芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

オスカープロモーション

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/07(月) 11:34:20.84 _USER9
“美の総合商社”とも称される「オスカープロモーション」が激震に見舞われている。

 今年に入って、約27年間在籍した看板女優・米倉涼子(45)をはじめ、岡田結実(20)やヨンア(34)、長谷川潤(34)、忽那汐里(27)などの所属タレントが続々と退社した。さらに、ここにきて堀田茜(27)、福田沙紀(29)、紫吹淳(51)、そして剛力彩芽(28)までも退社が報じられたのだ。

 オスカーといえば、2年ほど前から創業者で現会長の古賀誠一氏の娘婿の役員による社員へのパワハラ疑惑が「週刊文春」などで伝えられていた。それにより、多くの社員が同社を離れていったとされる。

「パワハラの真偽は別として、週刊文春が記事を報じる以前から、オスカーから短期間に数多くの社員が退社していることは業界内でも知られていました。芸能界は業界内転職が多い業種ですし、実際に元社員の中には他の芸能事務所やレコード会社、広告代理店などに移籍した人も多いので、週刊誌などで取り上げられるのも時間の問題でした」(民放の情報番組スタッフ)

 その後、スタッフのみならず所属タレントも相次いで退社してしまっているわけだが、そんな中でも業界に大きな衝撃を与えたのが米倉の独立だったという。

「米倉さんは事務所の看板女優、稼ぎ頭というだけでなく、現会長の古賀誠一さんと固い絆で結ばれていました。米倉さんは一介のモデルだった自分をトップ女優に育ててくれた古賀さんに恩義を感じていたことから、長年にわたってハードスケジュールをこなし、私生活よりも仕事優先をして事務所に貢献してきました。一方の古賀さんも米倉さんを日本を代表する女優に育てようと、仕事選びからマスコミ対策に至るまでかなり力を入れていました」(スポーツ紙デスク)

「ドクターX~外科医・大門未知子~」など、同社所属時の米倉の主演ドラマには“企画協力”などの形で古賀氏個人の名前がクレジットされていたが、それも2人の強固な関係の表れだろう。米倉が退社した今年3月末は、古賀氏が社長から会長となるタイミングだったので「古賀氏が社長から離れたことが原因か」ともささやかれた。だが、前出のスポーツ紙デスクは予想外だったという。

「古賀さんは会長としては残りますし、米倉さんを慕っている女優も多かった。『他のタレントが辞めても米倉さんだけは最後まで残る』というのが業界内の大方の見方だったので、退社には本当に驚きました」

 米倉をはじめとする人気タレントたちの退所ラッシュは、事務所の行く末にも暗い影を落とし始めそうだ。

 オスカーは1980年代後半から90年代にかけて活躍した後藤久美子(46)のブレークをキッカケに躍進し、自社が手掛ける「全日本国民的美少女コンテスト」出身の米倉や上戸彩(34)、剛力、河北麻友子(28)、武井咲(26)などが相次いで活躍したことにより、芸能界に一大勢力を築いてきた。その躍進を陰ながら支えたのが、最盛期には6000人以上いるとも言われた“オスカー美女軍団”の存在だという。

「大所帯であるオスカーには女優ばかりでなく、『オスカー美女軍団』と呼ばれる多数の女性モデルが在籍しています。とはいえ、そのほとんどはまだ大きな仕事がない“タレント予備軍”です。中にはレッスン料を払いながら系列会社のスクールに通ったり、プロフィルに使う宣材写真代を自腹で払って活動を続けている女性もいます。人数が膨大なだけに“諸経費”も事務所にとってもそこそこの収入となるようです。こうしたビジネスが成立するのも、オスカーの看板タレントがテレビなどで派手な活躍をすることで事務所のブランド力が上がり、“オスカーに在籍するモデル”という肩書に価値がつくからです。その意味で、スタッフやタレントの大量流出という報道は、当然『オスカー美女軍団』の人材確保にも影響するでしょう」(前出のスポーツ紙デスク)

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/4748fa199c3401826bac28906fe8245b8ad62611?page=1
no title

【米倉涼子、岡田結実、剛力彩芽まで… タレント大量流出の「オスカー」で今何が起こっているのか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/08/06(木) 05:03:39.91 _USER9
 女性ファッション誌「CanCam」の専属モデルで女優としても活躍する堀田茜(27)が今月いっぱいで所属事務所「オスカープロモーション」を退社することが5日、分かった。

 関係者はスポーツ報知の取材に「8月が契約更新のタイミング。方向性の違いですね。約10年間、所属したことで、視野を広げたくなったのでしょう」と語った。同社所属のモデルだった母親の紹介もあり、16歳で国民的美少女コンテストに出場して芸能界デビュー。日テレ系バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」でも注目されている。同社では昨年から忽那汐里(27)、草刈民代(55)、米倉涼子(45)、岡田結実(20)らが相次いで退社している。

堀田茜、オスカープロモーション退社 8月いっぱい 関係者「方向性の違い」 
8/6(木) 5:00 スポーツ報知 
https://news.yahoo.co.jp/articles/aaec523320e2e3ef1723ea5f75a9ed83a68a380a 
堀田茜 
no title


