芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

らんまん

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/10/02(月) 10:40:27.60
10月29日に最終回を迎えた神木隆之介が主演のNHK連続テレビ小説「らんまん」の初回から最終回(全130話)までの期間平均世帯視聴率が、関東地区で16・6%だったことが2日、ビデオリサーチの調べで分かった。

前作「舞い上がれ!」の15・6%を1・0ポイント上回った。22年前期「ちむどんどん」の15・8%、「舞いあがれ!」以来の16%台となった。最高視聴率は第115話の19・2%。期間平均個人視聴率は関東地区で9・4%だった。

朝ドラ108作目となる「らんまん」は、高知出身の植物学者、牧野富太郎の人生をモデルにしたオリジナルストーリー。体が弱くいじめられがちだった少年・万太郎は植物の魅力にとりつかれ、秘めた才能を発揮。野山を歩き回ることで丈夫な体を手に入れる。小学校中退という学歴にもめげず、独学で植物学をきわめ、東京帝国大学植物学教室の門をたたくことになる。ヒロインは万太郎を支える妻の寿恵子を浜辺美波が演じる。あいみょんが主題歌を担当しタイトルは「愛の花」。宮崎あおいが語りを務めた。各週のサブタイトルには物語内で描かれる花の名前が付けられた。

◆放送時間が午前8時になって以降の関東地区の期間平均視聴率は以下の通り。

▼10年前期「ゲゲゲの女房」18・6%

▼10年後期「てっぱん」17・2%

▼11年前期「おひさま」18・8%

▼11年後期「カーネーション」19・1%

▼12年前期「梅ちゃん先生」20・7%

▼12年後期「純と愛」17・1%

▼13年前期「あまちゃん」20・6%

▼13年後期「ごちそうさん」22・4%

▼14年前期「花子とアン」22・6

▼14年後期「マッサン」21・1%

▼15年前期「まれ」19・4%

▼15年後期「あさが来た」23・5%

▼16年前期「とと姉ちゃん」22・8%

▼16年後期「べっぴんさん」20・3%

▼17年前期「ひよっこ」20・4%

▼17年後期「わろてんか」20・1%

▼18年前期「半分、青い。」21・1%

▼18年後期「まんぷく」21・4%

▼19年前期「なつぞら」21・0%

▼19年後期「スカーレット」19・4%

▼20年前期「エール」20.・1%

▼20年後期「おちょやん」17・4%

▼21年前期「おかえりモネ」16・3%

▼21年後期「カムカムエヴリバディ」17・1%

▼22年前期「ちむどんどん」15・8%

▼22年後期「舞いあがれ!」15・6%

▼23年前期「らんまん」16・6%

※「エール」から月~金曜日の本編のみ

2023年10月2日10時16分

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202309280000075.html

ochanoma_happy

【【視聴率】神木隆之介、朝ドラ「らんまん」期間平均世帯視聴率16・6%、前作「舞いあがれ!」上回る】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/04/05(水) 13:10:03.26
 NHK連続テレビ小説第108作目となる『らんまん』が4月3日にスタートした。

 俳優の神木隆之介が主演を務める本作。実在の植物学者・牧野富太郎をモデルにした作品となっている。

 第1話の舞台は、慶応3年(1867)土佐・佐川村。造り酒屋の跡取り息子として生まれた槙野万太郎(森優理斗)は草花が大好きな男の子。生まれつき病弱ですぐに熱を出して倒れてしまうため、祖母のタキ(松坂慶子)や母・ヒサ(広末涼子)に心配をかけてばかりで――というストーリーが描かれた。

※以下、ネタバレあり。

 朝ドラファンからは、“病弱”という万太郎の設定に疑問の声が集まっているという。
 第1話では、酒蔵の祝宴の日にテンションの上がった万太郎が走り回り、倒れてしまうという一幕が描かれたが――。

 「実は、『走ると熱が出て倒れる』設定は3作連続。22年度前期の『ちむどんどん』のヒロインの妹・歌子(上白石萌歌)、22年度後期の『舞いあがれ!』のヒロイン・舞(福原遥)の幼少期も同じ設定でした。歌子は長い間病弱設定が続いたものの、舞は幼少期で克服。これから植物学者になる万太郎も克服するものと思われますが、同じような設定に飽き飽きしている視聴者も少なくないようです」(ドラマライター)

 ネット上からは「走ったら熱出すの流行ってる?」「ワンパターンすぎる」「またこの設定?」「またかと思ってしまった」「幼少期すぐ熱出す弱い子多い」という呆れ声が集まっていた。

