芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

みなさん

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/08/26(日) 08:37:31.26 ID:CAP_USER9
30年近く放送を続けたフジテレビを代表する人気バラエティ『とんねるずのみなさんのおかげでした』(以下、『みなさん』)はなぜ終わってしまったのか。

その決定的な要因の1つは視聴率が下がってきたことだろう。
『みなさん』が視聴者の支持を得られなくなってしまったのは、番組の中にある本質的な部分が飽きられ、時代遅れになってしまったからではないか。

ここ数年、とんねるずはコンビとして『みなさん』以外のレギュラー番組を持っていなかった。とんねるずというタレントにとって、この番組こそが生命線だった。
だからこそ、ここに懸ける彼らの意気込みも尋常なものではなかった。
『みなさん』が多くの視聴者に飽きられてしまったのだとしたら、それはとんねるずという芸人が飽きられつつあるということを意味する。

具体的に言うと、とんねるずの「パワハラ(パワー・ハラスメント)的な笑い」が今の時代に合わなくなっているのだ。

■とんねるずの笑いの原点は「素人芸」

とんねるずの笑いの原点は「部室」にある。スポーツの名門である帝京高校の野球部とサッカー部の出身だった石橋貴明と木梨憲武は、
高校生のころから、物まねやギャグで周囲にいる仲間を楽しませる明るいキャラクターの持ち主だった。

デビューしてからの彼らは、なりふり構わない暴力的な芸風で話題になった。
当時の若者に人気があった『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』(ともにフジテレビ系)などに出演した際には、
一般人にも容赦なく暴言を吐いたり、スタジオの観覧席に飛び込んで乱闘を繰り広げたり、何をするかわからない、危なっかしい魅力を放っていた。

彼らは、自分たちの芸は「素人芸」であると公言していた。普通の芸人は漫才やコントなどのネタを考えて、
劇場でその芸を披露して腕を磨いていくものだが、とんねるずはそのようなプロの芸人の王道を行こうとはしなかった。
あくまでも「目立ちたがり屋の素人がふざけているだけ」というスタンスを崩さなかった。
その分だけ、彼らは自由奔放に振る舞うことができた。それが当時の若者にはたまらなく魅力的に見えた。

特別な芸があるわけでもなく、顔がいいわけでもなく、歌やダンスがうまいわけでもない。
何も持たないただの「素人」が、強がって共演者や観客に暴言を吐いたり、自由に暴れ回ったりする姿は、今よりずっとハードルが高かった芸能界では異彩を放っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180826-00234475-toyo-soci
8/26(日) 8:00配信

no title


【とんねるずがここまで時代錯誤になったワケ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
した

1: なまえないよぉ~ 2018/03/24(土) 05:18:45.46 ID:CAP_USER9
 3月22日、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が終了した。1988年10月から続いたフジの木曜21時台の“とんねるず枠”は29年半で幕を下ろすことになった。とんねるずのレギュラー開始前、木曜21時といえば『ザ・ベストテン』(TBS系)が10年以上も同時間帯視聴率1位を保持していた。視聴率研究家のシエ藤氏が話す。

「『ザ・ベストテン』は毎回のように30%を叩き出していた1980年代前半ほどの勢いはなかったものの、1988年当時まだ20%前後を獲る高視聴率番組でした。アイドル四天王と呼ばれた中山美穂、浅香唯、南野陽子、工藤静香の誰かが毎週のようにランクインしていましたし、光GENJIが爆発的な人気を誇っており、歌謡界がまだまだ元気のあった時代。勢いのあるとんねるずとはいえ、『ザ・ベストテン』の牙城は高いと思われていました」

 だが、1988年10月13日、『とんねるずのみなさんのおかげです』は初回14.9%(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)をマーク。12.1%の『ザ・ベストテン』に勝利を収める。『みなさん』は4回目の放送で初の20%越えを達成。『ベストテン』は視聴者を奪われる形となり、1ケタを記録するようになる。『みなさん』は1989年3月30日に歴代最高となる29.5%を叩き出した。

