芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

めるる

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/03/17(水) 07:00:27.61 _USER9
モデルでタレントの“めるる”こと生見愛瑠(19)が、女性ファッション誌『CanCam』(小学館)の専属モデルに加入することがわかった。初登場となる5月号(23日発売)では、いきなり表紙を飾り、今年創刊40周年を迎えるCanCamに新しい風を吹き込む。

 テレビでは見ない日がないほどの人気タレントとして活躍し、2月からはドラマ『おしゃれの答えがわからない』では初主演を務めるなど女優としても才能を発揮しているめるる。実はモデル歴も長く、小学生からティーンズ誌のモデルを務め、『JSガール』『ニコ☆プチ』『Popteen』を歴任。『Popteen』時代は、読者投票で“好きなモデル”第1位に選ばれるなど、女子高生のカリスマモデルとして抜群の存在感を放ってきた。

 昨年12月に『Popteen』を卒業し、この春から20代のファッション誌『CanCam』専属モデルとして、ひとつ上の大人のステージにステップアップする。同誌の安井亜由子編集長は、めるるの専属モデル起用理由について「そこにいるだけで、つい目で追ってしまう華やかな存在感と、すべてを包み込む、太陽のようなビッグスマイル。CanCamモデルは『笑顔が強くてかわいい』ことが必須なのですが、めるるさんの笑顔はまさにパーフェクトで、ひと目ボレでした」と振り返る。

 そして、「少し閉塞感を感じる今、みんなを明るくHAPPYな気持ちにさせてくれる新しい時代のミューズだと思っています。今年40周年を迎えるCanCamに、新しい風を吹き込んでくれるのが楽しみです」と大きな期待を寄せた。

 めるるも「CanCamモデルになると聞いたときは、めちゃめちゃびっくり! 本当にあこがれの雑誌で、Popteen時代からポージングもずっと参考にしてきました。そんな大人の雑誌にまさかまさか自分が…!という気持ちでいっぱいです。多分みんなびっくりすると思います」と驚きながらも抜てきに感激。「お洋服もメイクも大好きなのでモデルの仕事が好きだし、プロデュースもしてみたい!本当にいろんな目標があります! ずっと仕事していきたい! 結婚願望まったくないです(笑)」とチャーミングに豊富を語った。

 5月号ではカバーモデルを務めるとともに“めるる”の魅力に迫る特集ページも掲載。「笑顔が最高にかわいい」「しっかりしている」「どんな服でも似合う!」と、初撮影の現場でスタッフを一気に魅了したニューフェィスに、その愛される理由を根掘り葉掘り迫った。ちなみに、<自分の性格をひと言で表すと?>という質問には、「超ポジティブ野郎(笑)! マジで悩まないんです、私」という答え。座右の銘は、「なんとかなるさ!」というだけあって、さっそく無限大の明るさを放った。

 誌面では、きれいめワンピースにも挑戦。ティーンズ誌でのカジュアルなファッションから、大人“めるる”への変身は新鮮の一言。さらに、今年創刊40周年を迎える『CanCam』の特別企画として、時代を彩ったCanCamファッションにも挑戦した。90年代のバブル時代のファッションには、「ダンスの登美丘高校みたい(笑)!こんな分厚い肩パット初めて」と少し戸惑いながらも、スタッフからは、「最強かわいい!」との声が飛び、どの時代のファッションもかわいく似合ってしまう着こなし力で魅了した。

 同誌公式YouTubeチャンネルでは、めるる初登場に合わせて発売日の23日にスペシャル動画を公開。長い手足を生かした華麗なポージングや、おしゃれなバッグの中身など、テレビで観るファニーな姿とはまたひと違う、モデルな“めるる”を披露する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/78748efd18689a67adaf1ff5dff7e18973129257
3/17(水) 6:00配信

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【めるる(19)さん、勢いが止まらないwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/03/14(日) 00:25:00.47 _USER9
芸能界でも競争が激しい「モデル出身タレント」枠で、“おバカキャラ” として大ブレイク中なのが、生見愛瑠(18)だ。


「出演番組はすべて見返し、オンエアでカットされた立ち居振舞いをチェックするなど、じつは非常に真面目な性格です」(テレビ局制作スタッフ)


2月22日は、都内でおこなわれた「スニーカーベストドレッサー賞 2021」の授賞式に出席し、モデル部門で受賞した。
その後、記念のスニーカーをもらったのか、紙袋を3つも提げ、フジテレビへと直行した。


「2月28日にスタートしたドラマ『おしゃれの答えがわからない』(日本テレビ系)では、女優デビューにして初主演を務めています」(同前)


“めるる” の快進撃は、まだまだ始まったばかりだ。


(週刊FLASH 2021年3月16日号)
生見愛瑠、紙袋3つ抱えて「ハシゴ仕事」のご多忙撮…ブレイクの理由は?
https://news.yahoo.co.jp/articles/6f665e9b64d4a46be0033e1b47468939295d4cb0

no title


【【めるる】生見愛瑠ちゃん、紙袋3つ抱えて「ハシゴ仕事」のご多忙撮… ブレイクの理由は? “めるる” の快進撃は、まだまだ始まったばかり】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/18(木) 13:09:07.83 _USER9
 2月12日放送の「金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)にゲスト出演した、モデルでタレントの“めるる”こと生見愛瑠。

