芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

ゆきぽよ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/03/25(木) 13:21:35.28 _USER9
 タレントの「ゆきぽよ」こと木村有希(24)が25日、都内で行われた『ライザップ』新CM発表会に出席。過去に親交のあった男性が薬物事件で逮捕され、自身も薬物検査を受けていたと今年1月に『週刊文春』で報じられていたことについて、謝罪した。

 ゆきぽよは「世間のみなさまにご心配をおかけしたこと、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪。続けて「この2ヶ月は反省するだけでなく、自分自身と徹底的に向き合いました。心と体を整えてきました。そして、今まで支えてくださったファンの皆さま、スタッフさんへの感謝の気持ちが強くなりました。このお仕事で恩返しをしていけたらと強く思っています。このお仕事が大好きなんだなと強く思いました。今後も、新しく生まれ変わったゆきぽよをどうぞよろしくお願いいたします」と決意を新たにした。

 事務所公式サイトは1月23日に、「今回の一部報道により日頃から応援してくださっているファンの皆様、ならびにいつもご支援くださっている関係者の皆様にご心配とご迷惑をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「この度の報道を受けまして、本人へ確認をしましたところ本人が報道関係者の方へお答えしている通りの事実であることが確認できました」と報告していた。

3/25(木) 13:17配信
オリコン

知人男性の報道を謝罪したゆきぽよ (C)ORICON NewS inc.
https://news.yahoo.co.jp/articles/e67db411adf498b2c2a95b714938bf82bf88fdba

no title 【【必死】ゆきぽよさん、知人男性の報道を謝罪するも地上波は無理なんじゃね】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/03/21(日) 11:26:41.70 _USER9 BE:488344765-2BP(0)
 3月18日、19日付けの『日刊スポーツ』『サンケイスポーツ』『スポーツ報知』『東京スポーツ』のニュースサイトにそれぞれ登場した“ゆきぽよ”こと木村有希。あらためて“友人”男性が彼女の自宅で違法薬物を使用、逮捕された騒動を謝罪したのだった。

 日刊スポーツでは、今の自分を《落とし穴に落ちている》と表現し、《そこをどう脱出するのか、というのを考えていて。ただ脱出するだけでなくて、どう意味のあるものにするか、失敗をくんで、この状況をどう楽しみながら、どう脱出できるかを考えています》と、“完全復帰”への前向きな決意を語ってみせた。

「同日に4社を訪問してハシゴ取材を受ける力の入れぶり。“周囲の人に支えられていることを忘れず”としおらしく反省の態度を示す一方で、自身の薬物疑惑には無実を訴えながら“今からでも(自宅に)ガサ入れに入っていい”などと隠語が出てくるあたりは、そう簡単にはキャラ変更はできない様子(苦笑)。

 彼女や所属事務所はこれを“みそぎ”として、また売れっ子タレントに戻ることを画策しているのでしょうが、うまくいくかどうか……」(ワイドショー・ディレクター)

 今年1月に『週刊文春』によって暴かれたゆきぽよ衝撃の過去。かねてより「付き合った男性5人のうち4人が逮捕された」などの際どい発言をしてきたが、2019年5月の出来事とは言え、自宅を出入りする男性の薬物逮捕はシャレで済まされなかった。
業界に向けての謝罪と弁明だった

 報道直後の1月24日、準レギュラーを務める『サンデージャポン』(TBS系)にVTR出演して謝罪と釈明を済ませ、自ら騒動に終止符を打ったように見えたゆきぽよ。その後も活動休止、自粛などの措置をとることはなく、変わらずタレント業を続けると思われた。ところが、彼女の露出は目に見えて減ってーー。

「そんな空気を肌で感じたのでしょう」とは芸能ジャーナリストの佐々木博之氏。

「おそらくは彼女自身、所属事務所が“このままではまずい”と、テレビで少しだけ話しただけでは収まらない、きちんと明確に対応しなければいけない問題と感じたのでしょう。ただ、今回のスポーツ紙での弁解は一般の人々に向けてではなく、業界に向けてのものだと思います。

 テレビ局側が少しでも疑惑と懸念をもって起用を躊躇しているのなら、彼女はその問題を絶対にクリアにする必要がある。そのための謝罪行脚だった、と」

 各紙のインタビューでは、さも“反省のために仕事をセーブしていた”という風な書かれ方をしていたが、実際はオファーが途絶えていたためで、ならばとスポーツ紙を使って“復帰する準備は整った”と印象付けたい思惑があったということか。

 一方で、ゆきぽよの席が空いた『サンジャポ』では以降、同様に準レギュラーだった“みちょぱ”こと池田美優、“にこるん”こと藤田ニコルの出演が目立っている。ゆきぽよを含めて“3大ギャルタレント”と称されていた、2人の活躍ぶりはめざましい。