「この日、『ベストテン』の放送がなかったことも30%近い数字が出た1つの要因でしょう。ただ、『ベストテン』が正月の三が日以外で休むことは番組1年目の1978年以来。放送すれば確実に視聴率が取れるから、改編期でも休止なんて有り得なかった。逆に言えば、この時点で『みなさん』は『ベストテン』に引導を渡していたとも言えます」

『みなさん』の開始からわずか1年後、『ザ・ベストテン』は1989年9月に11年8か月の歴史に幕を下ろすことになる。

「とんねるずが『ベストテン』を破ったことによって、お笑い芸人の地位が高くなったことは間違いない。『ベストテン』の終了と比例するように、既に視聴率低迷気味だった『歌のトップテン』(日本テレビ系)や『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)の視聴率はさらに下がっていき、ともに1990年に終了。歌番組冬の時代を迎えました。テレビの主役が歌手からお笑い芸人へと大きくシフトしたのです。そういう意味でも、『みなさん』は確実に歴史を変えた番組だといえるでしょう」

(以下略、全文はソースをご覧ください。)

2018.03.23 16:00 
『みなさん』の功績 『ザ・ベストテン』に引導を渡した意味 

 当時最強の裏番組を破った(番組HPより)
http://www.news-postseven.com/archives/20180323_661453.html

【『みなさん』の功績 『ザ・ベストテン』に引導を渡した意味】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
した


1: なまえないよぉ~ 2017/12/22(金) 17:04:56.27 ID:CAP_USER9
 お笑いタレント・カンニング竹山が21日夜、ツイッターを更新。来年3月での終了が発表されたフジテレビの長寿番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜、後9・00)について、残念な思いをつづった。

 2時間半のスペシャルとなった21日の放送終了前後のツイートで「こんなに面白い番組なのに。。。みなさんやっぱおもしれ~なぁ~。笑って泣いていい番組だなぁ~。」と番組を見ていたと思われる書き込みで、番組終了を残念がった。

 さらに「因みに業界はみなおかなんて誰もいいません。みなさんと言います。報告までに。」と補足で説明。番組終了がニュースになってきたあたりから、“みなおか”と略されることが多くなったが、業界での“呼び名”は「みなさん」だったことも明かした。

 21日の放送では、「細かすぎで伝わらないモノマネ選手権」や、とんねるずがかつて訪れた人たちを突撃再訪し、「番組終わるんだよ!」などと終了を告げる模様が放送された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000100-dal-ent

【「みなおか」ではなく「みなさん」だったwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
した


1: なまえないよぉ~ 2017/09/10(日) 19:08:47.50 ID:CAP_USER9
9月4日、フジテレビは10月改編記者発表を行い、今秋の番組ラインナップが明らかになった。
この中で、以前から打ち切りの噂があった長寿バラエティ番組の放送継続が判明。番組のファンはホッとしているようだ。

今回の番組改編発表で、フジテレビの立本洋之編成センター局次長兼編成部長は、「得意なところからしっかり広げていきたい」と、
バラエティ番組に力を入れることを示唆し、テーマを「reboot(再起動)」と発表した。

改編発表で注目を集めたのは、今年で放送21年目を迎えた『めちゃ×2イケてるッ!』(以下、『めちゃイケ』)と、
前身番組と合わせて約30年続いている『とんねるずのみなさんのおかげでした』(以下、『みなさん』)の放送継続だ。
この発表に両番組のファンは一安心。ネットには「『めちゃイケ』はいろいろ言われてるけどフジの看板番組。
これがなくなるとフジらしさがなくなる」「とんねるず改編乗り切ったー! よかったよかった」「ありがてぇ、
まだまだ『みなさん』は終わらせないでくれ」といった安堵のコメントが多く寄せられた。

「歴史ある両番組ですが、最近は視聴率の低迷ばかりが話題になっていましたね。特に『めちゃイケ』は、
4月スタートの裏番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)に視聴率で負けたこともあり、
“打ち切り間近”と噂されていました」(芸能誌ライター)――かつての勢いを取り戻せるか?


http://dailynewsonline.jp/article/1353617/
2017.09.10 18:00 日刊大衆

【【ダレトク】めちゃイケ&みなさん「番組継続」に安堵の声】の続きを読む