 「とは言え、前2作は完全なオリジナルストーリーだった一方、本作のモデルとなった牧野富太郎は実際に病弱だったと言われており、こちらは史実に基づいているもの。たまたま被ってしまった設定に、むしろネット上からは同情の声も多く、『脚本の人書きにくかっただろうな』『史実ならまあ仕方ない』『こっちは本当のことなのにな』という声もありました」(同)

 この病弱設定は今後、どうストーリーに影響するのだろうか――。

https://npn.co.jp/article/detail/200028495

figure_angry

【『らんまん』3作連続で主人公の設定が同じ?「ワンパターンすぎる」指摘の中で反論も】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/04/04(火) 10:50:30.52
 神木隆之介が主人公の牧野富太郎を演じるNHK連続テレビ小説「らんまん」(月~金曜)の3日に放送された初回の平均世帯視聴率が16・1%(関東地区)だったことが4日、ビデオリサーチの調べで分かった。平均個人視聴率は8・8%だった。

 108作目の朝ドラで高知出身の植物学者、牧野富太郎の人生をモデルにしたオリジナルストーリー。体が弱くいじめられがちだった少年・万太郎は植物の魅力にとりつかれ、秘めた才能を発揮。野山を歩き回ることで丈夫な体を手に入れる。小学校中退という学歴にもめげず、独学で植物学をきわめ、東京帝国大学植物学教室の門をたたくことになる。ヒロインは万太郎を支える妻の寿恵子を浜辺美波が演じる。

 ◆近年の朝ドラの関東地区における初回平均視聴率

 ▼10年前期「ゲゲゲの女房」 14・8%

 ▼10年後期「てっぱん」   18・2%

 ▼11年前期「おひさま」   18・4%

 ▼11年後期「カーネーション」16・1%

 ▼12年前期「梅ちゃん先生」 18・5%

 ▼12年後期「純と愛」    19・8%

 ▼13年前期「あまちゃん」  20・1%

 ▼13年後期「ごちそうさん」 22・0%

 ▼14年前期「花子とアン」  21・8%

 ▼14年後期「マッサン」   21・8%

 ▼15年前期「まれ」     21・2%

 ▼15年後期「あさが来た」  21・2%

 ▼16年前期「とと姉ちゃん」 22・6%

 ▼16年後期「べっぴんさん」 21・6%

 ▼17年前期「ひよっこ」   19・5%

 ▼17年後期「わろてんか」  20・8%

 ▼18年前期「半分、青い。」 21・8%

 ▼18年後期「まんぷく」   23・8%

 ▼19年前期「なつぞら」   22・8%

 ▼19年後期「スカーレット」 20・2%

 ▼20年前期「エール」   21・2%

 ▼20年後期「おちょやん」18・8%

 ▼21年前期「おかえりモネ」19・2%

 ▼21年後期「カムカムエヴリバディ」16・4%

 ▼22年前期「ちむどんどん」16・7%

 ▼22年後期「舞いあがれ!」16・3%

 ▼23年前期「らんまん」16・1%

4/4(火) 10:13配信 日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/f586981e87af3c039ca5162a5f035f7f46d68459

figure_angry_anti

【神木隆之介主演「らんまん」16・1%「舞いあがれ!」「ちむどん」下回る/初回視聴率一覧】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/04/03(月) 09:20:34.71
神木隆之介さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「らんまん」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第1回が4月3日放送され、視聴者からは「毎日が楽しみ」「これからが期待大」といった反響が集まった。

第1回では、冒頭のシーンで神木さん演じる主人公・槙野万太郎が登場。
新種の植物との出会いに喜ぶ場面からタイトルバックを経て、子供時代へと移った。


※以下ネタばれを含みます。



慶応3(1867)年、土佐・佐川村。造り酒屋の跡取り息子として生まれた万太郎(森優理斗君)は草花が大好きな男の子。
生まれつき病弱ですぐに熱を出して倒れてしまうため、祖母のタキ(松坂慶子さん)や母のヒサ(広末涼子さん)に心配をかけてばかりだった。

春、万太郎が楽しみにしていた酒蔵の祝宴の日を迎え、立派なごちそうの数々を目にしてうれしくなった万太郎は……と展開した。


SNSでは「期待度100%以上です!」「神木くんが朝ドラとかもう感無量でしかない」「初回から良かった。半年間楽しみです」「これから半年間植物がたくさんの映像で朝から元気になれそう!! これから毎朝が楽しみです!」と期待の声が高まっている。

