芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

よゐこ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/12/15(金) 22:40:19.71 ID:CAP_USER9
年末年始に放送される特別番組が各局から発表になる中、12月29日に放送される『よゐこの無人島0円生活 2017』(テレビ朝日系)で、よゐこの二人が“ナスD”こと友寄隆英ディレクターと対決することが明かされ大きな注目を集めている。

『よゐこの無人島0円生活』は、よゐこの濱口優(45)と有野晋哉(45)が、番組側から与えられた水と調味料だけで2泊3日のサバイバル生活を行うというもの。番組ではこれまで長谷川潤(31)や土屋アンナ(33)といったゲストを招いてきたが、今回は『陸海空 地球征服するなんて』(テレビ朝日系)で一躍人気者となったテレビ朝日の友寄ディレクターとよゐこの対決企画が行われるという。

 12月9日に放送された『陸海空 地球征服するなんて』では、濱口と友寄氏が18年のつきあいであることや、濱口が『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日系)で脚光を浴びた裏に、友寄氏の存在があったことが明らかにされた。その後、肌を真っ黒に塗った濱口が登場し、年末放送の無人島生活の対戦相手として友寄氏を指名。濱口は、「ナスDとやらせろ!」と激高し、「調子乗ってるやろ」と友寄氏に対してケンカ腰。
「無人島でボコボコにしたる」と挑発した。

 番組終盤では、『無人島0円生活』の予告映像を放送。無人島出発前と思われる友寄氏は「スイッチ入ってるよ」「視聴者が見たら“あれ?5人いるな?”と思わせたいです」「漁もやる、大工もやる、料理もやる。全部見せる」「命がけで、死ぬギリギリじゃないと見せる理由がない、スタッフなんて」と自信満々にコメント。

 その後、海の中から出てきて「(海中で)半分食べました」ときれいにウロコがはがれた魚をカメラに見せつけたり、しとめた魚を連なるたこのように大量に引っ張って泳ぐ姿が映し出されたりと、かなりのつわもの感を漂わせた友寄氏。

 さらには島に流れ着いたペットボトルを「はい、ドリンク見つけました」「賞味期限って当てにならないですよ」と言って飲もうとしたりとやりたい放題。
こうした姿に、視聴者は騒然となっており、「ラスボス感がすごい」と話題に。ネットでは、「魚とりすぎで大爆笑した。年末が楽しみすぎる」「ナスD単独で無人島に解き放つとか大変なことになるでしょ……」「予告の時点でナスDの戦闘能力が分かる。濱口勝ち目ないんじゃ……」「ナスD、次元が違う!」「もはや漫画の世界だよ、どうなっちゃうんだコレ」と早くも大反響を巻き起こしている。

https://taishu.jp/detail/30889/

no title

【『無人島0円生活』、予告映像に“ナスD”登場で高まる期待wwwwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/12/10(日) 18:51:54.58 ID:CAP_USER9
9日放送の「陸海空 地球征服するなんて」(テレビ朝日系)で、よゐこの濱口優が「ナスD」こと同局のディレクター・友寄隆英氏に恨み節を吐いた。

番組VTRで濱口が、同局で29日に放送されるバラエティー特番「よゐこの無人島0円生活2017」の対戦相手として友寄氏を指名。18年の付き合いである同氏との思い出を語った。

濱口と友寄氏は、過去のバラエティー番組「いきなり!黄金伝説。」のころからの関係だとか。
濱口は「無人島生活バトル」で、さまざまな芸能人とサバイバル能力を競っていたが、濱口は「ワシがこうなったのはアイツのせいやからな」と対戦理由を明かし、友寄氏に恨み節を吐いたのだ。

もともとよゐこは「おしゃれでシュール」なイメージを打ち出したが、友寄氏との出会いで歯車が狂ったそう。
濱口は「アイツにはいろんなことやらされてんねん」「こんなキャラじゃなかったもん」「(友寄氏と出会わなければ)今ごろはスーツ着て司会してるわ、ワシ」というのだ。

さらに、友寄氏にやらされて心が傷ついたロケの数々を紹介。炎天下の海岸で透明な家で生活させられたなどと繰り返していたが、友寄氏は「俺をスターにしてくれた」と感謝も表していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/14009074/ 
2017年12月10日 12時44分 トピックニュース 

no title

【よゐこ濱口優がナスDこと友寄隆英氏に恨み節「こんなキャラじゃなかった」「ワシがこうなったのはアイツのせい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/12/09(土) 10:41:22.25 ID:CAP_USER9
番組から支給される必要最低限の水と調味料を元手に、過酷な無人島生活を0円で乗り切るよゐこ(有野晋哉、濱口優)のサバイバルバラエティ番組『よゐこの無人島0円生活』(テレビ朝日系、12月29日18:30~)の今回の対戦相手が、ナスDこと友寄隆英テレビプロデューサーになることが発表された。

過去対戦相手に、土屋アンナ、冨永愛、LiLico、森泉、長谷川潤など、華やかなゲストを迎えて放送されてきた本番組。今回はよゐこから直接対戦相手を指名。濱口とはプライベートでも付き合いがあるというナスDに白羽の矢が当たった。

