芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

アニメ

1: なまえないよぉ~ 2019/07/17(水) 23:35:59.46
 3月いっぱいでTBSを退社後、芸能事務所「オスカープロモーション」に所属し、連日のようにさまざまなイベントに登場し急速に活躍の場を広げている
フリーアナウンサーの宇垣美里さん。 イベント後、フリーになってからの意識や料理、ファッションなどについて聞いた。

中略

◇今後やってみたいことは…

 充実した日々を送る宇垣さんに、今後やってみたいことは?と聞くと「今までできなかったことをやりたい。
アニメが好きなので、モブ(群衆)でもいいので声優をやってみたいです」と期待に胸を膨らませていた。

毎日キレイ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-00000013-maikirei-ent&p=2
イベント後に取材に応じた宇垣美里さん
no title

【宇垣美里さんが今後やってみたいことwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/28(木) 07:13:10.77 ID:KceWWank9
HKT48の指原莉乃が29日放送のフジテレビ『ワンピース アニメ20周年記念特別番組 ひとつなぎの大宴』(26時25分~)に出演する。

1999年に放送を開始した人気アニメ『ワンピース』のアニメ20周年を記念し『ワンピース』を愛する人気芸能人が集結。
『ワンピース』愛を語らう熱い宴の特別番組となっている。

MCを務めるのは自他共に認める『ワンピース』好きとして知られ、8月に公開される映画『ONE PIECE STAMPEDE』に、絶世の歌姫・アン役でゲスト出演する指原と、フジテレビアナウンサーの生田竜聖の2人。
さらに、池田美優、上地雄輔、児嶋一哉(アンジャッシュ)、田中卓志(アンガールズ)、濱家隆一(かまいたち)、山内健司(かまいたち)らが出演。
彼らが「東京ワンピースタワー」内にある“サンジのおれ様レストラン”を舞台に、それぞれのお気に入りのキャラクターに扮し、『ワンピース』愛を語り合う。

『ワンピース』原作者・尾田栄一郎氏の公認の宴
同番組は『ワンピース』の原作者・尾田栄一郎氏の公認の宴ということで、番組のタイトルロゴは尾田氏が直々にデザイン。
公認番組ならではのここでしか見られない企画を多数用意しており、テレビ初公開となる声優陣のNGシーン、麦わらの一味にぜひ言って欲しい言葉を出演者たちがリクエストする「麦わらの一味に言われたい一言」、『ワンピース』名シーン裏ベストを発表する。

さらに番組の最後には『ワンピース』に関する重大発表も。
指原は、今回の番組を「『ワンピース』に関する番組にはこれまでにも出演させてもらったことがありますが、今回は時間帯が深いこともあって、一番ディープな話ができたと思います」と紹介。
さらに「単に『ワンピース』ファンが語り合うだけの番組ではなく、ここでしか見られない企画も満載です。特に豪華声優陣のNG集はファンにはたまらない企画で必見です。意外な方のNGが見られるのでぜひ誰か予想しながら見ていただきたいです」とアピールした。

http://mdpr.jp/news/detail/1829905

フジテレビ『ワンピース アニメ20周年記念特別番組 ひとつなぎの大宴』 指原莉乃
no title

no title

no title

(前列左から)上地雄輔、指原莉乃、池田美優(後列左から)生田竜聖アナ、児嶋一哉、田中卓志、山内健司、濱家隆一
no title

番組ロゴ
no title


映画「ONE PIECE STAMPEDE」歌姫アン役で出演 指原莉乃
no title

no title

【指原莉乃さん、アニメ「ワンピース」愛語る 重大発表も】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/17(日) 22:22:12.95 ID:R5h3y+KA9
no title


■そもそもはセリフを入れることを想定していない作品だったが、セリフを足すことでさらに作品の奥行きが出るかもしれないと思い、福原遥さんにお願いさせていただきました」(石井俊匡監督)

丸井グループと東宝のタッグによるオリジナルのショートアニメーション『そばへ』がWEBにて公開されることになり、3月7日に東宝本社にて製作発表記者会見が開催。
声を務めた福原遥、石井俊匡監督、株式会社丸井グループ執行役員・青木正久氏、東宝株式会社取締役・大田圭二氏が出席した。

青木役員は“インクルージョン(=包摂)”をテーマにした今回の作品の企画のなりたちについて、
丸井グループがめざす「すべての人が“しあわせ”を感じられるインクルーシブで豊かな社会の実現」というコンセプトに言及。
「この考えを石井監督の美しいアニメの力を借りて世に広めたい。単なるアニメCMではなく、石井監督、東宝さんと一緒に作り上げるアニメ作品になると考えました」と説明した。

東宝とのタッグはコンペティションによって決定されたそうで、大田役員は「コンペで勝ち上がって選ばれたことは素直にうれしいです」と喜びのコメント。
東宝のアニメレーベルであるTOHO animationの設立から約6年となるが「つねに次世代のアニメ業界を担う若い才能を追い求めています。
31歳の石井監督とご一緒できてうれしく思います」と語った。青木役員も「第2弾、3弾と継続し、若手アニメーション監督の登竜門として、両社の取り組みを発展できたら」と今後のさらなる継続への期待を口にした。

『そばへ』は、『宝石の国』などのCGアニメーションで知られるオレンジが制作を担当し、細田守監督作品『未来のミライ』で助監督を務めた石井監督の初監督作となる作品。
とある雨の日、帰路につこうとした統(おさむ)は、紗友(さゆ)からプレゼントされた傘がなくなっていることに気づくが、そんな傘がやがて少女となって、雨に濡れた街を走り回るという2分のショートムービーで、福原は本作の声を演じている。

