芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

アメトーーク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/06(土) 23:09:09.85 _USER9
『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で1月21日に放送された「40歳過ぎてバイトやめられない芸人」が、SNSや業界内で話題を呼んでいます。

TAIGAさんや5GAPの二人など、一般的にさほど名前が知られていない芸人さんがひな壇を占めていたにも関わらず、涙と笑いで包まれたこの回。
一部では「ギャラクシー賞もの」という声もあるとかないとか……。生きづらさを感じている人々の励みになるとの声が上がっているようです。

『アメトーーク!』がかつてギャラクシー賞(※放送批評懇談会が主催し、日本の放送文化に貢献した優秀な番組、個人、団体に贈られる賞)月間賞を受賞したトークテーマと言えば、2008年から複数回放送された「中学の時イケてないグループ芸人」です。

サバンナ高橋茂雄、麒麟の川島明、博多華丸・大吉の大吉らが出演し、中学時代に経験した切なくて情けないトークを面白おかしく披露したこの回……
博多大吉さんから「焼却炉の魔術師」などの名言も生まれ、地味なテーマながら伝説の神回となりました。


光の当たらない生活をしている人々に勇気を与えた

神回となったひとつの要因としては、出演者のほとんどが今やMCに引っ張りだこの人気者であるということ。
そんな彼らが、かつてはカースト下位の不遇時代を送っていたという事実は、学生のみならず、多くの光の当たらない生活をしている人々に勇気を与えたといいます。

かつては「ガンダム芸人」などの好きなものを語り合う企画や、「人力舎芸人」「ひな壇芸人」など、現在の立ち位置で括った、マニア向けなものがほとんどだった『アメトーーク!』。

「中学イケてない芸人」は10年前の企画ですが、最近は、この流れをくんだ「団地で育った芸人」「イマイチ印象に残らない芸人」など、コンプレックスとなり得そうなものを笑い飛ばす企画が多くなってきたように感じます。


欠点いじりから個性重視の目線に変貌

このような企画が比較的目立ってきたのは、転機として2019年に闇営業問題により司会であった宮迫博之さんが消えてからではないでしょうか。

彼が出演しなくなってからの『アメトーーク!』は、執拗ないじりや欠点のあげつらいが目立たなくなり、若手ベテラン区別なく出演芸人さんの、のびのびと自由なトークを笑って聞ける空気感になっているように見えます。

人気企画「運動神経悪い芸人」「踊りたくない芸人」も、以前は欠点いじり的な取り上げ方をされていましたが、今は不思議なことに“それも個性”“人気者でもこんなに情けない一面を持つ”というような印象になっています。

誰も傷つけない笑いが賞賛されている昨今、「稲ちゃん(アインシュタイン稲田)カッコいい芸人」など、やり方を間違えればいじめだと批判が起きそうな企画でもどこか優しく温かい目線になり、登場する芸人さんの個性を引き立たせるようなものになっています。


クリーンを求める世の中で、あえてダメさを包み込む

また、コンプレックスものだけでなく、「ついつい深夜に食べすぎちゃう芸人」「私生活芸人っぽい芸人」「ついついネットで買っちゃう芸人」など、自分に甘い生活をしている人を受け入れるような企画も昨今では目立ちます。
健康的でクリーンなものが求められる世の中で、あまり褒められないような傾向をあえて肯定。

どんな食べ物でも理由をつけて「カロリーゼロ(だから食べてもいい)」と押し通すサンドイッチマン伊達さんの名言が出たのもこれらの括りの企画の中でした。
出演している芸人さんたちが面白おかしく語る、クズ感あふれるエピソードの数々は、健康的で清らかな社会に適応できず息苦しさを感じている人々に対しても「それでもいいんだよ」と優しく語りかけるような包容力さえ感じます。

宮迫不在の『アメトーーク!』が絶賛されるワケ。“生きづらい人々”に優しい企画
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac117dfdb41f8d6c597b62d890d46f0041d0698f

>>2以降に続く

20210207006

【宮迫博之不在の『アメトーーク!』が絶賛されるワケ “生きづらい人々”に優しい企画… 欠点いじりから個性重視の目線に変貌】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/15(金) 23:27:21.14 _USER9
日本を代表するバラエティー番組のひとつとして不動の地位にある『アメトーーク!』。

2003年の深夜番組からスタートして徐々に人気を高めていき、2006年にはゴールデン枠に進出。
その後、現在のネオバラエティ枠に落ち着いた。

安定した人気の中で訪れたのが、2019年の6月にあった宮迫の闇営業問題の発覚だ。
同番組では、それまでの宮迫博之・蛍原徹の2人MC体制から蛍原の単独MC体制に切り替わった。


はじめは、宮迫不在を不安視する声が多々あったが、それは杞憂に終わり、1年半が経った今では、蛍原の単独MCには何の違和感もない。
むしろ今の流行にあったスタイルのど真ん中を突き進んでいるように見える。