<らんまん>神木隆之介主演の朝ドラがスタート! 「期待度100%以上!」「毎朝が楽しみ」

https://news.yahoo.co.jp/articles/010bd6ce6fb76add23aa118549fb7efa8d00304a


朝ドラ「らんまん」スタート「初回面白かった」ネットの声 オープニング、あいみょん主題歌好評


NHK連続テレビ小説「らんまん」(月~金曜午前8時)の第1話が3日に放送された。

※以下ネタばれを含みます。


あらすじは、慶応3年(1867)土佐・佐川村。造り酒屋の跡取り息子として生まれた槙野万太郎は草花が大好きな男の子。
生まれつき病弱ですぐに熱を出して倒れてしまうため、祖母のタキ(松坂慶子)や母ヒサ(広末涼子)に心配をかけてばかり。

春、万太郎が楽しみにしていた酒蔵の祝宴の日がやってきた。
立派なごちそうの数々を目にしてうれしくなった万太郎は、周りを走り回るが倒れてしまう。

オープニング、あいみょんの主題歌と合わせ、初回はネットでも好評だった。

ツイッターには「初回面白かったわ!」「らんまん!!こちらも面白そうで楽しみ!!新しい朝ドラ 春だねぇ~!!」「オープニングがめっちゃかわいい」「母だけでなく息子も病弱」「朝ドラ3作連続で熱出しとる」「松坂慶子さんの安定感」「広末涼子は土佐弁ネイティブよね」「オープニングがめっちゃかわいい」「ほんと、毎回、子役ちゃんの可愛らしさにきゅんきゅん」などとコメントが並んだ。

同作は108作目の朝ドラで高知出身の植物学者、牧野富太郎の人生をモデルにしたオリジナルストーリー。
体が弱くいじめられがちだった少年・万太郎は植物の魅力にとりつかれ、秘めた才能を発揮。

野山を歩き回ることで丈夫な体を手に入れる。小学校中退という学歴にもめげず、独学で植物学をきわめ、東京帝国大学植物学教室の門をたたくことになる。
万太郎(神木隆之介)を支える妻の寿恵子を浜辺美波が演じる。

あいみょんが主題歌を担当しタイトルは「愛の花」。
宮崎あおいが語りを務める。各週のサブタイトルには物語内で描かれる花の名前が付けられる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/27f5d290be6efe364d7c4ae83f306704a046c97a

ochanoma_happy

【NHK朝ドラ『らんまん』スタート! 「初回面白かった」「期待度100%以上!」「毎朝が楽しみ」 あいみょん主題歌も好評】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/03/07(火) 19:59:54.95
「らんまん」は高知県出身の植物学者・牧野富太郎の一生をモデルとしたオリジナルストーリー。幕末、明治、大正、昭和を舞台に、植物のため一途に情熱的に突き進んだ主人公・槙野万太郎とその妻・寿恵子の波乱万丈な生涯が描かれる。神木隆之介が万太郎、浜辺美波が寿恵子を演じ、宮崎あおいが語りを担当。「群青領域」「流行感冒」の長田育恵が脚本を手がける。

今回明らかになったのは、万太郎の運命に影響を与える8人のキャスト。幼い万太郎が出会う天狗・坂本龍馬をディーン・フジオカが演じ、宮野真守が高知の自由民権運動家・早川逸馬、宇崎竜童が中濱万次郎(ジョン万次郎)に扮する。呉服商「仙石屋」の主人・浜村義兵衛役で出演するのは三山ひろし。東京大学植物学教室の初代教授・田邊彰久と助教授の徳永政市を、要潤と田中哲司がそれぞれ演じる。さらに大畑印刷所の工場主・大畑義平役に奥田瑛二、彼の妻・大畑イチ役に鶴田真由がキャスティングされた。なお宮野、三山、鶴田は連続テレビ小説初出演。

「らんまん」は4月3日よりNHK総合ほかで放送される。

■ディーン・フジオカ コメント
自分にとってそれまで縁が遠のいていた母国・日本に、本当の意味で帰国するきっかけを作ってくれた恩人が五代友厚でした。その五代さんとも親交がある坂本龍馬を演じさせていただけたことをとても光栄に思います。

続きはソースをご覧ください

2023年3月7日 10:00
2023年度前期の連続テレビ小説「らんまん」の新たな出演者が発表された。
https://natalie.mu/eiga/news/515554

https://i.imgur.com/AJ2Xcvs.jpg
https://i.imgur.com/D3505Fa.jpg
https://i.imgur.com/k7qqFu3.jpg

ochanoma_smile

【NHK朝ドラ「らんまん」新出演者発表 ディーン・フジオカ、宮野真守、宇崎竜童、要潤、鶴田真由、奥田瑛二ら出演】の続きを読む