芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

みなさんのおかげでした

した

1: なまえないよぉ~ 2018/01/23(火) 14:55:08.62 ID:CAP_USER9
 1月19日に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)に同局アナの山崎夕貴が出演。自宅に突入されたときのリアクションがネット上でイジラれまくっている。

 山崎が登場したのは、手早くごはんを作る腕を競う人気企画「突撃となりのチャチャッとキッチン」のコーナー。しかし山崎は撮影当日、自身がMCを務める情報番組「ノンストップ!」の打ち合わせを自宅で行うと伝えられていたようだ。ところがマンションの玄関ドアを開けてみると、とんねるずをはじめ、カンニング竹山、同局アナウンサーの永島優美らが、顔を並べていたのだ。

 その瞬間、山崎は目を丸くして「ちょ、ちょ、ちょっと待って。なにしてるんですかー? はあ? 何してるのー!」「ちょっと待って! なにしてんの? ノンストップじゃない…」と狼狽モード。しかし山崎にかまわず、とんねるずの一行は部屋の中に突入。慌てた山崎が部屋に干してあった洗濯物を隠す場面もあった。

 山崎が完全に一杯食わされた形だが、ネット上の反応は違った。「仕事の打ち合わせでスタッフが自宅に来るの? そしてその状況で部屋干ししてるの?」「化粧バッチリしていて、いきなり“なにしてるんですかー?”には笑った」「山崎のリアクションがオーバー」など、ヤラセを疑う声が上がったのだ。

 「じつは2015年8月に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』でも、山崎は自宅を公開しています。そのときは定点カメラでの撮影でしたが、同じ番組で一度仕掛けられているのですから、とんねるずの姿を見たときにピン!ときてもおかしくない。“またか…”というリアクションならわかりますが、今回はあまりにも驚きすぎでちょっと不自然です」(テレビウォッチャー)

 仕事とはいえ2度も自宅を公開するハメになった山崎はかわいそうだが。

(石田英明)

https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_45030/

【フジ山崎夕貴「みなおか」の自宅突撃に“ヤラセ疑惑”が噴出!】の続きを読む

した


1: なまえないよぉ~ 2017/12/29(金) 07:52:12.19 ID:CAP_USER9
12月21日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で、人気企画「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が最終回を迎えた。お笑いファンからは終了を惜しむ声が上がっている。

 この企画は、芸人やモノマネ自慢の素人たちが、独特の着眼点で見出したコアなモノマネの技を競い合うもの。過去には、博多華丸(47)の「児玉清のモノマネ」や、山本高広(42)の「織田裕二のモノマネ」など、数々の人気ネタやブレイク芸人を輩出してきた。

 同番組自体が2018年3月で終了することになり、「細かすぎて伝わらない~」も今回が最後であることがこの日の番組冒頭に発表された。これを受け、とんねるずの石橋貴明(56)は、「この企画を持って日テレに行きます」とジョークを飛ばし、出演者の笑いを誘っていた。

 今回の大会は、華丸や山本をはじめ、河本準一(42)、キンタロー。(36)、阿佐ヶ谷姉妹といった歴代チャンピオンが集結。ネタの合間には、審査員たちが過去の思い出話で盛り上がる一幕もあった。

 番組終了に先駆け、人気企画が終わってしまうことに、番組ファンはショックを受けたようだ。ネットには「……復活してくれないかな」「フジでも日テレでもいいから本気でこの企画続いてほしい」「タカさんお願いします! 本気で日テレに持っていってください!」と、早くも企画の復活を熱望するコメントが多く上がっていた。

「番組内では、審査員の関根勤(64)や、バナナマンの設楽統(44)、日村勇紀(45)からも“残念だなぁ……”と終了を惜しむ声が上がっていました。また、今回のゲスト審査員だった本田翼(25)は、自身のインスタグラムに審査員たちが肩を組む集合写真を掲載。“最後の細かすぎて…の収録に参加できたこと、本当にうれしく思います”とコメントも残しています。審査する側からも愛された企画だったようですね」(テレビ誌ライター)――ただただ残念!

日刊大衆2017年12月28日18時35分
https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_31113/?ptadid=

【<とんねるず>「名物企画」終了に、早くも復活希望の声が続出!「本気で日テレに持っていってください」】の続きを読む

した


1: なまえないよぉ~ 2017/12/24(日) 09:52:25.92 ID:CAP_USER9
高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]

* * *

終了が決まったフジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした』。12月21日(木)の放送で名物コーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」の最終回だけを見た。

とんねるずの笑いは肌に合わないので、あまり見る機会がない中で、このコーナーだけはこれまで積極的に見てきた。その理由は「細かすぎて・・・」が企画としてすぐれていると感じていたからである。主な理由は以下の4つだ。

(1)とんねるずを前面に出すのをやめた点

(2)ものまねというふんぎりの悪い芸を、物理的な芸人の落下というシステムで、まさしく落ちを付ける構造にした点

(3)ショーパブ通いやオーディションを繰り返すことによって才能の発見に時間を惜しまず使った点

(4)「細かすぎて伝わらない」というコンセプトを確立しようという明確な企画意図があった点

・・・などである。これまでの回では、数多くのネタが登場する中で、全く分からないものもありながらも必ず、1つか2つはツボにはまって笑ってしまうネタがあったのも、これまで見続けてきた大きな理由であった。