大黒柱とも言える宮迫を失った『アメトーーク!』が、今も変わらずに人気バラエティー番組の一角を守り続けている背景には、蛍原の変化が大きく関係しているのだろう。


◆いつの間にか消えた。大黒柱の宮迫を失った喪失感

早速だが、新体制の『アメトーーク!』が順調とは言え、宮迫のいた時代が忘れられないという人も多い。
それもそのはず、宮迫博之という芸人は、お笑い力・トーク力・人間力に加えて、「お笑いレーダー」という大きな武器を持っていた。
ほかの人なら見逃してしまうだろう小さな違和感を上手くすくい取って笑いに変える。
その技は超一級品で、ゲストの言動を時においしくイジり、時に厳しくいなしたりして、番組内での盛り上がりの中心には、いつも宮迫の姿があった。

「振り」、「ボケ」、「ツッコミ」の3役で笑いが取れる天才型とも言える宮迫の事実上の降板は、世間に大きな衝撃を与えた。
しかし、単独MCになった蛍原は、芸人ゲストMCの力を借りながらも、宮迫不在分をカバーするかのように新しい一面を次々に出していき、それまでの『アメトーーク!』にはなかった笑いを作っている。

そこで今回は、単独MCとなった蛍原が、宮迫不在の不安を跳ねのけられたポイントを大きく2つに分けて、考察してみたい。


◆宮迫不在の不安視を跳ね返した蛍原の「ボケ解禁」

まず1つ目は蛍原のボケが解禁になったことだろう。元々、「雨上がり決死隊」は主にコントを行っており、ボケを宮迫、ツッコミを蛍原が担当していた。
しかし、宮迫はどちらかというと、その場を自由自在に操ることができるツッコミタイプ。対する蛍原は天然ボケタイプ。2人ともボケ・ツッコミができる両刀使いだ。

『アメトーーク!』で、宮迫は比較的自由に発言していたが、蛍原は過去の失敗から番組内でボケるのは1回までとされていた。
そのため、2人でMCをしている時は、ボケることはほとんどなかった。


もしかしたら、「ボケるのは1回まで」という制限があったから、世間では「アメトーーク!=宮迫」という図式が自然と出来上がっていき、宮迫不在時の不安の声が大きかったのかもしれない。
孤軍奮闘が予想されていた蛍原の単独MCだが、前述したとおり、見事にその不安を吹き飛ばした。

それを説明する神回を2つ紹介しよう。

1つ目の神回は、蛍原が単独MCになって間もない2019年8月の「もっと売れたい芸人」だ。
ゲストの見取り図が、自分たちで作ったオリジナルゲームを蛍原と千鳥・大悟に促したことがあった。お題に合った「あるある」を、2人がリズムにのせて即興で上の句と下の句を言うというゲームだったのだが、「アメトーーク!」というお題に対して大悟が上の句に「行くと」とパスを出し、蛍原が下の句でとっさに「ひとり」と続けた。

即興ゲームとは思えないクオリティーの高さに加えて、蛍原が感じている心細さや不安さが十二分ににじみ出た自虐ネタで、大爆笑をかっさらったのだ。

さらに2020年2月に放送された「コンビ芸人ホームルーム」企画でも、この自虐ネタをぶち込んだ。
ゲストたちが普段は言えない相方への不満や不安を次々に吐露していき、感想を求める度に、蛍原は「言いたくても…(今は言えない)」「やりたくても…(今はできない)」といったように、宮迫の不在を寂しむコメントを返して笑いを誘った。


◆絶妙な「緩さ」が生み出す副産物

宮迫不在の心配を跳ね返した2つめのポイントは、蛍原の持つ緩い空気感だろう。
長い期間ボケを禁止されていたためか、蛍原は宮迫と違って相手の話を途中で切ることなく、じっくり聞くスタンスをとっている。
それが番組のカラー変更につながったと考えられる。

『アメトーーク!』で単独MC務める蛍原の評価がうなぎ上りなワケ 
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f6ff2d8e66e6d39dab33bd414ef18e503d2e516

>>2以降に続く

アメトーーク

【『アメトーーク!』で単独MC務める蛍原の評価がうなぎ上りなワケ… 宮迫不在を不安視する声が多々あったが杞憂に終わる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/21(日) 15:40:29.86
カンニング竹山が6月18日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)でブチギレ芸を披露。しかし、あまりの怒りようにスタジオが一瞬凍り付く展開に…。視聴者は「本当に怒っているのでは」とハラハラしていた。

この日は『ハワイ行きたい芸人』と題して勝俣州和、『アンタッチャブル』山崎弘也、出川哲朗らがゲスト出演。ハワイのおすすめスポットなどを語り合った。

竹山は、ハワイに関する山崎とのエピソードを口に。「嫌なのは…」と切り出し、ハワイ滞在中に米ロサンゼルスにいた山崎からGPS機能を用いて監視されていたと告白。山崎は携帯電話を眺める仕草を見せながら「ここに家、買ったんだっていうのが分かりました」「全然(竹山が)動かないところがあったんで…」と明かした。

ザキヤマにブチギレ!? スタジオに静寂

ハワイに家を買ったという話に周囲が驚愕した後、竹山はいつもの〝キレ芸〟を披露。「2年前、真剣に嫌だって話したこと、言うんだな!『アメトーーク!』とは関係なしに!」と叫ぶと、スタジオは一瞬静まり返ることに。蛍原徹は「そんなことより、物件に興味が…」と話を広げようとしたが、竹山は冗談を交えながらハワイの物件の話をはぐらかした。

