芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

ももいろクローバーZ

1: なまえないよぉ~ 2019/02/11(月) 08:00:34.89 ID:wwZHQ6Y19
女性4人組、ももいろクローバーZが10日、横浜アリーナでニッポン放送「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」(日曜後10・0)のバレンタインライブを行った。

 2013年から7年連続開催となった恒例行事で、「サラバ、愛しき悲しみたちよ」など17曲を披露し、前日9日と合わせて2万4000人を魅了。この日はお笑いコンビ、よゐこがゲスト出演し、有野晋哉(46)が久々の共演に「老けたね~」と“失言”すると会場から大ブーイングが起こった。

 濱口優(47)は“モノノフ(=ももクロファンの通称)”で知られる妻でタレント、南明奈(29)について「チケットを買ってこの会場のどこかで見てる」と告白。メンバーは「アッキーナ!」と目をキョロキョロさせた。

 9日の公演の模様が、女優、吉永小百合(73)の主演映画「最高の人生の見つけ方」(犬童一心監督、今秋公開)の撮影に使用されたことも発表された。

2019年2月11日 5時9分サンスポ
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16003526/

写真 
no title

【<よゐこ・有野>“失言”にモノノフ大ブーイング!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/18(金) 21:10:18.82 ID:zBxCEoLj9
 NGT48の山口真帆がファンの男から暴行を受けた事件が、いまだ波紋を広げている。

 8日に山口がツイッターなどで告発したことにより、明らかになった今回の事件。10日には運営側からの説明がないまま、山口が公演中に謝罪したことにより、騒動はさらに炎上し、14日になって運営会社AKSが初めて会見を行ったものの、山口側と公式発表の見解が異なることもあり、ネットではいまだ混乱が続いている。

 そんな中、15日になって新潟商工会議所がNGT48を起用した「新潟港開港150周年記念スペシャルムービー」の動画を非公開にしていることが判明。またローソンでも、NGT48とコラボした企画「NGT48×ローソン おいしいパンをつくり隊キャンペーン」について、ページは残っているものの、メンバーが出演している動画が非公開となっている。

 そんな中、同日にNGT48を起用したCMを中止にしていた新潟の食品メーカー「一正蒲鉾」は中止発表直後に株価が上昇。ネットからは「日本国民の正義感って捨てたもんじゃない」「運営が思っているほど、世間は甘くないってことが証明された」「投資家たちも一正蒲鉾がまともな企業って判断したんだろうね」といった声が集まっている。

「ネット上ではNGT48を起用している企業などの一覧が作られており、NGT48の起用中止を企業側に求める動きも出ています。今後も“NGT降ろし”が加速していく可能性も否めないでしょう。NGT48関連のニュースは新聞などでも、今や『芸能』ではなく『社会』面で扱われており、歯切れの悪い運営にもますます批判が集まっている状態です」(芸能ライター)

 一方、15日には元ももいろクローバーZの有安杏果からの芸能界復帰発表後に、ももクロ公式サイトが「仕事じゃないお知らせ」として、「これからのストーリーお互い頑張ろうね」とコメントを掲載。ネットからは、「NGTと比べてまさに神対応」「比べるものではないけど、天と地ほど対応が違う」といった声も寄せられていた。

 一部では、事件に関与した男が山口ではなく、別のメンバーの「太客」だったとも報じられている。アイドル界のみならず、経済界や社会全体に広がった今回の騒動。果たして今後のNGT48の活動はどうなるのだろうか――。

2019年01月16日 18時20分 リアルライブ
https://news.nifty.com/article/entame/rl/12184-45413/
no title

【ももクロの評価が上がり、CM中止企業の株価も上昇? NGT事件の意外な影響】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/29(水) 07:13:35.71 ID:CAP_USER9
 人気アイドルグループ・ももいろクローバーZが28日、東京ドームでの巨人-広島戦の試合前に、「スピードガン対決」を行った。

 「ももクロナイター」と銘打たれたこの日の試合。4人が順番に華麗な?投球を披露するかと思われたが、いきなり、1番手の佐々木彩夏(22)が超山なりのワンバウンド投球。スクリーンに映った「18キロ」の表示に、メンバーも観客もどよめいた。