オレンジから今回のオファーを受けたという石井監督は「“インクルージョンをアニメに”というのは難しいなと思いましたが、初めて“監督”という肩書で作品が作れるということで、頑張ってみようと思いました」と振り返る。

タイトルの『そばへ』(※発音は『そばえ』)は漢字で「日照雨」と書き、「狐の嫁入り」とも称される、日が差しているのに雨が降ることを指す言葉。
石井監督は「オレンジのCGアニメーションという強みを生かすために、自然現象を使うのがいいんじゃないか? と提案をいただき、雨を選びました。
雨という言葉を使ったきれいな言葉を探すなかで、『日照雨』という言葉を見つけ、言葉のきれいさ、作品の感じにも合っていると決めました」と明かした。

http://news.livedoor.com/article/detail/16143527/
2019年3月11日 17時16分 M-ON! MUSIC

https://youtu.be/uFduoOYXPwA


no title


no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title 【【まいんちゃん】『3年A組』出演で人気急上昇! 福原遥ちゃん、オリジナルショートアニメ『そばへ』製作発表記者会見に登壇】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/13(火) 18:38:57.73 ID:CAP_USER9
 元AKB48でタレントの篠田麻里子(32)が13日、都内で開かれた短編アニメ「アニ×パラ~あなたのヒーローは誰ですか」第4弾「ゴールボール編」(11月17日後6・45~、BS1ほかで放送開始)の合同取材会に出席した。

 篠田は約6年ぶりとなる声優再挑戦でゴールボール日本代表の天浦結希役を務めた。篠田は「声のお仕事って難しいなと思って。表情が読めない分、自分で思っている以上オーバーにやらないと伝わらないのだなと、すごく声優さんを見ていて思います。今回は日本代表選手を演じるので、しっかり芯のある女性を演じたいなと思いました」とアフレコに臨む前の気持ちを明かした。自己採点では「100満点。自信を持っておすすめしたいです」と語った。

 同作は人気アニメ「こちら葛飾区亀有前派出所」とコラボ。こち亀の主人公・両津勘吉らが視聴覚障害者のパラスポーツ「ゴールボール」に挑戦し、日本代表と対決。約5分という短い時間ながら、こち亀特有のドタバタ劇のなかで、ゴールボールとはどのような競技なのかを伝えている。

 ゴールボールはアイシェードという目隠しをつけて、1チーム3人で鈴の入ったボールを投げ合い、相手のゴールを狙うスポーツ。篠田は東京都が進める「TOKYO パラスポーツプロジェクト」のメンバーでもあり、「車いすテニス」や「ブラインドサッカー」などを体験したことがあるという。この日、篠田はゴールボールに初挑戦。日本代表の「真っ暗。ボールがけっこう重くて、固い」とつぶやきながら、果敢に挑戦していた。

[ 2018年11月13日 13:04 ]
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/13/kiji/20181113s00041000154000c.html
no title

【篠田麻里子 パラスポーツのアニメで声優再挑戦 「100点満点」の自信 ← これwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/04(日) 11:05:18.56 ID:CAP_USER9
元AKB48でタレントの篠田麻里子さん(32)について、NHKで放送されるアニメで声優を担当することが発表され、話題になっている。

篠田さんが出演するのはNHKの「アニ×パラ」枠で放送される、漫画家・秋本治さん原作の「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の新作アニメ。
同枠ではパラスポーツ界で活躍する選手を描くアニメが放送されるが、篠田さんが出演する同作では、主人公の両津勘吉らが、視覚障害者のパラスポーツ「ゴールボール」に挑戦する姿が描かれ、篠田さんはゴールボール日本代表のキャラを演じるという。

■パラリンピックにゆかりが深い篠田さん

篠田さんは2016年11月、東京オリンピック・パラリンピックに向けて東京都が進めるプロジェクト「TOKYO パラスポーツプロジェクト」のメンバーに選出され、以降、パラスポーツのPR活動に尽力。
「ブラインドサッカー」や「車椅子バスケットボール」のイベントで自ら体験するなど、パラスポーツの普及に貢献している。

一方の声優業だが、篠田さんは2012年2月に米映画「TIME」で吹き替えに挑戦。
同作でヒロインを演じたが、この時は「セリフが棒読み」などと芳しくない意見がネット上に噴出。
DVDとブルーレイが発売された同年7月には、「マリコ様の吹き替えが最悪」との文言が書かれたレンタルDVD店のポップらしき画像がネット上で拡散し、騒動に発展した。

しかし、「TIME」よりも後に公開されたアニメ映画「紙兎ロペ つか、夏休みラスイチってマジっすか」(2012年5月公開)では、これとは真逆の評価。
完成披露試写会では監督の内山勇二氏から、「完全にキャラクターを分かっていた。どのテイクを使ってもいいくらいでした」と絶賛され、「TIME」での汚名を返上した。

翻って今回の「こち亀」出演。
得意の声優業でパラスポーツへのさらなる貢献が出来そうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000000-jct-ent

NHK新作アニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
ゴールボール日本代表の天浦結希選手役 篠田麻里子(右)
no title

no title


元AKB48 篠田麻里子
no title

no title

no title

【セリフが棒読みと評判だった元AKB48篠田麻里子さん、アニメ「こち亀」に「声優」として出演する模様wwwwww】の続きを読む