1: なまえないよぉ~ 2018/08/12(日) 19:41:14.25 ID:CAP_USER9
ディズニー/ピクサーの映画は俳優やタレントが吹き替えすることが多く、『トイ・ストーリー』シリーズは所ジョージ、唐沢寿明などが担当。そして『モンスターズ・インク』シリーズでは石塚英彦や爆笑問題・田中裕二がメインのサリーとマイクを担当した。

アニメ声優に挑んだちょっと意外な芸能人はまだまだいる。

まずは新垣結衣。2006年から07年にかけて放送されたアニメ『デジモンセイバーズ』(フジテレビ系)で、新垣は1年もの間、ヒロイン藤枝淑乃の声優を担当していた。

淑乃は主人公よりも年上の18歳で、どちらかと言えばまとめ役的な存在。しかしまじめ一辺倒というわけではなく、部下に大変な仕事を押し付けるなどだらしない部分も多数ある。また、「最悪なんですけど…」という現代女子っぽい言葉が口癖だった。

しかし新垣の演技はアニメファンからの評価が低く、「ガッキーが棒過ぎてきつかった」「棒演技を1年間聞かされたこっちが最悪なんですけど…」「当時淑乃の声優がガッキーとは知らなかったけど、演技が下手だったのは子供ながらに覚えている」といった声がいまだに上がる。同作の出演は、新垣の黒歴史になっているというウワサも…。

no title

https://myjitsu.jp/archives/59437

【「棒読みすぎる」新垣結衣の黒歴史!?「アニメ声優」に挑んだ意外な芸能人】の続きを読む