芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

ひよっこ

1: なまえないよぉ~ 2017/07/20(木) 11:22:30.50 ID:CAP_USER9
ドラマー・歌手で女優のシシド・カフカ(32)がNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜前8・00)にレギュラー出演。
ヒロイン・谷田部みね子(有村架純)と同じアパートに住むOL・久坂早苗役を好演し、存在感を示している。
女優デビュー作「ファーストクラス」(フジテレビ、2014年10月期)などに続き、気が強く、ズバズバとものを言う“ドSキャラ”が話題。
本人は「もう私の役回りなんだろうなというところで『ありがとうございます』という感じです」と笑いながら感謝した。連続ドラマは3作目。
女優業への手応えは「正直、まだ分からない」としながらも、過去2作のドSキャラと変化をつけるため「セリフの速度だったり、抑揚だったり、ちょっとずつ調整しました」と板についている。

 シシド演じる有楽町のOL・早苗は第11週(6月12~17日)から登場。みね子と同じ赤坂のアパート「あかね荘」の1階に住む“永遠の25歳”。
私生活は謎に包まれているが、そのきつい性格ゆえ、お見合いは38回破談。常に何かにイラ立っている雰囲気が漂うも、無愛想で意地の悪い物言いは照れ隠し。実は情に厚い。

「ひよっこ」シシド・カフカ“ドS役”に感謝「私の役回り」女優業板につく 
2017年7月20日 08:15 
http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/20/kiji/20170719s00041000199000c.html 
no title


  【「ひよっこ」シシド・カフカ 素で演じられる『ドSキャラ』wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/06/28(水) 14:29:39.04 ID:CAP_USER9
 女優・有村架純(24)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」に女優の菅野美穂(39)が第14週から出演することが分かった。「べっぴんさん」に続き2作連続の朝ドラ出演となる。

 後半戦のキーパーソンとなる川本世津子役で出演。子役時代から活躍し、つねに第一線を走ってきた人気女優役を演じる。客として「すずふり亭」を訪ね、みね子(有村)と出会う。 のちに、ある場所でみね子を助けたことから2人は 不思議な縁で結ばれる。

 出演にあたって「この度『ひよっこ』に出演させて頂くことになりました。何度かご一緒させて頂いている岡田惠和さんの脚本ですが、今までで一番優しくてステキなお話だと 思いながら拝見していました。参加させて頂けて本当に光栄です。有村架純さんを始め、素晴らしくて魅力的なキャストの皆さんと、どんなお芝居もどーんとどうぞ!という懐の深さを感じさせて下さるスタッフの皆さんとご一緒できるのがとても嬉しいです」とコメントした。

2017年6月28日 14:11
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/28/kiji/20170628s00041000125000c.html

画像
no title

【菅野美穂が「ひよっこ」出演へ 「べっぴんさん」に続く2作連続】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/06/22(木) 18:34:57.07 ID:CAP_USER9
有村架純を主演に迎えて放送中のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合、月~土曜8:00)。
6月19日から第12週「内緒話と、春の風」が放送中。
22日に登場した、ぱるるの愛称で人気の島崎遥香が演じる牧野由香の“塩対応”が、インターネット上でも話題になっていた。

由香は、すずふり亭の料理長・省吾(佐々木蔵之介)の娘で、母親の死がきっかけで、わがままな”跳ねっ返り娘”になってしまい、父親にも反抗的な態度を……。
ヒロインのみね子(有村)は、ある日の休憩時間、省吾(佐々木)に、届け物を頼まれ、娘・由香(島崎)に会いに、近くの喫茶店に向かう。
そこでの由香の失礼な言動に、さすがのみね子もハラを立てる。

そんな堂々とした由香の演技について、
ネット上では「いい感じに感じ悪かったなあ♪ 跳ねっ返り娘由香ちゃん」「平和な朝ドラにようやくヒール役! 由佳、感じ悪いけど可愛いし、まだそんなにイライラしない。これからかな?」「ぱるるの演技、よかった! 絶妙に感じ悪いところ(笑)がうまく表現できていたと思う。かなりインパクトあり」「母親は誰なのか?」といった声があがっており、その存在感は視聴者にも強烈な印象を残したようだ。
島崎はキャスト発表会見で、「初めて見たときは、“なんだこの嫌な女”って思うかもしれないんですけれども、どうか最後まであたたかい目で見ていただけたらうれしいです」と語っていただけに、そのキャラクターにも注目したい。