ところが、今回は残念ながらつまらなかった。少なくとも筆者には、ひとつも笑えるネタがなかった。

【参考】フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「細かすぎて伝わらないモノマネ」はもう見限る潮時

その代わりに目立っていたのが、とんねるず、バナナマン、古田新太、関根勤、本田翼といった鑑賞者たちが笑っている場面だ。喜怒哀楽のような感情(正確には情動)について、私たちは普通、「悲しいから泣くのであり、腹立たしいから殴るのであり、怖いから震えるのである」と思っている。

しかしながら、心理学者ウィリアム・ジェームスは逆だと述べる。「泣くから悲しいのであり、殴るから腹立たしいのであり、震えるから怖いのである」という説だ。身体反応が先で情動は後であるというのだ。これはジェームス=ランゲ説と言われ、多くの心理学者も賛成した。最近の脳科学の知見もこれを支持している。

そういう意味では、「細かすぎて・・・」のスタッフはジェームス=ランゲ説を知ってか知らずか、結果的に応用していたのである。テレビの中の人が笑えばテレビを見ている人もつられて笑う。笑うから見ている人はおもしろい(と感じる)。

とんねるず、バナナマン、そして細かすぎるものまねの元祖とも言うべき関根勤ら、このスジの権威者が大声で笑う。日本人は特に権威者に弱いからあわせて笑わないといけないような気になる。そして大声で笑い、笑えばおもしろい(と感じる)。

そう考えれば、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が考え抜かれた企画だったことは明らかである。そして、それが今回おもしろくなかったということ、言うなれば単純な「ネタ切れ」なのであろう。

ネタは何年か経ってあたらしい芸人が生まれ、あたらしい有名人が生まれれば自然に集まってくる。その時はまた「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」のアレンジ企画が生まれるだろう。しかし、司会はとんねるずの時代ではなくなっているだろう。

それがまたテレビらしいところでもある。

https://news.infoseek.co.jp/article/mediagong_24650/

【【細かすぎて伝わらないモノマネ選手権】おもしろいから笑うのではなく「笑うからおもしろい」】の続きを読む

した


1: なまえないよぉ~ 2017/12/22(金) 17:04:56.27 ID:CAP_USER9
 お笑いタレント・カンニング竹山が21日夜、ツイッターを更新。来年3月での終了が発表されたフジテレビの長寿番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜、後9・00)について、残念な思いをつづった。

 2時間半のスペシャルとなった21日の放送終了前後のツイートで「こんなに面白い番組なのに。。。みなさんやっぱおもしれ~なぁ~。笑って泣いていい番組だなぁ~。」と番組を見ていたと思われる書き込みで、番組終了を残念がった。

 さらに「因みに業界はみなおかなんて誰もいいません。みなさんと言います。報告までに。」と補足で説明。番組終了がニュースになってきたあたりから、“みなおか”と略されることが多くなったが、業界での“呼び名”は「みなさん」だったことも明かした。

 21日の放送では、「細かすぎで伝わらないモノマネ選手権」や、とんねるずがかつて訪れた人たちを突撃再訪し、「番組終わるんだよ!」などと終了を告げる模様が放送された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000100-dal-ent

【「みなおか」ではなく「みなさん」だったwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

した


1: なまえないよぉ~ 2017/12/22(金) 03:10:10.84 ID:CAP_USER9
 3月末での終了が噂されていた「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が、正式に番組終了を発表。12月7日の放送内でとんねるずの二人がテレビカメラに向かって深々と頭を下げ、自ら明かしたもので、これにより「フジテレビの不良債権」と呼ばれてきた同番組にも引導が渡された形だが、この番組終了は視聴者の想像とは違う形になるという。

「今回の番組終了はあくまでタテマエに過ぎないというのが、テレビ業界での共通認識。フジテレビでは現在の木曜21時とは異なる放送枠で、とんねるずの番組を用意する予定だといわれています。結局のところ番組終了ではなく、枠が移動するだけのようです」(テレビ業界関係者)

 これまでは、今回の番組終了でとんねるずのレギュラー番組がゼロになると言われてきた。だが実際にはフジテレビととんねるずのズブズブな関係は続いていくのだという。

「とんねるずの後ろ盾はフジテレビの大実力者である前会長の日枝久氏。6月の株主総会で取締役相談役に退いたものの、実際にはいまだに大きな影響力を発揮していると言われており、とんねるずも安泰のはずです。ただ今期のキー局で唯一の赤字決算となったフジテレビとしては、世間からの批判に対して何らかの手を打たねばならず、表向きには番組終了という形をとったのでしょう」(前出・テレビ業界関係者)

 そもそも現在の「みなおか」にしろ、88~97年に放送されていた「とんねるずのみなさんのおかげです」がタイトルを替えただけの番組。タイトル末尾の「です」が「でした」に変わっただけだったのである。この調子ではお次は「みなさんのおかげですか?」などに替わるのかもしれない。

(浦山信一)

https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_95367/

【「でした」が「ですか」になるだけ!?とんねるず「みなおか」に囁かれる不穏な噂wwwwwwwwww】の続きを読む