芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

アンジャッシュ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/03(日) 18:37:03.80 _USER9
アンジャッシュ渡部建の『笑ってはいけない』復帰騒動は、日本の芸能界におけるダウンタウン松本人志の圧倒的な権力を多くの人に再認識させた。

 まず経緯を振り返ろう。11月17日発売「週刊女性」(主婦と生活社)が、2020年大晦日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』(日本テレビ系)で渡部が復帰することを伝えた。収録日は同月18日だともあり、詳細な内容だった。

 同番組では、ベッキー、袴田吉彦、原田龍二、元衆議院議員の宮崎謙介氏などが出演する「不倫騒動枠」があるため、渡部もコントへの出演をきっかけに復帰を探っているというわけだ。

 「週刊女性」をきっかけに週刊誌やスポーツ新聞もいっせいに後追い報道を始めたが、これに世間は大反発。渡部の不倫が女性を性的に貶めるものであったこと、多目的トイレを利用するという常識の逸脱、6月に芸能活動を休止してから雲隠れ状態で会見も開いていないことなどがその理由だった。

 こうした視聴者の反応を経て、11月22日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本は<あの番組は、誰がゲストでどこで出てきて何をするのか、我々は知りたくない。ずっとドッキリを仕掛けられる受け身の側だから><収録前にネットニュースで知らされるって。考えられない>と激怒。渡部が登場した際も<ネットで知ってたわ>と思ってしまったため新鮮な反応ができなかったと明かし、確かに渡部の登場シーンを撮影済みであることを匂わせた。

 12月3日に渡部は急きょ謝罪会見を開くが、会見が始まる約1時間前、松本は<あえて会見の前に。。。オレと渡部の共演は当分無いと思うよ~>と牽制のツイート。その影響もあったのだろうか、記者から何度も『笑ってはいけない』出演の有無について繰り返し問われても、渡部は口を閉ざし続けるしかなかった。出演オファーがあったのか、収録済みなのか、といった質問の全てに沈黙を貫いたのである。日テレ側から箝口令が敷かれていたようだ。

悪いのはアンジャッシュ渡部だけ?

 この件では、謝罪のプロセスを経ずに番組に出演しようとした渡部ばかりがメディアで叩かれていて、日本テレビや松本への批判はほとんどなかった。しかし当然の話だが、番組の出演にはまずテレビ局からのオファーが必要で、渡部が「出たい」と言ったとしても出られるわけではない。

 渡部サイドだけの意向で、大晦日の人気特番への出演がかなうはずはなく、番組側が渡部を登場させる演出を狙ってオファーしたはずだ。人力舎、吉本興業、日本テレビの関係において、どこかでボタンのかけ違いがあったかもしれないが、渡部だけが「謝罪もせずに復帰するとは何事だ」などと責められるのも違うだろう。

 この件については、アンジャッシュの所属事務所・プロダクション人力舎の玉川大社長と、『行列のできる法律相談所』の総合演出として知られる日本テレビの高橋利之氏の話し合いによるものだったという内情を、12月10日発売「週刊文春」(文藝春秋)が明かしている。それが事実であれば、オファーをした日本テレビも決して迷惑を被った“被害者”ではない。

 松本に関しても、なぜか渡部や週刊誌・スポーツ紙に迷惑をかけられた被害者のようなスタンスだが、果たしてそうだろうか。松本の名前は『ガキの使いやあらへんで!』の企画・構成にクレジットされている。番組の性質上コントの全容までは把握していないにしても、渡部の復帰という重要事項を、松本に打診せず本当のサプライズとして進めたのだろうか。

 前述「週刊文春」によれば、松本を怒らせたこともあって渡部の出演パートはカットになったというが、日テレとしては、大炎上した謝罪会見も含めて番組への注目度が高まっている中、渡部のシーンも使いたいところだろう。松本を説得し、オンエアしてしまう可能性もある。

wezzy 2021年1月1日 12時0分
https://news.infoseek.co.jp/article/wezzy_85046

写真
no title

【アンジャッシュ渡部建『笑ってはいけない』騒動 暗躍した松本人志と日本テレビになぜ矛先が向かないのか?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/31(木) 11:40:49.82 _USER9 BE:669652247-2BP(0)
〝多目的トイレ不倫〟で芸能活動を自粛している「アンジャッシュ」の渡部建は、12月3日に行った謝罪会見の失敗により、復帰が絶望的な状況になっている。