全文はソース元で
3/21(日) 10:46
週刊女性PRIME

ゆきぽよが“復帰”宣言も「すでにオワコン」「席は埋まった」突きつけられる現実
“ゆきぽよ”こと木村有希
https://news.yahoo.co.jp/articles/d78758c3101aef588dd76f858a25aaa035bee923

no title 【【悲報】ゆきぽよが“復帰”宣言も「すでにオワコン」「席は埋まった」突きつけられる現実】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/03/20(土) 08:32:13.03 _USER9
 親密だった男性X氏がコカイン使用で逮捕されて騒ぎになり、活動を控えていたギャルタレント・ゆきぽよ(24)が〝空白の2か月〟について語った。騒動直後はヘコんだが、女優の故樹木希林さん(享年75)やタレントの黒柳徹子(87)のエッセーから金言を授かった。読書に目覚めたようで、作家挑戦の可能性を聞くと「自分で書ける器になれば!」と意欲を示した。

 ゆきぽよは、2019年5月に自宅マンションで親密だった男性X氏がコカインを使用して警視庁に逮捕され、昨年9月に懲役1年6月の実刑判決を受けたと今年1月発売の週刊文春で報じられた。その影響はハンパなく、活動のセーブを余儀なくされた。今月下旬から再稼働するのを前に取材に対応。昨報の前編に続き、後編は〝空白の2か月〟を明かした。

 ――この2か月間は

 ゆきぽよ 最初の数週間はメンタルをやられて何も手につきませんでした。カウンセリングにも(複数回)行って。

 ――ライザップでダイエットしているはずだが、心労でやせたりは

 ゆきぽよ それは逆です。ストレスであれ食べたい!これ食べたい!となって、太らないかと不安でした。東スポさんかな、〝病んで激ヤセしたからライザップの必要ない!〟とか書いたのは。逆に太らないか心配だったんです。体重はきれいに(段階を踏んで)落ちましたし、食べられなくなった事実もないです。

 ――失礼しました

 ゆきぽよ (笑い)最近、読書を始めました。

 ――それは良いこと

 ゆきぽよ 周囲から「本は人生の財産になるから」と言われて。〝何言ってんだろ〟〝本なんて読めないし〟と思ってました。でも、好きじゃないけどやってみるかと。

 ――何を読んだ

 ゆきぽよ(名作)絵本の「100万回生きたねこ」。この猫は自分と似た状況だなと、(騒動後も)周りにいてくれる方を大事にしようと思いました。(一連の騒動で)怖いことを言われたりもしたけど、周りの人がいたからこその自分だなと思いました。

 ――〝怖いことを言われた〟とは何かあった

 ゆきぽよ 事実じゃない記事とかのことです。そういうのは怖いなと思いました。事実だけ書いてほしいです(笑い)。

 ――ほかに読んだ本は

 ゆきぽよ 樹木希林さんの「120の遺言」です。その中に〝頑張りすぎてはいけない。でも、へこたれてもいけない〟とあって。私が悪い、私が悪いとなる必要はない。でも、反省を止めるのはいけない。経験に変えて次のステージにいかなければいけないと思いました。

 ――何冊読んだ

 ゆきぽよ 4冊です。黒柳徹子さんの「チャックより愛をこめて」では、黒柳さんも報われない(時期があった)とかそういうことが書いてあって。米国に(留学へ)行ってた時、言葉が通じないところでやっていかないといけなかったとか。人生の財産になって考え方が変わりました。

 ――では、将来的に自分で執筆することは

 ゆきぽよ 本をたくさん読んで、言葉をたくさん知って、自分で書ける器になれば書けたらいいな。なんでもやりたいと思ってます。(読者に)希望を与えられるような本を書きたいです。

 ――最後に、今後は

 ゆきぽよ ホントに変わったねといつか思ってもらえるような大人の女性になりたいです。

 ――ちなみに騒動中、支えてくれた彼氏は

 ゆきぽよ いないです。いても記事(で公)になるのはイヤ。SNSで自分から報告するだろうし、できたら連れてきますね!

3/20(土) 5:15
東スポWeb

ゆきぽよ “空白の2か月”語る 樹木希林さんに感銘「私が悪い、私が悪いとなる必要はない」
赤裸々に語ったゆきぽよ
https://news.yahoo.co.jp/articles/3212bc16e93ade3ca25d35d00f3d1852f1ede11c
no title 【ゆきぽよさん、新聞社周って反省の日々、“空白の2か月”語る】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/03/20(土) 09:42:11.61 _USER9
タレントのゆきぽよこと木村有希(24)が、3月18日にスポーツ各紙の編集部を訪れて取材に応じ、今後の芸能活動について再起を誓った。だが、喜んでいるのは一部のファンだけで世間の反応は冷たい。