<6月23日のあらすじ>
省吾(佐々木)に続いて鈴子(宮本信子)にも、ないしょで由香(島崎)への届け物を頼まれたみね子(有村)。
「今度こそ喫茶代を払わない」と意気込んで行くが、由香の失礼な態度でまたもや嫌な気分に。
誰にも言えず落ち込んでいると、秀俊(磯村勇斗)から意外なことを聞かされる。
その夜、仕事終わりに省吾から誘われて連れていかれたのは、邦子(白石美帆)が切り盛りするバー「月時計」だった。

http://www.excite.co.jp/News/tv/20170622/Dogatch_45569.html

NHK朝ドラ『ひよっこ』 牧野由香役 島崎遥香
no title

no title

no title

no title

no title



【ぱるる、朝ドラ『ひよっこ』に登場 「ぱるるの演技、よかった!」「感じ悪いけど可愛い」と話題に!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/31(水) 12:50:03.92 ID:CAP_USER9
30日に放送された女優・有村架純(24)主演のNHK総合の朝の連続テレビ小説「ひよっこ」(月~土曜・前8時)第50話の平均視聴率が17・5%%だったことが31日、分かった。

 放送50回目にして5月2日の第26話で記録した17・6%を下回る同ドラマ最低記録となった。17日放送の第39話で同ドラマ最高タイの20・9%を記録したが、その後、11放送回連続で20%超えを逃し続けている。

 4月3日の初回で2013年の「あまちゃん」から前作の「べっぴんさん」まで8作連続で続いていた初回20%超え記録が途絶。初回の20%割れは2012年後期の「純と愛」以来だったが、NHKの木田幸紀放送総局長は24日の定例会見で「番組のメッセージは視聴者に幅広く届いていると自信を持っています」と期待。上田良一会長(67)も11日の定例会見で「いつ噴火するか、楽しみにしております」と笑顔で話していた。現在のところ視聴率は20%前後で推移し、放送43回中5回で20%の大台を超えている。

 「ひよっこ」は東京五輪が開催された1964年から始まる物語。茨城から集団就職で上京したヒロイン・みね子の成長を描く波乱万丈青春記。みね子の父・実に連続テレビ小説初出演となる沢村一樹(49)、母・美代子に木村佳乃(41)、祖父・茂に古谷一行(73)、叔父・宗男に、こちらも連続テレビ小説初出演の峯田和伸(38)のほか、羽田美智子(48)、柴田理恵(58)らが出演する。

 同作は「ちゅらさん」(01年)、「おひさま」(11年)以来、3度目の朝ドラとなる脚本の岡田惠和氏(58)が、映画「阪急電車 片道15分の奇跡」(11年)などで一緒に仕事をした有村のヒロインを熱望。NHKの描くヒロイン像とも一致したことから、オーディションなしで主演が決まった。オーディションなしは「花子とアン」(14年)の吉高由里子(28)以来。9月30日までの全156回放送される。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

スポーツ報知 5/31(水) 10:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170531-00000067-sph-ent

写真 

20170531-OHT1I50045-T

【NHK連続テレビ小説「ひよっこ」 17・5%...第50話にして最低視聴率www】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/05/19(金) 21:47:01.05 ID:CAP_USER9
 NHK連続テレビ小説「ひよっこ」でちょっと変わった事態が起きている。これまでの朝ドラに比べて視聴率が伸び悩んではいるが、なぜか土曜日に20%の大台を超えるケースが多いのだ。

 朝ドラといえば、月~土曜の週6回放送だが、平日の月~金曜に比べて、土曜日は視聴率が下がることのほうが多い。これまででも、平日20%を超えていても、土曜日は20%を切ることもよくあった。

 「ひよっこ」は18~19%台を推移しており、なかなか20%の大台に乗らず、苦戦が伝えられている。6週目までを終えて大台に乗ったのは36回中わずか4回、そのうち3回が土曜日だった。大台に乗らなかった土曜日の3回も、その週のなかでは、比較的高い数字をたたき出しているというのだ。

 「これまでの朝ドラは土曜日を見落としてしまうケースが多かったのですが、『ひよっこ』に限って言えば、むしろ土曜日はチャンネルを合わせているということになります」とテレビ誌編集者は指摘する。

 ある民放関係者はこの傾向について、このような見方を示す。

 「平日の月~金曜と、土曜日とでは視聴者層が異なります。平日の朝の時間帯は主婦層が中心になりますが、土曜日は休日の人も多く、男性も視聴者層に入ってきます」

 その上で「普段はリアルタイムで朝ドラを見られない男性層が視聴している可能性がある。ヒロインの有村架純が男性層に人気の高いこともあって、そうした影響は否めないのでは」とみる。

 もちろん「民放各局も、土曜日は平日とは違うプログラムなので、視聴習慣も異なりますが、過去の朝ドラ以上に、土曜日は『ひよっこ』にチャンネルを合わせているといえるだろう」と指摘する。

2017.05.19
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20170519/enn1705191530010-n1.htm
no title

【なぜ好調?土曜日の「ひよっこ」 苦戦の朝ドラが視聴率20%超え3回記録】の続きを読む