【堀田茜さんも、オスカープロモーション退社 8月いっぱい 関係者「方向性の違い」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/04(月) 22:41:05.40
大手芸能事務所オスカープロモーションに所属していた、タレントの岸明日香が1日、同事務所を退社し、しばらくはフリーで活動することを報告した。
岸はモデルとして芸能界デビューし、ドラマ、映画、バラエティ番組などで活動した後、2018年6月にオスカーに移籍。
16年からスタートした『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』シリーズ、『大恋愛~僕を忘れる君と』などに出演したが、正直チョイ役が多く、
一般的には顔と名前が一致しない、ほとんど“無名”なレベルのタレントだ。
ここで見え隠れするのが、今後、同事務所が稼げない所属タレントたちを“人員整理”するのではないかとの点だ。
「オスカーでは3月いっぱいで社長職から退いた創業者の古賀誠一会長の娘婿が専務に就任し、パワハラ問題が浮上。それが引き金となったのか、
 大量の社員、タレントが退社しました。ここ最近では、草刈民代、忽那汐里、ヨンア、岡田結実らが辞めましたが、オスカーにとって、大きな痛手と
 なったのがエースである米倉涼子の離脱です。
 たいした稼ぎがないタレントに辞められても、痛くはないですが、米倉の退社はかなり厳しい。それに続くのが、上戸彩、武井咲といったところですが、
 いずれも育児優先で、仕事を大幅にセーブしているため、戦力になっていない。
小芝風花、田中道子、河北麻友子、堀田茜らががんばってはいますが、彼女たちのレベルでは、会社の屋台骨を支えるまでに至らない。こうなってくると、
 売れていないタレントまで面倒見る余裕がなくなります。従って、コスト削減のため、リストラを敢行していく可能性は十分。いい商品がいなくなれば、
 業界での立場でも弱くなりますし、“オスカー帝国”は崩壊していくしかないんじゃないでしょうか」(芸能プロ関係者)

2020/05/04 22:00 
https://www.cyzo.com/2020/05/post_239825_entry.html 
20200505001

【米倉涼子らの離脱で窮地のオスカープロ、売れないタレントの人員整理に着手か】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
宇垣美里3


1: なまえないよぉ~ 2019/01/02(水) 19:53:20.29 ID:CAP_USER9
スポーツ報知ウェブ版は1日、今年3月末にTBSを退社すると報じられていた宇垣美里アナウンサーが大手芸能事務所オスカープロモーションと契約すると報じた。
宇垣といえば昨年オリコンが発表した「好きな女性アナウンサーランキング」で9位にランクインするなど、高い人気を誇っているが、
“フリーアナ市場”に宇垣が参入することで戦々恐々としているのではないか、といわれるアナウンサーがいるという。

「TBSで宇垣の先輩だった田中みな実です。田中と宇垣は最近似たような“闇キャラ”で人気となり、女性人気も上がってきています。
特に宇垣はカルチャー誌でエッセイを書いたりと、サブカル女子からも大人気。
田中のポジションは簡単に奪われてしまうのではないか、という見方が多いですね」(テレビ局関係者)

宇垣は昨年7月に「週刊ヤングジャンプ」(集英社)でグラビアデビューを果たし、水着姿はないもののアイドル顔負けのビジュアルが話題となった。

「もしグラビア撮影時にフリー転身の意向が固まっていたとしたら、宇垣も強かですよね。『局内では、ひとりぼっち』という報道もみられますが、局内で宇垣の評判はあまり良くないというか、悪いですよ。
でも昨年、宇垣が『あさチャン!』降板を伝えられた際に、同番組のプロデューサーにコーヒーをぶちまけた事件がありましたが、そのプロデューサーは局内でも宇垣以上に嫌われ者だったので、一部では『よくやった!』ということで宇垣はヒーロー化していたんですよ。
宇垣は思ったことをズバズバ言うし、すぐに顔に出るタイプなので、『裏表がなくて扱いやすい』と言う人がいるのも事実です。

また、宇垣は自身のポジションを早いうちに把握していたからこそ、局アナとは別の畑で価値を上げようと決断したことについては、『良い時期に退職を決めた』『だらだらと局アナをするより、はるかに賢い』という声もあります」(TBS関係者)

気になるのは、宇垣がフリー転身後に活躍できるかどうかだが、週刊誌記者は語る。

「宇垣が9位にランクインした(オリコン発表の前出)『好きな女性アナランキング』で田中みな実は10位と、かなり接戦です。
現在テレビのメイン視聴者層は40代以降の女性なので、フリーで活躍していくには女性人気が必要。裏を返せば、女性ファンを増やす秘策が見つかれば、大きく活躍できるかもしれません」

宇垣の活躍に期待したい。

http://dailynewsonline.jp/article/1636139/
2019.01.02 19:00 ビジネスジャーナル

【TBS内で評判最悪の宇垣美里アナが、突如ヒーロー化した局内での事件 ← ヒロインなwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: なまえないよぉ~ 2019/01/01(火) 05:13:35.68 ID:CAP_USER9
 今年3月いっぱいでTBSを退社することが明らかになった宇垣美里アナウンサー(27)が、大手芸能事務所・オスカープロモーションと契約することが31日、分かった。複数の関係者によると、正式な契約は辞表提出後の3月になる見込みだが、すでに双方で同意しているという。

 宇垣アナは、2014年の入社1年目から「あさチャン!」に抜てきされ、ニュースやエンタメコーナーなどを担当。オリコンが行った今年の「好きな女性アナウンサーランキング」で、同局では唯一ベスト10入りするなど、アイドル顔負けのルックスと、安定感のあるアナウンス力で活躍していた。オスカーには米倉涼子(43)、上戸彩(33)、剛力彩芽(26)ら人気女優のほか、元TBSの小島慶子アナ(46)、元フジテレビの政井マヤアナ(42)、田中大貴アナ(38)らフリーアナウンサーも多く在籍している。


宇垣美里アナウンサー
no title
20181231-00000287-sph-000-5-view[1]


1/1(火) 5:09 スポーツ報知 
TBS・宇垣美里アナウンサー、オスカープロモーション入り 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000287-sph-ent

【宇垣美里ちゃん、TBS退社後はオスカープロモーション入りの模様、何処へ向かうのかwww】の続きを読む