 番組は「第一回 輝く女大賞」と題して、売れっ子共演者たちが今年度のバラエティー女王を選出するという内容で、エントリーしたのは生見、朝日奈央、みちょぱ(池田美優)、 お笑い芸人トリオ・ぼる塾、3時のヒロインだった。そんな中、生見に対するVTR出演した共演者らの絶賛ぶりは目を引いた。

 バイきんぐ小峠英二は「可愛いっすよね。そこにいて声帯を揺らしておけば、とりあえず成立しますよね」「一つひとつの現場を楽しんでる。楽しんでる感じを周りが見て楽しくなってる。テレビ観てる人も『可愛いねぇ』とか思ってんじゃないですかね」と高評価。平成ノブシコブシ吉村崇も「バラエティーを踏み台に次のステージに行こうとしている人。 かつての中村アンさん、菜々緒さんみたいな感じで、女優さんを狙ってるのかな。みちょぱとは別格ですよ」と演技力も評価した。

 先輩のみちょぱは、若者の間で流行していることを聞かれることが多いものの、22歳になるとわからなくなってきたと明かし、「若者目線で呼ばれるのが(藤田)ニコルと私が多かったので、『ちょっと最近厳しいよね』って話してたら、そこで“めるる”がポンって出てきてくれたので嬉しいんですよ。そっちがもうできないから」と後輩の活躍を歓迎しており、今年は生見が本格ブレイクしそうな気配が漂っている。

「すでに昨年から活躍していますが、先ごろ、同じギャル枠の“ゆきぽよ(木村有希)”が過去に親交のあった男性が自宅で薬物に絡み逮捕されたと報じられ、仕事が激減。その空席を埋めるのに“めるる”はちょうどいいと思われます。所属事務所が大手のエイベックスで安心感がありますし、ルックスのほうも、ゆきぽよやみちょぱほど強めのギャルではないため、テレビ視聴者に受け入れられやすい。今後ますます売れてくると思われます」 (テレビ誌ライター)

 今年の“めるる”に注目したい。

https://www.asagei.com/excerpt/169729
no title

【めるる、芸能人の間でも最上級評価!席巻のウラにゆきぽよ“脱落”の追い風 ← おまえらも絶賛www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/16(火) 23:29:44.43 _USER9
2/16(火) 22:20配信
スポニチアネックス

熊田曜子(左)と生見愛瑠

 タレントの熊田曜子(38)が16日放送のテレビ朝日系「そんなコト考えた事なかったクイズ! トリニクって何の肉!?」(後9・00)に出演し、モデルでタレントの“めるる”こと生見愛瑠(18)の母とほぼ同じ年だったことが分かりショックを受ける場面があった。

 38歳で3児の母ながら、見事なプロポーションでグラビア活動を継続。インスタグラムなどでもセクシーな画像を投稿し続けている熊田だが、司会のダウンタウン・浜田雅功(57)が「めるる、お母さん何歳?」と聞かれた生見が「39歳です」と答えると、熊田は「え~!今年39歳です」とショックを受けた様子。

 生見の「お母さん」という呼び掛けに拒否する姿勢を見せるも、浜田は「めるるは今後お母さんでいい」と言い、生見から「ママ」と呼び掛けられていた。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/7df7eedb916725fbf5d3d0d3107cb65e42ead53e

【熊田曜子ショック めるるの母とほぼ同じ年 「お母さん」呼び掛けに…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/13(土) 15:39:19.54 _USER9 BE:219463764-2BP(0)
 モデルでタレントの“めるる”こと生見愛瑠(18)が、13日放送の関西テレビ「おかべろ」(土曜後2・28)にゲスト出演し、恋愛事情について語った。

 現在は「実際のところ今、彼氏いません」とフリーであることを明かし、「ホントにまったくいないですよ。カッサカサです」と、恋心の“乾燥”ぶりを主張した。「NON STYLE」石田明(40)から「どういう人が好きなんですか?」と問われると、「分かりやすいのは、お父さんみたいな人がいいんですけど。ホントにおもしろくて、優しい。お父さんみたいな感じ」と笑って明かした。

 理想のタイプについて話を進めると、「まず道に詳しい人。で、じゃんけんをしてくれる人。この2つがあればキュンとします、私」と独特の恋愛観を披露した。「ナインティナイン」岡村隆史(50)から「どこにでもおるんちゃう?」と突っ込まれると、めるるは「いないんですよ、なかなか」とつぶやいた。

 じゃんけんという不思議な条件については、「カップルがけんかした時に、『じゃんけんで悪い人を決めようか?』って言って、『俺がチョキ出すから、グー出せよ』って言って、わざと負けるみたいな。『これで終わりだね』って終わらせてくれる人」と説明。すると岡村は「そんなんでけんか終わるかい?」と首をかしげていた。

 めるるは岡村を彼氏に見立てて、「じゃんけん仲直り」の寸劇を再現。「これが最高なんですよ!」とご機嫌だった。

2/13(土) 15:35
スポニチアネックス

彼氏なし・めるる「この2つがあればキュンとします」独特すぎる“理想の男性”告白
生見愛瑠
https://news.yahoo.co.jp/articles/d25556c7d3f0f06b9acb73467dac5c8646a90100
no title 【彼氏なし・めるるちゃんの独特すぎる理想の男性像www】の続きを読む