都内で行われた対戦者発表会見に出席した有野と濱口は「今回はあのナスDとやります! こいつとやらせろということです」と気合いたっぷり。濱口は「俺の友達です。東京に出てきてからできた唯一の友達と言ってもいいかもしれません」とナスDを紹介。
「破天荒とか、最近突然テレビに出て騒がれるようになって、調子乗っているんでここは俺がやらせてもらいます」と宣言。当日はナスDがもう一人パートナーを連れてくるということで、よゐことの2対2の対決となる。

放送時間も今回は4時間半のロングバージョン。濱口は「思い切ったな、テレビ朝日!」とテレ朝のこの待遇に満足げ。
「楽しみや! 激震おこしたるわ、テレビ界に!」と拳を振り上げ、意気込みを示すためにこの日塗ってきた黒塗りのドーランについても「ナスDへの対抗心の表れです。ドーランを3本塗ってきました」と意気込み十分。

ナスDについては「自分とは(笑いの)ジャンルが全然違う」と分析しつつ、「でも、彼の方は長い付き合いで僕のすべてを知っている。工作とかもうまい」とコメント。
過去にナスDの家に遊びに行った際、ナスDの飼い犬を足で撫でて怒られたエピソードなどをしみじみと述懐し、「こんな日が来るとは思ってもいませんでした」と感慨深げ。

一方、有野はナスDとはそれほど面識がないとのこと。「今年は怪我のない冬にしたい」とさばさばした表情で、対戦するナスD側の心理についても「向こう側の意気込みはわからないですね。結構ひょうひょうとしているんじゃないですか」と冷静に分析。
(以下略、全文はソースをご覧ください。)

2017/12/09 06:00:00 

よゐこ、ナスDと『無人島0円生活』で対戦決定!テレビ界に「激震おこしたる」 

no title

no title

https://news.mynavi.jp/article/20171209-554238/

【よゐこ、ナスDと『無人島0円生活』で対戦決定!テレビ界に「激震おこしたる」wwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title


1: なまえないよぉ~ 2017/11/25(土) 21:27:30.19 ID:CAP_USER9
フジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後7・57)の人気企画「やべっち寿司」が25日、600回放送の2014年1月4日以来、3年10カ月ぶりに一夜限りの復活を果たした。

 ナインティナインの矢部浩之(46)が板前に扮し、フジテレビのタレントクロークに構えた店でトークを展開。偶然、通りかかる芸能人も数多く招いてきた。岡村隆史(47)が来年春の番組終了を「めちゃイケ」メンバー全員15人に15時間で告げた過酷ロケから2週間、今回、懐かしい店がオープンした。

 番組終了発表から「めちゃイケ」メンバーが勢揃いしたのは初。よゐこ・有野晋哉(45)は、相方・濱口優(45)の切り替えの早さを暴露した。「もう濱口は次を見ているからね。濱口は、出川(哲朗)さんに会った時に『テレ東のやつ(テレビ東京「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」)、出してください』」と売り込んでいたという。

 加藤浩次(48)は「裏番組じゃん。切り替え、早すぎるわ」とツッコミ。暴露された濱口は大笑いで「オレ、初めて出川さんに怒られたかも。『濱口、早すぎるよ。落ち着いてからね』」と明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00000151-spnannex-ent

【「めちゃイケ」終了 よゐこ・濱口 裏番組の出川に売り込みwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: なまえないよぉ~ 2017/10/27(金) 20:48:00.43 ID:CAP_USER9
10月20日に配信された『芸能義塾大学』(AbemaTV)に、よゐこの濱口優(45)が出演。昨年2月に『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)を降板した
三中元克(27)に苦言を呈し、視聴者から賛否の意見が上がっているようだ。

 この番組は、先輩芸能人が講師となり、若手タレントたちに芸能界を生き抜く術を教えるという内容。今回講師として登場した濱口は、過酷なロケに関する教訓を語った。

 番組の中で、濱口は「過酷なロケをやり遂げると評価も仕事も増えていく」「過酷そうだからといって逃げるな!」と力説。さらに「逃げるとえらいことになりますよ!」と語り、
その一例として三中の『めちゃイケ』卒業について言及した。

 かつて『めちゃイケ』の素人レギュラーとして出演し、“三ちゃん”と親しまれていた三中。しかし、プロレスラーを目指すという番組企画で何度も逃亡。
その後、お笑い芸人になることを決意して番組でネタを披露したが、視聴者の人気投票の結果、番組を去ることになった。

 濱口はそんな三中を振り返りながら、「今、誰も触れません」「視聴者からすっかり忘れられた」と発言。過酷なプロレス企画から何度も逃げ出したため、
芸能界では生き残れなかったと分析した。

 そんな濱口が語った教訓に、視聴者からは「過酷なロケを頑張ってきた濱口だからこそ言えること」と、称賛のコメントが多数寄せられた。
しかしその一方、「ずぶの素人にプロレスやらせようってのが、そもそも無理があった」「見てて、三中が相当追い込まれてたのが分かった。
あれは逃げ出して当然」「プロレスは受け身とかちゃんとやんないと後遺症残るレベル。“過酷なロケ”でくくったらダメでしょ」と、三中を否定したことに批判的な意見もあった。

https://taishu.jp/detail/30026/

【よゐこ濱口優、めちゃイケ降板の「三ちゃん」批判に賛否】の続きを読む