芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

イッテQ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/08(金) 11:29:46.78
 リニューアルの目玉は「THE W」優勝者――。
 日本テレビ系日曜夜の人気番組「世界の果てまでイッテQ!」が、今夏にも大幅リニューアルされることがわかった。
 “珍獣ハンター”イモトアヤコ(34)、2007年の番組スタートから笑いを届けた森三中が卒業。
 世代交代して森三中の後を引き継ぐのは“お笑い第7世代”の人気女性トリオ「3時のヒロイン」だという。

 大幅リニューアルの裏には番組のマンネリ化、視聴率の問題がくすぶっていた。

 「最近の『イッテQ』は、テレビ朝日の『ポツンと一軒家』に視聴率で負けていることもあり、日テレ側はこのコロナ禍による休み(4月26日は放送なし、5月3日は総集編)の間に、出演者を見直すことにした」(日テレ関係者)

 番組側がレギュラー、準レギュラー出演者にその方針を示したところ、意外な反応があった。

 「女優志望のイモトアヤコが最初に降板を申し出たんです。番組内では“珍獣ハンター”や登山部で引っ張り、2009年には24時間テレビのマラソンランナーも務めたイモトですが、昨年11月に登山ロケでコンビを組んだ『イッテQ』のディレクターと結婚。それもあるのか、番組を卒業し、女優業一本に絞ることを決意したようです」とは番組関係者だ。

 これまでの功労者、イモトの意思が尊重されるのは自然な流れだろう。だが、イモトにつられるように、森三中も卒業を決意したという。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

「イッテQ!」世代交代イモト、森三中が卒業へ 後継は「3時のヒロイン」 

東スポWeb 2020年5月8日 11時0分
https://news.livedoor.com/article/detail/18230362/
20200508002

【【信頼のソース】マンネリ化、視聴率…「イッテQ!」世代交代でイモト、森三中が卒業へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/04/15(水) 05:43:16.68
モデルでタレントの谷まりあが、ラジオ番組で『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の厳しい現状を明かした。日本テレビの福田博之取締役執行役員も3月23日の定例会見で「新しくロケに行かないと(番組で)流すものがなくなり、国内ロケになる」と危機的状況であると話していたが、それが現実になってしまったようだ。

4月13日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)には、よゐこ(濱口優と有野晋哉)、ドランクドラゴン・鈴木拓、谷まりあ、そして月曜メンバーに新たに加わった鈴木美羽の5名が出演した。だが新型コロナウイルスの感染対策でスタジオ内には4人しか入れず、交代で1人を別室からのリモート出演に切り替えていた。スタジオのドアも開けっぱなしで換気に気を配り、向かい合う出演者との間には透明のアクリル板が設置され、もちろんマスクは全員付けたまま。スタッフも最小限の人数で番組に臨んでいるようだ。

出演者の一人、谷まりあは『世界の果てまでイッテQ!』で2016年から出川ガールズの一員として出川哲朗とコンビを組み、米サンフランシスコやニューヨーク、仏カンヌなど年に何度も海外ロケに出ていた。ファッション雑誌『ViVi』の専属モデルとして活躍する彼女の名が、幅広い年代に広まったのは同番組への出演がきっかけであろう。直近では2019年12月29日に放送された「マジシャン出川 in イタリア」の回で、本番のスタジオで出川がマジックを披露すると、前日にぎっくり腰になり動きがぎこちない彼を谷はアシスタントとして見事にサポートしていた。

しかし世界的な新型コロナウイルスの感染拡大で、同番組で予定されていた海外ロケは全部無くなったという。「『イッテQ』なんかどうなってんのって、結構みんな心配してるやん」、「もう、一番厳しい番組になっちゃうんじゃないですか?」と濱口や鈴木も心配そうだ。さらに谷は「ViViも全部撮影無しにになって」と言い、人と会う仕事はラジオ番組ぐらいになっているようだ。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

谷まりあ『イッテQ』の厳しい現状明かす 「海外ロケ、全部無くなりました」 
2020.04.14 17:15 Techinsight 
writer : miyabi 
https://japan.techinsight.jp/2020/04/miyabi04141558.html 
「マジシャン出川 in イタリア」のロケで出川哲朗と谷まりあ(画像は『Maria.Tani 谷まりあ 2019年12月30日付Instagram「最初本当に咳き込み始めたと思って本気で心配してしまった私はマジシャンDegawaにまんまと騙されました。」』のスクリーンショット) 
no title
【谷まりあ『イッテQ』の厳しい現状明かす】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/23(月) 18:33:16.93
 日本テレビは23日、小杉善信社長の定例会見で、新型コロナウイルスで看板番組のロケに影響が出ていることを明かした。

 編成などを担当する福田博之取締役は「影響はかなり出ております」と説明。特に海外ロケを頻繁に行う番組で、具体的には「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)と「アナザースカイ2」(金曜後11・00)をあげた。