 失敗の原因については、所属事務所「人力舎」の〝準備不足〟が指摘されているが、あれほどの失敗があっても、同社はスタンスを一切変えていないという。

 25日にはTBS系で、人力舎の所属芸人を特集したバラエティー特番「中居正広の金曜日のスマイルたちへ 今年色々あったよ人力舎芸人総勢43名大集合SP」が放送された。芸能プロ関係者は「こういう番組を放送する場合、所属事務所は渡部の復帰にプラスになるように考えるのが普通だが、番組を見てもそういうところは一切感じられなかった。むしろ、『人力舎は渡部を見捨てたのでは』としか思えない」。

 同番組では、相方の児嶋一哉が渡部について語る場面があった。司会の中居正広が「まだ(復帰の)予定はないんですね?」と聞くと児嶋は「ホントに何も決まってないです」と回答。さらに「もともと仲良くなかったの?」と聞く中居に、児嶋は「ぶっちゃけ良くないですね」。それでも中居は「救ってあげられるのは児嶋しかいない」と話したが、「僕? オレが?」と児嶋は首を傾げるのみだった。

「渡部について話すなら、事務所サイドがどう話すか児嶋と打ち合わせるのが当然だけど、全くしてないんでしょうね。本当に復帰の予定がないんだろうけど、それを正直に言うとは…」(同)

 最近では渡部が潰れた責任をマスコミに転嫁する動きも見せ始めている。

 会見から11日後の今月14日、児嶋が出席した「TikTok#クリぼっち発表会」というイベントが行われたが、人力舎は、スポーツ紙数社を〝取材NG〟にし、締め出してしまったのだ。

 渡部は先月、大みそか放送の日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!」にサプライズ出演すると報じられた。

 ワイドショー関係者は「人力舎が取材NGにしたスポーツ紙は、『笑ってはいけない』に渡部が出ることを断定して報じたところらしい。でも報道する側は、出演の事実を掴んだら報じるのは当たり前のこと。そもそも謝罪会見する前に渡部が収録に参加したことが問題なのに、報道する側に責任をなすりつけるのはどう考えてもおかしい!」と声を荒げる。

 渡部の復帰はますます遠のくばかりだ。

12/31(木) 11:30配信 
東スポWeb 

渡部(左)のピンチに児嶋は… 
https://news.yahoo.co.jp/articles/996a9e448efdd5ecea12ca15d1e7e6cad6404f7a

no title 【アンジャ渡部建 復帰を阻む事務所の暴走と児嶋の「金スマ放送事故」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/25(金) 23:32:35.99 _USER9 BE:439362949-PLT(40000)
 お笑いコンビ、アンジャッシュの児嶋一哉が25日、TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演し、多目的トイレ不倫で謹慎している相方の渡部建との関係について「ぶっちゃけ良くない」と語った。

 番組には同じ事務所の人力舎所属芸人が大挙出演。アンタッチャブル、おぎやはぎを見て児嶋は「そもそも楽屋で話すコンビ。そもそもそれがないコンビ」と渡部とは楽屋で会話もないことを明かした。

 MCの中居が「元々、仲良くない?」と尋ねると、児嶋は「ぶっちゃけ良くない」と即答。「いいときも悪いときもあって、まだ今年はいいほうだった。でも雑談をする感じではない」とし、騒動後に一度会ったときも雑談はなかったと話した。中居は「救ってあげられるのは児嶋しかいない」と述べた。

12/25(金) 23:20配信 
デイリースポーツ 

アンジャッシュの児嶋一哉 
https://news.yahoo.co.jp/articles/808cc522c7c9d5d9a3cc1d54cee5013493b5861d
no title

【アンジャ児嶋 渡部との関係「ぶっちゃけ良くない」…楽屋で雑談もなく】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/16(水) 22:40:49.23 _USER9
 今年6月に発覚した“多目的不倫”から半年で、大みそか恒例の大人気特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』(日本テレビ系)にサプライズ出演すると報じられた渡部。収録もすませていた事実がわかり「謝罪もせずに仕事が先とは!」と非難が殺到。急きょ会見を開くまでに追い込まれたのは、ご存じのとおり。

 渡部に容赦ない質問を浴びせ続けた芸能レポーター陣にも非難は飛び火。マスコミ全体を巻き込んでの大炎上状態になった会見の翌日、渡部の所属事務所社長は、週刊女性にこう語っていた。