これに対し、視聴者は竹山の怒りが本当だったのではと指摘。プライベートを暴露し過ぎだと、山崎を責める声が出ている。

《最近なんか見てられない時があるのは、やり方が多少変わって来たのか、自分の精神が余裕なくなって来たのか?》

《ザキヤマ最初の頃は怒ってたけどもう怒られなくなったって言ってたけど、まだ怒ってるじゃん竹山さん》

《最近いじりの度を超してる?というか笑えなくなってきたなぁ プライベートネタすぎてなんか違う》

《最初のころは何とも思わなかったけど最近はパワハラ?いじめ?とか思うくらいひどいよね》

《アメトークのハワイ行きたい芸人面白かったのに、ザキヤマの竹山いじりがイライラしてくる》


バラされたくなかった理由は何だろうか。

2020年06月19日 11時04分 まいじつ
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-699469/#article
アメトーーク

【<アメトーーク>ザキヤマの“イジリ”に視聴者ドン引き「もはやイジメ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
アメトーーク

1: なまえないよぉ~ 2019/07/30(火) 19:26:42.19
 テレビ朝日は30日、闇営業問題で吉本興業から処分を受けた雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が出演する「アメトーーク!」(木曜後11・20)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が出演する「ロンドンハーツ」(火曜後11・20)についての声明文を発表。10月以降の放送継続を明かした。

 「10月以降の『アメトーーク!』『ロンドンハーツ』に関して、基本は現在の形態のまま、演出面を強化して放送を継続、営業活動も行ってまいります。ただ事態が流動的な面があるため、吉本興業、関係先と競技しながら対応して参ります」と説明した。

 本件に関して、同局側から吉本興業ホールディングスの株主として、コンプライアンス遵守の体制強化と、ガバナンス構築などを求める申し入れ書を26日付けで吉本興業側に送付したことも発表。「吉本興業ホールディングスに設置される予定の経営アドバイザリー委員会による反社会的勢力排除のための体制構築について独立性のある公正な議論がなされるよう注視して参る」とした。

 【吉本興業HDへの申し入れ書のポイントについて】

(1)本件の事実関係の調査および特殊詐欺の被害者に対する真摯な対応

(2)反社会的勢力との関係を遮断するための具体的な施策

(3)コンプライアンス違反の事象が生じることを防止するためのガバナンスの徹底


7/30(火) 18:57配信 スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000157-spnannex-ent

【【テレ朝】「アメトーーク!」「ロンハー」10月以降も放送を継続、ホトトークに改名すればいいのにwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/07/12(金) 18:14:19.32
フット・後藤「アメトーーク!」に不思議な形で登場…宮迫の部分を後から演じた?とネットで話題

 11日放送のテレビ朝日系「アメトーーク!」(木曜・後11時35分)にフットボールアワーの後藤輝基が“不思議”な形で登場し、ネット上で話題になっている。
 レギュラー司会を務めていた雨上がり決死隊・宮迫博之が特殊詐欺グループの宴会に「闇営業」で出席し、謹慎処分を受けてから3回目の放送。
 宮迫の相方で司会の蛍原徹の(画面上の)左側に、人物の腕が何度も映り込むなど、今回も宮迫の出演シーンをカットして編集したことをうかがわせたが、それに加えて後藤の出演の仕方が奇妙な印象を与えたからだ。

 番組では「喫茶店大好き芸人」をテーマにロバート・秋山竜次、ピース・又吉直樹、千原ジュニアらがスタジオ出演。
 始まって間もなく、後藤が「ゲスト」というテロップ付きで現れ、蛍原とともに司会に加わった。
 ところが後藤が画面に映るときは必ず単独で、他の出演者と一緒のショットはないまま、芸人らの話に「えっー?」「いやあ、それはやったことないな~」などと反応。
 ただ、一同が爆笑するシーンでは蛍原と後藤の画面が別々に並んだ。

 ツイッター上では「後藤、別撮りで宮迫と同じセリフ喋ってる説。」などの投稿が相次ぎ、中には番組のいくつかの場面の画像を貼り付けて「ホトちゃんの隣を上手く隠しつつ、後藤に同じ色の上着を着せて後藤だけワンショットでしか映さないってことは、後藤は別に撮ってるよね。これ、収録した時のM迫の発言を後藤は言い直してんのかな??」と詳しく推理するコメントも見られた。

 さらに「きっとあの事件があったから、宮迫さんが回した部分を代わりに後藤さんで撮り直したんでしょうね。映像とうまく絡んでる後藤さんて凄いわ。」「別撮りだったら後藤はこれプロだね」など、宮迫のコメント部分を、後藤が後から“演じた”ことを前提に、その技を賞賛する声も続出している。

スポーツ報知 2019年7月12日 16時33分
https://news.livedoor.com/article/detail/16764158/

【フット・後藤「アメトーーク!」に不自然な形で登場 宮迫の部分を後から演じた?と話題にwwwww】の続きを読む