 現時点では海外ロケを「控えておりますが、この状況が続くと…」と危機感をにじませた。

 ロケを終えたストックについては、「来週から放送出来なくなるような状況ではないですけども、ずっと先まではございませんので色々と工夫していかないと」と対応策を練ってる様子。

 「おそらく新しくロケに行かないと、そのうち流すものも無くなる。国内ロケをすることになる」とも述べた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/03/23/kiji/20200323s00041000254000c.html 

73c0ce54

【新型コロナ禍で「イッテQ」「アナザースカイ2」も影響 「流すものも無くなる」国内ロケも検討】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/03/09(月) 11:15:30.63
3月8日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、「お祭り企画」が1年4カ月ぶりに復活した。宮川大輔が涙を見せるなどして話題を呼んだが、祭りの内容を巡り視聴者から疑問の声が出ている。

宮川はアメリカ・コロラド州で開かれるという「フルーツケーキ祭り」に参加することに。祭りの名を聞いて「食べる系?」と疑った宮川だったが、フルーツケーキを投げる企画だと知らされた。

現地で説明を受けた宮川は「また(視聴者から)怒られるんちゃうかな?」と不安げ。アメリカではクリスマスの習慣としてフルーツケーキを贈り合う習慣があるというが、現地では賞味期限が切れたケーキを用いて町おこしをしようと毎年、祭りを開催している。ケーキは1ドルでレンタルを受ける参加者もいるというが、当日持ち込む者もいた。

当日持参のケーキを投てき
競技用のケーキはいずれもビニール袋に入れられた。宮川は自作のケーキを持ち込んで参加。投てきの距離やコントロールをそれぞれ競う2部門に加え、木片を投げ込みスピードを競う競技、ケーキをフライ返しにのせたまま走る障害物競走に臨むことに。スピードガンで72キロを記録した宮川は1種目で優勝を果たしている。

企画終了後には声を詰まらせながらも「本当にうれしかったし、めっちゃ楽しかった」とカメラに向かって頭を下げた。しかし視聴者は、当日出来上がったケーキを投げる企画に疑問を抱いたようだ。現地住民は「後で食べてもいいし、賞味期限が切れたものはブタやヤギのエサになる」としていたが、

《とりあえず、食べ物を粗末にするな》
《破棄するために考案されたっぽいのに自前ケーキ持ち込むとか本末転倒では》
《自粛明けの1つ目の放送が「ケーキを投げる祭り」っていうのは危ういのでは》
《フルーツケーキもったいない…俺が食う…》
《絵面キツ過ぎてケーキあんまおいしくいただけなかった》

など、非難の声が上がっている。残念ながら、復活当日からケチがついてしまったようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/2229806/
2020.03.09 11:00 まいじつ
8a6163c6

【毎度おなじみ、まいじつの『イッテQ』批判がこちらwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/04(火) 19:37:23.72
多くの『イッテQ!』ファンが待ち望んでいた「祭り企画」の“復活”が決まった。既に収録は済んでおり、早ければ2月中に放送されるという。

晴れわたった空の下、青い法被にねじりハチマキ、白い足袋をはいた男性が、テレビ局のインタビューに答えている。カメラに真剣な表情を向けるのは、宮川大輔(47才)。ただ、これは日本のメディアではない。アメリカのあるテレビ局のニュース番組だ。

中略

冒頭、宮川がインタビューに答えていたのは、「地元の祭りに日本のコメディアンが参加」というニュースだ。

今回、宮川が参加したのは、1月25日にアメリカ・コロラド州で開催された『フルーツケーキ飛ばし祭り』。フルーツケーキを投げ、距離と正確さを競ったり、へらにのせたケーキを落とさないように運び、俊敏性とバランス感覚を競うなど、計4種目で争われる祭りだ。1996年に始まり、現在では地元の風物詩になっている。今年は約500人が参加した。

“やらせ”報道後、初の祭り企画の収録とあって、進行はかなり慎重に行われたようだ。祭りの現地広報担当者が話す。

「日本の番組スタッフから連絡があり、番組の内容や意図についてメールで何度もやりとりしました。収録に参加したタレントは宮川さんだけでしたが、番組スタッフは15人ほどいましたね。宮川さんは開催日前日にとても熱心に練習していました。優勝したかって? それは言えないけれど、観客は彼のパフォーマンスに大笑いしていて、大会を盛り上げてくれましたよ」

以前の「祭り」収録は、スタッフがわずか4人ほどだったと伝えられている。15人と大幅に増員したことからも、企画の復活にかける番組の決意が伝わってくる。

「放送日は2月16日だと聞いています。今のところ大々的に告知はせず、さりげなく流す予定。これは宮川さんと内村さんの考えだとか」(日本テレビ関係者)

お祭り男の決めぜりふ、「ワッショーイ!」のかけ声とともに、『イッテQ!』復活の起爆剤になってほしい。

https://www.news-postseven.com/archives/20200204_1539725.html 
2020.02.04 19:00 

no title

no title

no title

【【朗報】イッテQ「祭り企画」が復活! 宮川大輔がケーキ投げに ← アンチさん、大騒ぎwwwww】の続きを読む