マラソン2023」で世界歴代6位の2時間16分28秒で優勝した今季世界最速女王のローズマリー・ワンジル(28)が参戦。
芸能人チームからはお笑い芸人の小島よしお(42)やハリー杉山(38)、森脇健司(56)などお馴染みのメンバーが出演し、ジャニーズからは刺客として関西ジャニーズJr.内ユニット・Lilかんさいの嶋﨑斗亜(19)などが出演した。


それぞれ「運動自慢ジャニーズ」「運動自慢男子」「歴代優勝者」などは、ハンデとしてスタートから3分30秒、3分45秒、4分15秒後にスタート。
ワンジルは、最初にスタートした一般女子から遅れること6分15秒後にスタートを切った。

大きな歓声が飛んだ激戦の結果、優勝は小島。
続いて、ハリー杉山、三遊亭遊子(34)、森脇らがゴールし、ワンジルは7位だった。

また、8位だった嶋﨑には、ネット上のファンから「最後の最後ゴールテープ切る時ワンジル追いかけて全力疾走した斗亜ちゃんかっこよかった……!」「斗亜ちゃんワンジル抜かそうとしてさすが関ジュのうつり方でした!」と称賛の声があがっていた。


しかし、この嶋﨑のゴール手前での行動に一部の視聴者から「最後ワンジルの邪魔したジャニーズ誰やねん、冷めさせんな」「嶋﨑斗亜とかいうジュニアが、最後番組を盛り上げる為にゲストにピースしてくれてたワンジルに競り勝とうとしてたのキモすぎてびっくりした」
「最後にワンジル抜かそうとしたジュニア、普通に考えて危ないのわからんのか。ワンジルの頑張り称えるシーンに水さすな」「ワンジルの後ろから突っ込んできたジャニーズの彼、普通に危ないんだけど」「ジャニーズ軍団、ワンジルの邪魔ばっかりしてKYすぎやろ」と批判が殺到した。


「この企画の目玉は、やはりワンジル。しかし、ずっとワンジルの後ろにつけていた島﨑がワンジルがゴールテープを切ろうとした瞬間に追い上げてきて、先にテープを切ってしまったように見えたんです。このときワンジルは、サービスでスタジオの芸能人にピースしていましたし、企画としてもワンジルのゴールは見せ所のひとつ。それを一般の視聴者からしてみれば無名のタレントが“邪魔”してしまったわけで、ネット上ではちょっとしたプチ炎上状態となっていました」(週刊誌記者)

本気と若さゆえの行動が、逆に悪目立ちすることになってしまったようだ。


『オールスター感謝祭』復活したミニマラソンで某ランナーの行動が物議「KYすぎ」「普通に危ない」

https://article.yahoo.co.jp/detail/848032d403ad8abf4724147f9ae5b973c39dfa4e

figure_angry

【TBS『オールスター感謝祭』、復活したミニマラソンで某ランナーの行動が物議 「KYすぎ」「普通に危ない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/06(火) 23:55:28.30 _USER9
10月3日放送の『オールスター感謝祭2020秋』(TBS系)で、番組恒例のマラソン企画が開催された。
しかし、競り合うことなくダントツの優勝者が出たため、「番組のハンデ設定ミスだ」と非難が殺到している。

普段は『赤坂5丁目ミニマラソン』として開催されているマラソン企画だが、今回は新型コロナ対策としてか、神奈川県にあるTBSの緑山スタジオから中継。
全長4.3kmのコース設定で、本社スタジオの出演者たちは1位の走者を予想する。


エントリーしたのは、女性タレントから「箱根駅伝」王者の青山学院大学陸上部まで、幅広いランナー。
体力差を考慮したハンデも設定され、まずは鈴木奈々やゆきぽよといった一般女子がスタートする。

1分半後には、Mr.シャチホコや『ぺこぱ』シュウペイらの属する一般男子がスタート。
さらに1分後に運動自慢タレント、30秒後に常連ランナーがスタートし、ラストである青学陸上部・竹石尚人は、一般女子から数えて5分40秒後のスタートとなった。



元ユース所属のタレントがアスリート並だった!

しかし、一般男子枠のタレント・澤井一希が、終始にわたって一方的なレースを展開。
もはや企画は澤井の独壇場と化し、他の追随を許さず大差で優勝を果たした。
それもそのはず、実は高校時代、澤井はJリーグ『サンフレッチェ広島』のユースに所属。身長は2m、靴のサイズは30cmとアスリート並の恵まれた体型だ。


ゲストで招かれた青学陸上部監督・原貢氏も、レース結果について「竹石のペースは決して遅くない。澤井くんがいいハンデを貰って快走したということでしょうか」と、暗に番組の設定を批判。

ネット上にも、

《澤井一希、サンフレユースでまた20代の時点で一般男子枠に入れてはいけなかったなw》
《まったく見せ場すら無かった『ティモンディ』と、優勝した澤井一希のハンデ設定逆だったな》
《まぁ、元Jリーグクラブユースの選手を一般男子枠でスタートさせるとこうなるわな》
《マラソンスタッフは澤井のハンデを間違える失態を犯したね。サンフレッチェの傘下チームにいたんだから一般男子で走らせるな》
《澤井さん、調べたけど一般男子枠に入れちゃダメな人では??》
《今年ほどシラケたマラソンは無いわ!》

など、視聴者からの批判が噴出していった。


元女子サッカー日本代表の丸山桂里奈も、同企画には一般女子枠で参加。
「タレント」という肩書きで一律に区切ったのだろうが、柔軟に対応する必要があったのかもしれない。

『オールスター感謝祭』ミニマラソンが炎上! スタッフの大ミスで「シラケた」 

https://myjitsu.jp/archives/135425

20201007001

【TBS『オールスター感謝祭』ミニマラソンが炎上!  スタッフの大ミスで「シラケた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/04/01(水) 03:34:00.31
TBSは1日、4日夜に生放送を予定していた恒例特番「オールスター感謝祭2020春」を延期することを発表した。新型コロナウイルスの感染が拡大している現況から、放送が困難と判断した。

同番組は毎回、東京・赤坂の同局のスタジオに約160人の出演者が集まってクイズなどで競う番組。だが今回はウイルスの感染拡大を防止するため、演出方法を変えると事前に内容を変更することを事前に告知していた。だが、3月31日に急転。局内で幹部が会議して延期を決定した。出演者の事務所関係者は「TBSから5月に延期すると連絡を受けた」と話している。

︎┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
引用ここまで。全文は下記よりご確認ください。
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0401/spn_200401_2100872804.html

001

【TBS『オールスター感謝祭2020春』が“延期”決定!「半沢直樹」など3ドラマも】の続きを読む