 ゆきぽよは、今年1月、”親密な男性X氏”が2019年にゆきぽよの自宅でコカインを摂取して逮捕されたことが「週刊文春」に報じられた。その後、ゆきぽよはこの件について詳しい説明を避け、何事もなかったかのようにインスタを更新するも、世間から“反省していない”などの批判を受けてストップ。地上波テレビの出演はゼロとなり、CSも再放送が1本(3月18日時点)。あの騒動でゆきぽよは“テレビから消えた”と言っても過言ではなかった。

■自分を「赤ちゃん」に例えつつ、さりげなく言い訳

 今回のインタビュー記事はそんな沈黙を破るかのようだ。スクープを報じた週刊文春の記事内容については概ね“事実”と認めつつ、<自分の行動次第。赤ちゃんは最初は1人で歩けず、立ち上がって転んでを繰り返す…今、立ち上がろうとしているんです、私><失敗を経験にして『ゆきぽよは変わったよね』と思ってもらえるようになれるよう頑張るのが今、私が出来ること>などと前向きな言葉を口にし、再起を誓った。

 また文春の記事は事実としつつも、X氏が18年6月に詐欺容疑で捕まった時は<海外にいて知らなかった><好意を持たれ言い寄られていたけど断った><警察に暴力団員と名乗ったことは知らなかった>などと答えており、X氏との関係性が浅いことをさりげなく主張している。

「19年5月にコカイン使用(麻薬及び向精神薬取締法違反容疑)で逮捕されたX氏は他の前科もある元暴力団構成員です。ゆきぽよさんの言い分はすべてダメージを受けないようにしており、言い訳がましく聞こえました。X氏は逮捕後に送検される映像がテレビでも流れており、その時も元暴力団員として逮捕されている。さらに警察と週刊誌記者は“X氏はゆきぽよの彼氏”という可能性を示唆している。本当に正直に答えているのか、保身に走っているのではないかと測りかねました」(スポーツ紙記者)

 ゆきぽよのSNSを見ると、ファンは復帰を心待ちにしていたようで温かいコメントにあふれている。しかしながら、“ ゆきぽよ復帰”を伝えるスポーツ紙の記事のコメント欄を見ると凄まじい量の批判コメントが殺到している。

 その内容も<自宅であんな事件が起きたのにもう芸能界は無理でしょ><テレビ出演を許すスポンサーがいるのか><もう見たくない。戻ってくるな>といった厳しい意見が目立だった。

「ネットやSNSをターゲットにした広告主はあえてゆきぽよさんを起用することはあるかもしれません。一定の支持層もいますし、ゆきぽよさんがある意味で世間から注目されているのは事実。広告に出るとネットニュースなどになって目立ちます。コンプライアンスをそこまで気にしないネット系のスポンサーもいるはずです。宮迫博之さんもテレビには出ていませんがネット系の広告には出まくっていますからね。ただ、ゆきぽよさんのテレビ出演に関しては今後非常に厳しいのではないでしょうか」(芸能レポーター)

 再起を誓って芸能界に残るという選択は本人の自由だ。ただ需要があるかは別問題。売れっ子でありながら悪友と付き合いつづけた代償はやはり大きかったというしかない。

3/20(土) 9:06配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/3e2c70d30e516bd0843e209ea7a7141217662511
no title

【【悲報】“テレビから消えた”ゆきぽよさん、再起誓うも「もう見たくない」の声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/03/18(木) 17:43:12.63 _USER9
 モデルでタレント、ゆきぽよこと木村有希(24)が18日、東京・大手町のサンケイスポーツ編集局を訪問。今年1月に一部週刊誌で、2019年5月に知人男性が自宅でコカインを使用して逮捕され、木村自身も薬物検査を受けていたことを報じられ件について改めて謝罪した。

 これまで所属事務所の公式サイトやTBS系「サンデージャポン」などで謝罪。その後、反省の意味も込めて仕事をセーブしてきたが、この日は訪問理由について「いろいろ厳しい記事も書かれましたが、SNSではファンの方から励ましの声がたくさんあったことに感謝しながら、来週から徐々に仕事を通常に戻そうと思っていまして、その前にあいさつに来ました」と説明した。

 知人男性については「今までは人が大好きでみんな大好きという感じだったのですが、2019年5月の時点で『これは普通でない』と思い、関係は切れています」と説明。仕事に関しては「単に自分が好きだから休みはいらないと言ってきましたが、これからは自分のためだけでなく、周囲の人たちに支えられていることを忘れずにお仕事を続けたいです」とファンへの恩返しを約束した。

サンスポ

https://news.yahoo.co.jp/articles/b61f75f650267011a26a6cdd4b4a925df85e8e05
no title

no title

no title

no title

no title

【ゆきぽよさん、いろんなところで薬物事件謝罪、どうすんだこれwww】の続きを読む