 佐々木は「今回18キロという結果になったんですけど、今度は80キロ目指したい。帰ってパパと練習したい」とリベンジを誓っていた。

 なお2番手の高城れに(25)は64キロ、3番手の玉井詩織(23)は72キロ、最後に投げた百田夏菜子(24)は66キロだった。


2018.08.28.
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/08/28/0011586317.shtml
no title

no title

no title

no title

no title

【ももクロ佐々木 スピードガン対決で18キロ!遅すぎて観客どよめくwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/22(日) 10:53:44.06 ID:CAP_USER9
ももいろクローバーZの4人が、7月21日放送の『極上空間 ~小さなクルマ、大きな未来。~』(BS朝日、毎週土曜22:59~)で、江戸職人の工房を巡るドライブへ。初の東京ドーム公演や10年前について語り合う。

毎回、クルマという空間を舞台に、友人、ライバル、兄弟、親子など関係性のあるゲストが、「あのシーンの舞台裏」や「ターニングポイントになったあの瞬間の思い」など、普段聞けないような“プレミアムトーク”を展開する同番組。今回は、ももクロがメンバー4人になって初のドライブへ。「プライベートではやれないことをやりたい!」と、江戸職人の工房を巡る。

2週連続で放送されるが、前編の今回は、“江戸風鈴”と“江戸打刃物”の工房を訪れることに。風鈴工房では、あーりんこと佐々木彩夏がガラス吹き体験で悪戦苦闘。続けて、4人で絵付けをし、オリジナルの江戸風鈴を完成させる。また刃物屋では、伝統製法でできた包丁で見事な切れ味を体験し、4人とも大興奮する。

今年結成10周年を迎え、初の東京ドーム単独ライブを開催したももクロ。車中のトークでは、「(高城)れにちゃんが、本番前に久しぶりに泣いていたよね」「普通のライブとは違っていた。周りのスタッフさんがウルウルしていて……」「みんなの思いが詰まったライブだったよね」と、大盛況だったライブを振り返る。

また、高城は「『Chai Maxx』の振り付けが出てこなくて焦った」と裏話。百田夏菜子が「えび反りジャンプをする時にステージの(跳ねやすい)アクリルのマス目で跳べたのがうれしかった」と振り返ると、「初めて聞くけど、えび反りの時何を考えている? 目を開けている?」と、メンバーならではの裏話も飛び出す一幕も。

さらに、「あーりんは小6だった。かわいかったなぁ。大人になったね~」「『Chai Maxx』がレコーディングで歌えなくて……」「夏菜ちゃん、いつの間にか肌の色が白くなっていたよね。何かしたの?」など、今の自分から見た10年前の自分についても語る4人。ももクロの貴重なトークに注目だ。

https://mdpr.jp/tv/detail/1781055
ももクロ百田夏菜子の“色白化”にメンバーが疑問「何かしたの?」
no title

【ももクロ百田夏菜子の“色白化”にメンバーが疑問】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/02/01(木) 06:39:22.95 ID:CAP_USER9
 ももいろクローバーZの有安杏果が1月15日、突如グループからの卒業を発表したことはモノノフ(=ももクロファンの総称)をはじめ、各方面に衝撃を与えた。
きっと誰もが「ずっと5人だと思っていたももクロが、5人でなくなる」という事実のみならず、卒業発表から6日後の1月21日に“5人のももクロ”として最後のライブを行うというスピード感に驚かされたことだろう。

 そして、ついに迎えた有安の卒業当日。
『ももいろクローバーZ 2018 OPENING ?新しい青空へ?』と題したライブが幕張メッセ国際展示場9?11ホールにて開催され、会場には2万9765人、隣の幕張メッセイベントホールで実施されたライブビューイングには7472人ものモノノフが、有安の新たな門出を見守った。

 会場に到着してまず驚いたのは、その広さと収容人数だ。
発表からたった6日間で約3万人を集客し、チケットが手に入らなかった者はライブビューイング、あるいは当日生中継が行われたAbemaTVを通じてライブを観覧したわけだから、発表タイミングがもっと早ければさらに大きな会場で、大勢の観客を集めることができたのかもしれない。
もちろん、それは単なる「たら・れば」の話であり、見方を変えればこのスピード感だったからこそこれだけ集められたとも受け取れる。何はともあれ、常にライブでファンを獲得してきたももクロらしい結果ではないだろうか。

 また、筆者が入場した16時30分過ぎには同時刻にTOKYO FMでオンエア中のレギュラー番組『ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!』が場内で流されており、その中で有安は自身の卒業についてや、このあとに始まるライブの意気込みなどを語っていた。
場内で開演を待つ時間を退屈に感じる者にとっては、こういう配慮はとてもありがたかったことだろう。


https://realsound.jp/2018/01/post-153142.html
https://realsound.jp/2018/01/post-153142_2.html
no title

【ももいろクローバーZは新たな始まりを告げたーー有安杏果卒業と4人のこれから】の続きを読む