芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

アナと雪の女王

1: なまえないよぉ~ 2019/10/01(火) 04:20:08.96
大ヒット映画『アナと雪の女王』(2013)が、日本テレビ系映画番組「金曜ロードSHOW!」で11月15日夜9時から本編ノーカットで放送されることが明らかになった。

 触れた物を凍らせる力を制御できず、ついには真夏の王国を凍てつく冬世界に変えてしまったアレンデール王国の王女エルサと、そんな姉を救うため旅に出た妹のアナを中心に、凍った心をとかす真実の愛を描き出した本作。日本でも歴代興行収入第3位にあたる255億円の大ヒットを記録するなど、社会現象を巻き起こした。

 日本語吹き替え版の声優には、神田沙也加(アナ役)や松たか子(エルサ役)といった豪華キャストが集結。なお、劇場公開時にピエール瀧が担当していたオラフの声は、『KING OF PRISM』シリーズなどで知られる声優の武内駿輔が新たに担当することが6月に明らかになっていたが、今回の金曜ロードSHOW!も武内が吹き替えたバージョンでのオンエアとなる。

 今回の放送は『アナと雪の女王2』の公開を記念したもの。11月22日に公開される続編では、前作から3年後を舞台にエルサの力の秘密に迫る物語が展開する。(編集部・吉田唯)

『アナと雪の女王』金ローで放送決定!オラフ声優は武内駿輔 
2019年10月1日 4時00分 
https://www.cinematoday.jp/news/N0111458 

『アナと雪の女王』の放送が決定! - (C) 2013 Disney. All Rights Reserved 
no title


【『アナと雪の女王』金ローで放送決定!オラフの声はwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/07/11(木) 05:10:30.84
2014年に公開され大ヒットを記録したディズニーの劇場版アニメ「アナと雪の女王」(アナ雪)の最新作「アナと雪の女王2」(11月22日公開)の日本版キャストとして、エルサ役で女優の松たか子さん、アナ役で神田沙也加さんの続投することが決定し、エルサとアナの声が入った日本版吹き替え特報映像が7月11日、公開された。

 続投決定を受けて、松さんは「エルサがその力を与えられた秘密が明らかになる『アナと雪の女王2』、再びエルサに出会える喜びと、どんなストーリーが待っているのかというドキドキでいっぱいです。また新しい世界での旅を、ぜひご一緒に」とコメント。

 神田さんは「『アナと雪の女王2』でもアナ役を演じさせていただくことになり、とても光栄に思っております。より大人の女性らしさが増したアナとエルサの姉妹の絆、ドラマチックな歌にもご注目してご覧いただきたいです。前作を、音楽も共にたくさん愛していただけたことが本当に嬉しかったので、続編を待ち望んでくださった皆様に感謝の気持ちを込めて、力を尽くしてまいります」とコメントしている。

 「アナ雪」は、運命に引き裂かれた王家の美しい姉妹・アナとエルサを主人公に、凍った世界を救う“真実の愛”を描いたファンタジー。日本では2014年3月に公開された。主題歌「レット・イット・ゴー~ありのままで~」も大ヒットし、日本中に“アナ雪ブーム”を巻き起こした。

 最新作は、イディナ・メンゼルさんがエルサ、クリステン・ベルさんがアナの声優を続投。前作に続き、クリス・バックさんとジェニファー・リーさんがメガホンをとる。アレンデール王国を治めるエルサとアナの姉妹は、深い絆で結ばれ、幸せな日々を過ごしていた。しかし、エルサにしか聞こえない不思議な“歌声”によって、姉妹は未知なる世界へと導かれる。それは、エルサの“魔法の力”の秘密を解き明かす、驚くべき旅の始まりだった。なぜエルサに力は与えられたのか。前作で大事な仲間となったクリストフとオラフと共に歩む先で待ち受ける冒険と明かされるすべての秘密とは……と展開する。
アナと雪の女王:松たか子&神田沙也加の続投決定! 日本版吹き替え特報が公開 
2019年07月11日 アニメ 
https://mantan-web.jp/article/20190710dog00m200038000c.html 

劇場版アニメ「アナと雪の女王2」の日本版キャストとして再びエルサ役を務める松たか子さん(下段左)とアナ役の神田沙也加さん(C)2019 Disney.All Rights Reserved. 
no title


「アナと雪の女王2」日本版吹替特報 ディズニー・スタジオ公式 
https://www.youtube.com/watch?v=yQukGc0HHeY



【アナと雪の女王:松たか子&神田沙也加の続投決定!あの人はどうなるんだろう・・・】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/04(金) 12:04:14.30 ID:CAP_USER9
 3日にテレビ朝日系で放送された映画「アナと雪の女王」「アナと雪の女王/家族の思い出」(後6時半)の平均視聴率が9・1%だったことが4日分かった。