「渡部の奥さん……佐々木希さんはあれ以来、すごく頑張っているでしょ。渡部はその陰に隠れて“腫れ物”のような状態で、ただ家にいるような感じで。このままでいいわけはないんですよ……」

「やっぱり許せない」

 夫の不貞行為を許しただけでなく、心中穏やかなはずがない中で、慣れないバラエティー番組にも笑顔で出演する妻になんとか報いたい─。そうした焦りの中で、渡部が復帰、そして会見を強行したのは想像に難くない。結果的には大失敗に終わってしまったわけではあるが。

 ただ、その地獄会見のおかげで、世間からは「さすがにかわいそう」といった同情の声もあがっている。となれば「禊はすんだ」という流れになりそうなものだが、どうもそう簡単ではないらしい。

「『笑ってはいけない』を収録した日テレは、今回の一件で“知らんぷり”を決め込んで、渡部さんを助けなかった。ハシゴをはずされた格好の渡部さんサイドとは、だいぶギクシャクしているみたいです。渡部さんが日テレでレギュラー出演していた『ヒルナンデス!』を“9月に降板していた”と今になって公表したのもその表れ。長年出演している『行列のできる法律相談所』のレギュラー枠も、このままなくなるでしょうね」(スポーツ紙記者)

 さらに別のところでも、渡部への怒りがこもった火の手が上がりだしている、という。あるTBS関係者は、渡部への憤りを隠さない。

「あの会見で、渡部さんと仕事をしてきた人たちみんな“やっぱり許せない”って言っていますからねぇ……」

 どういうことか?

「そもそも渡部さんが日テレの番組で復帰を計画して、あろうことか収録まですませちゃったこと自体アウトなんです。だって渡部さんはウチで『王様のブランチ』のMCをやっていたわけでしょ。『王様のブランチ』はウチの生放送の看板番組ですから」(同・TBS関係者)

12/16(水) 21:01 週刊女性プライム

“地獄の100分会見”から2週間近く─それでもまだおさまる気配のないアンジャッシュ渡部建の復帰騒動。 
https://news.yahoo.co.jp/articles/bcb67b83ca9a523d295a2e236ede680af45629bc

写真
no title

【【完全終了】<渡部建>テレビ局も復帰を許せない! 聞こえてきた“怒りの声”の数々「やっぱり許せない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/14(月) 09:27:14.89 _USER9
 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉(48)が13日放送の日本テレビ「誰も知らない明石家さんま」(後7・00)に出演。“多目的トイレ不倫”で6月から活動自粛中の相方・渡部建(48)の騒動で、芸能界引退も考えていたことが明かされた。

 ゲストとして出演した児嶋に対し、明石家さんま(65)は「児嶋って渡部の代わりなの?」といきなりの渡部イジリ。東野幸治(53)が「渡部がちょっとテレビ出られないことを利用してめちゃくちゃ忙しいんですよ」と追い打ちをかけると、児嶋は「確かに忙しい。“渡部バブル”って言われてるんです」と恐縮しつつ「申し訳なさそうに出てますよ」と苦笑いを浮かべた。

 番組では「さんまからの震える一言」を有名芸能人やスタッフなどが披露。その中で、児嶋も今年6月の渡部騒動でさんまからのメッセージで救われたことが明かされた。

 再現VTRで、渡部のスキャンダルが大騒動に発展する中、児嶋が「もうムリだよ、もう仕事無くなっちゃうよ」と落胆すると、妻は「大丈夫、家売って私がバイトして頑張るから」と励ましてくれた。芸能界引退を覚悟するほど落ち込んでいた児嶋のところに、さんまから突然メールが届いた。「ちょっと渡部に言うときや!」「あいつからもらったジュースおいしかったって伝えておいて」。一瞬意味が分からなかったが、夫婦で大笑いしたという。

 児嶋は当時を振り返り、「結構落ち込んだりしてる時にめちゃくちゃ笑ったんです。めちゃくちゃ救われて、あの人カッコいいなって」とさんまに感謝。それでも、騒動後に収録で一緒になると、さんまは渡部ネタで思い切りイジってきたとオチも付けた。

写真
no title


2020年12月14日 8時18分 スポニチ
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19376542/

【アンジャッシュ・児嶋一哉さん、渡部騒動で芸能界引退も覚悟!妻「私がバイトして頑張る」】の続きを読む