芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

やらせ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/08(水) 16:09:05.86
「週刊文春」7月2日発売号で報じた 「テラスハウス」(フジテレビ/Netflix)のやらせ疑惑 。5月23日に自ら命を絶った木村花さん(享年22)の母・響子さん(43)がインタビューに応じ、自殺の原因となった同番組の「コスチューム事件」で、花さんが番組スタッフから「ビンタしたらいいじゃん」と指示を受けていたことを明かした。

 響子さんが告発したやらせ疑惑について、フジテレビの遠藤龍之介社長と大多亮常務は、7月3日の会見で「番組検証の過程で『ビンタをしろ』とスタッフが指示した事実はでてきておりません。感情表現を捻じ曲げるような指示は出していないということでございます」などと、スタッフの指示を完全否定。

 だが今回、炎上した「コスチューム事件」で花さんに帽子をはたき落とされた小林快さん(25)が「週刊文春」の取材に応じ、新たなやらせ疑惑、テラスハウスでやらせが常態化している実態について証言した。

 快さんが花さんから「コスチューム事件」の真相を明かされたのは、花さんが自ら命を絶つ8日前、5月15日のことだった。

「僕から『今まで返事ができなくてごめん』と花にLINEを送ると、花から電話がかかってきて20分ほど話しました。花はあのこと(「コスチューム事件」)がなかったかのように普通に接してくれた。『(誹謗中傷する)人たちの意見は全く関係ないと分かったの』って言うから大丈夫だと思って電話を切ったんだけど……」

 快さんも花さん同様、スタッフからやらせの指示を受けたことがあると証言する。

 2月18日配信の第33話。2人が初デートで都内にあるトランポリン専用のアミューズメント施設に出かけた時のことだった。

「番組ADが僕に軽いノリで『トランポリンするだけじゃあ面白くないから』ってささやいてきた。それから『オッパイとか触ったら』と指示されたのです。『それは違うでしょ』と断ったけど、こういう無茶ぶりは日常茶飯事。スタッフが求めているのは恋愛とハプニング。そしてSNSでの炎上を狙っていた」

「コスチューム事件」の当事者である花さんと快さんの2人が揃ってやらせを証言した事実は重い。「感情表現を捻じ曲げる指示はない」というフジの検証の信憑性が問われそうだ。

 7月9日(木)発売の「週刊文春」では、快さんが語った花さんへの思い、フジが出演者を「5つ星ホテルのスイートルーム」で接待していたこと、第三者を加えない杜撰な社内調査の実態、番組で横行していたやらせ行為の詳細などについて、4ページにわたって報じている。

https://bunshun.jp/articles/-/38865
5818fe06-s

【「花さんの胸をさわれ」テラスハウスやらせ 男性出演者・小林快さんも実名証言】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/01(水) 18:10:52.26
5月23日に22歳の若さでこの世を去った女子プロレスラーの木村花さん。母親の響子さん(43)が、「週刊文春」の取材に応じ、「テラスハウス」(フジテレビ系/Netflix)の炎上シーンを巡って、花さんがスタッフから指示を受けていたと証言した。花さんのスマートフォンには、響子さんの証言通り、「やらせ」を裏付けるLINEのメッセージが多数残されていた。

 響子さんは、今回告白を決意した理由をこう語る。

「このままだと花の死が『暴力的な女子が男性に乱暴を働き、SNSの批判を苦にして自殺した』というストーリーで片付けられてしまう。真相は全然違うんです。彼女はスタッフの指示通り、ヒール役に徹しただけ。せめて花の名誉を回復してあげたい」

 引き金となったのは3月31日にNetflixで配信された第38話「コスチューム事件」だ。テラスハウスの同居人である小林快さんが共用の洗濯機に入った花さんのプロレス用コスチュームに気付かず、自分の洗濯物と一緒に洗濯し、乾燥させてしまった。プロレスラーの花さんにとって「命と同じくらい大事」という衣装は、乾燥機で縮み、装着できない状態になってしまう。

 住人全員がダイニングルームに集まる中、花さんがコスチュームが縮んだことを明かすと、快さんは「ごめん」と謝罪。彼女は泣きながら「人のこともっと考えて暮らせよ!」「ナメんのもいいかげんにしろよ」と快さんに詰め寄り、彼のキャップを叩き落とした。このシーンがNetflixやフジテレビの地上波で放送されると、SNSで〈死ね〉などの激しいバッシングを受け、花さんは精神的に追い詰められていき、5月23日に自ら命を絶った。

 事件後、メディアの取材に初めて応じた響子さんは、亡くなる8日前、花さんから次のように告げられたと証言した。

「5月15日、花と私は祖母の誕生日会を開きました。その帰り道、私が花を車で送っていると、花が涙を堪えながら話し始めたのです」

 そして、花さんはこう語った。

花さんが母や友人に語っていた“やらせ”
「テラハに出た当初からプロレスラーらしく振舞えって……。1のことを100にして盛り上げて欲しいって言われて。コスチュームの件はスタッフにめっちゃ煽られた。『いいじゃん、あんな奴、ビンタぐらいしたらいいじゃん』って。盛り上げなきゃと思ったけど、プロレスラーとしてビンタはさすがにできないから、苦しまぎれで帽子をはたいたの。スタッフは信用できないよ」

 友人に送ったLINEでも、花さんは次のように書いている。

〈自分の仕事道具壊されて、スタッフにカメラの前でキレろって言われて〉

 この友人は、「週刊文春」の取材に対して、花さんから「やらせ」問題について何度も相談を受けていたと明かした。また、炎上シーンの相手となった共演者の小林快さんも花さんから「やらせ」についての電話があったと認めた。