 国内の観客動員2000万人を突破し、大ブームを巻き起こした「アナ雪」。エルサの吹き替え声優を務めた女優・松たか子(41)が歌った劇中歌「レット・イット・ゴー~ありのままで~」も大ヒット。2017年3月4日のフジテレビ系での地上波初放送は19・7%を記録した。

 今回は昨年公開された短編最新作「家族の思い出」もテレビ初放送。クリスマスを家族で過ごした思い出がないアナとエルサのために、雪だるまのオラフが冒険を繰り広げるという作品だ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190104-OHT1T50088.html 
2019年1月4日10時34分 スポーツ報知 

no title

【【視聴率】ジブリに勝てない「アナと雪の女王」視聴率wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/11/25(土) 12:47:42.74 ID:6bMwDXvu0● BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
人気アニメーション映画「アナと雪の女王」で話題となった楽曲「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」にパクリ疑惑が浮上し、物議を醸している。パクられたと激怒しているイケメン歌手のハイメ・シエロ氏(Jaime Ciero)が、ディズニーを訴えたのだ。

・映画の成功に欠かせない存在
「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」といえば、レリゴーレリゴーのフレーズで大きな話題となっている人気曲。この映画の成功に欠かせない存在としても知られており、もしパクリであると認められれば、ファンの落胆は大きい。

・ディズニーを訴える決断
パクられたとディズニーを訴えたハイメ・シエロ氏は、自身の楽曲「Volar」と「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」がそっくりすぎると感じ、今回、ディズニーを訴える決断をしたようだ。実際に「Volar」を聴いてみたが、確かに似ていないとは言い切れない。

・中立な立場に立って聴き比べ
ちなみに、「Volar」は非常に人気のある楽曲で、ハイメ・シエロ氏以外のアーティストも歌うことがある名曲。女性歌手が歌うと、より「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」っぽく聴こえるのは確かだが、パクリかどうかの判断は人それぞれ違うと思われる。

ファンの心情からすれば「パクってなんかないでしょ!」「似てない!」と思うかもしれないが、中立な立場に立って聴き比べをしてみてほしい。あなたは「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」が「Volar」のパクリだと思う?

詳細は以下ソース
http://buzz-plus.com/article/2017/11/25/let-it-go-volar/
no title

no title

no title


Volar
https://youtu.be/qu-biRtYEcU


https://youtu.be/eDj1VWikvfE



レット・イット・ゴー ~ありのままで~
https://youtu.be/AoUxjQOQW7A


【【激怒】アナと雪の女王「レットイットゴーありのままで」パクリ疑惑 / イケメン歌手がディズニー提訴wwwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/26(水) 12:16:40.93 ID:CAP_USER9
ディズニーは「スター・ウォーズ エピソード9」「インディー・ジョーンズ5」の公開日発表に続き、
「アナと雪の女王」続編および「ライオン・キング」の実写映画を2019年に公開すると発表した。
「ライオン・キング」は7月19日、「アナと雪の女王」続編は11月27日に公開される。
2013年に「アナと雪の女王」が米国で公開されたのも、続編と同じ11月27日だった。
「アナと雪の女王」が当時どれくらい人気だったかは、改めて言うまでもないだろう。
ディズニーの「アナ雪」は、アカデミー賞を2部門で受賞しただけでなく、全世界の興行成績が約13億ドルに到達するなど、
アニメーション映画としては歴代最高の興行成績を記録した。続編が制作されることはわかりきっていたことだが、
ついに具体的な公開時期が明らかになった。

「ライオン・キング」は1994年のアニメーション映画だが、公開された当時は「アナ雪」と同じくらいの人気を誇った。
実写版の「ライオン・キング」は、「ジャングル・ブック」の実写化を成功させたジョン・ファヴローが監督を務める。
ドナルド・グローバーがシンバ、ジェームズ・アール・ジョーンズがムファサの声を担当する。
また、ディズニーは、その他の作品の公開日を微調節している。「シュガー・ラッシュ」の続編は、
予定されていた2018年3月9日の公開から、2018年11月21日に延期された。
「ジャックと豆の木」からインスピレーションを受けた3Dアニメーション「Gigantic」は2018年11月25日、
2018年4月6日公開を予定していた「A Wrinkle in Time」は2018年3月9日に前倒しとなった。

最後に、2020年7月10日の公開を予定していた未タイトルのマーベル作品が、2020年8月7日に延期となった。

IGN JAPAN 4/26(水) 9:04配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000004-ignjapan-movi 

no title

【「アナと雪の女王」続編&「ライオン・キング」実写映画が2019年に公開】の続きを読む