 フジテレビに「やらせ」問題について質問すると、「検証作業を進めている最中ですが、ご質問にあるような事実はございません」と答えた。

 自殺の5日前の5月18日、地上波のフジテレビで「コスチューム事件」の場面が放送された。この放送を見た花さんは、友人にこうLINEを送っている。

〈これで炎上して話題になって製作陣は満足かな〉

 プロレスを広めるために「テラスハウス」に出演していた花さんが、なぜ死ななければならなかったのか。

 7月2日(木)発売の「週刊文春」では、響子さんの10時間に及ぶインタビュー、シングルマザーとして花さんを育てた想い、花さんが友人や共演者に「やらせ指示」について送ったLINE、フジテレビと花さんが交わした“奴隷契約書“の中身、共演者・小林快さんの証言、フジテレビの遠藤龍之介社長、番組ディレクターは小誌直撃に何を語ったのか、写真ページをあわせて計9ページにて詳報する。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年7月9日号
7/1(水) 16:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/72128ea27bd3ccd5d42db2c269d4d5cf933821af
20200527001


【木村花さん母が告白 娘が明かしていた「テラスハウス」の“やらせ”】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/09(火) 22:43:08.08
フジテレビ系の恋愛観察バラエティー番組「あいのり Asian Journey」シリーズに出演していた、でっぱりん(24)が9日、「週刊誌に”あいのり”を売る女」とのタイトルで、番組に対する意見を記した。

「週刊誌に”あいのり”の事をめちゃくちゃに言ってる記事を見ました。そこには、スタッフからの指示、 エキストラの起用、出演者の意に沿わないキャラ作り。番組の都合を優先した嘘の愛の告白などの証言があったって事を書いてありました」と、その内容を要約。
続けて「私の頭には、『?????』が沢山。本当に何回も何回も言うけど、あいのりはやらせでもなんでもないし、出演者が嫌がるような事をするスタッフは1人もおらんし、むしろ旅終わってからもケアしてくれるくらい最っっっ高なスタッフ」と、その報道を否定した。

また「自分の中でキャラを作って、どう言う風な事をしたらテレビに映りやすくなるかを考えて行動する人はいますよ」と、スタッフの指示ではなく自ら“キャラ作り”をしている出演者の存在は認めたうえで、「けどそういうのってスタッフさんには通じる。本気か、本気じゃないか。あいのりはTV向けのキャラや、真剣味がない人ほど画面に映さない」と、自然体であることを強調した。

2020年6月9日 20時48分 
https://news.livedoor.com/article/detail/18391491/ 
フジテレビ

【あいのり出演者「やらせでもなんでもない」スタッフの指示とキャラ作りを否定】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/04/03(金) 17:38:45.79
フジテレビは3日、同局番組「超逆境クイズバトル!!99人の壁」に関して、不適切な手法を用いて番組を制作していたと発表した。

 同番組は、1人のチャレンジャーが99人の解答者に阻まれながら全問正解を目指すクイズ番組。フジテレビは公表した文書で、「100人の出場者を集めて収録すべきところ、人数が不足した場合、解答権のないエキストラを番組に参加させていたことがわかりました」と明らかにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200403-00000074-dal-ent
フジテレビ

【フジ「99人の壁」でやらせ!不適切手法で制作 100人集まらずエキストラ使う】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/27(木) 11:06:39.18
2月26日放送の『』(TBS系)で行われたサウナに関する企画に〝ヤラセ疑惑〟が持ち上がっている。

番組はこの日、「防寒×防暑 ミックスルール対決」を実施。同じ服装で標高1680メートル、気温マイナス10度の雪山とサウナの2カ所で寒さ、暑さにどれだけ耐えられるか競う企画を組んだ。『品川庄司』の庄司智春、『安田大サーカス』の団長安田、『バイきんぐ』の西村瑞樹、なかやまきんに君が出演。芸人たちはスポーツウエアやコート、インナー、スポーツブラなど思い思いの服を買い込んで挑んだ。

「普段のサウナ、もっと暑い」のつぶやきも

雪山では最短が1時間39分(なかやま)、最長で2時間37分(庄司)と耐え、そのままの格好でサウナへ。室温80度のサウナに4人が並んで入ったが、ただ1人半袖姿のなかやまは暑さに苦しそうな表情。一方、長袖のスポーツウエア姿の団長は熱が肌に直接当たらず暑さを感じない様子で「ちょっと着てた方がいいかも。普段のサウナ、もっと暑い気がするな」と余裕しゃくしゃく。結局、最も軽装のなかやまが最初にギブアップする事態に。なかやまは29分、団長は56分暑さに耐えた。

サウナ内では水分補給はOKとし、メディカルチェックも設けるなど芸人の体調を考慮して行われた。企画に対する視聴者からの評判も上々だったが、サウナ内でカメラが全く曇らなかったことに疑念を抱かれた様子。複数台のカメラが設置されていたが、画面に付いた水分を拭き取ることはなかった。一部視聴者はサウナの室温がさほど高くなかったのではと想像し「ヤラセでは?」とも指摘していた。

《湯気も蒸気もカメラが入って曇らないサウナ初めて見ました》
《ヤラセとまでは言わないけど、事前の打ち合わせなしで四者四様の服装になるとは思えないし、台本があるんだろうなと》
《サウナの中でよくカメラ壊れなかったな。どういう対策したのか知りたいな》
それほど現代のカメラの機能は優秀ということか。
https://myjitsu.jp/archives/109039
wedDT_logo_2015_r_fixw_730_hq

【水曜日のダウンタウン、やらせ疑惑浮上】の続きを読む